自己破産まとめ

MENU

自己破産まとめ記事一覧

自己破産とは、裁判所に必要書類をまとめて提出することで、すべての借金の支払義務をなくす手続のことです。では裁判所に出す「必要書類」とはどんなものなのでしょうか。作成方法や取得方法について、細かく解説していきます。申立書や債権者一覧などは、弁護士が作ってくれる破産の申立にあたっては、各裁判所が指定した書式で「申立書」などの書類を作る必要があります。例を挙げると破産申立書債権者一覧表(借入先の一覧)財...

「債務整理」は多くの場合、「自己破産」「個人再生」「任意整理」の3種類に分けられます。「自己破産」は裁判所に所定の書類を提出して全ての借金の支払い義務をなくす手続のことですが、実はこの「自己破産」にもいくつかの種類があります。自然人(会社などの「法人」ではない個人)の自己破産の場合は大きく分けて、「同時廃止」「管財事件」のどちらかの手続に分類されます。自分はどっち?チェックポイント3つ「同時廃止」...

自己破産や個人再生は、必要な書類を揃えて裁判所へ提出し、借金をゼロにしたり、大幅に圧縮して負担を減らしたりする手続のことです。基本的にどちらの手続も専門家へ依頼して行うことがほとんどですが、では、依頼をせずに自分自身で手続をすることはできないのでしょうか。自己破産や個人再生を専門家へ依頼する場合と自分自身で行う場合、それぞれのメリットやデメリットについて考えてみましょう!自己破産1.自己破産を専門...

「自己破産」をする最終的な目的は「免責」を得ることです。「免責」というと難しい印象を受けますが、簡単に言うと「免責=責任を免れる=借金を支払う義務がなくなる」ということ。自己破産をする人はほとんどの場合、「借金がなくなる」ことを目的としているはずです。しかし、裁判所に自己破産を申し立てても、必ず免責の許可を得られるわけではありません。破産法で規定されているような事実があった場合、免責の許可が得られ...

手元の資産を効率よく増やし、より暮らしを豊かにするためには、資産運用に挑戦するのが一番です。株やFXを使用した投資は根強い人気があり、特に信用取引を使った投資は、タイミング次第で莫大な利益を生めると注目を集めています。その反面資産運用である以上リスクが出るのは避けられず、莫大な借金を抱えてしまった方も少なくありません。よく株やFXの信用取引では自己破産できないといいますが、どうにか自己破産する手段...

FXは数ある投資の中でも人気がありますし、近年では主婦やサラリーマンが副業感覚でFXに取り組むことも珍しくありません。レバレッジをきかせた取引はスリルもありますし、順調に利益を伸ばしているトレーダーも大勢います。しかし、今や語り草となっているスイスフランの大暴落もありましたし、あの一件で借金を抱えてしまったという方が多いのも事実です。ここでは、スイスフラン大暴落による借金は自己破産できるのか、FX...

自己破産をした人や個人再生を行った人は官報に掲載されます。職種によっては官報の閲覧をする職業もあるので、官報はとても重要な情報を国民の人に知らせるものです。閲覧する方法は複数存在していますが、自己破産や個人再生に関する情報が掲載されることになり、自己破産をした人や個人再生を行った人が掲載されることで今後の資金の融資に関する制限を加えられる人が発表される官報はとても重要な情報になります。この官報と個...

個人の場合に自己破産をして少額管財を行います。自己破産では、同時廃止と管財事件の2種類がありますが個人による自己破産では管財事件は少額管財をさします。少額管財は、原則的に個人の自己破産による破産開始が決定されてからおよそ3ヶ月経過した後に指定された債権者集会の期日に短期間で破産手続きを終結させる方法です。破産費用を低額に抑えることを目指す管財事件の運用方法です。この少額管財に関して説明します。少額...

自己破産を行うときに最終的に免責の手続きを行う2つの種類があります。それが管財事件と同時廃止です。自己破産では、とても重要なこの2つの手続きですが、管財事件と同時廃止の内容や手続きの流れそして自己破産が終結する期間と費用が異なります。そこでこちらの管財事件と同時廃止に関して説明させていただきます。自己破産は2つの種類がある自己破産が決定し免責を行うときには2つの種類内どちらかが採用されます。それが...

