過払い金返還請求デメリットについて知っておこう!

MENU

過払い金返還請求デメリットについて知っておこう!

過払い金の返還請求は一般的に法律で認められている権利ですのでデメリットが全くないようにも思われていますが、デメリットが全くない訳ではありません。

 

このサイトでは状況に応じた過払い金返還請求についてのデメリットについて紹介していきます。多くのメリットを持っている過払い金の返還請求ですが、場合によってはデメリットもありうることを知っておくといいでしょう。

 

過払い金の基礎知識

日本には不思議なことに2種類の利息に関する法律が存在していました。

 

消費者金融は高い方の金利を利用して消費者にお金を融通して対価として高い金利での利息を返済することを消費者に求めてきました。しかしながら、一方の低い方の金利で計算すると返済額はもっと少ないものになるはずです。

 

高い方の金利と低い方の金利の差はグレーゾーン金利と呼ばれていました。

 

2006年に法律が改正されグレーゾーン金利の部分の利息は過払い金であるので返還請求に対して、金融機関は真摯に対応することが義務付けられるようになりました。

 

もちろん、急に金融機関にこれまでの利息の返還を求めても経営状態の観点からは大きな出費となってしまっていますが、これまで大きな利息を得て莫大な利益を上げていた金融機関ですので、法改正によって正常な経営に方針変更されるようになってきています。

 

過払い金の特徴としては、消費者金融などからの借り入れに限られている点が挙げられます。

 

銀行などから住宅ローンを組んで返済しているような場合には、低い方の金利での借り入れとなっていますので、過払い金は一切発生していないことになります。

 

また、最近の借り入れに対しては、過払い金は発生していないことがほとんどです。これらの場合には、充当に法律で定められた金利に沿ってお金を返済していくことが義務付けられるようになります。

 

しかしながら、以前の借金の場合には過払い金が発生している可能性が考えられますので、調べてみるのはお勧めの方法になります。過払い金の返還請求はすでに完済してしまった借金に対しても有効です。

 

過払い金の有無については、自分で調べることが難しい場合には弁護士さんにお願いして調べてもらってもいいでしょう。

 

一方で、過払い金には時効が存在していますので、時効が成立してしまった後ですと、どんなに多額の過払い金があったとしてもその返還請求を行うことは不可能になってしまいます。

 

かならず、時効成立前に過払い金の返還請求を行っていくことが重要になってきます。

 

時効の成立は一時的に延長させることも可能です。延長の期間が6か月と決められています。その間に返還請求を行って行くことが義務付けられています。

 

行わない場合には、延長事態も無効になってしまいますので、迅速な対応が必要になります。

 

過払い金の請求は法律で認められている権利であることは間違いありませんが、それは相手の金融会社が倒産をしてしまうとそれも出来なくなってしまいますので、その点も注意が必要になります。

 

時効の問題もありますし相手の会社のこともありますので、過払い金が仮にあるとわかったすぐに対応して返還請求を行って行くことが肝要といえます。

 

過払い金の返還請求を行う場合には多くの場合において和解で解決しますので、それほど時間が必要にはなりません。

 

金融会社の方もいたずらに時間的に拘束されてしまうよりは和解を望む傾向にあります。なぜならば、和解ができない場合には、訴訟に切り替わりますので、一般的には金融機関の方が支払う金額が増えることになります。

 

和解の場合には駆け引きなどの交渉術を使って自分に有利な条件を引き出すことが要求されてきますが、金融機関を相手に一人でそれを実行していくのはかなり大変ですので、弁護士さんに交渉をお願いするといいでしょう。

 

弁護士さんに仕事をお願いすると高額な費用を要求されそうな気もしますが、実際に返還される過払い金の20-25%+手数料が弁護士さんに支払い費用の目安になりますので、それほど高いものにはならないと言えます。

 

過払い金の返還請求についてはどのように対処していくかわからない場合には、まずは過払い金の案件に対してこれまで多くの実績をあげてきている弁護士さんに相談をしてみるといいでしょう。

 

ネットサイトから該当する弁護士さんを探すことも可能です。

 

最初の面談は無料で行ってくれる弁護士さんもおおくいますので、まずは自分の案件についてどのように対処していけばいいのか相談してみるといいでしょう。

 

その際には、より多くの金額を返還してもらいたいのか、それとも短期間でお金の返還をしてもらいたいのかについての情報をきちんと弁護士さんに伝えることも重要です、依頼者の意向にそって、弁護士さんは返還請求を行っていくことになりますので。

 

面談をすることが難しい場合には電話やメールで相談することも可能な場合がほとんどです。

 

借金の状態でメリット・デメリットは変わる

過払い金の返還請求をすることは、法律で認められていることですので、他の債務整理の方法と比べて、いわゆるブラックリストにその情報が記録されることもありませんし、返還請求をしている金融機関以外からは借り入れを行うことができます。

 

