借金返済マイスター|債務整理にオススメな弁護士の選び方

MENU

借金返済の無料相談でおすすめの弁護士はどこですか?

借金に関する相談は、なかなか他人にはしにくいものです。「借金=ダメなこと」というイメージが先行しており、自分が「ダメな人間」とみなされることを恐れてしまいます。相談相手が「借金」と聞いただけで拒否反応を起こし、それだけで人間関係を壊すこともあります。

 

自分に対する見栄もあるでしょう。借金をして困っていると周囲に見られることに、抵抗感を感じる方も少なくないでしょう。しかし、借金問題は後にするほど解決が困難になります。

 

延滞利息も膨らんでいき、気が付けば取り返しのつかないことになることもあるでしょう。借金問題が発生したら、早急に対策を検討する必要があります。

 

借金返済の対策を考える場合には、誰かに相談することが一番です。なんとか自分だけで解決しようとしても、なかなかうまくいくものではありません。

 

状況を冷静に判断できる第三者の視点から、物事を検討する必要があるでしょう。そこで、借金問題ではどのような先に相談すればいいのか考えてみましょう!

 

借金返済おすすめ弁護士ランキング

 

弁護士の特徴

  • 5分に1人が利用中
  • 借金をゼロにできる
  • 解決率98%
  • 3分無料診断
  • 匿名の無料診断あり
  • 即日解決方法の連絡

街角法律相談所の総評

匿名で利用ができる無料診断は、パソコン、スマホから短い時間で入力ができます。電話もしくはメールで専門家からの解答が即日得られることが最大の特徴。しつこい勧誘はなく、安心して相談ができます。

弁護士の特徴

  • 債権会社1社2社でも対応
  • 減額報酬・初期費用0円
  • 相談無料(全国対応)
  • 土日祝日営業年中無休
  • 今すぐ電話相談する→0120-503-017(通話料無料)

アヴァンス法律事務所の総評

借り入れ件数が少ないときでも対応してくれるアヴァンス法律事務所。土日祝日も、全国対応しています。過払い金成功報酬が16%〜18%と低めになっており初期費用も掛からないことから無駄に費用をかけることなく債務問題の解決ができます。進行状況確認アプリがあり、債務整理、過払い金返還請求などの現在の進捗状況をいつでも確認することができます。

弁護士の特徴

  • 初回相談無料
  • 匿名相談ができる
  • ノウハウ・実績多数
  • 土日、全国対応も
  • 今すぐ電話相談する→0066-968-040-4732(通話料無料)

岡田法律事務所の総評

メールから無料相談が行える岡田法律事務所は、初回相談に費用は掛かりません。匿名で相談ができるため不安を感じている方でも使いやすいシステムとなっています。メール相談に申し込みをすると電話かメールで連絡があります。料金が事前に明確になっており、安心して相談ができるでしょう。

弁護士の特徴

  • 相談無料
  • 債務整理で20年以上の実績
  • 弁護士が元裁判官
  • 全国対応
  • 休日夜間も対応

板垣法律事務所の総評

初回相談は無料で、全国対応、さらに休日夜間も対応しています。残念ながら弁護士費用は安くはないものの、板垣法律事務所は弁護士が元裁判官という珍しい法律事務所です。便利なサービスや安い費用ではありませんが、元裁判官という裁判の内情を詳しく知る弁護士がいます。

 

借金返済の相談先一覧

国民生活センター

地域の国民生活センターでは、借金に関する相談を随時受付しています。相談料は無料で、様々な問題の相談に応じてくれるでしょう。公的機関ですので、安心して相談を行うことができます。

 

通常は平日に窓口で相談に応じてくれますが、地域によっては土日も受付している先もあります。

 

問題解決のための、様々なアドバイスを受けることができる他、金融機関との間に立ってくれることもあります。生活困窮者に対しては、生活再建のための相談や支援を受けることもできます。

 

法テラス

刑事・民事問わず、様々な法的トラブルの相談に応じています。平成18年4月10日に法務省が中心となり設立しました。公的機関ですので、安心して利用することができるでしょう。

 

借金に関する法的知識を提供し、問題解決への道筋を考えます。基本的には無料で相談可能で、必要に応じて弁護士費用の立替も行っています。

 

