過払い金請求をしてお金が戻ってくるまでにどのくらいの期間がかかるの?

MENU

過払い金請求をしてお金が戻ってくるまでにどのくらいの期間がかかるの?

借金の返済の際に、利息を払いすぎていることが時として起きてきます。そのような場合には過払い金の返還請求をすることが可能になります。

 

払い過ぎたお金の返済について、金融機関は返済をする義務を負っていますが、お金のやりくりの問題もありますので、すぐには返還に応じてもらえないかもしれません。

 

おおよその目安として戻ってくるまでどのくらいの期間を想定しておくのが妥当なのでしょうか?

 

平均すると大体3カ月〜半年以上

過払い金の返還請求をした場合に実際にお金が戻ってくるまで、おおよそ3か月から半年以上の期間がかかると考えておいていいでしょう。

 

この期間は相手の金融機関によって大きく変わってくることが多いものです、経営状態の良い金融機関であればスムーズに返還に応じてもらうことができますが、経営状態の良くない金融機関ですと時間がかかってしまうことになります。

 

これは金融機関との和解が成立した場合の期間ですので、仮に訴訟などになってしまうと更にお金がかえって来るまでの期間が長くなってしまうことになります。

 

インターネットなどの情報を見ればわかるかもしれませんが、非常に過払い金の返還に時間がかかってしまう金融機関も存在しているのは確かです。

 

もしもこのような金融機関との和解ができない場合には訴訟になりますが、そうなってしまうと非常に長い間の時間が過ぎてしまうことになります。と言っても大手と言われている金融機関であれば速やかに過払い金の返金に応じてもらえることも多いものです。

 

素人が個人のレベルで、金融機関に過払い金の請求をしても、なかなか応じてもらえないというケースも考えられます。

 

そのような場合には法律の専門家である弁護士さんにお願いをして、請求の代行をしてもらうといいでしょう。非常にスムーズに無駄のない請求を行ってもらえます。

 

更には、返還に際して仮に訴訟になってしまっても弁護士さんが味方になってくれて入れば心配をすることもありません。

 

過払い金の返還については、無料の法律相談に応じてくれる弁護士事務所も存在していますので、まずは無料の相談をお願いしてみて、対処法をアドバイスしてもらってもいいでしょう。

 

過払い金はすでに返済が完了している借入に対しても返還請求を行うことが可能です。なるべく早く過払い金を返還してもらいたい場合には、和解を考えたほうが得策です。

 

本来は全額返還してもらえる過払い金も和解の場合には全額返金とはいかなくなってしまうかもしれませんが、時間的な損失を考えるのであれば、訴訟よりも得策といえます。

 

一方で、訴訟の場合には、過払い金の全額を返還してもらうことが可能ですが、時間もかかってしまいます。

 

たとえば、すでに借金の返済が完了していて、それに対する過払い金の返還を求めていくのであれば訴訟の方が和解よりも得策である場合も出てくるでしょう。

 

過払い金返済請求をしてからお金が返ってくるまでの流れ

過払い金の返還請求を行う際には、まずは弁護士さんに相談して過払い金の有無を調べてもらうことが必要です。

 

例えば大手の銀行などからの住宅ローンは、どんなに多くの返済をしていても過払い金は存在しませんので、返還請求は意味がないものになってしまいます。

 

弁護士さんに調べてもらって、過払い金があるようでしたら、相手の金融機関に対して、文書で返還の請求をすることになります。

 

返還請求は自分でもすることがもちろん可能ですが、専門家である弁護士さんに依頼をしたほうがほとんどの場合においてスムーズに処理が進んでいくことになります。

 

また、過払い金の有無の計算においては、金融業者との取引履歴が必要になりますが、個人での請求ですと取引履歴をなかなか開示してもらえない場合もおおくなりますので、金融業者とのやり取りはすべて弁護士さんに代行してもらう方が得策といえます。

 

返還請求を金融機関に行った場合には、まずは金融機関との和解交渉からスタートすることになります。

 

金融機関とするとできるだけ全額返金したくないという思惑がはたらきますので、和解によって例えば85%だけを返金するというような和解案を提示してくるようになります。

 

実際にはどのように和解をしていくのが一般的なのかは素人にはわからないものですので、弁護士さんにすべてをお願いしてしまった方がいいでしょう。

 

和解案に納得できない場合には弁護士さんと相談して、訴訟にもっていくこともできますが、訴訟を個人のレベルで行っていくことは無理ですので、弁護士さんの助けが必要になります。

 

その場合には弁護士費用を払う必要がでてきます。

 

