リボ払いの過払い金を請求できる仕組みを解説!

MENU

リボ払いの過払い金を請求できる仕組みを解説!

クレジットカードにはリボ払いと言って毎月定額を支払うという仕組みがあります。ですが長年リボ払いを継続していた場合、ケースによっては過払い金が発生し、請求できることもありますので、その仕組みや過払い金が発生するケースについて説明します。

 

リボ払いで知らず知らず借金が膨らんでしまう

リボ払いの特徴と仕組みを解説

そもそも、リボ払いというのは、借金残高にかかわらず返済額が一定になるという支払い方法です。

 

クレジットカードを遣いすぎても月々の支払金額が一定であるという特徴があります。通常のクレジットカードの支払いでしたら、月々使った分を翌月以降に払うという仕組みです。ですので、クレジットカードを買い物などに使用した金額をそのまま支払います。

 

そのため、カードを遣いすぎた月は多く支払い、カードをあまり使わなかった時期には支払金額が少なくなるというのが一般的です。

 

一方リボ払いをわかりやすく解説すると、毎月返済額が一定に定められています。10万円の買い物をしたら、たとえば毎月1万円ずつ10か月で返済するという返済方法を取ります。

 

もし、それ以上にクレジットカードを使って借入金が増えたとしても、毎月1万円という返済金額は変わりません。そのかわりに、返済期間が延びるということです。

 

10万円新たに買い物をすると、リボ払いで返済しなければならない金額は20万円になりますので、リボ払いの返済金額は1万円を20か月にわたって返済し続けることになります。

 

分割払いと似ている、と言われているリボ払いですが、リボ払いと分割払いとは似て非なるものです。

 

10万円10万円を1万円ずつ分割払いにし、さらに買い物などをして10万円を借りた場合、返済額が2万円ずつとアップしてしまいます。これが、分割払いの特徴です。使えば使うほど支払う金額が増えていきますので、基本的に使い過ぎにアラートがかかりやすいです。

 

それに比べ、リボ払いは毎月の返済額が一定であるため、自分が使いすぎたという実感がなく長きにわたって返済してしまうようなケースが少なくありません。

 

リボ払いを返済するために他で借金を重ねてしまうなど多重債務者になるケースもあります。

 

リボ払いは遣いすぎてもあまり使わなくても支払いが一定というメリットがあり、これは毎月計画を立てて返済をしている人にとっては、便利な返済方法ですので、利用している人は少なくありません。

 

リボ払いでは過払い金請求はできるの?

 

そんなリボ払いですが、過払い金を請求することができる場合もあります。そもそも過払い金とは、利息制限法を超過した利率でお金を借りている、ということです。

 

利息制限法では、元本が10万円以上100万円未満の場合、年利18%を上限としていますが、ずいぶん前のリボ払いの借金だと利息制限法を上回った条件で借金していることがあるからです。

 

さらに、借入金には一定の期間が必要で5年以上の返済期間が目安です。また、借金には時効が適用されますので、借金後10年以内に過払い金請求をする必要があります。

 

ショッピングでの過払い請求は出来ない!?

クレジットカードにはショッピング枠とリボ払いがある

クレジットカードには、ショッピング枠とリボ払いがありますが、そのなかでショッピング枠は過払い金請求の対象にはなりません。過払い金請求ができる法的根拠による利息制限法は、あくまでお金の貸し借りに該当した法律であるからです。

 

ショッピング枠とは、お店やネットでクレジットカードを使って買い物をすることであり、それは立て替え払いの性質を持っています。そして、キャッシング枠は、キャッシングで利用できる限度枠のことで、直接現金を借りることです。

 

消費者金融からお金を借りるのと同じで、リボ払いはこのキャッシング枠に該当します。

 

過払い金請求できるクレジットカードのショッピング枠

ショッピング枠はお金の貸し借りというよりはむしろお金の立て替え払いという性質を持っています。立て替え払いというのは、ショッピングをした金額を建て替えしましょうというものですので、性質上債務の発生ということにはなりません。

 

特に返済期間や利息という取り決めもありませんので、利息制限法の適用の範疇外にあります。過払い金というのはそもそも、利息制限法で規定されている以上の利息を払っていますのでその部分を返還してもらおうというものです。

 

そのため、そもそも利息制限法が適用されていないショッピング枠には、この過払い金請求という概念はないのです。

 

まとめると、ショッピングはお金の貸し借りというものではありません。ただ、ショッピングに使った金額のお金を立て替えて支払うという性質のものです。

 

これは、単なる立て替え払いですので利息制限法の制限を受けません。過払い金とは、利息制限法で定められた法定金利以上を支払っているときにその払いすぎた利息を取り戻すというものです。

 

一方で、キャッシングとはクレジットカード会社に利息を支払ってお金を借りるということです。それは、借金となり利息制限法とかかわってきます。

 

リボ払いはそのキャッシングの支払い方法の一つです。よって、リボ払いを含むキャッシングにおいて過払い金が発生する可能性があります。

 

クレジットカードの過払い金請求方法について

クレジットカードでの過払い金請求をするにはどうすればよいの?