弁護士事務所

借金相談といえば、弁護士に相談されることを思いつく方も多いのではないでしょうか。そこ場合、気になるのが相談費用でしょう。実は、多くの弁護士事務所が電話やメールでの無料相談を受付しています。

 

電話やメールであれば、わざわざ訪問する手間もありませんし、匿名で相談することも可能です。最近ではテレビCMを行う事務所も登場しており、知名度も向上しています。

 

踏み込んだ相談では、やはり費用なども必要になるでしょうが、その分解決までとことん対策を講じてくれるでしょう。

 

借金相談サイト

最近では、多くの方がインターネットを利用して借金問題を解決しています。インターネットの相談サイトでも、充実した相談を受けることが可能です。

 

法律の専門家が運営しているサイトも多くあり、基本的には無料で利用できます。借金問題への対応策や専門知識なども紹介されており、非常に有効的に活用することができます。

 

金融機関

意外な相談先と思われるかもしれませんが、借入先の銀行・消費者金融などの金融機関に相談してみましょう。問題発生の原因にもよりますが、場合によっては有効的な手段をとることも十分可能です。

 

返済金額を軽減させたり、一定期間利息のみの返済にしてもらうことも可能でしょう。当然、相手側を納得させる理由と、今後の返済計画が重要となります。

 

借金問題の種類と対策

借金といっても、様々なものがあります。銀行などの住宅ローン、消費者金融などのキャッシング、国からの事業資金借入、信販会社の自動車ローン、クレジットカードの割賦代金から、光熱費の支払いも滞ると借金となります。保証人に対する保証債務も、借金のひとつでしょう。

 

そして、借金に関する問題も様々な種類があります。どのような問題で悩んでいるのかによって、対策も異なってくるでしょう。今、自分がおかれている状況を正確に把握して、確実な対策を考える必要があります。借金問題には、次のようなものがあります。

 

金利に関する問題

借金を行う上で一番気にかかるのが金利です。最近では、金利に関する問題として「過払い金」というものが脚光を浴びています。かつて支払い過ぎた金利を返還してもらおうというものです。

 

「グレーゾーン金利問題」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

以前の借入金の上限金利が、利息制限法で「20.0%」と定めれていたにも関わらず、別の出資法という法律の上限金利「29.2%」で貸付していたことによる問題です。

 

この2つの法律上の金利の差が「グレーゾーン金利」で、違法と判断されたことにより、支払い過ぎた金利を返してもらおうという裁判が各地で行われています。

 

また、意外と多いのが「遅延損害金」に関する問題です。

 

「遅延損害金」とは、返済が遅れた場合の違約金のことですが、借入契約時にきちんと説明を受けずに、不当な違約金を請求されることもあります。

 

契約に関する問題

遅延損害金以外にも、契約時の説明不足による問題が発生しています。返済方法、返済方式、返済金額から、最終期限まで、契約内容が自分が考えていたものとは大きく異なることもあるでしょう。

 

金利に関しては、とくに変動金利においての説明不足が多くあります。どのような事情が金利を変更させて、どのように返済金額に影響を与えるのかが、きちんと説明を受けずに、契約してしまうのです。

 

これらの契約に関する問題は、利用者側にも責任があります。借りることばかりに頭がいって、きちんと契約内容を確認せずに借りてしまうのです。借金を行う場合には、きちんと契約内容を確認するようにしておきましょう。

 

返済に関する問題

借金に関する問題で、一番多く、また一番深刻な問題が返済に関することです。借入したときには思いかけないことで、突然返済できなるなることもあるでしょう。返済できなくなると、高い遅延損害金を支払うだけでなく、その後の人生を大きく変えてしまうこともあります。

 

返済に苦しみ、資産を失い、最悪は自己破産といった状況にもなりかねません。借金苦で自殺する方も、少なくなったとはいえ、まだまだいらっしゃるのが現状です。

 

返済できなくなった場合には、すみやかに誰かに相談するようにしましょう。借入先の金融機関、国や地方公共団体、法テラスや弁護士などの専門家に、事情を説明して対策を共に検討してもらいましょう。

 