裁判所に自己破産の申し立てを行うと申立人の財産の状況によっては管財事件として裁判所が破産管財人を選任します。破産管財人は、破産手続開始の決定の後破産手続きをスムーズに行うためにとても重要な役割を担う人物です。裁判所が選任する破産管財人について説明します。破産管財人とは?自己破産の申し立てを行い裁判所が破産手続開始の決定を行った後管財事件とするか同時廃止とするかにより破産手続の行程が異なります。管財...

ギャンブルが原因で多額の借金をしてしまった場合、どうすれば状況を改善できるのでしょうか。多額の債務が発生し、支払い能力もない状態になったときには、手元の財産を手放すなどの条件を受けることで、自己破産を申告できますが、ギャンブルによる債務については、法律上自己破産が認められていません。それでも条件次第では、裁量免責を受けることで自己破産できる可能性があるので、法律事務所などで確認してみましょう。免責...

自己破産を行うと、住居などの財産を失う代わりに、債務が事実上消滅し、返済に追われない生活を得られます。それから無事に新しい生活を始められれば良いのですが、中にはまたしても借金をしてしまい、自己破産しなければならない状況に追い込まれる方もいます。よく自己破産を一度でもしてしまうと、二度と自己破産などの債務整理を受けられないといいますが、2回目の自己破産は、免責許可が下りるのでしょうか。免責許可は7年...

多額の借金をして、まだ返済が終わっていないにも関わらず、収入が無くなるなど、返済が出来なくなったときは、自己破産を行い、手元の財産を最低限にまで減らして返済に充てることで、債務を消滅できます。ですが、人によっては再び借金を重ね、返済が出来ない状態に陥ったことで、2回目の自己破産を行なう方もいます。2回目の自己破産にはどんな問題があり、そもそも可能なのでしょうか。2回目の自己破産は許されるのか?自己...

多額の借金を抱え、返済する収入も得られない状態になった場合、弁護士に自己破産の申立てを依頼することになるかもしれません。もし自己破産が成立すれば、財産は必要最低限の額に減らされるものの、債務は完全に消滅し、月々の返済からは開放されます。自己破産をするには、自己破産の申立てを行なってから、債務を消滅するための免責許可を得る必要があり、借金の理由によっては、免責許可を得られません。ギャンブルや投資によ...

子浩法律事務所という法律事務所から手紙が届き、お金の支払いを命じられた場合の対処法はどのようにしたらいいのでしょうか。子浩法律事務所とは、どのような事務所なのか。子浩法律事務所から届いた請求に関する手紙を無視していた場合どうなるのか、などを詳しく説明していきます。身に覚えのない事務所からの請求がきた(子浩法律事務所)子浩法律事務所とは、携帯電話の通信キャリア会社やクレジットカード会社から依頼を受け...

なんらかの理由で破産者がかなりの金額の借金を抱えてしまい、破産者がどうしても、その借金を返済し続けていくのが、不可能な状態になってしまった場合は、自己破産するという方法があります。自己破産をするためには、破産者が裁判所に「免責」といわれる、いわゆる借金の免除がされるというものの申し立てをして、裁判所から許可をもらえれば、免責されることができます。しかし、借金の返済ができなくなり破産してしまったから...

自己破産をすると、信用情報機関に最低5年間は破産の履歴が残ります。そのため、クレジットカードを作成するには、自己破産で免責許可決定を受けた日から最低5年間が必要になります。また、自己破産から5年が経過して破産歴が消えた後も、信用情報が一度真っ白な状態に戻ります。この状態をホワイトといい、この場合もクレジットカードの審査に通りにくくなります。自己破産後いつからクレジットカードは作れる?自己破産をする...

日本では近年、収入が減っているのに税金の負担が増え、家計の負担は大きくなるばかりです。加えて、長らく続いている不況のせいもあり、債務整理をする人が多いといわれています。債務整理の中でも自己破産は、今までの財産を失ったり、長年に亘りローンを組めなくなることが想定されます。では、ローンを組めるようになるにはどれくらい期間がいるのでしょうか。10年を経過しても組むことはできないケースも自己破産は、免責が...

自己破産とは、どのようなものかを挙げてみます。自己破産とは、借金を返すことが無理なことを裁判所に認めてもらい、免責と呼ばれる方法で借金を返すのを免れる、借金を整理する最後の手段と言えるものです。借金を返すことのできない状況とは、一切の財産をもってしても、およそ3年で借金を全部返すことができないほどの債務があることを表します。そのため、今現在での支払いが遅延している債務があっても、破産状態にあるとは...

