借金がある人が結婚する時の借金整理は結婚の前と後どっちが良い?

MENU

借金を抱えている人で結婚を考えている人の場合には相手に自分の借金のことをきちんと伝えたほうがいいのでしょうか?

 

借金があることを隠して結婚しても法律的に問題になることはありませんが、経済的な負担をパートナーにかけてしまうことになりますので、人間の心理的なものとしては、きちんと話しておいた方がいいようにも思われます。

 

後からわかってしまうのは決していいことではありません。

 

お互いの信頼関係に溝ができてしまうかもしれません。また、パートナーに秘密にしておいたとしても、夫婦間でお金の管理を秘密にしておくことは最終的には難しくなってしまいますので、できれば結婚をする前にそれを清算しておくことがお勧めです。

 

また、簡単には清算(整理)が難しいような高額の借金の場合には、弁護士さんに相談をして債務整理の手続きを検討してもいいでしょう。出来る限り借金のない形で新しい結婚生活をスタートすることを考えておくほうが健全といえます。

 

借金したまま結婚するとどうなるの?

仮に結婚する前に相手の借金のことが判明することがあったら、借金の返済を結婚前にしてもらうのと同時に、なぜ借金をすることになってしまったのかという原因の究明を行うことをしておくといいでしょう。

 

親からの借金を少しずつ返して行っているような場合にはそれは仕方がないともいえますが、浪費が多くてそれによって借金がかさんでしまっているような場合には結婚後の生活に大きな問題が出てきますので、注意が必要です。

 

相手の方の浪費癖が改善できる可能性があるのでしたら、いいのですが、そうではないような場合には結婚後に大きな苦労をしょい込むことになってしまいます。結婚後に借金があることが分かってしまって、その段階で相手の方がギャンブル好きであることが判明するのは最悪のケースになってしまいます。

 

相手を信じていないわけではないのですが、やはり結婚前に相手の借金の有無はお互いに公開しておくといいでしょう。

 

仮に相手に借金があったとしても、その内容が問題になって来ない場合も多いものです。すなわち、本人のスキルアップのための借金であれば、それは将来返済することが可能ですので、結婚後もそれを心配する必要はないものです。

 

しかしながらどう考えても経済的に破たんしているようなお金の使い方をしているような場合が見つかった場合には、結婚することを再考したほうがいい場合も出てきます。

 

いずれにしても、自分の身の丈に合ったお金の使い方ができる人であるかは、将来を左右するものになりますので、ルックスだけでなくそのような部分も十分に見極めておいた方がいいでしょう。

 

借金を抱えている人は、場合によっては自分の借金の全体を把握できていないようなこともありますので、本人が把握している物以上の借金を負っている場合もしばしばですのでそれについても注意が必要です。

 

借金の総額があまりにも多いような場合には相手の方の収入のうちの多くの部分が借金の返済に充てられてしまいますので、経済面での負担が変わってきてしまいます。

 

借金があまりにも大きなものであるときには、債務整理の方法によって借金の負担を減らすことを視野に入れることも考えたほうがいいでしょう。

 

債務整理の方法には様々なものがあります。それによってパートナーの方がブラックリストに載ってしまうようなケースも考えられますが、返済額が少なくなることを考えておけばそれも致し方無いと割り切ったほうがいいでしょう。

 

また、一部の債務整理の方法をとると官報にその情報が掲載されてしまいますが、官報に掲載されている情報は非常に豊富なので、よほど注意してその情報を見ていないと他の人に債務整理をしたという事実を知られることはないと考えていいでしょう。

 

自分から、沙有無整理によってブラックリストに載っていることも同様に言わなければ誰にも知られることはありません、結婚後はご夫婦だけの秘密ということになります。

 

やっぱり結婚する前に正直に話すべき?

結婚する相手の借金の情報について、第3者機関にそれを依頼するとブラックリストへの掲載状態や官報への掲載状態を調べてもらうことができます。

 

相手を信用していないことになるので、それをやることに躊躇してしまう場合も多いのですが、万が一のことを考えて相手の信用情報を確認しておいても悪くないでしょう。

 

仮に、相手の方が結婚前に借金のあることを把握されてしまうのを気にして言い出せないでいることもありますので、借金の有無については、内緒で調べてみても悪くはないでしょう。これまでも借金の返済に関するトラブルを全て調べてもらうことも可能です。

 

どのような方にそれをお願いして調べてもらうことを依頼するのがいいのかについては、弁護士さんに相談してみるといいでしょう。弁護士さんが適当な方を紹介してくれるはずです。

 

みだりに他の人の個人情報を調べようとするとプライバシーの侵害の問題が出てきてしまうこともありますので、専門家に依頼をしてみるのが一番安全な方法になります。法律的な問題に抵触してしまうようなことは婚約者と言っても避けなくてはなりません。