また、過払い金の返還請求の情報が官報に記載されることもありません。もちろんカードなどを新たに作ることも可能となっています。

 

過払い金の返還請求は返済が完了している借金に対しても時効が成立していなければ行うことが可能です。この場合には、払い過ぎた利息が自分の手元にかえってきますので、急な出費があることになりますので、メリットのみがある形になります。

 

もちろん先にも述べましたようにブラックリストにこの情報が記載されることもありません。これはグレーゾーン金利によって本来は払う必要のなかった利息分が自分のところに戻ってくるプロセスです。

 

金融会社の方も返還請求に関しては前向きに対処するようになっていますので、和解によって速やかに返還が行われるようになります。

 

しかしながら、金融会社の経営状態が非常に悪くて返還金を支払う余裕が無いような場合には時間がかかってしまうことも起こりえます、いたずらに時間ばかりがかかってしまって、埒が明かないようなケースも出てきます。

 

時間ばかりがかかるような印象を受ける場合には、弁護士さんに依頼をして和解ではなくて訴訟をしたほうがいいでしょう。消費者の方に全く非がなければ100%の過払い金の返還を金融会社から受けることができるようになります。

 

金融会社の経営状態が思わしくないような時には、倒産の可能性も考えて和解よりも訴訟に迅速に切り替えたほうがいい場面も出てきます。

 

和解や訴訟かの判断については、弁護士さんの判断を仰いだ方がいいと言えます。

 

過払い金の返還請求を行うことによって、現在返している借金の返済額を減らすことも可能です。

 

過払い金の返還によって、現在返している借金を全て相殺することができる場合には、ブラックリストに掲載されることはありませんので、今後ローンを組むこともクレジットカードを作ることも可能ですので、特に社会的な制約を受けてしまう可能性は考えられません。

 

しかしながら、過払い金の返還請求を行っている金融会社は、その情報をもっていますので、どんなに良い条件のローンがそこにあったとしても、その金融会社からの借り入れは大変難しくなってしまうと考えておいていいでしょう。

 

過払い金の返還請求によって、現在返済している借金の返済額の一部が相殺される場合には話が変わってきます。

 

借金の一部が相殺されることになりますと、当然のことながら返済の負担は大きく減ることになりますので、気持ちの面ではとても楽に鳴るというメリットがあるのですが、

 

借金の返済額の一部しか相殺できない場合には、債務整理の任意整理に該当してしまいますので、ブラックリストにその情報が掲載されてしまうことになりますので、一定期間ローンを組んだり、新たにカードを作ることができないという非常に不便な生活を余儀なくされることが起きてしまいます。

 

それでも、借金返済の負担が減ることになりますので、そのメリットを考えて、ブラックリストに掲載されてしまうというデメリットを選択するようなケースもとられます。

 

借金返済の負担は目に見えない大きなストレスになる可能性が考えられます。

 

ブラックリストに掲載されてしまう期間は5年ほどですので、その間は収入に応じた生活を送っていけば問題にはなりません。

 

確かにクレジットカードを使うことができないのはカード社会において大きな不便を感じるかもしれませんが、一昔前の日本では現金での買い物が一般的でしたので、それを実践するようにすると考えればいいでしょう。

 

5年間収入に応じた生活を送っていけば、その後の人生において大きな借金をして首が回らなくなるというようなことは起こらなくなるかもしれませんので、ブラックリストに載ってしまうというデメリットを長期的なスパンでのメリットととらえてもいいでしょう。

 

また、借金返済の精神的な負担が減ることのメリットの大きさも考慮に入れるべきでしょう。

 

過払い金の返還請求において、実際に他の借金の返済の一部に充当したほうがいいかの判断は担当の弁護士さんに相談して、最良の方法を選択するようにするといいでしょう。

 

本人と代理人でもメリット・デメリットは変わる

過払い金の返還請求を行う際に弁護士(代理人)さんに代行をお願いするのは一般的な方法ですが、弁護士さんに代行をお願いしてしまうとその分費用を払わなくてはならないので、経済的な理由によって弁護士さんに代行をお願いするのがいいの迷ってしまう例も考えられます。

 

過払い金の返還請求は法律で認められた権利ですので、本人が行うことももちろん可能です。過払い金の返還請求に関するマニュアルは本などにも記載されて販売されていますので、それに基づいて行って行くことが可能です。

 

しかしながら、金融機関の方も本音ではお金を返還したくないという気持ちがありますので、弁護士ではなくて、一般の人の請求ではそれを軽く見てしまって、かなりいい加減な対応をしてくる場合も考えられます。

 

といっても、何度も過払い金の返還請求を行った経験をお持ちの方は少ないので、実際のところ金融機関が丁寧に対応してくれているのか同かを自分で判断することも難しくなってしまいます。

 

金融機関に対峙して、上手に返還交渉を行っていくことはかなりのテクニックが必要な部分も出てきます。

 

