過払い金請求に必要な書類は何ですか?

MENU

過払い金請求に必要な書類は何ですか?

過去の借金が過払い金請求に対応していることがわかりました。

手続きを進めたいのですが、過払い金請求に準備しなくてはいけない書類にはどのようなものがあるのですか?

「取引履歴」「過払い金返還請求書」「契約書」の3点は必ず必要になります。

 

まずは取引履歴を請求して、過払い金の計算を行います。しかし、素人では難しい面もあるので、専門家の手を借りてスムーズに進めていくことをオススメします。また、そのつど必要になってくる書類も出てくるかもしれません。

支払い過ぎた利息が戻ってくる「過払い金請求」
条件次第では多額のお金が戻ってくることもあります。
請求時には、どのような書類を準備しなければいけないのでしょうか。
過払い金請求に必要な書類には、次の3点があります。

 

取引履歴

これまでの借金の利用履歴のことです。
いつ、どれだけ借りて、どれだけ返済したのかを示しています。
過払い金請求の金額がどれだけになるのか計算する元となる重要な書類です。
借入先に連絡を入れて発行を依頼しておきましょう。

 

過払い金返還請求書

実際に借入先に「過払い金請求を行います!」と明示する書類です。
これがなければいつまでたっても手続きできません。
最近ではネット上で無料ダウンロードできるようになっています。
検索サイトなどから信頼できるサイトにつないで入手するようにしましょう。

 

契約書

借金の証拠となる書類です。
紛失した場合には、再発行を求めることは難しいでしょう。
なんとか探し出すしかありませんが、最低なくても過払い金請求自体は行うことができます。

 

これらの書類以外にも状況に応じて必要書類が発生してきます。
すみやかに準備することで手続きもスムーズに進むことになります。

 

まずは取引履歴を請求して、過払い金の計算を行います。
その後過払い金返還請求書を作成して借入先に提出します。
すると借入先から何らかのアクションがありますので、対応していくことで過払い金請求手続きが進んでいくことになります。

 

ただし過払い金の計算など素人では難しいことも中にはありますので、できれば弁護士などの専門家に委任することをおすすめします。
借入先との交渉など、個人レベルでは困難な事象でも十分に対応してくれます。