官報を閲覧する方法ってあるの?自己破産や個人再生の情報

MENU

官報を閲覧する方法ってあるの?自己破産や個人再生の情報

自己破産をした人や個人再生を行った人は官報に掲載されます。職種によっては官報の閲覧をする職業もあるので、官報はとても重要な情報を国民の人に知らせるものです。

 

閲覧する方法は複数存在していますが、自己破産や個人再生に関する情報が掲載されることになり、自己破産をした人や個人再生を行った人が掲載されることで今後の資金の融資に関する制限を加えられる人が発表される官報はとても重要な情報になります。

 

この官報と個人の自己破産や個人再生について説明します。

 

官報とは?

職業によってはとても重要な情報となる官報ですが、一般的なサラリーマンで官報を閲覧することが稀な職業になります。

 

官報は国が発行するものではありません。官報は内閣府が法律や条約そして政令等に関する新しい情報を国民の人たちに知らせるために発行する新聞です。

 

しかし、これらの情報だけでなく個人的な情報も掲載されることになる情報誌です。それが自己破産した場合や個人再生を行って裁判所で認められた場合にこれらの情報も掲載されるものになります。   

 

官報は、独立行政法人国立印刷局が発行するもので、休日を除いて毎日発行される新聞になります。紙面として発行されていたものですが最近では印刷物として紙面だけでなくインターネットの配信でこれらの情報を閲覧することが可能です。

 

そのため職業に関係なく官報を閲覧する機会は増えていることになります。内閣府が発行することになる官報ですが、掲載されている内容はその辺によって異なります。憲法改正や総選挙そして皇室に関する情報も掲載されています。

 

企業の決算情報や合併の情報に関してもこちらの官報を利用して情報を公開することになります。政治に関しては憲法改正や総選挙の情報だけでなく政府機関に関係する情報や地方公共団体に関するいろんな情報も掲載されているものです。

 

そして個人的な情報として裁判所で行われて決定された自己破産や個人再生に関係した内容も記載されているのが官報です。  
様々な情報が掲載されていますが、官報は、特定の職業の人達が重要な情報として閲覧するまたはチェックすることになります。

 

法律に関する改正も掲載されることになるため法律事務所やこれに関連する人たちのとても重要な情報として貴重な存在になります。

 

一部上場企業など日本有数の企業が決算の情報を発表することや合併等を行うことは、日本の経済に大きな影響を与えることがあります。

 

そのため株主や個人投資家など会社に関連した人たちも官報の情報をチェックすることになります。

 

特定の職業の人たちが閲覧する官報ですが、よく閲覧する機会のある職業として

  • 地方公共団体となる市町村役場の公務員、
  • 税務署等の職員、
  • 借金などの情報を掲載する個人信用情報機関と金融機関、
  • 不動産関係の企業や警備会社
  • 保険会社の人たち

が官報を閲覧する機会のある職業となります。

 

特定の職業や必要に応じて官報を確認または購入する場合には官報を取り扱っているお店で購入することになります。

 

地域により異なりますが東京都では複数の取扱店があります。それ以外の都道府県では、指定された官報販売所で購入することが可能です。

 

購入方法では定期購読が送料と税別で1,520円、一部購読の場合には税別130円です。ただし、号外やページ数により金額が変動しますし、送付を希望するときには別途郵送料が必要です。

 

お金を必要とせずに官報を閲覧するときにはインターネットを利用して閲覧することが可能です。

 

しかし、自由に閲覧できるわけではなく直近30日分が独立行政法人国立印刷局が提供するインターネットで閲覧可能です。

 

この期間以前の情報では国立図書館や利用可能な図書館で閲覧が可能となります。官報は希望すれば誰でも閲覧することができる重要な情報です。

 

どうやったら閲覧できる?

