自己破産の時効ってどれぐらい?自己破産後からローンが組めるまで

MENU

自己破産の時効ってどれぐらい?自己破産後からローンが組めるまで

日本では近年、収入が減っているのに税金の負担が増え、家計の負担は大きくなるばかりです。加えて、長らく続いている不況のせいもあり、債務整理をする人が多いといわれています。

 

債務整理の中でも自己破産は、今までの財産を失ったり、長年に亘りローンを組めなくなることが想定されます。では、ローンを組めるようになるにはどれくらい期間がいるのでしょうか。

 

10年を経過しても組むことはできないケースも

自己破産は、免責が通れば借金を返さなくていいという反面、信用情報機関にブラックリストとして情報が登録され、それによって自身の信用情報にキズがついてしまうものです。

 

ローン会社を含める金融機関は、信用情報機関の持つ記録を元に審査を行っています。したがって、この情報が消えない限りは、新たなローンを組むのは難しくなるでしょう。

 

信用情報機関は、KSC(全国銀行協会信用情報センター)、JICC(日本信用情報機構)、CIC(シー・アイ・シー)などがあってそれぞれ登録されますが、何年登録されるかは情報機関により違ってきます。

 

この情報の登録期間の時効は、5年から10年といわれており、KSCだと登録期間は10年になりますが、JICCやCICだと5年になります。

 

ローンの場合は、契約する金額が大きくなるので、5年で情報が消えたとしても、8年くらいは契約するのを待ったほうが良いでしょう。

 

しかし、10年経った後でも、ローン契約ができないことがあります。

 

それは自己破産時に契約していた金融機関で、たとえ10年経過したとしても、審査を通過できない可能性があるでしょう。また、無職の人や返済能力のない人も審査を通過できず、ローンを組める可能性が低くなります。

 

では、クレジットカードの場合ではどうでしょうか。クレジットカードでも、5年から10年の時効期間が経てば契約できるかといえば、必ずしもそうとは言い切れません。

 

自己破産時に契約していた銀行の傘下のクレジット会社でカードを作ろうとした場合、その銀行と傘下のクレジット会社とで情報を共有しているため、社内ブラックとして記録が残り、審査に通らない可能性があります。

 

自己破産しても住宅購入することは可能?

住宅ローンの審査でも、金融機関は信用情報機関で登録情報を調べます。その際、自己破産しているという情報があれば、住宅ローンを組むのは難しくなるでしょう。

 

自己破産の時効期間は、免責決定より抹消されるまでの5年から10年間ですから、その間はブラックリストの情報が登録されている状態になります。

 

10年の登録期限がくれば、ブラックリストの登録情報は抹消されますが、手違いで抹消されていないこともあるようです。

 

その時は、10年間の登録期限が経過しているということを信用情報機関へ問い合わせて、ブラックリストの登録情報を抹消してもらいましょう。

 

自己破産した影響で、住宅ローンの審査が通らず、住宅購入ができないとガッカリしていても仕方がありません。

 

登録期限の10年が過ぎるまでの間に、住宅購入に必要な資金を貯めていけばいいと気持ちを前向きに切り替えていきましょう。それでも登録期間中にどうしても欲しい物件が見つかり、購入したい場合があるかもしれません。

 

その場合は、配偶者の名義で住宅ローンを申請するという手があります。

 

自己破産当時の自分とは関係なく、信用情報にキズのついていない配偶者の名義は、住宅ローンの審査に使えるでしょう。ただし、やはり配偶者の勤続年数や収入など、経済状態が重要であることは否めません。

 

以上のことから、基本的に、自己破産の免責の後から住宅ローンを組めるようになるには10年かかるとみておいた方がよさそうです。

 

その一方で、信用情報機関に情報登録されている間でも、住宅ローンを組める可能性があるともいわれています。それは、たとえ自己破産後であっても、年収や頭金があり、尚且つ返済能力があると認められれば、現状を見て審査を通す可能性があるということです。

 

それでも、やはり万全を期すなら10年は待った方が良いでしょう。

 

一番問題なく住宅を購入する方法はやっぱり「現金」

自己破産後に住宅ローンの審査が通らなく、ローンを組むのが難しいとなると、現金での購入が一番問題の無い方法になります。現金の購入だと、返済に追われる心配はありません。

 

しかし、自己破産後に家を購入するだけの現金を貯めるのは大変なことです。

 

後々の生活に支障をきたしてしまうくらいなら、信用情報機関に登録されているブラックリストの情報が消えた後で、住宅ローンを申請して、家を購入するほうがずっと現実的でしょう。

 