借金や支払いが支払えなくて貯まっていってしまい、どうしても自己破産しなくてはいけなくなった場合の自己破産が確定するまでの流れや大体どのようなスケジュールで債務者が動いていくのか、期間はどのくらいかかってしまうのかお金は必要になるのかなどを説明します。自己破産の同時廃止の場合自己破産の手続きをする場合、自己破産の申請を弁護士の先生に依頼してから借金が全てなくなるまでの流れや、どのくらいの期間がかかる...

個人の信用情報は、CIC、JICC、全銀協の3つの機関で情報が共有され、自己破産をすると、3つの情報機関に自己破産の記録が登録されます。自己破産後、3つの信用情報機関でどれぐらいの期間、どのような情報が記録されてしまうのでしょうか?自己破産をすると原則、信用情報にブラックリスト登録される貸付金の延滞や自己破産になると、3つの信用情報機関である、CIC、JICC、全銀協にその情報がブラックリストとし...

今やなくてはならない携帯電話を、自己破産後に新規契約するにはいくつか押さえるポイントがあります。まず自己破産後に携帯電話を新規契約する際、回線と端末で契約が異なることを念頭に置きましょう。回線の契約は電話料金の未払い分が残っていないか、預託金を積めば契約ができるはずです。スマートフォンなどの端末に関しては、自己破産から5年は分割払いでの購入が難しくなります。購入の際には、分割ではない支払い方法を選...

携帯電話は、自己破産で強制的に解約になってしまうのでしょうか。仕事においても使っているので、可能なら今のままスマートフォンを使いたいという方もいます。自己破産になった場合でも、使用料金に滞納がなく、加えて機器自体の支払いも終わっているなら今のまま携帯電話を使用することができます。携帯電話はさほど値段の高い資産ではないので、自己破産で差し押さえられることもないです。携帯電話の使用料金は公共料金と同様...

自己破産するとさまざまな点で不便になってしまいます。その代表的ともいえる例が、住宅ローンを組む上での不利です。住宅を購入する際に住宅ローンを必要としない人は少ないでしょう。しかし自己破産をしてしまうと、各信用情報機関に破産の情報が登録されるため、何年間の間はローンを組むことが難しくなります。特に銀行系の住宅ローンは、全国銀行協会にある全国銀行個人信用情報センターから情報を得るため、その情報が記載さ...

保険の契約者が自己破産をすると、貯蓄型保険で解約返戻金が20万円を超えているものは破産者の財産とされ、原則として管財人によって解約されてしまいます。しかし、被保険者や死亡保険金の受取人が破産した場合は、生命保険が解約になることはありません。裁判所次第では、自由財産の拡張の申し立てをすることによって、他の財産とあわせて99万円以内の生命保険であれば、多くの場合解約せずに済みます。自由財産とは、自己破...

自己破産は借金があり、支払いができないと認められた場合に、支払い義務を免除するという制度です。しかし、もちろんデメリットがあります。まず、誰かが連帯保証人になっていた場合は、借金の支払い義務が連帯保証人に移ります。身内を連帯保証人として立てているケースが多いですが、その場合は、身内へ債権者から取り立てがいくことになります。もし第三者が連帯保証人となっている場合も同様に、その第三者へ取り立てがいくこ...

現在、自己破産を考えている方には、経済的に苦しく、税金の支払いに難儀したり、支払いが滞っていたりする方も多いでしょう。中には、税金の滞納分だけで数十万円単位になっている方もいるでしょう。そこで、今回は、自己破産時に滞納している税金がどうなるのかといった点や、税金を滞納し続けるとどうなるのかといった点を中心に見ていきたいと思います。「租税等の請求権」により自己破産で免責されない税金自己破産後でも、破...

偏頗弁済とは、弁護士に自己破産を申請して手続き等が完了する直前に、優先的に特定の債権者にだけ返済行為をすることです。これは、全ての債権者への返済を停止したのに、一部の債権者だけに返済することは不公平になるため、禁止されています。しかし、自己破産が確定する直前に滞納していた住民税や固定資産税などの税金を支払ったとしても、偏頗弁済にはなりません。ここでは、自己破産時のさまざまな状況における偏頗弁済の有...

