自己破産した後にクレジットカードを作成したい場合はどうすれば良いの?

MENU

自己破産した後にクレジットカードを作成したい場合はどうすれば良いの?

自己破産をすると、信用情報機関に最低5年間は破産の履歴が残ります。そのため、クレジットカードを作成するには、自己破産で免責許可決定を受けた日から最低5年間が必要になります。

 

また、自己破産から5年が経過して破産歴が消えた後も、信用情報が一度真っ白な状態に戻ります。この状態をホワイトといい、この場合もクレジットカードの審査に通りにくくなります。

 

自己破産後いつからクレジットカードは作れる?

自己破産をすると信用情報機関のCIC、JICCに5年間、全銀協に10年間、自己破産の情報が残ります。

 

では、最低10年はクレジットカードが作成できなくなるのでしょうか。

 

基本的には多くのクレジットカード会社は、新規申し込みの審査にあたってCICとJICCの信用情報のみを見るので、免責許可決定を受けてから5年経てばクレジットカードは作成できるようになります。

クレジットカードは発行元のカード会社によって

  • 流通系、
  • 信販系、
  • 銀行系

などに分類されます。

 

このうち銀行系カードだけは全銀協の信用情報まで見る可能性があるので、銀行系クレジットカードの一部は10年間作成できません。

 

一度自己破産した人は、まず審査に通りやすい流通系のクレジットカードに申し込んだほうがよいでしょう。

 

とくに、債務整理から喪明けした人は信用情報が何もない真っ白な状態に戻ってしまいます。この状態をホワイトといって、破産歴が消えていてもいわく付きの人に見られて、審査に通りにくくなります。そのため、最初の1枚は審査のハードルが低いほうがよいです。

 

もし流通系のクレジットカードでも審査に通らなければ、さらに前のフェーズとして、まずは携帯電話などを分割払いで購入して信用を積んだほうがいいかもしれません。

 

携帯端末の分割払いの支払い履歴も信用情報に記録されるのできちんと分割払いを続ければ、クレヒスになります。

 

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略称で個人のクレジットカードの利用歴、または、分割購入の支払い実績のことを指します。

 

クレジットカードを作るには審査が必要

信用情報ブラックとは、信用情報機関に自己破産の履歴が残っている状態のことをいいます。信用情報機関のひとつであるCICでは自己破産をすると法定免責と記録され、免責決定日から5年間破産履歴が保有されます。

 

CICのブラックリストに載っている扱いになるので、少なくとも5年間はクレジットカードを作るのが難しくなります。

 

信用情報機関にはCIC、JICC、全銀協の3つがあり、CICとJICCでは5年間、全銀協では10年間、自己破産の情報が保有されます。

 

つまり、最初の5年間はすべての信用情報機関で信用ブラックとなり、5年目以降は全銀協のみ信用ブラックになります。

 

3つの信用情報機関で最も重要なのは、CICの信用情報です。

 

CICは顧客の名前、生年月日、勤務先、すべてのクレジットカードのショッピング残高、消費者金融の貸付残高、月々の返済状況などの情報を保有しています。クレジットカード会社や信販会社など、信用販売をおこなっている会社は必ずCICに加盟しています。

 

クレジットカード会社は、CICの信用情報を紹介して審査することが、割賦販売法という法律で定められています。そのため、CICの信用情報をリサーチしないカード会社は存在しません。

 

CICに自己破産の情報が残っている間は、ほぼ全てのクレジットカードを作ることができません。

 

多くのCIC加盟のカード会社がJICCにも加盟していますので、JICCに破産情報が残っている間もカード作成が困難です。自己破産の免責決定から5年が経過すれば、CICとJICCのブラック情報は同時に消えますので、この時点からクレジットカードの作成が可能になります。

 

クレジットカードが作れない期間は、発行にあたっての審査がなく、自己破産の直後でも持つことが可能な>VISAデビットカードなどで代替しましょう。

 

クレジットカードの再発行はいつから可能?

