婚約者の借金はどうすればいい?

MENU

婚約者の借金はどうすればいい?

長年付き合っていた彼氏から婚約を求められました。

うれしくてOKしたのですが、実は彼氏には多額の借金があることを知っています。
家庭の事情でつい借入してしまったみたいですが、今後の生活にも不安が残ります。
どのように対応していけばいいのでしょうか?

2人でよく相談、場合によっては任意整理も検討しましょう。

 

差し押さえ対象はあくまで借入を行った本人ですが、結婚を前提であれば2人の生活にも影響してくると考えましょう。結婚後も返済は可能かどうか話し合い、あまりにも多額の借金で返済不可能であれば任意整理も検討するのが良いでしょう。2人でどうしていきたいか相談してから、弁護士事務所を訪れてみてください。

結婚相手に多額の借金!!
この事実を知ると相当ショックを受けるでしょう。
また借金のあることを知りながら婚約にOKされたあなたは非常に立派といえます。
2人の将来のためにも、なんとかして問題解決を図りたいですよね。

 

借金の返済ができなければ、借入先から督促が行われます。
それでも返済できなければ、給料や自宅を差し押さえされてしまいます。
そんなことになったらせっかくの2人の生活も大変なことになってしまいます。

 

ただし差し押さえ対象はあくまで借金を行った本人です。
たとえ夫婦であっても、保証人となっていない限りは差し押さえ対象となることはありません。
それでも2人の生活に支障が出るのは避けれないでしょう。

 

できるだけ早い段階で何らかの処置を考えるようにしましょう。
ますは2人でよく話し合ってください。

 

結婚後は家計もひとつになりますので、たとえ相手側の借金でも自分の問題として考えましょう。
結婚後も十分に返済可能でしょうか。
2人の収入状況などを再度確認しておきましょう。

 

たとえ夫婦であっても配偶者の借金の返済義務はありません。
ただし代理で返済することは可能です。
あなたにその気があるのであれば、貯金などから返済に充当してもよいでしょう。

 

あまりにも多額の借金で返済できない状況であれば、任意整理も検討するべきです。
ただし任意整理の申し出は、あくまで当事者に限られます。
夫婦であったとしても、代理で申し出はできません。

 

相手側とよく相談したうえで、2人で弁護士事務所などを訪問するようにしましょう。
信頼できる弁護士事務所の無料相談などを活用して、今後の生活に最適な手段を2人で探し出すようにしてください。