結婚したいけどなかなか踏み込めない…借金は結婚することでバレる?

MENU

結婚をしたいけど借金を抱えているせいで踏み込めない、隠しているべきかどうか迷っているという方もいるでしょう。

 

借金を抱えたまま結婚する場合、バレずにいることはできるでしょうか?また打ち明けた場合にはどうすればいいのでしょうか。

 

借金があるからなかなか結婚に踏み切れない

結婚したいけど、自分が多額の借金を抱えているため結婚できないことがあります。

 

愛さえあればいいとは言っても、結婚前の借金はその人個人のものです。結婚後に作った借金ならともかく、結婚前の借金で配偶者に迷惑をかけることはできません。打ち明けて二人で協力して返済をするという選択肢もありますが、相手が納得して返済してくれるかどうかは分かりません。

 

思い切って打ち明けたものの、相手に借金があっては結婚に踏み込めずに二の足を踏むのも当然です。自分に結婚する気があったとしても、借金がバレたことで、相手から拒絶されるということもあります。お金の問題はそれ程シビアだということです。

 

それでは借金を隠したまま結婚をすれば良いのでしょうか。

 

少額の場合にはバレずに返済することもできるかも知れません。ですが結婚に踏み切れないほどの額ということですので返済期間も長く、額も大きいはずですね。返済していく中でバレる可能性は非常に高いです。

 

結婚していない状態なら家計も自分で管理していますし、郵便物なども相手に見られることはありません。ですが結婚すれば多くの家庭では家計を夫婦のどちらかが管理することになります。バレないようにするためには、自分が家計を管理して、給料から生活費だけを相手に渡すようにしなくてはいけません。

 

またバレやすいのは郵便物です。

 

もし借金の返済が滞れば督促状が自宅に届いてしまいます。いくらプライバシーとは言っても、封筒の宛名を見れば借金の督促状かどうか分かる人にはすぐに分かってしまいます。場合によっては電話がかかってくることもあるかも知れません。

 

絶対に延滞することのないように厳重に管理する必要があります。

 

それ以外にも、借金がバレるきっかけはあります。借金をした時の契約書や明細書など結婚前にきちんと処分しておくべきでしょう。また消費者金融などはカードローン用のカードが発行されますので、財布の中身でも見られたら「ひょっとして借金を作っている?」と怪しまれることもあります。

 

生活を共にするからには、借金がバレる可能性は無数にあるということは忘れてはいけません。

 

借金を隠して結婚をする人には、誰でもあまり良い印象を抱かないはずです。最初に言ってくれていたら良かったのに、と感じる配偶者が多いでしょう。

 

最初に言っていたら結婚しなかったのか、協力して返済したのかは分かりませんが、結婚後に借金がバレたらそれだけいい加減な人だというレッテルも貼られてしまいます。

 

借金がバレた時点で、お小遣いを減額されたり、家計の管理権を奪われて金銭的な不自由を強いられることもあります。

 

そう考えると、借金がある時点での結婚というのは現実的ではありません。バレる心配やバレたあとのリスクを考えるなら、結婚するよりも先に返済を終わらせるべきでしょう。

 

法律上の離婚要件にもなってしまう

もし結婚後に借金がバレてしまい、それが配偶者に受け入れられなかったとしたらどうでしょうか。

 

自分は真面目に返済していても、相手の非を認められないということはよくあります。自分の結婚前に作っていた借金が原因で「離婚したい」と言われることは、仕方のないことでしょうか。

 

その時、自分は前向きに返済をするつもりで、相手に金銭的な負担をさせないと思っていればまだ良いですね。ですが女性の場合には結婚すれば、妊娠・出産で一時的にどうしても働けない期間があります。

 

その時には夫の給料から返済するということになります。借金全ても受け入れてくれる男性ならいいですが、そうではないなら結婚の継続も難しいです。

 

家族計画を立てるにも、借金がある状況では話も変わってきます。予定通りに妊娠・出産をすることもできないかも知れませんね。

 

男性の場合には給料から借金返済を行っているのですから、共働きの間は生活ができていても妻が退職したらたちまち困る可能性もあります。独身時代は自分だけで良かったけれど、相手の生活の面倒まで見る余裕もないかも知れません。

 

男女どちらとしても、借金のせいで離婚という結論になってしまう可能性があります。

 

離婚というのはお互いが合意していない状況では裁判などに突入してしまいます。その時、どちらかに否があって離婚要件に当てはまるなら不利な状況になってしまいます。その離婚要件として言われているのは、「結婚が継続できないほどの重大な理由」があるということです。

 

不倫やDVなどは離婚要件に当てはまります。

 

それ以外にも結婚前の借金も離婚要件になりますが、ただ借金があるというだけでは認められることはありません。例えば

 

  • 何度もギャンブルでの借金を繰り返していて配偶者に被害が生じている、
  • 生活費を入れずに借金をしている、
  • 私的な理由の借金で生活を圧迫している

 

ような状況です。ですからひた隠ししていた結婚前の借金がバレたというだけでは離婚要件には当てはまりません。

 

ですがこの時点で、配偶者の信用をかなり失っていることは事実です。借金がバレたことから夫婦関係にヒビが入り、結婚生活を送ることができなくなっていくことも考えられます。

 

また自分の借金がそもそもの原因で結婚生活が破綻して相手に精神的苦痛を与えたとしたら、離婚の際に慰謝料を請求されることだってあるのです。

 

どうしても借金は不利に働くことになってしまいます。

 

債務整理を検討したほうがいいかもしれない

対等な関係で結婚をしたいのなら、結婚をするよりもまず借金を返済することです。ただ、そう簡単に返済できない額の借金を抱えていることもありますね。

 

給料だけでは返済ができずに、自転車操業をしているような状態ではまず結婚をすることは出来ません。そこまで借金が膨らんでしまっているのなら債務整理を検討する必要性も出てきます。

 

債務整理というと、借金を帳消しにできるけれどリスクが多い自己破産を思い浮かべる人が多いでしょうか。借金を棒引きにするだけではなく個人の資産も手放すことになりますので、最終手段とも言えます。

 

信用情報に一定期間キズがついてしまいますので、結婚後すぐにマイホームを!と考えていてもローン契約をすることはできません。所有している車や家も手放すことになりますので、そういった外側のことから結婚したい相手にバレてしまう可能性もあります。

 

全くのゼロからスタートですので、結婚したいと思っているのならまず貯金をすることから始めなくてはいけませんね。

 

債務整理でも、借金をゼロにせずに将来の利息をカットして返済しやすい額に減額してもらうという方法もあります。個人再生や任意生理という方法です。借金はゼロになりませんが、個人の資産を放棄する必要はありません。

 

返済計画を立て直して、返済を前向きに行っていく方法でもあります。長期間、消費者金融で返済しているような人の場合には過払い金が発生して、借金がなくなることもあります。

 

どの債務整理でも手続きに入った時点で借金の督促状などが自宅に届くことはなくなりますので、郵便物からバレてしまう可能性は随分低くなります。ただし、返済は債務整理後も続いていきますので、生活に支障のない額での返済ではないと結婚後に負担が大きくなってしまいます。

 

通常より返済期間が長くなることもありますので、借金が終わってから結婚を考えているならなかなか結婚できなくなってしまいます。

 

やはりどの債務整理としても、今すぐに結婚をする!というのはあまり現実的ではありません。

 

信用情報にキズがつきますので、結婚したい家柄によっては身上調査をされてバレる可能性もあります。借金をすっかり返済してきれいな身になってから結婚するほうが、バレる不安を抱えながら結婚するよりも良いのではないでしょうか。