 

官報などには、一部の債務整理の情報が掲載されることになっていますので、その情報を丁寧に調べていくことは原理的には可能ですが、かなりの手間と時間がかかりますので、現実的とは言えません。

 

また、素人が身辺調査のようなことを行っていることが相手にわかってしまうともしも全く借金が無かった場合に、相手の怒りを買うようなことも考えられますので、婚約破棄などの可能性も出てきてしまいますので、かなり注意深い対応が必要になります。

 

婚約の方がこれまでの借金の返済のために闇金からお金の借り入れを行ってしまっているような場合も考えられます。

 

債務は基本的にはお金を借りた人だけの責任であるのですが、闇金の場合には家族や婚約者にも不当な請求が行われてしまいます。

 

もしも、闇金からの借り入れが発覚したら、すぐに弁護士さんに相談をして対応をすることが必要になってきます。

また、闇金からお金を借りてしまうような方ですと、結婚後も知らなううちに大きな借金を抱えてしまうかもしれませんので、結婚前によく話し合いを持った方がいいでしょう。お金に対する考え方で改善が見られないようでしたら、婚約の破棄を考えてみてもいいでしょう。

 

借金が原因で婚約破棄になる事も…しかし!

債務整理の方法にはいくつかのものがあります。任意整理、個人再生、自己破産、特定調停がそれにあたります。そのなかで、個人再生と自己破産の情報は官報に掲載されてしまいます。官報は販売されているものですので、誰もがその情報を見ることが可能になっています。

 

といっても、官報には非常に多くの情報が掲載されていますので、よほどのことが無い限りは債務整理を行っているというようなことを他の人に知られてしまうことはありませんが、もちろん絶対ではありません。

 

もしも、結婚をする前に相手に対して秘かに借金の清算をするような場合には万全を期して官報に掲載されることのない債務整理の方法を選択するのが良い方法になります。

 

債務整理の選択方法については、個人のレベルでは判断するのが難しいような場合には弁護士さんに相談をするのがお勧めの方法になります。

 

また、債務整理の後にブラックリストに載ってしまうようなことになると、ローンを組むことができないあるいはカードを作ることができないという制約を受けることになります。

 

ブラックリストに載っている期間はそれぞれの債務整理の方法によって異なってきますので、一番良い方法を弁護士さんと相談しながら決めるのがいいでしょう。

 

また、ブラックリストに載ってしまったとしても、それは自分から言わなければ第三者には知られてしまうことはありません。

 

その空間は現金収入に対応した生活を余儀なくされますので、少々不便さを感じることもありますが、お金に対して堅実性がでてくるので、慣れてしまえば今後は借金で失敗をすることもなくなるでしょう。

 

結婚後にすぐに住宅を購入しようと思っている人の場合には、ローンが組めなくなってしまうことになりますので、その点については結婚する相手にしっかりと理解を求めておくことが必要になります。

 

また、もしも、ブラックリストに載っていることが結婚の障壁になってしまうのであれば、相手と十分に話し合って、その状態が解消されてから、結婚をするという方法も考えられます。

 

これ以上借金を増やさないことが大切

一部の債務整理の行っていることについての情報は官報に掲載されることになりますが、この情報は最新のものが図書館などでも検索することができます。と言ってもあまりに古い債務整理の情報が図書館では見ることができないものです。

 

自分の債務整理に関する情報を不特定多数の人に知られてしまうのは、なんとなく嫌な部分もありますが、債務整理の方法はあくまでも法律で認められたことですので、それが公表されたからと言っても社会的には負い目を感じる必要はありません。

 

しかしながら、借金を残念ながら、返すことができなくなってしまったということによって、金融会社の間ではその情報が共有され、お金を借りることに新たな制限が加えられることになります。それも仕方のないことですが、昔の日本では現金での支払いが一般的でしたので、それを実践すればいいだけということになります。

 

債務整理を行うことは決して悪い事ではありません。むしろ多額の借金があってそれに対しての支払いに問題が起きてしまうと、強制執行などの手段をとられてしまって、取り返しのつかないことになってしまいます。

 

家を手放すような場合もでてきますので、結婚していきなり家が無いというような状態になってしまうかもしれません。それを避けるために、もしも婚約者に借金があって結婚するような場合には、債務整理を選択するというのが非常に賢い方法になります。

 

例えば、社会人になるために良い大学を出るために奨学金などをもらってそれの返済が難しくなっているような場合には、働いていくことによって時間をかければそれは返していくことができるようになりますので、将来的な展望を考えて、債務整理を行って行くというのは決して間違ったものにはなりません。

 

収入を増やすために行った借金ということになれば、それは返済できるものであると考えていいからです。また、借金の返済をしている間は大きな負担を感じてしまってそれをストレスに感じてしまうことも多くなりますので、なるべく短時間で借金をなくすような工夫も必要になります。

