借金返済できなければ逮捕されるのか?

MENU

借金返済できなければ逮捕されるのか?

どうしても借金の返済ができなくなりました。

借入先からの督促にも応じることができないでいると、裁判所から一括返済の請求を命じられました。
起訴されてしまうと、警察に逮捕されてしまうのでしょうか?

借金の返済ができないからといって警察に逮捕されることはありません。

 

警察には「民事不介入の原則」があります。金銭契約に関する事項は民事事件のため、警察が事件として取り扱うことはないので逮捕されることはありません。また、裁判で敗訴したとしても警察に逮捕されることもありません。ただし、「返済するつもりのない借入」は詐欺罪に問われることもあります。借入後一度も返済してないのに自己破産をするなどの行為は危険と言えるでしょう。

突然裁判所からの一括返済請求の命令通知などが届くと、誰もがあわてるのではないでしょうか。
自分でも返済できないことはわかっていても、ある日通知が発送されるとびっくりしてしまいます。
しかし、基本的には裁判で敗訴したとしても警察に逮捕されることはありません

 

警察には「民事不介入の原則」があります。
金銭契約に関する事項は「民事事件」であり「刑事事件」ではありません。
そのため借金に関する事件には、警察は基本的に手を出すことはありません。
相談に応じることはあっても、事件として取り扱うことはありません。
そのため仮に借金が返済できなくなったとしても逮捕されることはありません。

 

これは裁判で争った結果、敗訴したとしても同様です。
借金返済に関する裁判で要求されるのは、残債の返済と利息、遅延損害金の一括請求です。
また返済できなくなった場合に対する財産等の差し押さえも要求されます。
裁判になったとしても拘置所に抑留されることはありません。

 

ただし一部の例外もあります。
それは「詐欺行為」に当たるケースです。
最初から返済するつもりがないのに借入を利用した場合、詐欺に該当することがあります。

 

  • 努力しても返済できないのに借入する。
  • 借入後一度も返済しないで自己破産を申請する。

 

このような行為は、もともと返済するつもりがなく債権者をだましたとして詐欺に問われることもあります。
「詐欺事件」は立派な「刑事事件」ですので警察も介入することになります。
債権者が「詐欺」の訴えを起こした場合、対象者は逮捕されることもありますので注意が必要でしょう。

 

「詐欺」のケースを除くと、借金返済できないからといって逮捕されることはありません。
だからといって決して返済をしないで済ましていいわけではありません。
返済できなくなった場合には、すみやかに債権者と相談するなどして今後の対策を検討するようにしましょう。