アヴァンス法務事務所の口コミ評判

MENU

借り入れ件数が多くなければ任意整理ができない?

法的に問題のない金利であれば借金を整理することはできない。そう思ってあきらめているのであれば間違いです。銀行カードローンでも、18%以下の金利が設定されている消費者金融でも任意整理はできます。

 

債務整理は、返済に困窮している場合に利用ができる手続きです。それでは「返済に困窮」というのはどれほどの多重債務を指しているのでしょうか?

 

多重債務として一般的にカウントされるのは借り入れ件数5社以上。しかし実際には3社からの借り入れでも返済は自転車操業となり困窮していることが多いものです。

 

また、借り入れ件数にかかわらず1社、2社からの借り入れでも返済額が負担になりどうしても返済ができなくなることはあります。アヴァンス法務事務所は「1社、2社からの借金にも対応」しています。

 

アヴァンス法務事務所

 

アヴァンス法務事務所の公式サイトはコチラ

 

返済が困窮する理由がある

浪費癖、ギャンブル癖があり返済が困窮してしまった。これはよくある借金の理由になるでしょう。しかし1社からの借り入れでも返済が困難になることがあります。その理由として最も多いのは「収入の激減」です。

 

給与が下がり、収入が減ってしまったことによって計画していた通りの返済ができなくなることもあります。またリストラによる失業、これもまだまだなくなることのない社会問題です。

 

毎日の生活があり、借金返済をすれば生活に支障をきたすようなことがあれば債務整理を考えなくてはならない状況にまで来ています。

 

対応が幅広いアヴァンス法務事務所

借り入れ件数が少なくても対応しているアヴァンス法務事務所では、そのほかにもほかにはない対応を持っています。

 

  • 減額報酬なし
  • 全国対応
  • 相談無料
  • 土日祝日営業

 

相談から解決までは

相談申し込み

「債務整理相談受付フォームはこちら」に必要事項と相談内容を記入します。返答をもらえる期日を指定することもできますが、期日を決めない場合には当日中にアヴァンス法律事務所から電話もしくはメールで連絡があります。

 

相談受付フォーム
相談受付フォーム

 

相談

アヴァンス法律事務所からの連絡では、現状の詳細を説明します。どのような方法が最善の解決策となるのか提案がありますので質問等はこの際に行っておきましょう。

 

契約

相談した内容で納得できれば契約をします。契約書を取り交わし本人確認書類をアヴァンス法律事務所に送ります。契約を行えば受任完了。
受任とは正式にアヴァンス法律事務所が代理人になったということ。債権者からの取り立てはこの時点でストップします。

 

経過報告

スマホから「進行状況確認アプリ」を使って現在の進捗状況を確認することができます。アヴァンス法律事務所の最大の特徴です。電話で確認をしなくても現状を知ることができて安心できるでしょう。

 

和解

債権者との交渉が成立し和解となれば、自宅あてに和解所が届きます。これで債務整理、もしくは過払い金返還が完了です。過払い金として返還金が出た場合には指定の口座へ振り込みにより入金があります。

 

アヴァンス法律事務所

 

アヴァンス法務事務所の公式サイトはコチラ