借金、とくに返済に関する問題は相談しにくいものがあります。しかし、手遅れになる前にすみやかに専門的な知識を持った方のアドバイスを受けることが大切です。

 

借金解決への道

借金問題が発生してしまうと、多くの方は途方に暮れてしまうでしょう。しかし、何も行動しないのでは解決するどころか、さらに問題が発展しかねません。早急に何らかの対策を講じる必要があります。

 

「借金解決に近道なし!」とは、ある専門家の言葉です。金銭に関する問題を解決するには、手間を惜しまず、あらゆる手段を考えようという意味を含んでいます。それでは、深刻な借金問題が発生した場合には、どのようなことを考えていけばいいのでしょうか。

 

自分のおかれた状況を把握する。

まずは、現在の自分の状況を整理することから始めましょう。深刻な問題を解決するには、正確な状況整理は不可欠です。

 

以下の点について、再度自ら整理してみましょう!

 

借金の状況

  • 残高はいくら残っているのか?
  • 毎月の返済額は?
  • 最終期限は?
  • 金利は?
  • 返済に遅れている場合には、いつから遅れているのか、延滞利息の額は?

収入と支出の状況

  • 自分の収入はいくらか?
  • 生活上の固定費・変動費は?
  • 返済に回すことのできる金額は?
  • 収入を増やすことは可能か?
  • 支出を減らすことは可能か?

問題の原因

  • 借金問題が発生した原因はどこにあるのか?

(借り過ぎてしまった、収入が減少した、支出が増加した……)

 

相談する

借金問題は、誰かに相談しにくいものです。自分に対する見栄もあるでしょう。回りから白い目で見られるかもしれません。しかし、問題を解決するには、誰かに相談する必要があります。

 

自分一人で深刻な問題を解決することは不可能に近いでしょう。第3者の知恵を借りることで、解決に結びつくことができるのです。この際、見栄を捨てて信頼できる方に相談するようにしましょう。

 

相談相手には、様々な先があります。先に説明したような相談相手を見つけだし、すみやかに対策を共に考えてもらいましょう。場合によっては専門的知識も必要になってくるでしょう。自分の状況に応じた相談相手を選ぶことも大切です。

 

相談方法も様々考えられます。電話・メール・面談などの相手側に応じた相談方法を選択しましょう。初めての相談であれば費用がかからない方法を選択するべきです。相談内容により、その後費用を負担するかどうか考えていきましょう。

 

解決策を見つける

相談により、適切なアドバイスを受けることができたのであれば、具体的な解決策を考えていきましょう。最終的にどのようなに問題を解決するべきなのか、それにより今後の人生も大きく変わってくることになります。

 

相談相手を交えて、自分の状況に応じた最適な解決策を講じていきましょう。返済不能に陥った場合の、借金問題の解決策としては、以下のものを挙げることができます。

 

返済条件変更

毎月の返済金額を減らす、一定期間金利のみの支払いにする、などの返済条件を変更することによる問題解決です。債権者との話し合いの中で、妥協点を探っていきましょう。

 

債権者側も、最終回収不能になる状況と比較することにより、条件変更に応じてくれることも十分にあります。この場合には、今後の返済計画も重要になってきます。

 

資産処分

自宅やその他の資産を処分することにより問題を解決します。法的手続きを必要とすることもありますが、自己の資産が確実に処分でき、債権に十分充当できるのであれば、有効的な方法といえるでしょう。

 

資産処分により身軽になれば、今後の生活も好転することも予想できます。

 

法的整理

最終的な手段といえる問題解決法です。法的な借金問題の解決手続きとしては、「任意整理」「特定調停」「民事再生」「自己破産」の4つを挙げることができます。

 

このうち「任意整理」「特定調停」は、債権者に対して返済を前提とした手続きになります。「民事再生」は借金を大幅に減額させて返済を続ける手段です。

 

「自己破産」は資産をすべて法的に処分したうえで、すべての借金をなくすという手段になります。いずれも、今後の生活に大きな影響を与えることになりますので、専門家とよく相談のうえ確実な方法を選択する必要があります。

 

借金の時効は何年?

 

借金返済の無料相談でおすすめの弁護士は【街角法律相談所】


⇒【街角法律相談所】債務整理無料診断シミュレーター