自己破産をした場合年金は受け取れなくなるか

MENU

自己破産した場合年金は受け取れなくなるか

つい借金をしてしまい、返済に悩んでいます。

自己破産を考えているのですが、現在受け取っている年金は差し押さえの対象となるのでしょうか?

「公的年金」には影響ありませんが、「個人年金」は影響を受けます。

 

国民年金や厚生年金などの「公的年金」は、自己破産を行った際に差し押さえの対象にはなりません。ですが、年金の受け取り口座を凍結される可能性は高いので、事前に金融機関に相談をしておくことが大切です。
民間保険会社が取り扱っている「個人年金」は自己破産の際に差し押さえの対象となってしまいます。

多額の借金を抱えておられる方の中には、年金を受け取っている方もいらっしゃるでしょう。
返済に苦しんで自己破産を検討するとき、受け取っている年金がどうなるのか気になるところです。
自己破産を行うと年金も差し押さえの対象となるのでしょうか。

 

年金には大きく分けると2種類あります。
国民年金や厚生年金などの「公的年金」と、民間保険会社などが取り扱っている「個人年金」です。
自己破産の場合には、それぞれに対応が異なってきます。

 

「公的年金」の場合には、自己破産を行ったとしても差し押さえの対象とはなりません
現在年金を受け取っている場合でも、金額が減少されたり、期間は少なくなることはありません。
ただし、銀行などの年金受取口座は自己破産を行うことで凍結される可能性が高くあります。
年金を受け取っても引き出しできなくなる恐れもあるのです。

 

凍結を受けた場合は、金融機関との相談のうえ、受け取った年金の金額分のみを引き出し可能とする対応も行うことができます。
事前に金融機関側に話を行っておくとよいでしょう。

 

「個人年金」の場合は、自己破産により差し押さえの対象資産とみなされます
あくまで個人が自分の意思で民間保険会社などと契約しているため、法的には保護されません。
積立金が小額であれば処分を受けることもないかもしれませんが、解約払戻金が20万円を超えてくると、「異時廃止」という手続きにより、積立金は借金の回収に充当されることになります。

 

複数の年金を受け取っている、契約していると、その分自己破産の手続きも複雑になってきます。
自己破産の手続き対応は裁判所によっても異なることがありますので、できれば弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。
「公的年金」の受取口座への対応なども一任することができますので、安心して手続きを進めることができます。