全銀協では、自己破産の情報は10年間保有されるので、全銀協を照会するクレジットカードは10年間再発行が難しく、一部の銀行系クレジットカードは、全銀協の信用情報を確認していますので、10年間審査可決が厳しい可能性があります。

 

銀行系のカードはステータスカードと呼ばれるものが多く、審査基準は高くなっています。

 

銀行系クレジットカードには、

  • 三井住友VISAクラシックカード(三井住友カード)、
  • 三菱東京UFJ-VISAカード(三菱東京UFJ銀行)、
  • みずほマイレージクラブカード(UCカード)、
  • 横浜バンクカードSuica(横浜銀行)、
  • MUFGカード(三菱UFJニコス)、
  • NICOS VIASOカード(三菱UFJニコス)、
  • JCBプロパーカード(JCB)、
  • UC Masterカード(UCカード)、
  • DCカードJizile(三菱UFJニコス)

などがあります。

 

ただし、これらのカードが全て全銀協の信用情報を照会しているわけではありません。

 

JCBや三菱UFJニコス、三井住友VISAカードは全銀協を脱退しているので、三井住友VISAカードやMUFGカード、DCカードなどは調査にあたって全銀協を照会していません。旧銀行系のUCカードも、セゾンに合併されたことですでに全銀協から脱退しています。

 

カード発行会社が全銀協に所属していなければ、全銀協の信用情報が閲覧されることはありません。

 

上記のカードで純粋に銀行本体の発行しているカードは、三菱東京UFJ-VISAカード(三菱東京UFJ銀行)と横浜バンクカード(横浜銀行)です。これらのカードでは審査において全銀協の信用情報を照会する可能性が高いです。

 

銀行系クレジットカードの審査基準は厳しいので、とにかく別のクレジットカードで利用実績を作ってから申し込むことが一般的です。

 

アメリカンエキスプレス(AMEX)は、外国銀行として全銀協のセンター会員に加盟しているので、審査にあたって全銀協の信用情報を照会しています。

 

ただし、アメリカンエキスプレスの場合は過去の信用情報よりも現在の属性を重視していて、全銀協の官報情報にまだ自己破産の実録が残っていたとしても現時点の年収や属性を考慮して柔軟に審査してくれる場合があります。

 

自己破産の5年経過後にまず申し込むべきカードは、CICとJICCの信用情報しか見ないクレジットカードで、かつ、ステータス重視ではないカードです。

 

クレジットカードは大まかに分類すると銀行系、信販系、メーカー系、消費者金融系、石油系、流通系などがあります。

 

最初の1枚としておすすめなのは、審査に通過しやすい流通系などのカードです。

 

最初に持ちやすいカードとしては、イオンカードセレクト(イオンクレジットサービス)、マジカルクラブTカードJCB(ニッセンGEクレジット)、楽天カード(楽天カード株式会社)、

 

ファミマTカード(ポケットカード株式会社)、Yahoo!Japanカード(ワイジェイカード株式会社)、エポスカード(株式会社エポスカード)、ACマスターカード(アコム)などがあります。

 

この中で流通系のクレジットカードと言われるのは、イオンカードエポスカードで、若者や主婦層を幅広くターゲットにしているため審査に通過しやすくなっています。

 

その他には、楽天カードやYahoo!Japanカードも比較的審査に通過しやすいです。

 

消費者金融系では、アコムがクレジットカードを発行していますが、店頭で1回払いと言っても自動的にリボ払いになってしまうリボ払い専用カードなので、自己破産を経験した人にはあまりおすすめできるカードではありません。

 

クレジットカードの審査を申し込むときは、同時に複数枚の申し込みは絶対にしてはいけません。

 

短期間に何枚ものクレジットカードを申し込むことを業界内では多重申し込みと呼び、このような行為は資金繰りに困っているとみなされて敬遠されてしまいます。

 

必ず1枚ずつ審査結果を待ってから、次のカードを申し込むようにしましょう。また、カード会社が信用情報をリサーチした履歴は6ヵ月残ります。他の会社が信用情報を照会すれば、前のカードの審査に通らなかったことがわかってしまいますので、

 

6ヵ月の間に3社以上連続で審査に通らなかった場合は、6ヵ月空けてから次のカードの申し込みをするのが望ましいです。

 

審査前に確認するべき事

自己破産の信用情報は、原則として免責決定から5年で消えます。ところが、貸金業者がきちんと正しい日付で報告をやっていなかったり、報告するのを忘れていることがあり、自己破産の履歴が5年を経過しても残っている場合があります。

