自己破産にかかる費用はどれくらい?

MENU

自己破産にかかる費用はどれくらい?

借金返済に困り、自己破産を考えています。しかし費用負担がどれくらいになるのか不安です。あまり多額だと支払いできるのか……。自己破産の手続きにかかる費用はどれくらいなのでしょうか?

状況により異なりますが、裁判費用と弁護士費用が必要になります。

 

自分で手続きをするのは非常に大変なので、弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談しましょう。
報酬の相場は、弁護士で約25〜40万円、司法書士で20〜30万円(いずれも裁判以外の報酬)です。
裁判所に対する費用は一括払いですが、弁護士や司法書士への報酬は多くが分割払いを採用しています。

自己破産を行う場合には、まず裁判所に支払う費用が必要になります。
自ら手続きを行う場合には、安いケースで3万円程度に抑えることも可能です。
財産が多ければ、手続きも複雑になり20万円〜50万円必要となることもあります。

 

ただし自分で手続きを進めるのは非常に大変です。
提出する書類だけでもかなりの数に及び、相当の法律の知識を必要とします。
そのため通常は弁護士などの法律の専門家に処理を依頼することになります。

 

弁護士に依頼した場合には、弁護士費用が発生します。
裁判に関係する費用の他に、弁護士に対する報酬を支払わなくてはいけません。
その相場は、約25万円〜40万円前後の水準といわれています。

 

ちなみに司法書士でも処理を依頼することができます。
その場合の報酬の相場は20万円〜30万円前後といわれています。

 

弁護士に比較するとやや低い水準に抑えることができます。
しかし、弁護士と違って司法書士は、裁判行為の代理を務めることはできません。
裁判上必要な書類の作成などに権限が定められており、あくまで手続きは自分自身で行う必要があります。

 

裁判所に対する費用は、原則一括支払いです。
一方、弁護士や司法書士に対する報酬は多くの事務所が分割返済を認めています

 

どうしても報酬の支払いが不可能な事情がある場合には、報酬の免除を認めているケースもあります。

 

いずれにしても、自己破産を行う場合でもいくらかの費用負担は覚悟しなければいけないということです。
不安な方は、まず弁護士事務所などの無料相談を利用してみてはどうでしょうか。