借金の返済ができなくなった場合、債務整理の一つに自己破産するという方法があります。裁判所に破産を申し立てて借金を帳消しにすることができるという最大のメリットがある反面、債務者が所有している現金や預貯金をはじめ、換価できる不動産や自動車などほとんどの資産を手放さないといけないなど、さまざまなデメリットがあります。では、国民年金や厚生年金などの公的年金の受給はどうなるのでしょうか。年金は老後の生活の糧...

自己破産をすると、将来、年金をもらえないのではと不安に思う方も多いようですが、年金の種類やもらえる金額によっても違ってくるようです。では、どのような種類の年金が自己破産の影響を受けてしまうのでしょうか?年金は2種類あります年金には公的年金と個人年金の2種類があります。国が運用・支給している公的年金は、国民に加入が義務付けられている年金です。法律で公的年金を差し押さえることは禁止されていますので、自...

人は、さまざまな理由から借金を重ねることがあります。その借金を、計画的に返済できれば問題ありませんが、予期せぬ自体から計画的に返済ができない状態に陥ることがあります。そうなると、なんとか返済できる方法を考えなければいけませんが、どうにも解決できない場合は最終手段として、自己破産を選ばなければいけないこともあります。そんな自己破産をした場合に、借金がなくなるメリットはありますが、財産が没収されるなど...

自己破産を行うのにも結構な額のお金がかかってしまうものです。負債を無くしたあとの再出発のためにも、できるだけ多くの財産を残して自己破産を行いたいものです。自己破産をするのには、具体的にはどのような理由で、どのくらいの費用が必要となってくるのかを知ることが必要です。そして、それらを節約するのにはどうすればよいのか、それを見ていきましょう。経済的に厳しい状態で自己破産をする場合借金の支払いを返せなくな...

裁判というものはとかく時間がかかるものです。そして時間がかかってしまうとそれだけ弁護士費用なども嵩みますから、裁判所や弁護士のお世話になることはあまりないのが実情です。しかしながら、自己破産を行わなければいけない、というときには話は別です。弁護士に依頼して裁判所に申し立てなくてはなりません。弁護士に依頼したい、しかし借金でもう首が回らず依頼するお金がない…そんなときに利用できる制度があります。自己...

借金返済の目途が立たず、自己破産をしようと思い立っても、ほとんどの人にとって自己破産は初めての経験で不安も多いことでしょう。また、自己破産のイメージは合っても、自己破産の手続きでどんなことをするのか、知らない方も多くいることでしょう。ここではそんな方でも、自己破産を済ませられるよう、自己破産の際に必要な書類と注意事項、及び、自己破産手続きの流れについて紹介していきます。自己破産手続きはたくさんの書...

自己破産の許可願いは法律の道のプロにお願いするのが通例と思われていますが、本当は法をあまりよく知らなくても自ら手続きができます。自ら手続きをする利点は、費用を抑えられるところです。しかし、自己破産の許可を願うには申請前に裁判所からもらう必要書類や自分で用意して添える書類など、色々な書類を確認し準備しなければいけません。自己破産を自分でやる場合自己破産とは、裁判所から許しを得ることで借金を全くなくす...

自己破産の手続きを弁護士に依頼するときに、どのくらいの費用がかかるのか気になる方も多いことでしょう。弁護士への依頼は高額だというイメージの方もいるでしょうし、今回の自己破産手続きの依頼が、初めての弁護士への依頼だという方もいるでしょう。また、過去に弁護士に依頼をしたことがある方でも、自己破産を考えているともなれば、以前の依頼時より、金銭的にシビアになってしまうことでしょう。ここでは、そんな方々のた...

自己破産を行う際には裁判所に申し立てる必要がありますが、それにもお金がかかります。また代理人として自己破産手続を進めるのに欠かせない弁護士を雇うにも、手付金や報奨金といった費用がかかります。では具体的にはどういう理由でどの程度の費用がかかるのか、それを見ていきましょう。自己破産する時にかかる費用自己破産の際にかかる費用は大きく分けて2つあります。裁判所に支払う費用と、弁護士や司法書士へ支払う費用で...

ローンを組む場合や大きい金額を借り入れする場合には保証人をつけることがほとんどです。その借金が返済できなくなりもし債務者が自己破産をおこなった場合、保証人にはどんなことが起こるかご存知でしょうか?債務者が自己破産をした場合保証人とは、民法第446条に「主たる債務者がその債務を履行しない場合に、その履行をなす責任を負う者」と規定されています。単純にいうと保証人とは、肝心な債務者がお金を返済できない場...