訴訟を行えば100%過払い金を返金してもらえるようになりますが、それから弁護士費用を引いたものが果たして和解案よりも多いか少ないかも含めて弁護士さんと相談するといいでしょう。

 

場合によっては、和解案を受け入れたほうが得になる場合もあります。

 

また、訴訟になってしまうとかなりの時間が経過します。最終的には返還に応じてもらうことができるでしょうが、訴訟が終了するまでは実際の返金はなされません。

 

自分の経済上の都合ですぐにでも返金をしてもらいたいと考えるのであれば、多少の損失はあっても和解案を選択するということもお勧めになります。

 

要は時間と金額の2つの要素をよく考えて交渉をしていくことが最良の方法になってくるといえます。

 

金融会社との交渉も重要な要素になってきますので、多くの過払い金の返還についての実績を有した弁護士事務所に仕事を依頼するといいでしょう。インターネットサイトでそのような弁護士を探すことが可能です。

 

過払い金返還訴訟する時の注意点

過払い金の回収を行う場合に、和解案に納得できないという場合には訴訟を起こすことになります。訴訟を起こすというとなんだか驚いてしまうことも多いのですが、実際のところ訴訟になってしまうのが極一部の例となります。

 

一般的に過払い金の返還請求に対して訴訟を起こされてしまうと、最終的には全額を金融業者は支払うことになりますので、なるべく和解の道を考えるからです。

 

また、訴訟になってしまうと時間的な拘束も多くなりますので、金融会社としてはメリットが全くないと言っても過言ではありません。ですから時間的にも経済的にも合理的な和解案を金融会社は提示することになります。

 

訴訟の場合には、弁護士さんにそれなりの費用を払う必要がありますので、全額回収できたとしても和解案よりも自分の手元に残る金額は少なくなってしまうかもしれません。

 

その点で金融会社と請求者の間で和解が成り立てば、訴訟になることは避けられます。

 

しかしながら、経営状態の悪い一部の金融機関は過払い金の返還に応ずる余裕がありませんので、払わないように時間を稼ぎます。

 

和解も出来るだけ時間をかけようとしてきます。このような場合には訴訟がお勧めです。また、相手の金融機関が仮に倒産してしまうと、過払い金の返還が難しくなってしまうこともありますので、金融機関の経営状態が思わしくない場合には、和解を選ばずに最初から訴訟をするのもいい方法になります。

 

時間との戦いになりますので、和解の交渉はむしろ無駄な時間になってしまうかもしれません。

 

金融機関の経営状態と同様に自分の経済状況も考えておかなくてはなりません。訴訟の途中で自分の方の生活が成り立たなくなってしまうと訴訟どころではなくなってしまいますのでその点は注意が必要です。

 

どのような戦術で過払い金の返還を行っていくのかについては、弁護士さんに相談して十分に検討してみることも重要です。

 

 

関連ページ

過払い金返還請求をするとブラックリストに載るのか?
リボ払いの利息で過払い金は戻ってくるの?
アプラスの過払い金返還請求の期間と回収率について徹底解明!
エポスカードの過払い金の返還請求をするにはどうすればよい?
クレジットカードのキャッシングは 過払い金請求はできる?
過払い金に注意!クレジットカードによる借金を専業主婦は整理できるのか!?
買い物で使ったクレジットカードは過払い金請求の対象になるの?
過払い金請求で制限されることは?過払い金請求をした後にクレジットカードは作れるの?
延滞利息があっても過払い金請求はできるの?
債務どっとこむで過払い金がいくらあるのかを計算しよう!
過払い金請求の完済後の消滅時効は何年?!放置していると権利が消滅してしまう!?
過払い金請求でいくら戻ってくるかを簡単にシュミレーションする方法
過払い金請求の期限はいつまで?過払い金請求の権利について
過払い金いったいいくら払ったの?過払い金を自分で計算する方法
過払い金の計算ができるソフト(Excel)の紹介と計算方法!
過払い金還請求が出来るのはあと数年?! 過払い金還請求の時効とは?
過払い金が戻ってこない事なんてあるの!?過払金返還請求権の消滅時効とは?
過払い金って税金はかかるの?課税対象ではないので税金はかからない
アコムの過払い金請求の期間と回収率と過払い金請求する方法
過払い金請求はメリットもあるけどデメリットもあるので注意が必要!
マイナスになったら意味がない!過払い金返還請求にかかる弁護士費用はどれぐらいかかるの?
過払い金返還請求デメリットについて知っておこう!
奨学金に過払い金は発生するの?奨学金の仕組みと過払い金について
借金していた消費者金融がなくなった場合、残った過払金はどうなるの?
リボ払いの利息を過払い金請求で取り返したい!
リボ払いの過払い金を請求できる仕組みを解説!