ギャンブルの借金でも自己破産は可能か

MENU

ギャンブルの借金でも自己破産は可能か

ついついパチンコにのめりこんでしまい、多額の借金を抱えてしまいました。返済が厳しいので、自己破産を考えているのですが、パチンコの借金でも可能でしょうか?

ギャンブルの借金は基本的に自己破産は認められない!!他の方法を考えましょう。

 

ギャンブルの他、株やFXなどの投資による借金で自己破産はできません。これを「免責不許可事由」といいます。
任意整理、個人再生、特定調停などの自己破産以外の債務整理では、ある程度借金を返済していく意思と能力が求められるので、ギャンブルの元となってしまった自分自身の意志の弱さと決別する意識を持ちましょう。
自分に合った債務整理をするためにも、法律の専門家に相談することをオススメします。

借金を抱える理由はひとそれぞれです。

 

パチンコや競馬などのギャンブルのために借金が膨らんでしまう方も多いでしょう。
しかし、ギャンブルの借金では原則自己破産は認められません

 

自己破産は債務整理のなかでも、借金を帳消しにする強力なものです。
その分条件も厳しくなっており、ギャンブルを目的とした借入は認められないことになっています。
これを「免責不許可事由」といいます。

 

この中には、パチンコや競馬などのギャンブルの他に、株式投資の資金なども含まれます。
通常の借金はパチンコや競馬などのギャンブル、株式投資などの投機資金としての利用は禁止されていいますので、自業自得といえるでしょう。
最近はやっている「FX」も投機資金に含まれますので注意しましょう。

 

ただし「免責不許可事由」のケースでも例外的に裁判所が免責を認める場合もあります。
借金の額、取引形態、自己破産者の反省具合などの総合的な判断のもとで、裁判所が裁量で認めるケースです。
ただしあくまで例外であり、ほとんどのケースではやはり免責不許可となることを覚えておきましょう。

 

自己破産以外の債務整理では、ギャンブルの借金も整理対象とすることは可能です。
逆に、ギャンブルや投機資金の借金が整理できないのは、自己破産だけといえることもできます。

 

ただし任意整理、個人再生、特定調停などの自己破産以外の債務整理では、ある程度借金を返済していく意思と能力が求められます。
すべての借金を帳消しにできるわけではありません。
また債務整理が認められた後、返済できない状態になると即一括返済を求められることもありますので注意が必要でしょう。

 

そもそもギャンブルの借金は、自分自身の意思の弱さが原因ともいえます。
債務整理後には、生活改善を含めて同じ過ちを繰り返さない強い意志が大切でしょう