 

それには毎日の生活においての無駄をなくしていくことも重要なポイントになります。

 

結婚を機会に、パートナーの方にお金の管理をお願いして、無駄のない生活を送って行けるような工夫をしてみるのは良い方法と言えます。これまではお金にだらしない生活を送っていた人が結婚を機会にしてそれを改善して、堅実な生活を送って行けるようになる事も多いものです。

 

お金の使い方の管理をされてしまうことは最初はストレスに感じてしまうかもしれませんが、精神面での苦しさも弁護士さんに相談してみてもいいでしょう。

 

法的な相談だけでなくて、気持ちの面での金銭感覚についてもそれまでの実績をもとに的確なアドバイスをしてくれることになることが多いものです。自己改革のためのプロセスだと思って、弁護士さんのアドバイスに従って自分の生活を送っていくようにするといいでしょう。

 

債務整理について多くの実績を持っている弁護士さんはインターネットを使えば比較的簡単に探しいくことが可能になります。結婚生活をより充実したものにしていくためには、意識改革はとても重要なものになります。夫婦としての責任もそれによって芽生えてくることになるかもしれませんね。

 

結婚する前に債務整理をする

官報はお役所関連の情報が掲載された雑誌です。多くの情報の中に個人の方の債務整理の情報が掲載されています。お役所関連の情報ですので、図書館などで閲覧することも可能になっています。

 

しかしながら、官報に掲載されている情報は多岐にわたっていますので、その中から、個人の情報を探しだすことは一般の方にはとても難しいものになっています。

 

つまりは、債務整理の情報を他の方に官報を通じて知られてしまうことはないと考えていいでしょう。婚約者の方がいて結婚を考えているときに、過去に行った債務整理の情報は確かに官報を検索すれば知ることが可能です。

 

といっても膨大な過去の掲載情報の中からそれを探し出すことはほとんど不可能に近いとも言えます。さらには、債務整理を行うと、いわゆるブラックリストに掲載されてしまうことになり、ローンを組むことができなくなってしまいます。

 

カードを作ることも不可能になってしまいます。

しかしながら、ブラックリストにその情報が載っている期間も決まっていますので、一定の期間を過ぎてしまえば、そのことも他の人に知られてしまうことはありません。

 

ですから、結婚を前に過去に行った債務整理の情報について気になる場合もある程度時間が経ってしまえば全くそれは問題にならないとものであると考えておいていいでしょう。

 

といっても、婚約者が現在借金を抱えているかについての情報は知っておいても悪くはありません。

 

弁護士さんに相談をすると、相手の方の借金の情報について調べてくれる機関を紹介してもらえますので、依頼をすれば過去に渡っての債務整理などの情報まで提供してもらえるようになります。

 

過去に債務整理をした事例がある場合には現在婚約者がどのような金銭感覚を持っているかを客観的に調べておくことが必要になります。

 

債務整理後に生活態度を改めて、堅実な生活を送っているような場合には結婚をしても特に問題になることはないかもしれませんが、何度も債務整理を繰り返しているような場合には、結婚後にお金のトラブルに自分もまきこまれてしまうことになるかもしれませんので、注意が必要になります。

 

結婚する前は一緒に生活をしていないわけですので、金銭感覚のことはそれほど気にならないかもしれませんが、一緒に生活を送っていく際にはお互いの金銭感覚が同じであるかは非常に重要な問題になってきます。

 

相手の方の収入が多いかどうかについて目が行ってしまいがちですが、むしろどのような経済収支で毎日を送っているのかを自分との比較で考えておくことも重要です。また、婚約者が借金の返済について無責任な考え方を持っているような場合にも注意が必要です。

 

借りたお金は返すのが原則で、都合が悪くなったら債務整理をすればいいというのは間違った考えた方です。どうしても不可抗力によってお金が返せないときにのみ債務整理の方法を使うというのが正しい考え方です。

 

そのような正しい借金に対する認識を婚約者が持ち合わせっているかも話し合って確認しておくといいでしょう。結婚生活は一生のものですので、後から後悔することが無いようにしたいものです。

 

債務整理は弁護士に相談を

借金が返せない状態に陥ってしまって、債務整理の一部の方法を選択するとその情報が官報に掲載されてしまいますが、膨大な情報の中の一部ですので、それを他の人に知られてしまう可能性は少ないといえます。

 

確かに官報は公的な雑誌ですので、誰もが目にすることができるものですが、それを気にしてしまって、債務整理を行わないで借金の返済に大きな負担を感じてしまうのは意味がないといえます。

 

もちろん、個人情報を知られてしまうことを避けることに万全を期して官報に載らない債務整理の方法も存在していますので、弁護士さんに債務整理の方法は相談してから行って行くようにするのもお勧めのやり方です。