 

クレジットカードで払いすぎた利息を返還してもらう過払い金請求をかなえるのであれば、まず、過払い金があるかどうかを調べることから始まります。

 

過払い金があるとわかって初めて、過払い金を請求することができるからです。

 

過払い金請求をすることができるクレジットカードの借り入れ条件としてはまず、利息制限法を超過する利率での取引があったことが最低条件です。利息制限法は、平成22年6月から施行されており、元本が10万円以下の借金なら年2割100万円未満だと1.8割というように決められています。

 

そのため、それ以前の借金であったら、過払い金が発生する率が高くなります。過払い金が発生しているかどうかの判断については、法律を熟知していないと難しい側面があります。

 

単なる利息制限法云々のみならず、時効による消滅などといった可能性もあるからです。そのためまず弁護士などに相談をして、過払い金が発生するケースに該当するかどうかを調べてもらうのが良いでしょう。

 

過払い金請求のメリットとデメリットは?

 

過払い金請求をすると、個人信用情報に悪影響が出て、クレジットカードを作ることができなかったりローンを組めなくなるのではないかということを懸念して過払い金がある可能性があっても請求しない人もすくなくありません。

 

しかしながら、これらは過払い金請求の間違った考え方であり、過払い金請求をしたからといって必要以上にその情報がさらされるということは断じてありません。過払い金請求とは、払いすぎた不当な利息を正式な手続きを行って返還してもらうということです。

 

過払い金請求にはメリットがたくさんあります。

 

まずは、何よりお金が返還されるということです。多い時には100万円以上の返還金を手にする人もいます。また、信用情報に傷がつかないというのも大きなメリットの一つです。そのため、過払い金請求をした後も、新しくクレジットカードを作ったり、住宅ローンを組むこともできます。

 

もちろん、過払い金請求にはデメリットもあります。

 

たとえば、手続きが煩雑で自分でしようとすると時間や手間がかかるということと、過払い金請求を行った会社のクレジットカードは使えないということです。

 

しかしながら、過払い金請求を自らしなくても、専門家である弁護士のサポートを受けることができますし、その会社のクレジットカードが使えなくても、よその会社のクレジットカードは使えますので問題がありません。

 

過払い金請求手続きの手順について

まずは債務のある、もしくは債務のあった会社に電話をして取引履歴を開示してもらいます。取引履歴を取り寄せたら、それをもとに過払い金を計算します。

 

これを引き直し計算といいますが、引き直し計算は独自の計算方法で行います。その後過払い金を返還請求する担当者と返還交渉を行い、和解して返還してもらう、という流れになります。

 

クレジットカード債務整理体験体験者は語る

  • 過払い金請求に成功したケース、妻のカード使い過ぎについて

結婚した後に妻にクレジットカードを持たしていると、独身時代のような感覚で自由に使われ、1年もたつとその借金金額が多額になっていることがわかりました。

 

実家にいるときも実は家族カードで同様に問題を起こしていたにもかかわらず、発覚をしたのが一年後でした。その後、妻の借金体制を改めクレジットカードは取り上げ、自分でしっかりと管理しながら家族協力して借金を返していくようになりました。

 

そして、3年程度で妻が作った借金はすべて返済することがわかりました。

 

そうこうしているうちに、利息制限法が改正されたことがわかりました。これは、クレジットカードの会社から貸金法が改正されたので新たな契約が必要という連絡が来たからです。

 

この連絡には裏があると思い、弁護士に相談することにしました。そして、弁護士に相談して全取引履歴を開示請求してもらったのです。実際にはきれいなものではなく家族カードとショッピングモールでのクレジットカードでしたので、会社により取引履歴を開示してくれる時間にも差がありました。

 

しかしながら、地方裁判所に訴訟提起ができる弁護士に依頼したことで、過払い金の返還に請求しました。そこでわかったことは、会社によって実際の対応や取引履歴を開示する方法が異なることがわかり、そのため解決に時間のかかる会社もあるということです。

 

