良くある質問

MENU

良くある質問記事一覧

借金返済に困り、自己破産を考えています。しかし費用負担がどれくらいになるのか不安です。あまり多額だと支払いできるのか……。自己破産の手続きにかかる費用はどれくらいなのでしょうか?状況により異なりますが、裁判費用と弁護士費用が必要になります。自分で手続きをするのは非常に大変なので、弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談しましょう。報酬の相場は、弁護士で約25〜40万円、司法書士で20〜30万円(い...

これまで長年多額の借金の返済に悩んできました。住宅ローンの他にも、多くの金融機関からの借入返済はもう限界!!自己破産を行おうと考えているのですが、マイホームは手放さなければいけないのでしょうか?自己破産ではマイホームを手放す必要あり。嫌ならば他の方法を考えましょう。自己破産をしたら、「保有する資産を処分」することになります。その分、全ての借金をゼロにできるのです。住宅ローンの有無は関係なく、マイホ...

ついついパチンコにのめりこんでしまい、多額の借金を抱えてしまいました。返済が厳しいので、自己破産を考えているのですが、パチンコの借金でも可能でしょうか?ギャンブルの借金は基本的に自己破産は認められない!!他の方法を考えましょう。ギャンブルの他、株やFXなどの投資による借金で自己破産はできません。これを「免責不許可事由」といいます。任意整理、個人再生、特定調停などの自己破産以外の債務整理では、ある程...

自己破産により職業に対してのデメリットがあると聞きました。どのようなデメリットなのでしょうか?今の仕事をそのまま続けることは可能なのでしょうか?一定の資格を必要とする職業には就けなくなります。一般的な職業であれば、仕事は続けられるでしょう。しかし、自己破産の前には給料が差し押さえられるなどの処置をとられることもあるので、職場や周囲の理解を得ておくことが大切です。自己破産を行うことで、社気的影響力が...

つい借金をしてしまい、返済に悩んでいます。自己破産を考えているのですが、現在受け取っている年金は差し押さえの対象となるのでしょうか?「公的年金」には影響ありませんが、「個人年金」は影響を受けます。国民年金や厚生年金などの「公的年金」は、自己破産を行った際に差し押さえの対象にはなりません。ですが、年金の受け取り口座を凍結される可能性は高いので、事前に金融機関に相談をしておくことが大切です。民間保険会...

長年付き合っていた彼氏から婚約を求められました。うれしくてOKしたのですが、実は彼氏には多額の借金があることを知っています。家庭の事情でつい借入してしまったみたいですが、今後の生活にも不安が残ります。どのように対応していけばいいのでしょうか?2人でよく相談、場合によっては任意整理も検討しましょう。差し押さえ対象はあくまで借入を行った本人ですが、結婚を前提であれば2人の生活にも影響してくると考えまし...

どうしても借金の返済ができなくなりました。借入先からの督促にも応じることができないでいると、裁判所から一括返済の請求を命じられました。起訴されてしまうと、警察に逮捕されてしまうのでしょうか?借金の返済ができないからといって警察に逮捕されることはありません。警察には「民事不介入の原則」があります。金銭契約に関する事項は民事事件のため、警察が事件として取り扱うことはないので逮捕されることはありません。...

「過払い金が請求できます!」という電車のつり広告を見つけました。自分も対象となっているかもしれません。どのような業者が請求の対象先となるのでしょうか?過去に20%を超える金利で借入した業者なら対象となる可能性大。自分が対象となっているかはやはり専門家に確認してもらいましょう。・20.0%を超える金利で貸付を行っていた業者は、過払い金の対象となる可能性が高い。・金利以外でも、5〜10年以上取引してい...

私もどうも過払い金対象となっているようなのですが。過払い金を業者に請求すると、ブラックリストに掲載されてしまうのでしょうか?その他の注意点と合わせて教えてください!借金の返済ができないからといって警察に逮捕されることはありません。過払い金を請求してもブラックリストに載ってしまうことはありません。ただし完済後10年を経過すると時効となる恐れもあります。過去に支払い過ぎた利息の返済を業者に求めるのが「...

過去の借金が過払い金請求に対応していることがわかりました。手続きを進めたいのですが、過払い金請求に準備しなくてはいけない書類にはどのようなものがあるのですか?「取引履歴」「過払い金返還請求書」「契約書」の3点は必ず必要になります。まずは取引履歴を請求して、過払い金の計算を行います。しかし、素人では難しい面もあるので、専門家の手を借りてスムーズに進めていくことをオススメします。また、そのつど必要にな...