自分が自己破産したら、大切な家族にどんな影響があるのか心配になります。家族だからといっても、制限がかかることはありませんが、家族が連帯保証人になっている場合は違ってきます。例として、マンションの連帯保証人が自分のパートナーになっている場合を考えてみましょう。その場合、主契約者が自己破産しても、自己破産の効果は保証人には及ばないので、保証人が支払義務を負うことになります。そもそも、連帯保証人に向いて...

利息が増え過ぎてしまう、当初の予定よりも財政状況が悪化してしまうなどして、借金を返すのが難しくなってしまい、自己破産をするしかなくなってしまう方がいらっしゃいます。しかし自己破産についてよく知っていらっしゃる方は、そう多くはありません。そういった方々に、おおまかにでも自己破産の流れを理解していただくため、ご説明させていただきます。自己破産を申し立てる理由そもそも破産とは、裁判所に債権者がその借金を...

借金がある人々にとって、自己破産は最後の手段となっています。しかし誰でも、どんな借金でも帳消しにできるわけではなく、ときには自己破産が認めてもらえないこともあるのです。こういった事態には、おおざっぱに分けると、次の3つのパターンが考えられます。そのひとつは、借金の量があまり多くなく、自己破産の必要がないと裁判所が判断したパターン、ひとつは免責不許可事由のために、借金を返さなくてもようという許可を出...

「借金を抱えてるけど財産も無く支払える見込みもない…これから先どのようにすればよいのだろうか….」といった人のために、裁判所において認められている、抱えている全ての借金を帳消しにできるという「自己破産」という手法があります。この記事では、自己破産がどのようなものなのか、また、どのような条件であれば自己破産ができるのか。そして、借金がどのようにしてなくなるのかを述べていきます。免責することで借金がな...

マイホームやマンションといった不動産を手に入れるためには、多額の予算が必要となります。それを全額用意してから購入しようとすると、おそらく数十年間は貯金しなければならず、マイホームで暮らせる期間は非常に短くなるでしょう。そのため多くの方が住宅ローンを利用して、徐々に支払いを行なうのが一般的なのですが、急に収入がなくなるなど、ローンの支払いが出来なくなることがあります。場合によっては自己破産が必要にな...

日本学生支援機構の調べによりますと、奨学金制度を利用して大学・短大に通っている人は2.6人に1人という割合だそうです。10年前は3.9人に1人の割合だったことを踏まえると、10年間で利用者数が増えたことが分かります。しかし、最近奨学金の返還が困難となり、自己破産に至る人が増えてきており、社会問題となっております。なぜこのような事態となっているのでしょうか。奨学金で苦しむ人が増えてきている!奨学金を...

破産管財人が処分・管理する財産のことを「破産財団」と言います。破産財団の対象となるものは、財産価値が20万円移譲の不動産や動産、99万円以上の現金など一定の条件があります。法定利息を超える貸付契約がある場合における過払金返還も破産財団の対象となります。破産財団はあくまでも、個々の資産価値が20万円を超えているものが対象になります。20万円を超える財産がない場合は、同時廃止になる可能性が高いです。こ...

交通事故はいつどこで遭うのかわからないものですが、加害者となってしまった場合はもちろん、被害者となった場合も損害賠償について知らなくてはいけません。支払う義務があるのは当然ですが、支払う能力がないので自己破産をした後も支払う義務が発生するのか、損害賠償を支払って貰えるのかについてきちんと知っておきましょう。自動車の保有には自賠責保険に加入することが義務づけられている車を購入すると、全ての人が自賠責...

生活保護を受給している場合に借金があれば、福祉事務所から自己破産をするように指導されることが多いと思います。しかしながら、生活保護受給者は、経済的に苦しく、ただでさえ生活に困っているため、自己破産をするための費用を捻出する余裕がなく、自己破産すらできないという場合も少なくありません。このような場合には、法テラス(正式名称は、日本司法支援センター、経済的の苦しく生活が貧しい人が、費用がかかる法律支援...

生活保護の不正受給問題は、同制度が施行された直後から今日に至るまで脈々と続いており、そもそも不正受給なる四文字熟語自体が正式な法律用語では無く、何をもって該当するとすべきなのか、判断が難しいところです。明らかに同システムの抜け穴を巧妙に狙っての需給であれば「不正」ですが、故意や悪意が見られぬ結果として「支給」された場合はどうなるのか、今日も議論が続き、細部に至る明確な結論に達せていないのが現状です...