個人再生まとめ

MENU

個人再生まとめ記事一覧

個人再生のハードシップ免責をご存じでしょうか?再生計画の認可を受けたあとに何らかの理由で弁済ができなくなってしまうということが考えられますが、このような場合は再生計画の変更を考えることになります。ただ、収入を得ることができなくなったり再生計画の延長でどうにもならないような場合にはハードシップ免責を利用するという方法を用いることも可能です。ハードシップ免責とは?そもそも、ハードシップ免責とはいったい...

債務整理の方法の一つとして個人再生が知られています。個人再生は借金などの返済に困っている人を救済する意味で非常に良い方法ではありますが、場合によって個人再生が認められないというような場合もありますので、注意が必要になります。個人再生が認められないケースとしては、再生が途中で廃止されてしまうケースが考えられます。手続き上の不備で個人再生が失敗になってしまうケースも考えらます。このサイトでは個人再生が...

返済途中に個人再生をする時は所有する財産を失うため、車があれば信販会社などに引き取られるため注意が必要です。しかし引き上げを拒否できるケースや親族などにローンの残債を肩代わりしてもらえ、状況に応じて対応すると安心できます。ローンの支払いを終えていれば車が引き上げられることはない個人再生は借金を大幅に減らせることがメリットですが、所有する財産を失うためにする際には注意が必要です。自動車は仕事などをす...

車は生活やビジネスをするために必要不可欠なため、手放すと何もできなくなることもあり個人再生を考えている時には流れを把握することが求められます。手順を決める時は複雑な条件があるため流れを把握することが求められ、弁護士と相談して決める方法が望ましいです。ローンは完済後も債務整理をすると資産価値があるものを所有すると没収されるため、安易に考えないようにする必要があります。ローンの支払いが残っている状態で...

個人再生を利用したい際に、住宅ローン以外の借金が無い場合も可能なのかどうか気になる方もいると思います。ここでは、住宅ローン以外の借金がない場合における特則付きの個人再生が可能なのかについて解説します。住宅ローン以外の借金がなくても個人再生はできるの?住宅ローンを支払いながら、その他でも借金を重ねている場合には、個人再生を行うことができます。住宅ローン自体の元本や遅延損害金、利息などの減額などすべて...

個人再生をする時は住宅ローンの残高があってもマイホームを残せますが、条件があるため事前に確認する必要があります。借金を減らす時は様々な債務整理の方法がありますが、弁護士と相談して最適な方法を決めることが大事です。生活再建をする時は住み慣れたマイホームに住みながら考え、条件を確かめて最適な方法を決めると今後の生活に役立ちます。住宅ローンの残っている自宅に住みながら個人再生するには?住宅ローンの残って...

個人再生をする際に住宅ローンの返済中でもマイホームを残すことができ、返済期間を延長することができます。この際には契約内容を変更して月々の返済金額を減らして期間を延ばすことが可能ですが、延滞をすると保証会社が代位弁済をするため注意が必要です。この際には代位弁済をして6ヶ月を経過するまでは再生手続開始を申し立てれば、住宅ローン特則を利用できて対処できます。住宅ローン返済中でもマイホームを保有できる個人...

個人再生を弁護士に委任するとなった場合に、いくらくらい費用が掛かるのか気になる方も多いのではないでしょうか?ここでは、弁護士に依頼した場合の費用について詳しくご紹介していきます。個人再生の弁護士費用は大体どこも同じ債務を抱えている場合そのままの状態では生活に支障が出てしまう場合もありますし、精神的に追い詰められてしまい良からぬことを考えてしまうと言う危険性もあります。そのため払うことが難しいほどの...

個人再生は借金を減らして今後の生活を改善するために効果的ですが、専門家に依頼しないとできないため流れを把握する必要があります。依頼する時は複雑な手続きが必要なため弁護士や裁判所を利用するための費用を確かめ、内容を比較して決めることが大事です。支払方法は分割でもできるため収入の状況に合わせて決め、最適な方法を探すと満足できます。個人再生の裁判費用はいくら?個人再生は最大で10分の1の借金減額ができ今...