自己破産や個人再生の情報を閲覧できる方法として官報は、インターネットでも閲覧することが可能です。

 

また、これらの情報以外にも官報が掲載されている情報を確認することが可能となるため、職業によっては官報の確認を行うことが必要な職業もあります。インターネットの普及により紙面以外の方法としてインターネットを利用した閲覧方法が可能です。  

 

インターネットのパソコンから官報の情報を閲覧するためには、独立行政法人国立印刷局が提供を行っている官報のインターネット版を閲覧します。
   

紙面と同じように官報では、本紙、号外、政府調達と特別号外に分類されておりインターネットでもこの分類により閲覧することが可能です。

 

情報に関してはその日により異なるため、インターネットで検索することで必要な情報を入手することが可能です。

 

全国で自己破産や個人再生が確定した人たちの情報が掲載されることになり、日によって膨大な情報が掲載されることになります。

 

官報では、国会事項、官僚と呼ばれている人たちの人事異動や官庁報告そして広告の情報が掲載されています。これらの情報ごとに詳しく閲覧することが可能です。   

官報で掲載されている自己破産の情報では、破産手続の終結に関する記載があります。

 

裁判の番号や破産者の氏名と住所、破産が決定された年月日と破産手続に関する主文そして破産手続が集結した理由の要旨などが掲載されています。最後に破産を決定した地方裁判所の名称が記載されます。

 

これらの内容は破産手続き終結に関する情報ですが、官報では、破産管財人の変更を行う情報や小規模な個人再生の手続開始などの項目の情報も掲載されています。また、これらの項目は、主文の文言や記載内容は異なります。

 

官報情報検索サービスとは?

官報は、休日以外毎日発行されており本紙以外にも臨時で発行されることになるため膨大な数の官報がこれまで発行されています。

 

そのため最新の情報を入手することを目的にしているならばインターネットを利用した独立行政法人国立印刷局のサイトを利用する方法や図書館などの検索機能を利用する方法があります。

 

どちらの方法もインターネットを利用して閲覧できる方法になります。

  

 

インターネットを利用した官報の情報閲覧では、独立行政法人国立印刷局にアクセスをして情報を閲覧することになります。

 

自分のパソコンや企業のパソコンから独立行政法人国立印刷局が提供するインターネットの官報情報を閲覧する事は、直近30日分は閲覧することが可能です。

 

しかし、膨大な情報が掲載されている官報の情報の中から必要な情報を得るためには官報情報検索サービスを利用することが必要となります。

 

インターネットから官報を無料で閲覧することができるため官報情報検索サービスも無料で利用できると思われがちですが大きな間違いです。

 

独立行政法人国立印刷局の官報情報検索サービスを利用する場合には料金が必要です。
   

 

官報情報検索サービスを利用する場合には昭和22年5月3日分から直近までの官報の内容を日付やキーワードを指定して検索や閲覧が可能です。

 

頻繁に閲覧することを目的としている場合には会員登録して料金を支払い官報の情報を入手することになりますが、それ以外の人の場合には他の方法を利用して官報情報検索サービスを利用します。それが図書館を利用する方法です。   

 

図書館では、官報情報検索サービスを利用して官報の閲覧をすることができます。パソコンでインターネットを閲覧することができる環境が整っている図書館であれば利用することが可能です。

 

パスワードを入力して官報の検索画面から検索を行うことができます。図書館によってはパソコンを使用する時間が決められていることがあるため、長く官報情報検索サービスを利用するときには、利用者の少ない時がオススメです。   

 

図書館を利用して官報情報検索サービスを利用するときは、官報の日付や記事ごとの検索が可能となっています。そのため詳しく多くの情報を入手することが無料でできます。

   

官報に関する情報をインターネットで検索するときには、無料で利用できる図書館が便利です。独立行政法人官報情報検索サービスを利用して個人を指定して調べることが可能です。

 

初めてこちらのサービスを利用するときには、自分の名前を入力して調べてみるのも面白いです。同姓同名が記載されていることで、自己破産に関する情報を入手することができます。   

 

官報情報検索サービスの利用では検索キーワードの入力も工夫が必要です。

 

自己破産と氏名を入力しても検索結果が0件になることがあります。自己破産のキーワードが破産や破産者または免責に変更することで検索が該当することがあります。

 

