携帯料金の未払いで簡易裁判所に訴訟や差押えがされるケースとは?

MENU

携帯電話は非常に便利なものですが、その便利さを享受していくには、使用料をきちんと払っていくことが必要になります。料金の未払いの状態が続いてしまいますと強制的に解約をされてしまうこともあります。

 

もちろん強制解約をしてすべてが完了する訳ではありません。

 

強制解約の後も、未払いの料金の請求は引き続き送られてくるようになります。そのままにしておくと、簡易裁判所の方から支払いの督促が来る場合も考えられます。場合によっては訴訟を起こされてしまって裁判になってしまうこともあり、その場合には裁判に出ることも必要になってしまいます。

 

裁判の結果によっては、未払いの携帯料金の分の差し押えが行われてしまうようなことも考えられます。このサイトでは携帯電話の料金の未払いに対して、督促が来た場合の対処法について紹介していきます。

 

携帯の料金を支払わないことで裁判に!?

携帯電話の料金を支払わないとどうなるのでしょうか?毎月の支払いはそれほど大きなものではないので、電話を強制的に解約されてそれで終わりになると思い込んでしまっている人は多いものです。

 

ところが実際のところは、支払われなかった携帯使用料に対して裁判を起こされてしまうケースが大変多くなっているというデータがありますので、携帯電話の料金については軽く考えないようにした方がベターであるといえます。

 

と言ってもすぐに裁判になってしまうわけでは有りません。

 

最初は携帯電話会社からの支払い請求から始まることになります。携帯電話の未使用料金が一般的にはそれほど高額ではない場合が多いので、その場で支払いを選択したほうが無難であると言えます。

 

また、支払いの総額が高額で大きな負担となってしまうような場合には、携帯会社にコンタクトを取って状況を話してみて、場合によっては分割に応じてもらえるかどうかを確認してもいいでしょう。

 

交渉するのが難しいような場合には弁護士さんに仲介を依頼してもいいでしょう。

 

いずれにせよ、未払いの携帯料金の費用を支払うことを初めてしまえば、その後督促を簡易裁判所から受けて、更には裁判に持ち込まれてしまうようなこともなくなります。

 

払うべき費用は必ず支払おうという気持ちを常に持っていることが重要なポイントになります。

 

一方で、携帯電話会社からの支払いの催促に応じないでいると携帯電話会社の方は、簡易裁判所にそれを訴えることをすることも考えられます。そのような場合には、今度は携帯電話会社からではなくて、簡易裁判所からの督促がやってくるようになります。

 

このような督促に対しては、申し立てを行うことも出来ますが、申し立てを行ったからと言って支払いの義務が解消されるわけでは有りません。

 

申し立てを行った後は、裁判によってどのように解決をしていくのがいいのか法律的な観点からの審査が行われるようになります。裁判の決定が法的な拘束量が出てきますので、結審後は必ずそれに従わなくてはなりません。

 

また、裁判所の決定に従わないでいると、強制的な差押えを受ける場合もありますので、注意が必要です。

 

差押えになってしまったそれを解消することは非常に難しいことになりますので、裁判所からの督促があったら直ちに対応を考えていくことが必要になります。自分ではどのように対応していけばいいのかわからないような時には弁護士さんに相談をして対処方法を考えていくといいでしょう。

 

裁判所から「支払督促」が届いた場合は急がないと危険!

