自己破産したらマイホームは手放すことになる?

MENU

自己破産したらマイホームは手放すことになる?

これまで長年多額の借金の返済に悩んできました。

住宅ローンの他にも、多くの金融機関からの借入返済はもう限界!!
自己破産を行おうと考えているのですが、マイホームは手放さなければいけないのでしょうか?

自己破産ではマイホームを手放す必要あり。嫌ならば他の方法を考えましょう。

 

自己破産をしたら、「保有する資産を処分」することになります。その分、全ての借金をゼロにできるのです。
住宅ローンの有無は関係なく、マイホームは手放す必要があります。
どうしてもマイホームを残したいのであれば、借金の返済を軽くしてマイホームを残す「個人再生」もあります。
まずは法律の専門家に相談することをオススメします。

自己破産では、すべての借金の返済を無くすかわりに、保有する資産を処分しなければいけません。

 

生活上の最低限の資産の保有は認められていますが、資産価値の高い所有物は換金して借金の返済に充当する必要があります。
資産の中には、自宅(マイホーム)の他自家用車なども含まれます。

 

仮に住宅ローンの返済が完了していたとしても、他の借金の返済に充てる必要があります。
自己破産では住宅ローンの有無は関係なく、マイホームは手放す必要があると考えておきましょう。

 

ただし、物件名義が親や子供など、自己破産者以外の方である場合には、破産者の資産としてはみなされません。
所有者が保証人になっていないケースでは、そのまま住み続けることが可能となります。

 

自宅を手放した後は、賃貸住宅などに居住することになるでしょう。
自己破産を行った後にブラックとして、賃貸物件を借りることができなくなるようなことはありません。
ただし、自己破産後一定期間は他のローンを組むことはできなくなります。

 

せっかく手に入れたマイホームを手放したくないと考えるのであれば、自己破産以外の方法を考えてみましょう。

 

住宅ローンを含めた債務整理では「個人再生」などの方法が挙げることができます。
借金の返済を軽くした上で、マイホームを残すことも可能です。

 

ただし、今後も返済を続けていくことが前提ですので、ある程度の返済能力が要求されるでしょう。
それでもマイホームを手放したくないと思われるのであれば、一度弁護士などに相談されてみてはどうでしょうか。