また、個人再生の検索でも同じような結果になることがあります。小規模個人再生の場合には再生計画、再生債務者と入力することで特定できる場合があります。工夫してキーワードを入力することがポイントです。

 

 

官報に破産したことで掲載される場合には、人によってデメリットが異なります。

 

一般的なサラリーマンで家族や身内に知られてしまうデメリットは少ないです。家族や身内の人たちに破産した情報が分かってしまう事は、官報で裁判記事を閲覧していないと情報を入手することができないからです。

 

しかし、個人を特定して過去の情報を調べる方法があるため、過去に破産したことがあった場合には家族や身内など近い人たちには説明しておくことがその後のトラブル回避につながります。

 

関連ページ

「家計簿」つけられますか?自己破産に必要な書類一覧
自己破産には種類がある?「同時廃止」「管財事件」の違い
自己破産や個人再生を自分でする場合のメリットとデメリット
自己破産しても借金がチャラにならない?「免責不許可事由」とは
株やFXの信用取引で自己破産するにはどうすればよい?
スイスフラン大暴落による借金は自己破産できる?FX追証の借金解決法
管財とは?自己破産の少額管財の東京地裁と全国の運用
自己破産の2つの種類「管財事件」と「同時廃止」
破産管財人の役割とは?自己破産で裁判所が選任する「破産管財人」とは?
ギャンブルでできた借金を自己破産で裁量免責されることはある?
自己破産を2回しながら免責許可を得ることはできるの?
2回目の自己破産にはどんな問題がある?2回目の自己破産は可能なのか?
ギャンブル裁量免責はギャンブルや投資の借金でも免責になるってホント?
子浩法律事務所から請求された場合に無視をしたらどうなる?
自業自得!?ギャンブルで作った借金は自己破産で免責されない!!
自己破産した後にクレジットカードを作成したい場合はどうすれば良いの?
自己破産の時効ってどれぐらい?自己破産後からローンが組めるまで
自己破産で借金をなくしたい…でも家は残したい時の借金の整理の仕方
自己破産の手続きの流れを説明!期間とスケジュールについて
自己破産後の信用情報に記録される期間はどれぐらい?
自己破産後に携帯電話の新規契約にどのような影響があるのかを解明!
自己破産をすると今使っている携帯電話は解約になるって本当?
自己破産後の住宅ローンは何年組めない?審査を受けるタイミングとは?
自己破産をすると生命保険は管財人によって解約されてしまう!?
積立型の生命保険は自己破産をすると解約されるその理由
自己破産後の滞納税金や租税債権の免責について
自己破産する直前に滞納分の税金等を支払った場合の偏頗弁済について
自己破産すると国民年金や厚生年金が受給できなくなるってホント?
自己破産した場合、年金も没収されてしまう!?年金と自己破産の問題
自己破産後の年金はどうなる?普通の生活を守るためにやっておくべき事
自己破産するにもお金がかかる? 自己破産に必要な費用と支払い方法
自己破産の費用を払うお金がない時の対処法!法テラスに相談しよう!
自己破産時の必要書類と手続きの流れ
確認しよう!自己破産の必要書類と申請前に準備しておくべき事
知っておくと困らない!自己破産の弁護士費用の相場
自己破産で必要な弁護士費用や裁判所に払う費用はどのくらい?
自己破産をすると借金の保証人にはどんな事が起こるの!?
自己破産すると連帯保証人にとてつもない迷惑をかけることになります
自己破産の流れ【破産と免責許可の同時に申し立てした場合】
自己破産ができないケースってどんな状態?自己破産できない時の対処法
自己破産すれば借金は全てなくなる?免責が認められるには!?
住宅ローンのため自己破産すると、マイホームはどうなるの!?
奨学金で自己破産する前に!救済制度(減額)って知ってる?
特定管財事件と通常の管財事件の費用の違い〜自己破産の少額管財の流れ〜
自己破産した後も、交通事故の損害賠償は支払う義務はあるの?
生活保護の受給者は自己破産費用(予納金)が免除されるって本当?
生活保護者が破産した場合、不正受給した返還金は免責されるの?