携帯電話料金の未払いに対して、携帯電話会社ではなくて簡易裁判所からの督促が来てしまった場合には、すぐに対応をしなくてはなりません。

 

仮に2週間の間、それを放置しておくと督促を承諾したとことになってしまいますので、強制執行を行われても文句を言うことができなくなってしまいます。ですから、2週間の間に必要に応じて申し立てを行う必要が出てきます。携帯会社との和解をその間に模索してもいいでしょう。

 

強制執行は携帯会社の方ではなく、裁判所の執行官が来て執り行うことになります。

 

強制執行の際は執行官の判断で差押えが行われることになります。差押えが行われてしまった場合には、それを自由に使うことができなくなってしまいます。

 

自宅が差押えられてしまった場合には、家から出なくてはいけなくなってしまうかもしれません。差押えを受けてしまった物件はその後競売にかけられますが、売却された金額ですべての未支払いの携帯電話料金がはらい終わればそれで完了ですが、もしもそれでは足りない場合にはもう一度、強制執行が行われることになってしまいます。

 

このプロセスになってしまいますと、自分では何もできませんので、裁判所の執行官の手続きに従うしかなくなってしまいます。この段階になってきちんと携帯料金を支払っておけばよかったと後悔しても後の祭りになってしまいます。

 

出来れば裁判所からの督促がやってくる前が理想的ですが、仮に督促が来てしまったら、すぐに債務整理の案件に明るい弁護士さんに相談をして、対応を行って行くことが必要になります。競売にかけられてしまうというのは非常に不利な状況ですので、それは避けるようにしたいものです。

 

インターネット上には債務整理に詳しい弁護士さんの情報がたくさん掲載されていますので、そのような弁護士さんに問い合わせてみるといいでしょう。

 

多くの弁護士さんが最初は無料で相談に乗ってくれます。また、遠方に住んでいるような場合には電話やメールで相談することも可能ですので、時間的なロスを最小限にすることも可能です。

 

裁判所から支払い督促が届いたら2週間以内に行動!

携帯会社から、簡易裁判所へ未払いの代金についての訴えをする方法としては、支払いの督促あるいは通常訴訟の方法がとられるのが一般的です。

 

支払いの督促が裁判所から送られてきたら、2週間以内に対応を行わないでいると、そのまま強制執行の対象になってしまいます。督促に対しては、迅速な対応を心がけておかなくてはなりません。

 

また、通常訴訟の場合には、裁判によって和解を目指していくことを考えて行われることが多いものです。裁判になってしまうと解決までに時間がかかってしまいますので、和解を考えて訴訟を行って行く場合が大半です。

 

督促の場合には携帯電話会社からの要求に対して相手が全く対応してこないような場合に用いられますが、話し合いに応じてもらえるような環境の場合にはむしろ確実に支払いができるような感じでの和解を目指していくことになります。

 

和解が決裂してしまう場合も考えられますが、これは基本的に長期化というデメリットが多くなります。どのように和解をしていくのがいいのか自分で判断できない場合には弁護士さんに相談をしてアドバイスを求めていくようにするといいでしょう。

 

裁判の判決は「和解」か「判決」

携帯電話料金の支払いにトラブルを起こしてしまっていて、裁判所が介入してきた場合には最終的な結末は和解あるいは訴訟ということになってしまいます。和解をする場合には双方話し合いの場を設けることになります。

 

話し合いをしてお互いに合意ができれば、それに従って携帯料金の未払い代金の返済が、実行されていくことになります。仮に実行されない場合に、和解案を放棄したというように考えられてしまって、訴訟になってしまう場合がありますので、必ず、返済可能なプランでの和解が必要になります。

 

初めから返済が不可能なプランで和解をしても、結局のところ訴訟になりますので、意味がないといえます。

 

訴訟の場合に裁判所の決定には拘束力がありますので、それに従わなくてはなりません。従えない場合には、強制執行の方法で財産の差押えを裁判所は行うことも可能になります。

 

しかしながら、携帯の使用料の未払いがあっても、差押えが可能な財産を全くもっていない人の場合には、差押えをしようと思ってもそれはできませんので、無い袖は振れない状態ということになってくるので特に心配しなくてもいいでしょう。

 

また、全く差押えをされるようなものがない場合には同様に、申し立てをすることも意味がありませんので、未払いの携帯料金の支払い請求は初めから無視を決め込んでもいいでしょう。

 

といっても、自分が本来支払うべき利用料を払わないでいるというのは決していいことではありませんので、モラルの問題としてこのような事態は避けたほうがいいでしょう。

 