  • ストレスからいくつかの会社で借入れ、借金額が膨らむ結果に

仕事のストレスからクレジットカードを遣いすぎて、多重債務者になってしまった経験があります。

 

いろいろな会社のクレジットカードを使い、使っても返済額が一定のリボ払いを選択していました。リボ払いは便利ではあるものの、毎月毎月返済しても借金は減るどころか新たに借金を繰り返してしまい、借金が雪だるまのように増えていきました。

 

このままではまずいと気づいて返済期日にお金を用意したものの、元金は減るどころか複数の会社から、30万円~50万円という借金となり、月収28万円にもかかわらず支払金額は10万円を超えるという高額なものでした。

 

もちろん借金がどうにもならないとわかってから節約をしたものの、支払いに回すのが精いっぱいで借金を減らそうなどと考える余裕もありませんでした。私の借金はもはや自分では整理できないところまで来てしまっていたのです。

 

自分では支払えないと思い、弁護士に相談して債務整理中の任意整理を行うことにしました。

 

自分では把握もできなかった各クレジットカード会社の借金額を整理してもらうことで、月々の支払いは半分の5万円にまで下げることができました。

 

さらに、借金の総額についても減らすことができ、返済期間のめどが立ったことも自分では大変うれしい出来事でした。借金が確実に減っているという実感を持てたからです。

 

任意整理は、家族に知られることなく行えましたので、余分な心配をかけることもなかったことも同じく大変うれしい出来事でした。

 

  • リボ払いで借金を作ってしまい、多重債務者に

私はおそらく、リボ払いを誤解して認識してしまっていたのが借金の原因だと考えられます。

 

リボ払いを10万円と設定していたのですが10万円までならいくら使っても負担が変わらないものだろう」と思っていたのです。そのため、高額な買い物をするたびにキャッシングを繰り返していきました。

 

一つのクレジットカード会社が限界に達したら他で、というように気づいたら借金返済に追われる多重債務者となっていました。

 

借金の返済のことばかりで何も楽しめない日が何年も続くことになり、本当に大変な日々を過ごしました。そして、過払い金返還請求をすることにしました。

 

過払い金返還請求や借金の整理と言っても特別なことをしたという実感はありません。弁護士事務所に行って、弁護士の方のアドバイスに従って書類を書いたりしただけです。

 

しかしながら何年にもわたってあった借金ですので、過払い金が発生していたらしく、過払い金と今の債務を相殺する形で借金を劇的に減らすことに請求しました。思ったよりもあっけなく終わったので今では早く過払い金請求をしておけばなと思っています。

 

リボ払いの過払い金請求は弁護士に相談するべき

リボ払いの過払い金請求は弁護士が良いの?

 

  • リボ払いの借金に苦しんでいてどうにもならない・・・
  • 何年もリボ払いをしているので過払い金が発生しているのではないか・・・

 

そんな風に思う人はまず弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

その過払い金返還請求の手続きであったり、借金を任意整理するなど債務整理をする手続きはやはり弁護士に依頼するほうが確実です。

 

弁護士に過払い金請求や任意整理を依頼することで、弁護士が必要な手続きをすべて行ってくれます。法律など専門的な知識がなくても、過払い金を手にしたり任意整理により借金を減らすことに成功するからです。

 

過払い金の計算方法についても、独特の計算方法を用いているのでそれ相応の知識ながいとできませんし、借金をしている人というのは一社から借り入れしている人よりもむしろいろいろな会社から借りている、多重債務者のほうが多いです。

 

ですので、借金をしている会社が複数になればなるほど、計算も複雑になり、交渉についてもいろいろな会社と行わなければならないからです。

 

もちろん、過払い金請求を自分で行うこともできないわけではありません。

 

法律の知識についても自分が勉強すればよいですし、過払い金計算方法についても特別なソフトウェアを用いれば計算することもできるでしょう。

 

素人からの債務状況の開示を行わないという制限もありませんし、何より弁護士に支払う手数料が浮く、そういう風に考える人もいるかもしれません。

 

リボ払いの過払い金請求や債務整理を弁護士に依頼するメリット

過払い金返還請求であったり、任意整理をはじめとした債務整理を弁護士に依頼することには、そのような状況を鑑みても自分で行うよりも多大なメリットがあります。

 

過払い金返還請求についても、任意整理をはじめとした債務整理についても、まずはその債務がある会社に借り入れの状況を開示してもらうことから始まります。

 

この開示請求についても素人が開示請求をするよりも弁護士などが開示請求をしたほうが早く開示してくれると言われているくらいです。

 

