自己破産後に携帯電話の新規契約にどのような影響があるのかを解明!

MENU

自己破産後に携帯電話の新規契約にどのような影響があるのかを解明!

今やなくてはならない携帯電話を、自己破産後に新規契約するにはいくつか押さえるポイントがあります。

 

まず自己破産後に携帯電話を新規契約する際、回線と端末で契約が異なることを念頭に置きましょう。

 

回線の契約は電話料金の未払い分が残っていないか、預託金を積めば契約ができるはずです。

 

スマートフォンなどの端末に関しては、自己破産から5年は分割払いでの購入が難しくなります。購入の際には、分割ではない支払い方法を選ぶ必要があります。

 

審査方法が違う携帯電話の回線契約と端末購入方法

今やスマートフォンや携帯電話は、社会生活の中で必要不可欠な必需品です。自己破産後で携帯電話を入手する場合、契約するうえでの手順が違ってきます。

 

携帯電話の契約において、電話やデータ通信を使う上でなくてはならない通信回線に関する回線契約と、端末を分割払いで購入した場合の契約では、それぞれの審査方法が異なります。

 

回線契約は携帯キャリアとの間で行われる契約であり、審査の際に重視されるのは携帯電話会社とのトラブルの有無です。

 

例えば、利用料金を滞納してしまった場合、滞納したユーザーは「携帯ブラック」という個人情報がTCA、電気通信事業者協会に加盟している各携帯キャリアで共有されます。

 

こうなると加盟している全てのキャリアと契約を結べなくなるため、携帯電話の新規契約はまず不可能でしょう。

 

ただし、滞納分を支払えば解除されます。登録から5年経過するか、滞納分が自己破産による免責を認められても同様に解除されるため、永遠に作れなくなるものではありません。

 

支払い以外の方法で携帯ブラックから解放された場合、滞納している会社に「自社ブラック」と認定される可能性があります。これは各々の携帯キャリアが問題のある顧客の情報を控えておくことによるものです。

 

今後その会社とはほぼ契約できなくなるため、注意が必要です。

 

一方、端末に関する契約では、「携帯ブラック」や「自社ブラック」の他にも、別のブラックリストが存在します。それが「CICブラック」です。これは指定信用情報機関CICに、破産者として登録されることによって発生します。

 

これが端末を分割で購入しようとした際に、その障害となるものです。この「CICブラック」も、登録から5年で記録が抹消されます。

 

注意が必要な色々なパターンの自己破産

これらのブラックが持つ特性から、同じ自己破産後でもどのような影響が出るかは異なることがわかります。携帯電話の新規契約が比較的容易なケースと、困難なケースがあるのです。

 

まず最も新規契約のハードルが低くなるのが、自己破産の前後において携帯電話の利用料金に滞納がない場合です。

 

この場合であれば「携帯ブラック」や「自社ブラック」の適用対象にはなりません。回線契約だけなら何の問題もなく締結できるはずです。

 

次に考えられるのは、自己破産の免責を利用した場合です。滞納分を免責とされていれば、携帯ブラックは解除されるはずです。

 

ただし、自己破産の前に契約していた携帯キャリアからの請求を踏み倒すことになるため、その会社から「自社ブラック」として登録される可能性が考えられます。こうなると以前に契約していた会社とは回線契約さえ危ういので、他の携帯キャリアに乗り換えるべきです。

 

しかし、料金の未払い分が存在し、免責にもなっていないと「携帯ブラック」が多くの点で障害になります。

 

状況としては、自己破産の際に携帯電話料金の滞納分を破産に含めなかった場合や、自己破産後に料金を支払えずに滞納して強制的に解約された場合です。

 

この状態では回線契約さえ結べないため、「携帯ブラック」を解除しなければなりません。滞納分を支払うか、登録が消滅する5年が経過するのを待つ必要があります。

 