夫や妻などのパートナーや同居している親などの家族に秘密で借金をしている人は意外と多いものです。返済が厳しくなってきたので、返しきれなくなってばれてしまう前に債務整理をしたい、と考える人も増えています。しかし、家族に秘密にしたまま、借金についてばれずに債務整理をすることは可能なのか、考えていきましょう。そもそも、債務整理をする場合、どういう時に「家族にばれる」可能性があるのでしょうか。・自己破産/個...

「自分の給料だけではなかなか借金の返済に回せる分がなく、つらい…」「本当は給料だけで十分返せる予定だったのに、残業代がカットになって払えなくなってしまった…」そんな経験、ありませんか?この記事では、借金返済のための副業やアルバイトなどについて、メリット・デメリットや注意点などについて解説していきますね。1.近所のカフェやコンビニなどでバイトをするカフェやコンビニ、ファミレスなどは、「毎日2〜3時間...

借金をしている人が常に悩まされている、「借金の取り立て」。滞納したらもちろん電話はかかってきますし、督促状などの郵便も届きます。滞納していなくても「払わなくてはならない」というプレッシャーで押しつぶされそうになることも多いでしょう。弁護士などの専門家に依頼する大きなメリットのひとつとして、「取り立てが止まる」というものが挙げられます。「取り立てが止まる」とは具体的にどういうことなのか、依頼するとき...

借金が返済できないなどの理由で給料差押え等の強制執行の手続きが行われているときでも個人再生手続きを開始することでこの手続きの一時中止や取り消しを行うことができます。給料差押さえをされてしまうと生活をしていくのに影響を受けてしまいます。とくに多重債務者の人は経済的な再建も困難になってしまいます。そこで給料差押えの強制執行の手続きのある時に取り消しや一時中止について説明させていただきます。個人再生で差...

何らかの事情があり借金が返済できなくなった場合、家が競売にかけられることがあります。競売にかけられるまでにも必要な手続きがあり段階を踏みます。競売手続から落札までのスケジュールや、どういう仕組みになっているのかを紹介します。任意売却が間に合うのはいつまで?何らかの事情があり借金が返済できなくなった場合、債権者は債権を回収するために様々な手段をとります。その中の一つが任意売却です。債権者が債権を回収...

融資を受ける際は担保が必要ですが、対象となる不動産が複数の場合、競売を行う時債務1に対し2つ以上の不動産に抵当権設定されることがあります。この場合は共同抵当となり、配当額や手続きも少し変わってきます。複数の不動産に抵当権が設定されている場合の競売一部例外を除いて借金をする場合、担保を用意しなければいけません。もしも借金の返済ができなくなった場合は、担保を現金化して返済に充てることができるからです。...

借金をしたらそれを返済する義務があります。最初から踏み倒すつもりで借りることはないとしても、様々な事情で借金の返済ができず、新たな借入もできないという場合は、任意整理をすることがあります。任意整理にも種類はありますが、返済義務が果たせない人が選ぶ手段ですから、社会的信用を貶めることになります。任意整理をするとしばらくの間、新たな借入はできなくなりますが、福祉協議会の緊急小口資金なら、任意整理後でも...

携帯電話は非常に便利なものですが、その便利さを享受していくには、使用料をきちんと払っていくことが必要になります。料金の未払いの状態が続いてしまいますと強制的に解約をされてしまうこともあります。もちろん強制解約をしてすべてが完了する訳ではありません。強制解約の後も、未払いの料金の請求は引き続き送られてくるようになります。そのままにしておくと、簡易裁判所の方から支払いの督促が来る場合も考えられます。場...

結婚をしたいけど借金を抱えているせいで踏み込めない、隠しているべきかどうか迷っているという方もいるでしょう。借金を抱えたまま結婚する場合、バレずにいることはできるでしょうか?また打ち明けた場合にはどうすればいいのでしょうか。借金があるからなかなか結婚に踏み切れない結婚したいけど、自分が多額の借金を抱えているため結婚できないことがあります。愛さえあればいいとは言っても、結婚前の借金はその人個人のもの...

借金を抱えている人で結婚を考えている人の場合には相手に自分の借金のことをきちんと伝えたほうがいいのでしょうか?借金があることを隠して結婚しても法律的に問題になることはありませんが、経済的な負担をパートナーにかけてしまうことになりますので、人間の心理的なものとしては、きちんと話しておいた方がいいようにも思われます。後からわかってしまうのは決していいことではありません。お互いの信頼関係に溝ができてしま...