過払い金請求時の注意点とは?

MENU

過払い金請求時の注意点とは?

私もどうも過払い金対象となっているようなのですが。

過払い金を業者に請求すると、ブラックリストに掲載されてしまうのでしょうか?
その他の注意点と合わせて教えてください!

借金の返済ができないからといって警察に逮捕されることはありません。

 

過払い金を請求してもブラックリストに載ってしまうことはありません。
ただし完済後10年を経過すると時効となる恐れもあります。

過去に支払い過ぎた利息の返済を業者に求めるのが「過払い金請求」です。
過払い金請求が登場した頃は、請求しただけで個人信用情報に事故情報として記録されていました。
いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまったのです。
一度ブラックリストに載ってしまうと、その記録が残っている期間は新たな借入ができなくなります。
金銭の借入だけでなく、クレジットカードなども利用できなくなってしまいます。

 

ただし現在では、過払い金請求は法律に則った正式な手続きとして認識されています。
個人信用情報の事故情報としては無関係とされていますので、過払い金請求によりブラックとなることはありません
万が一手違いで記録されたとしても、訂正を請求できるようになっています。

 

過払い金は、現在返済している借金だけでなく、過去に完済した借金も対象になります。
ただし過払い金は「完済後10年」で時効となります。
一度時効を迎えてしまうと、返済請求ができなくなりますので、早めの対応が必要となるでしょう。

 

自分の借金が過払い金の対象となっているのかの判断も含めて、対応は弁護士などの専門家に依頼することが望まれます。
業者との交渉などは、個人レベルでは限界があり、手続きにも時間を必要とします。
その点、弁護士などは事例にも精通していますので、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

 

ただし弁護士や司法書士の中には高額な報酬を請求してくる先もあります。
申し出があった段階で、報酬その他の条件をあまり説明せずに、契約書なども未作成とする弁護士事務所には注意が必要でしょう。
まずは大手弁護士事務所などの無料相談を利用してみてはどうでしょうか。