 

そのため、審査前には信用情報を開示して、成約残しやずらし登録がないかを確認することが重要です。

 

成約残しとは、貸金業者が信用情報機関に免責許可決定の報告をしなかったために、自己破産開始の時点から続けて引き延ばし扱いのまま残ってしまうことをいいます。

 

ずらし登録とは、貸金業者が信用情報機関に本当の免責決定日よりも遅く報告をしたために、その分信用情報の保有期限が伸びてしまうことをいいます。

 

どちらも多くの場合は、貸金業者のミスや手違いで起こるものなので、自分で気付いて修正を依頼すれば対応してくれます。

 

しかし、成約残しやずらし登録に気付かずに、もう免責決定日から5年経っているから大丈夫だろうと判断して、クレジットカードの審査を申し込んでしまうと審査で否決され続けてしまいます。
そのため、クレジットカードの審査前にはできればCIC、JICC、全銀協の3社、少なくともCICとJICCの2社の信用情報を開示して確認するようにしましょう。

 

信用情報の開示をして終了区分に法定免責の記録があるか、保有期限はいつになっているかを確認しましょう。まだ免責から5年が経過していない時期でも、保有期限を確認するために先に開示申請しておくことは重要です。

 

例えば、免責から5年が経過していない時期にCICの信用情報を開示してみると、貸金業者1社につき1枚のシートが出てきます。お支払い環境の「31.終了状況」の部分が法定免責になっていれば、免責決定の情報が案内されています。

 

保有期限については右上に記載されています。

 

免責から5年が経過していて情報が削除されていれば、シートそのものが出てきません。反対に、免責日から5年が経過しているのに情報が出てきた場合は、成約残しかずらし登録のどちらかが疑われます。

 

成約残しやずらし登録を発見したら、その貸金業者に電話をしてみましょう。電話では、5年前に破産して免責になったが、まだ信用情報に残っているので確認してもらうように伝えれば大丈夫です。

 

貸金業者やカード会社が了解して、消しておきますと言えばそれで終わりですが、免責許可を確認できる書類をFAXで送るように言われることがあります。

 

その場合は、免責許可決定通知書や免責確定証明書を送ってください。免責許可決定通知書は、自己破産したときに代理人弁護士から必然的に取得しているものです。

 

また、信用情報機関に電話をするのもひとつの方法です。

 

例えば、CICには開示された情報が事実と異なる場合には、事実内容を確認する調査依頼制度があります。なお、信用情報を削除してもらった後は、必ず自分でもう一度信用情報を開示して確認しましょう。

 

すぐに再発行は無理!まずは信用を取り戻そう!

審査に通過しやすいクレジットカードでも否決されてしまう場合には、信用情報に何も実績がないホワイトの状態であることが原因の可能性があります。そのような場合には、クレヒス修行をしたほうがよいかもしれません。

 

クレヒス修行とは、信用情報上に何らかの返済実績であるクレジットヒストリーを作るために努力することをいいます。

 

まずは審査に通りやすいクレジットカードを作って、利用実績を作ってから本命のカードに申し込むというのもクレヒス修行の一種です。

 

クレジットカードが一枚も作れない場合は、クレヒス修行として携帯電話端末の分割払いやハウスカードの支払いで実績を積む方法があります。

 

携帯電話の大手会社はいずれも信用情報機関であるCICに加盟していますので、携帯電話やスマートフォンの端末を分割払いで購入すればクレヒスになります。

 

端末を分割払いで購入するのはローンを組んでいるのと同じなので、支払履歴が信用情報に残ります。

 

CICでは、期日に遅れずに払い込みをキープしていれば入金状況の欄に「$」のマークが並びます。この状態を継続することがクレヒスになります。

 

携帯電話の割賦購入は、クレジットカードの調査に比べるとハードルが低いです。そのため、携帯電話の割賦購入はクレヒスを作るために利用できます。

 

実績を作る目安として、携帯電話の分割払いを6ヶ月以上継続する必要があります。ホワイトの状態よりはクレジットカードの審査で有利になりますので、審査に通過しない方は試してみてください。

 