また、金銭的にかなり苦しい生活を行っているような場合には、確実に支払い可能な計画を和解で立てておかなくてはなりませんので、和解の際には弁護士さんの力を借りて自分にとってメリットのある和解案に持ち込むことも必要です。

 

更には、支払いができなくなってしまって、裁判になってしまうのは、携帯業者の方も時間と手間がかかりますので避けたいというのが本音のはずですので、弁護士さんに上手に交渉してもらうといいでしょう。

 

分割で支払う意思を示しても無理なケースもある

かなりお金のやりくりに困っているような場合には携帯料金の未支払い分を一括ではなく分割で返還したいと思うかもしれません。それを和解案として携帯会社に提案することができれば確実に支払いが可能というような場合でも、それを携帯会社が残念ながらNOという返事をする場合もあります。

 

和解の場合には、交渉のプロである弁護士さんにそれを依頼することが多くなりますが、弁護士さんがいくら粘り強く交渉しても、分割に応じてもらえないようなことも起きてしまいます。

 

このような場合には、現実的にお金を支払うことができなくなりますので、裁判所を介した強制執行の可能性が出てきてしまいます。

 

強制執行が実行されてしまうと有している財産が抑えられてしまうことになります。これはどうすることも出来ないことですので、和解が成立しない場合には、財産の差押えの可能性を考えておく必要が出てきます。

 

強制執行になってしまうのは非常に悲惨な状態ではありますが、元をたどってみると携帯の使用料金を払うことをせずに、そのまま放置しておいた自分の責任であることを認識しなくてはなりません。支払うべきお金は、借金の返済と同様に確実にそれを払っていかなくてはなりません。

 

それができないような場合には、弁護士さんの助けをかりながら債務整理などの方法も行って行くことが必要です。

 

そのような真面目な対応を心がけておけば、強制執行のような最悪の状態になってしまうことは避けることが可能になるものです。お金の管理はどんな場合も計画的に行って行くことが求められます。

 

お金のトラブルについて法的にどのように対応していくのかわからない場合には、弁護士さんに相談してみるのは最良の方法です。

 

実際に差押えや強制執行になってしまうのはなぜ?

携帯電話の料金を払わないでいるような場合には、法的な手続きによって強制執行が行われてしまう可能性が考えられます。しかしながら、強制執行を行う手続きは非常に煩雑なものですので、携帯電話会社の方もそれを行うのは本音では避けたいと思っている場合がほとんどです。

 

要は、支払うべきお金を払ってくれさえすればすべてが解決しますので、和解によって、それを実行してもらうようにできればすべてが丸く収まります。

 

といっても、これは携帯電話会社に対して支払う意思を示した場合にのみ考慮されるべきものですので、携帯会社からの支払いの催促に対して、不誠実な態度を取り続けてしまっていると、和解ではなくて強制執行の手段を携帯会社にとられてしまう可能性がでてきてしまいます。

 

強制執行が行われてしまいますと、預金や家などの差押えが行わることもあります。

 

家の場合にはそこからの立ち退きを迫られることになってしまいます。強制執行後にその家に無断で入って住み続けるのは違法行為として処罰の対象になってしまいます。

 

さらには、強制執行は法律で認められたものですし、大きな拘束力がありますので、それが実行される前に、確実にそれを阻止することを考えなくてはなりません。

 

支払うべきお金の準備が難しい場合には、弁護士さんに相談してしかるべき対応を取ってみるのがお勧めです。

 

一方で、全く財産をもっていない人の場合には、差押えの可能性がゼロですので、支払いの督促については、あまりいいことではありませんが、対処する必要がありません。自分の生活を守っていくことを考えていくしかないことになります。

 

また、強制執行を行うかどうかは携帯電話会社の社風によっても異なっています。携帯電話は便利なものですが、計画的に使っていくことも生活を破たんさせないためにもそれを念頭に置いておくこともとても重要です。