もちろん、過払い金返還請求についても、債務整理についても、その債務のある債権会社と交渉しなければなりません。その交渉についても、相手側は有利な条件で交渉しようとするプロの担当者ですので、法律の知識もあり過払い金返還請求や債務整理についての実績のある弁護士が対応したほうが、その交渉を有利に進めることができます。

 

実際、過払い金返還請求を行っても100パーセント返還されるわけではなく、50パーセントから80パーセント程度の返還率が一般的です。その場合、素人が返還請求をすると50パーセントくらいでも、弁護士が返還請求をすると80パーセントを超えるというような事例が一般的なのです。

 

そのため、弁護士に依頼手数料を払ってもなおおつりがくるくらい、自分に有利な条件で契約を結ぶことができます。

 

また、二つ目のメリットとして、弁護士は裁判に関する知識もあるということです。過払い金返還請求や任意整理をはじめとした債務整理は、和解交渉がうまくいかなければ最悪裁判にまで発展することも少なくありません。

 

その点、過払い金請求や債務整理を得意とする弁護士のほうでは、裁判に関する知識も持っていますので安心して依頼することができます。

 

最後のリボ払いの過払い金請求や債務整理を弁護士に依頼するメリットとしては、やはり時効が挙げられます。

 

過払い金請求には、10年間という時効があります。その10年間の時効を超えてしまうと、過払い金返還請求自体が無効になってしまいます。

 

そのため、自分で債務整理や過払い金請求について勉強をする時間や、弁護士に依頼するとすぐにすむ債務情報の開示など、自分で行うことで大幅に時間をロスしてしまい、結果的に時効を超えてしまうというリスクもあります。

 

リボ払いの過払い金請求や債務整理を弁護士にお願いするには?

リボ払いの過払い金請求や債務整理を弁護士に依頼するには、相当の覚悟が必要でついつい先延ばしにしてしまう人も少なくありません。

 

誰かに借金のことを知られてしまうのではないか、自分が返し続けたらことが解決するのではないかと思ってがむしゃらに借金返済へと取り組む人もいます。

 

しかしながら、まず弁護士に依頼したところで高額な依頼手数料をすぐに支払わないといけないということではなく、たいていは初回30分程度の無料相談があります。ですので、無料相談をまずお願いしてみて信頼できると判断してから依頼をするのも遅くないのです。

 

弁護士には当然ながら守秘義務がありますので、借金の任意整理をはじめとした債務整理をしたり過払い金請求をしたりしたことが家族に知られることもないので安心してお願いすることができます。

 

そのため、弁護士に頼むことは自分で借金を何とかしようとするよりも大きなメリットがあると言えます。

関連ページ

過払い金返還請求をするとブラックリストに載るのか?
リボ払いの利息で過払い金は戻ってくるの?
アプラスの過払い金返還請求の期間と回収率について徹底解明!
エポスカードの過払い金の返還請求をするにはどうすればよい?
クレジットカードのキャッシングは 過払い金請求はできる?
過払い金に注意!クレジットカードによる借金を専業主婦は整理できるのか!?
買い物で使ったクレジットカードは過払い金請求の対象になるの?
過払い金請求で制限されることは?過払い金請求をした後にクレジットカードは作れるの?
延滞利息があっても過払い金請求はできるの?
債務どっとこむで過払い金がいくらあるのかを計算しよう!
過払い金請求の完済後の消滅時効は何年?!放置していると権利が消滅してしまう!?
過払い金請求でいくら戻ってくるかを簡単にシュミレーションする方法
過払い金請求をしてお金が戻ってくるまでにどのくらいの期間がかかるの?
過払い金請求の期限はいつまで?過払い金請求の権利について
過払い金いったいいくら払ったの?過払い金を自分で計算する方法
過払い金の計算ができるソフト(Excel)の紹介と計算方法!
過払い金還請求が出来るのはあと数年?! 過払い金還請求の時効とは?
過払い金が戻ってこない事なんてあるの!?過払金返還請求権の消滅時効とは?
過払い金って税金はかかるの?課税対象ではないので税金はかからない
アコムの過払い金請求の期間と回収率と過払い金請求する方法
過払い金請求はメリットもあるけどデメリットもあるので注意が必要!
マイナスになったら意味がない!過払い金返還請求にかかる弁護士費用はどれぐらいかかるの?
過払い金返還請求デメリットについて知っておこう!
奨学金に過払い金は発生するの?奨学金の仕組みと過払い金について
借金していた消費者金融がなくなった場合、残った過払金はどうなるの?
リボ払いの利息を過払い金請求で取り返したい!