その間は、住宅ローンを組めるようになるための準備期間だととらえ、信用回復のための実績づくりをしていきましょう。

 

KSCは10年ですが、JICCやCICは5年でブラックリストの登録が抹消されるので、履歴が消えてキレイになってから、クレジットカードを作ることから始めてみるとよいかもしれません。

 

もし、審査を通過しクレジットカードの利用を始めたら、延滞無くしっかりと返済実績を積み重ねていき、個人のクレジットカード利用歴であるクレヒス(クレジットヒストリー)を作っておくことが望ましいでしょう。

 

ブラックリストの情報が消えるまでの期間は、新たに貸金業者からの借り入れも、ローン契約も、クレジットの申請もできにくくなるので、その分、今までよりは不都合を強いられやすいと考えると憂鬱になるかもしれません。

 

ですが、これ以上借金が増えることはないと前向きに考えることもできます。

 

また、自己破産は、借金を踏み倒した状態なので、金融機関からの信用が無いに等しくなります。これを解決するには、結局、地道に努力していくしか方法がありません。

 

自分の生活を立て直す機会だととらえ、仕事を長く続け、安定した収入を得て、信用情報機関からの信用を取り戻していくことが大切になります。

 

 

関連ページ

「家計簿」つけられますか?自己破産に必要な書類一覧
自己破産には種類がある?「同時廃止」「管財事件」の違い
自己破産や個人再生を自分でする場合のメリットとデメリット
自己破産しても借金がチャラにならない?「免責不許可事由」とは
株やFXの信用取引で自己破産するにはどうすればよい?
スイスフラン大暴落による借金は自己破産できる?FX追証の借金解決法
官報を閲覧する方法ってあるの?自己破産や個人再生の情報
管財とは?自己破産の少額管財の東京地裁と全国の運用
自己破産の2つの種類「管財事件」と「同時廃止」
破産管財人の役割とは?自己破産で裁判所が選任する「破産管財人」とは?
ギャンブルでできた借金を自己破産で裁量免責されることはある?
自己破産を2回しながら免責許可を得ることはできるの?
2回目の自己破産にはどんな問題がある?2回目の自己破産は可能なのか?
ギャンブル裁量免責はギャンブルや投資の借金でも免責になるってホント?
子浩法律事務所から請求された場合に無視をしたらどうなる?
自業自得!?ギャンブルで作った借金は自己破産で免責されない!!
自己破産した後にクレジットカードを作成したい場合はどうすれば良いの?
自己破産で借金をなくしたい…でも家は残したい時の借金の整理の仕方
自己破産の手続きの流れを説明!期間とスケジュールについて
自己破産後の信用情報に記録される期間はどれぐらい?
自己破産後に携帯電話の新規契約にどのような影響があるのかを解明!
自己破産をすると今使っている携帯電話は解約になるって本当?
自己破産後の住宅ローンは何年組めない?審査を受けるタイミングとは?
自己破産をすると生命保険は管財人によって解約されてしまう!?
積立型の生命保険は自己破産をすると解約されるその理由
自己破産後の滞納税金や租税債権の免責について
自己破産する直前に滞納分の税金等を支払った場合の偏頗弁済について
自己破産すると国民年金や厚生年金が受給できなくなるってホント?
自己破産した場合、年金も没収されてしまう!?年金と自己破産の問題
自己破産後の年金はどうなる?普通の生活を守るためにやっておくべき事
自己破産するにもお金がかかる? 自己破産に必要な費用と支払い方法
自己破産の費用を払うお金がない時の対処法!法テラスに相談しよう!
自己破産時の必要書類と手続きの流れ
確認しよう!自己破産の必要書類と申請前に準備しておくべき事
知っておくと困らない!自己破産の弁護士費用の相場
自己破産で必要な弁護士費用や裁判所に払う費用はどのくらい?
自己破産をすると借金の保証人にはどんな事が起こるの!?
自己破産すると連帯保証人にとてつもない迷惑をかけることになります
自己破産の流れ【破産と免責許可の同時に申し立てした場合】
自己破産ができないケースってどんな状態?自己破産できない時の対処法
自己破産すれば借金は全てなくなる?免責が認められるには!?
住宅ローンのため自己破産すると、マイホームはどうなるの!?
奨学金で自己破産する前に!救済制度(減額)って知ってる?
特定管財事件と通常の管財事件の費用の違い〜自己破産の少額管財の流れ〜
自己破産した後も、交通事故の損害賠償は支払う義務はあるの?
生活保護の受給者は自己破産費用(予納金)が免除されるって本当?
生活保護者が破産した場合、不正受給した返還金は免責されるの?