自己破産後は携帯を「回線契約」だけをするのが良い

携帯電話の利用料金に未払いがなくて「携帯ブラック」として登録されておらず、「自社ブラック」にも登録されていない携帯キャリアが相手であれば、自己破産後でもおそらく携帯電話を新規契約できるはずです。

 

しかしこれらの条件を満たしている状況だったとしても、自己破産後であれば「CICブラック」には登録されているでしょう。携帯電話の新規契約を交わすには、「CICブラック」の影響が出ないように申請する必要があります。

 

その具体的な手段としては、登録が抹消される5年後まで待つことです。

 

しかし、5年もの間携帯電話が使えないとなると不便なため、もし登録解除まで待てないのであれば、回線契約だけを依頼する手段が考えられます。「CICブラック」は保証会社や金融機関などで共有されるブラックリストです。

 

携帯電話の新規契約においては、分割払いによる端末購入時にしか影響がありません。携帯キャリアで使用される二つのブラックリストに載っていなければ、回線契約だけなら問題なく可能のはずです。

 

携帯キャリアによって変わる新規契約の審査

自己破産後に携帯電話の新規契約をするのなら、同じ携帯キャリアでも新規契約の審査に違いがあることも知っておくべきです。それぞれのキャリアにおける審査の違いは、新規契約の承認されやすさとして現れてきます。

 

自己破産後にキャリアを選ぶ際は、承認されやすいかどうかという点にも気を配って選択したほうが良いでしょう。どこのキャリアが厳しいかは諸説ありますが、

もし信用情報に自信がなければ、預託金制度が存在するキャリアを選ぶと良いでしょう。

 

これは、短期間の内に何度も新規契約をした顧客や、信用情報に難がある顧客などに対して、一定の保証金を支払うことで契約を受けつけるものです

 

保証金の額面は5万円から10万円ほどになりますが、後に支払った分が返還されます。自己破産後の状況でもできるだけ確実に携帯電話を契約したい人にとっては、便利な制度です。

 

ただし、保証金制度があるキャリアであれば、必ず契約できるというわけではありません。預託金の返還時期もかなり長引くことがあるため、注意が必要です。さらに預託金が発生するような状況だと、端末を分割払いで購入する事はまずできません。

 

これらを前提としたうえで、預託金制度のあるキャリアを利用するかどうか決めることをおすすめします。

 

プリペイド携帯や、格安SIMの場合

通常の携帯キャリアによる携帯電話は、自己破産後に改めて新規契約する場合において、さまざまなハードルが存在します。それらへの対応に困っているのであれば、プリペイド式携帯電話という選択肢もあります。

 

プリペイド式携帯電話は、登録後にプリペイドカードを購入して入金し、その額面分だけ電話が使える先払い式の携帯電話です。

 

この特徴によりプリペイド式携帯電話の審査は、一般的な後払い式よりも通りやすいとも言われています。「自社ブラック」に登録されているキャリアから購入しようとしない限り、高い確率で使用できるでしょう。

 

また、格安SIMという手段もあります。これはMVNO業者各社が販売しているSIMカードを、SIMロックがない携帯電話に組み込むことで使う方法です。

 

MVNO業者にはTCAに加盟していない業者がいるため、それらの業者のSIMを利用すれば、「携帯ブラック」の状態にあっても新規契約が可能なはずです。

 

ただし、これら格安SIMの利用料金の支払い方法は、多くの会社においてクレジットカードのみとなっています。自己破産後で「携帯ブラック」を避けるためにMVNO業者の格安SIMを希望している状態なら、クレジットカードは使えないはずです。

 

そのため、自己破産後に格安SIMを選ぶ際は、デビットカードなどが使える業者を選ぶとよいでしょう。

 

デビットカードは銀行などの預金口座に紐付けされたカードです。クレジットカードが使える多くの店舗やホームページで、クレジットカードと同じような使い方ができます。

 

デビットカードでの支払いは後払いではなく、口座から一回払いで引き落とすため、銀行口座さえ作れるなら自己破産後でも問題なく作れる利点があります。

 

ただし、同じ会社のクレジットカードが使える業者でも、デビットカードでの支払いが必ず認められるとは限りません。MVNO業者を選ぶ際に、事前にデビットカードが使えるかどうか確認してから選ぶと良いでしょう。

 

自己破産後に回線契約をするには?