ハウスカードとはカード発行会社の経営する店舗でのみ使えるクレジットカードのことです。
ハウスカードの仕組みとしては、クレジットカードと同じ立替払いなので、支払いに利用すればCICの信用情報に「$」マークが付いてクレヒスになります。

 

ハウスカードは一部の店舗でしか使えないクレジットカードなので、通常のクレジットカードよりも審査基準が低いです。そのため、ハウスカードで審査を通過させてクレヒスを作ってからのほうが、通常のクレジットカードの審査に通りやすくなります。

 

クレジットカードを持つため、クレヒス実績のためだけに借金をするのは本末転倒です。せっかく債務整理したのですから、借金はできるだけ増やさないようにしましょう。

 

クレジットカードをもたないという選択肢もありますし、決済と同時に預金口座からその代金が引き落とされるVISAデビットカードを持つという選択肢もあります。

関連ページ

「家計簿」つけられますか?自己破産に必要な書類一覧
自己破産には種類がある?「同時廃止」「管財事件」の違い
自己破産や個人再生を自分でする場合のメリットとデメリット
自己破産しても借金がチャラにならない?「免責不許可事由」とは
株やFXの信用取引で自己破産するにはどうすればよい?
スイスフラン大暴落による借金は自己破産できる?FX追証の借金解決法
官報を閲覧する方法ってあるの?自己破産や個人再生の情報
管財とは?自己破産の少額管財の東京地裁と全国の運用
自己破産の2つの種類「管財事件」と「同時廃止」
破産管財人の役割とは?自己破産で裁判所が選任する「破産管財人」とは?
ギャンブルでできた借金を自己破産で裁量免責されることはある?
自己破産を2回しながら免責許可を得ることはできるの?
2回目の自己破産にはどんな問題がある?2回目の自己破産は可能なのか?
ギャンブル裁量免責はギャンブルや投資の借金でも免責になるってホント?
子浩法律事務所から請求された場合に無視をしたらどうなる?
自業自得!?ギャンブルで作った借金は自己破産で免責されない!!
自己破産の時効ってどれぐらい?自己破産後からローンが組めるまで
自己破産で借金をなくしたい…でも家は残したい時の借金の整理の仕方
自己破産の手続きの流れを説明!期間とスケジュールについて
自己破産後の信用情報に記録される期間はどれぐらい?
自己破産後に携帯電話の新規契約にどのような影響があるのかを解明!
自己破産をすると今使っている携帯電話は解約になるって本当?
自己破産後の住宅ローンは何年組めない?審査を受けるタイミングとは?
自己破産をすると生命保険は管財人によって解約されてしまう!?
積立型の生命保険は自己破産をすると解約されるその理由
自己破産後の滞納税金や租税債権の免責について
自己破産する直前に滞納分の税金等を支払った場合の偏頗弁済について
自己破産すると国民年金や厚生年金が受給できなくなるってホント?
自己破産した場合、年金も没収されてしまう!?年金と自己破産の問題
自己破産後の年金はどうなる?普通の生活を守るためにやっておくべき事
自己破産するにもお金がかかる? 自己破産に必要な費用と支払い方法
自己破産の費用を払うお金がない時の対処法!法テラスに相談しよう!
自己破産時の必要書類と手続きの流れ
確認しよう!自己破産の必要書類と申請前に準備しておくべき事
知っておくと困らない!自己破産の弁護士費用の相場
自己破産で必要な弁護士費用や裁判所に払う費用はどのくらい?
自己破産をすると借金の保証人にはどんな事が起こるの!?
自己破産すると連帯保証人にとてつもない迷惑をかけることになります
自己破産の流れ【破産と免責許可の同時に申し立てした場合】
自己破産ができないケースってどんな状態?自己破産できない時の対処法
自己破産すれば借金は全てなくなる?免責が認められるには!?
住宅ローンのため自己破産すると、マイホームはどうなるの!?
奨学金で自己破産する前に!救済制度(減額)って知ってる?
特定管財事件と通常の管財事件の費用の違い〜自己破産の少額管財の流れ〜
自己破産した後も、交通事故の損害賠償は支払う義務はあるの?
生活保護の受給者は自己破産費用(予納金)が免除されるって本当?
生活保護者が破産した場合、不正受給した返還金は免責されるの?