結果として通常よりも安い金額の返還での和解となってしまうこともしばしばです。安い金額の返還しか得られないのであれば、弁護士費用を節約した意味がなくなってしまいます。

 

さらには、弁護士さんに仕事を依頼せずにすべてを自分で行うことになりますので、時間的な制約も非常に大きなものになってしまいます。

 

果たしてこのようなやり方が本当に得策であるのか冷静な判断が必要になってきます。個人で過払い金の返還請求を行っていて、金融機関との和解案に同意することができないような場合も考えられます。

 

このような場合には和解から訴訟に切り替える必要がでてくるのですが、訴訟を個人のレベルで行うことも難しくなってしまいます。

 

システム的には個人のレベルで訴訟を行うことはできますが、それをするための時間は莫大なものになってしまって、遅々として返還請求を行うことができなくなってしまうことが容易に予想できます。

 

仕事をしている人の場合には、現実的にそれを行うのが難しい場合も多いものです。

 

また、最初の段階で過払い金があるかどうかの判断をする場合にも、金融機関とのやり取りが必要になります。実際に個人が金融機関に支払った金額を明らかにする必要があるからです。

 

個人からの情報提供請求に対しても金融機関は対応することが必要ですが、やはり法律の専門家以外の方からの請求に対しては、時間がかかってしまうことも考えられます。

 

しかも、過払い金の請求には時効の問題もでてきますので、速やかな対応も必要になってきます。

 

トータルでみて、確かに個人のレベルで過払い金請求のすべてのプロセスを行うことは確かにできますが、実際のところは現実的ではないと考えられます。

 

弁護士費用は払っても弁護士さんに過払い金の返還請求の代行をお願いするのが賢い対応である場合がほとんどです。

 

自分で返還請求を行ってみて、時間がかかってしまって時効となってしまって、後から弁護士さんに仕事をお願いすればよかったと後悔しても何も始まらないといえます。

 

弁護士さんに過払い金の返還請求の代行を依頼する場合も、過払い金の返還請求に多くの実績を持った弁護士さんにお願いするといいでしょう。

 

弁護士さんの中にもそれぞれの専門分野のようなものが存在していますので、過払い金の返還請求をそれほど得意としていない弁護士さんに仕事を依頼してしまうと、交渉面でそれほど大きな効果が得られない場合が多くなってしまいます。

 

インターネットサイトなどを調べてみれば、過払い金の返還請求に実績を持った弁護士さんを探し出すことは容易です。また、実際に弁護士さんに仕事を依頼する前に、料金体系も検討してみるといいでしょう。

 

トータルでどのくらいの費用が必要になってくるのかはそれぞれの弁護士事務所で異なってきますので、費用を納得した上で、弁護士さんに仕事をお願いするようにするといいでしょう。

 

また、自分の経済状況を考えて、どのくらいの期間で返還可能になるかもそのタイムスケジュールも弁護士さん(代理人)に相談して確かめておくようにするといいでしょう。

 

 

関連ページ

過払い金返還請求をするとブラックリストに載るのか?
リボ払いの利息で過払い金は戻ってくるの?
アプラスの過払い金返還請求の期間と回収率について徹底解明!
エポスカードの過払い金の返還請求をするにはどうすればよい?
クレジットカードのキャッシングは 過払い金請求はできる?
過払い金に注意!クレジットカードによる借金を専業主婦は整理できるのか!?
買い物で使ったクレジットカードは過払い金請求の対象になるの?
過払い金請求で制限されることは?過払い金請求をした後にクレジットカードは作れるの?
延滞利息があっても過払い金請求はできるの?
債務どっとこむで過払い金がいくらあるのかを計算しよう!
過払い金請求の完済後の消滅時効は何年?!放置していると権利が消滅してしまう!?
過払い金請求でいくら戻ってくるかを簡単にシュミレーションする方法
過払い金請求をしてお金が戻ってくるまでにどのくらいの期間がかかるの?
過払い金請求の期限はいつまで?過払い金請求の権利について
過払い金いったいいくら払ったの?過払い金を自分で計算する方法
過払い金の計算ができるソフト(Excel)の紹介と計算方法!
過払い金還請求が出来るのはあと数年?! 過払い金還請求の時効とは?
過払い金が戻ってこない事なんてあるの!?過払金返還請求権の消滅時効とは?
過払い金って税金はかかるの?課税対象ではないので税金はかからない
アコムの過払い金請求の期間と回収率と過払い金請求する方法
過払い金請求はメリットもあるけどデメリットもあるので注意が必要!
マイナスになったら意味がない!過払い金返還請求にかかる弁護士費用はどれぐらいかかるの?
奨学金に過払い金は発生するの?奨学金の仕組みと過払い金について
借金していた消費者金融がなくなった場合、残った過払金はどうなるの?
リボ払いの利息を過払い金請求で取り返したい!
リボ払いの過払い金を請求できる仕組みを解説!