自己破産後に携帯電話を新規契約するなら、これまで記載した内容に気をつけたうえで、回線契約を取得していく必要があります。その際に、登録されている可能性があるブラックリストに気をつけなくてはなりません。

 

特に、過去の携帯電話料金の未納分がまだ存在し、TCAに加盟している携帯キャリア全てと5年間も契約ができなくなる「携帯ブラック」に登録されている場合は注意が必要です。

 

5年の時間が経つ前に携帯電話が必要になったのなら、未納分を完済するか、未納分を自己破産の免責に適用することで「携帯ブラック」への登録を解除する必要があります。

 

どうしても「携帯ブラック」からの解放が難しいようであれば、利用料金が前払い制で、信用情報に関する査定が甘いプリペイド式携帯電話や、TCA未加盟かつクレジットカードなしでも使える、一部のMVNO業者の格安SIMを用いるのも有効です。

 

いずれの場合も、過去に利用料金のトラブルがあったキャリアの場合、「自社ブラック」に登録されていることによって新規契約を断られる可能性があります

 

こだわりがないのであれば、これまで登録したことのない携帯キャリアに乗り換えたほうが良いかもしれません。

 

以上の点に気をつければ、回線契約を結ぶことができます。

 

自己破産後にスマホを購入する方法

携帯電話の回線契約が結べたとしても、携帯電話の端末自体が手元になければ意味がありません。何もなければ、回線契約を結んだ後に端末を購入すれば問題ありません。

 

しかし、自己破産者として「CICブラック」に登録されている場合、端末購入時に多用される分割払いは、登録から5年経つまで不可能とされています。

 

端末を購入する必要があるなら、分割払い以外の方法で購入するしかないとされています。

 

その一方で、自己破産後から5年の時間が経たないうちに分割購入ができたケースも存在します。

 

この結果を分けるのは、端末の値段とキャリアの事情であるといわれています。

 

関連する法律である割賦販売法では、10万円を超える個別クレジットに対する審査を義務づけているからです。つまり、10万円を越える価格の端末でなければ、必ず信用情報の審査があるとは限らないのです。

 

ただし、審査の必要が法律で義務づけられていない端末なら、必ず審査を免除されるというわけではありません。契約窓口となる各キャリアの代理店さえ、一度審査に通してみないと結果は判断できないと言われています。

 

仮に携帯キャリアで分割払いの利用が可能かどうか試してみたいのであれば、機種選択において10万を越えるような、フラグシップレベルのスマートフォンは避けた方が良いでしょう。また、それでも確実に通るわけではないことも念頭に置いてください。

 

中古または一括払いなら簡単に購入できる!

自己破産後では何かとハードルが多い端末の購入ですが、障害の内容としては分割払いの認可が降りにくいだけです。

 

一括払いなどの方法をとって購入する分には何の問題もありません。

 

この場合であれば、中古やアウトレットで販売されている、SIMカードを抜いた状態の携帯電話、いわゆる白ロムを購入して使用するのも良いでしょう。運がよければ少し前に発売された端末を、安い価格で使用できるメリットがあります。

 

白ロムの購入方法はいくつかあり、実店舗やインターネット上の店舗で販売しているところがあります。コストパフォーマンスを求めるならネットオークションで競り落とせば、さらに安く手に入るかもしれません。

 

しかし、オークションを活用するなら、注意すべきは赤ロムと証される端末です。分割払いの未払い分が残っている端末であり、知らずに使っていると携帯会社からロックを受ける場合があります。

 

多くのショップでは赤ロムを買わせた場合、保証として返金に応じてくれますが、個人間の取引であるネットオークションではそうもいきません。

 