個人再生をするための費用は弁護士や司法書士だけでなく裁判所にもかかり、一括して払えない時は分割してもらうと便利です。分割して支払う時は弁護士事務所などで相談し、再生計画が許可されるまで完了できるようにすると安心できます。債務整理の途中で払えなくなった場合は法テラスの立替制度もあり、臨機応変に対応すると効果的です。個人再生で弁護士に支払う費用の相場個人再生をする時は弁護士費用が必要で、着手金や成功報...

債務整理の方法にはいくつかのものがありますが、その中で個人再生の方法は自宅を手放さなく手も良い債務整理の方法であるというメリットがあります。また、職種に制限を受けないというメリットもあり多くの人が債務整理の方法として用いています。しかしながら、個人再生は裁判所が管轄する債務整理の方法ですので、審査が非常に厳格な部分がありますので、提出書類が一つ欠けていても、承認が受けられないというようなことも起き...

個人再生の手続きにはどのくらいの期間がかかると考えておけばいいのでしょうか?一般的には4-6か月の期間が必要になると言われていますが、担当する地方裁判所間でも必要になる期間が若干異なってきます。このサイトでは個人再生のスケジュールとその認可決定までの流れについて紹介していきます。個人再生にかかる時間例えば東京地方裁判所に個人再生の申立てをするとその案件に対して個人再生委員が選ばれることになります。...

個人再生をすると、メリットがたくさんと現在注目がされているのをご存知でしょうか。今回は、個人再生のすすめや個人再生をする時の注意点などにスポットをあてて解説をしたいと思います。個人再生は借金整理です裁判所を通し個人再生の手続きを行うことで、借金整理をすることができるのをご存知でしょうか。個人再生は、借金整理でもありますしこの個人再生の借金の減額では大きく分けて2種類あるのが大きな特徴です。個人再生...

個人再生は借金元本を大幅に減額し、3年間をかけて分割返済するという債務返済です。個人再生は住宅ローン以外の借り入れ金に対する返済が困難である場合に、借金の一部返済を行うことで残りの借金を免除してもらうための手続きをいいます。そんな個人再生をした際に、官報という広報誌に個人情報が掲載されてしまうと聞いたことがある方もいるでしょう。実際のところどうなのでしょうか?詳しくご紹介します。官報に個人情報が掲...

個人再生をする時は流れを把握して手続きをすることが重要で、地方裁判所に申し立てをするため多くの費用がかかります。弁護士に依頼する時は無料相談をして債務調査を行い、個人再生が適していると判断されると行うため流れを把握することが大事です。手続きをしてから結果が出るまで時間がかかるため、事前に相談してから依頼する必要があります。個人再生の手続きの流れ個人再生をする時は借金が増えて返済金額が多くて困ってい...

個人再生は、手元の財産を守りつつも、現時点で返済しきれない債務を支払える状態にする手続きです。家や車といった、現状の暮らしのために必要な財産をキープできるので、自己破産のように生活が大きく変わることもありません。しかし、個人再生には弁済禁止というルールがあり、弁済許可を申立てずに他の債務の支払いを行なったときは、ペナルティが課せられることとなります。再生手続きの間に遅延損害金が発生してしまうケース...

先生!個人再生は「給与所得者等再生」と「小規模個人再生」の2種類がありますが、なぜ、多くの人たちは小規模個人再生を選ぶのでしょうか?収入による制限がかかり、自営業を営む人たちは給与所得者等再生が選択できません。その他にも、過去に自己破産の免責許可や給与所得者等再生を受けて7年経過していない人も利用できません。だからこそ多くの人は小規模個人再生を選択する、と言えるでしょう。給与所得者等再生を利用でき...

個人再生は、今後継続的な収入が得られる見込みはあるが、多額の借金の返済が約束通りできなくなり、自己破産のおそれがある人が対象の裁判所を通して債務を減額してもらう2001年4月から施行された手続きです。無事再生計画が裁判所で認可されると、債務が5分の1に減額され、残りの債務は認可後3年から5年で支払うことになります。また、自己破産と比較して住宅や車等の資産を手放すことのなく手続きができる場合もあるの...