端末の製造番号からキャリアが公開している利用制限の情報と照会すれば、赤ロムかどうかは判断できます。

 

オークションを用いる際は慎重な対応と契約を心がけて下さい。また、格安SIMを用いるなら、その業者が販売しているスマートフォンを買うのが無難かもしれません。

 

以上の方法により端末を導入し、回線契約をすれば自己破産前のように携帯電話が使えるはずです。元の生活を取り戻す第一歩として、確実な対応を心掛けましょう。

 

関連ページ

「家計簿」つけられますか?自己破産に必要な書類一覧
自己破産には種類がある?「同時廃止」「管財事件」の違い
自己破産や個人再生を自分でする場合のメリットとデメリット
自己破産しても借金がチャラにならない?「免責不許可事由」とは
株やFXの信用取引で自己破産するにはどうすればよい?
スイスフラン大暴落による借金は自己破産できる?FX追証の借金解決法
官報を閲覧する方法ってあるの?自己破産や個人再生の情報
管財とは?自己破産の少額管財の東京地裁と全国の運用
自己破産の2つの種類「管財事件」と「同時廃止」
破産管財人の役割とは?自己破産で裁判所が選任する「破産管財人」とは?
ギャンブルでできた借金を自己破産で裁量免責されることはある?
自己破産を2回しながら免責許可を得ることはできるの?
2回目の自己破産にはどんな問題がある?2回目の自己破産は可能なのか?
ギャンブル裁量免責はギャンブルや投資の借金でも免責になるってホント?
子浩法律事務所から請求された場合に無視をしたらどうなる?
自業自得!?ギャンブルで作った借金は自己破産で免責されない!!
自己破産した後にクレジットカードを作成したい場合はどうすれば良いの?
自己破産の時効ってどれぐらい?自己破産後からローンが組めるまで
自己破産で借金をなくしたい…でも家は残したい時の借金の整理の仕方
自己破産の手続きの流れを説明!期間とスケジュールについて
自己破産後の信用情報に記録される期間はどれぐらい?
自己破産をすると今使っている携帯電話は解約になるって本当?
自己破産後の住宅ローンは何年組めない?審査を受けるタイミングとは?
自己破産をすると生命保険は管財人によって解約されてしまう!?
積立型の生命保険は自己破産をすると解約されるその理由
自己破産後の滞納税金や租税債権の免責について
自己破産する直前に滞納分の税金等を支払った場合の偏頗弁済について
自己破産すると国民年金や厚生年金が受給できなくなるってホント?
自己破産した場合、年金も没収されてしまう!?年金と自己破産の問題
自己破産後の年金はどうなる?普通の生活を守るためにやっておくべき事
自己破産するにもお金がかかる? 自己破産に必要な費用と支払い方法
自己破産の費用を払うお金がない時の対処法!法テラスに相談しよう!
自己破産時の必要書類と手続きの流れ
確認しよう!自己破産の必要書類と申請前に準備しておくべき事
知っておくと困らない!自己破産の弁護士費用の相場
自己破産で必要な弁護士費用や裁判所に払う費用はどのくらい?
自己破産をすると借金の保証人にはどんな事が起こるの!?
自己破産すると連帯保証人にとてつもない迷惑をかけることになります
自己破産の流れ【破産と免責許可の同時に申し立てした場合】
自己破産ができないケースってどんな状態?自己破産できない時の対処法
自己破産すれば借金は全てなくなる?免責が認められるには!?
住宅ローンのため自己破産すると、マイホームはどうなるの!?
奨学金で自己破産する前に!救済制度(減額)って知ってる?
特定管財事件と通常の管財事件の費用の違い〜自己破産の少額管財の流れ〜
自己破産した後も、交通事故の損害賠償は支払う義務はあるの?
生活保護の受給者は自己破産費用(予納金)が免除されるって本当?
生活保護者が破産した場合、不正受給した返還金は免責されるの?