返済途中に個人再生をすると自動車は没収されるって本当!?

MENU

返済途中に個人再生をする時は所有する財産を失うため、車があれば信販会社などに引き取られるため注意が必要です。しかし引き上げを拒否できるケースや親族などにローンの残債を肩代わりしてもらえ、状況に応じて対応すると安心できます。

 

ローンの支払いを終えていれば車が引き上げられることはない

個人再生は借金を大幅に減らせることがメリットですが、所有する財産を失うためにする際には注意が必要です。自動車は仕事などをするために購入する傾向があり、債務整理をする際には引き上げられることを心配して不安になるものです。

 

ローンは支払いを終えていると車とは無関係になるため引き上げられる心配がなく、借金が増えすぎてどうにかしたい時に考える時期にすると安心できます。

 

返済の途中で収入の状況では借金が返せないため債務整理を考えがちですが、自動車が没収されて生活に困る状況であれば弁護士や司法書士などに相談して判断する方法が望ましいです。

 

個人再生は借金の負担を減らせるなど多くのメリットがありますが、裁判所を通すために費用が高くなることや5年間は新たにお金を借りられないため注意が必要です。

 

車を購入する時は多くのお金がかかるためローンをせざるを得ないことが現状で、個人再生をする場合は返済状況によって扱い方が異なります。残債がある時は一括返済をしないと車を没収されて今後の生活に支障をきたすため、目処がつかない時は弁護士に相談して安心して生活をする方法を探すことが大事です。

 

債務整理をする時はローンが完済すると車を失うことはないものの、新たにローンやキャッシングなどができなくなります。車は価格が高くお金を借りないと購入できないですが、収入の状況が変化して返せなくなると失わないように弁護士と相談してなんとかすることを考えることが大事です。

 

「所有権留保特約」って何?

自動車ローンは契約内容を確かめて支払えなくなった時に債務整理をすることを考え、仕組みを把握して決める必要があります。残債が残っている状態で個人再生をする時はローン会社に引き上げられる「所有権留保」の特約があるためで、契約の約款で決められているためしたがうことが必要です。

 

特約の内容はローン会社が債務者の返済が滞った時は車を強制的に引き上げて売却し、貸したお金の回収をすることができる仕組みとして定められています。

 

自動車ローンは車を購入するためにお金を借りるために銀行や信販会社と契約を結び、「所有権留保特約」が定められているため条件を確かめて申し込むことが大事です。

 

個人再生をする目的は人それぞれですが、利息を減らして元本だけを返済するため返す金額を減らせるため負担を減らせます。「所有権留保特約」は信販会社へのローンを完済するまでの間は車の所有権が信販会社に残り、ある状態で個人再生をする時は没収されるために注意が必要です。

 

ローンの仕組みは販売店が車の引き渡しを行い、利用者が支払った金額を信販会社が立替払をすることを理解する必要があります。

 

このため、ローンの支払を3ヶ月以上滞納することや債務整理をすると債務者は契約上の期限の利益を喪失し、信販会社側は残債を一括返済するように求めることが特徴です。この際に応じない時は信販会社は正当な所有権者として車の引き渡しを要求でき、拒否できないため指示にしたがことが求められます。

 

個人再生後でも車の引き上げを拒否できる方法とは?

自動車ローンがまだ残っている状態で個人再生を考えている時は車検証を確認し、「所有者の氏名または名称」と書かれている部分に記載されている内容を把握して決めることが大事です。

 

ローンがある状態では基本的に信販会社の名前になることが一般的ですが、ディーラーなどの販売店の名義の場合もあり、車の引き上げを拒否できることもあります。

 

自動車は生活やビジネスなどをするために必要不可欠ですが、ローンの残債があれば債務整理をすると失うため仕組みを把握して段取りを決めることが重要です。

 

名義が信販会社の場合は個人再生をするとローンの残債があれば車の引き上げを拒否できないですが、購入者やディーラーの場合は条件を満たしていればできるため最適な方法を決めると安心できます。

 

購入者の場合は軽自動車でなく個人再生の開始後なら拒否でき、前でもできることはあります。ディーラーの場合は軽自動車でなく開始後で契約書の内容が立替払方式で別々の担保権であればできることが特徴です。

 

車の引き上げは生活やビジネスなどをするために必要な場合は支障をきたすため、個人再生をする際にはリスクがあることを認識する必要があります。「所有権留保特約」はローン契約をする時に契約の当事者以外に対して主張できるかが問題になり、「第三者対抗要件」という概念が鍵になります。

 

車の引き上げの拒否は「他の債権者に対して不公平になる」という理由でできるため、購入する際に事前に確認して備えておくと今後の生活に役立ちます。

 

同じ条件でローンの支払いを引き継ぎは出来る?

自動車ローンは期間が長くなると返済金額が高くなり、収入の状況が変化して払い続けることが厳しくなると個人再生などの債務整理を考えるものです。

 

この場合は同じ条件でローンの支払を他人に引き継いでもらえるかが気になるもので、できるかどうか確かめる必要があります。信販会社はこの手の交渉は自動車の売却価格が高いとメリットが少なく、一括払いができない状況になると厳しくなることが多いです。

 

ローンの引き継ぎは信販会社が安心して返してもらえることを重視する傾向があり、保証人が付いていることや期限の利益を喪失する前に交渉すると有利になります。

 

また、車の引き上げをして売却しても、価値が残っておらず、回収はほとんど不可能というケースもあり、交渉をしてから今後の生活を改善するきっかけにすると効果的です。

 

自動車ローンは期間が長くなるため勤務先の状況によっては収入を確保できないこともあり、どのように対処するか考える必要があります。債務引受をする時は流れを確かめて今後の人生につながるようにしたいもので、置かれている状況を確かめて会社と交渉して最適な方法を決める方法が望ましいです。

 

会社側は引き継ぎをする際に重視していることはきちんと残金を支払える能力があることで、交渉する際には対象者の収入の証明をする書類の提出を求めるケースがあります。

 

ローンの残債がある状態で債務整理をする時は流れを確かめて決めないと失敗しやすく、事前に弁護士や信販会社に相談して決めることが重要です。

 

親族に車を買い取って貰うことは可能?

自動車ローンの返済金額が高い時は親族に車を買い取ってもらい、ローンは個人再生をして金額を圧縮すると安い車を残すことができます。

 

しかし、このような交渉は成功率が低く、別の方法を考えてローンの金額を減らすことを考える方法が望ましいです。

 

親族が車を本人から直接買い取る時は売却金額に応じて財産隠しとみなされることや時期によって偏頗弁済とみなされ、様々な問題があるため流れを把握して決断する必要があります。

 

ローンが残っている状態で車を売却する時は流れを確かめ、契約上の規則もあるため信販会社の承諾が必要です。車の売却はローンがある状態ではできないことが多く、借金を減らすために個人再生をする時は契約内容を把握して段取りを決めることが求められます。

 

個人再生をする時は直前に車を売却して信販会社にそのまま代金を渡すと法律上で偏頗弁済にあたるため、不認可になることも多く弁護士に相談してから決めることが大事です。

 

車を他人に譲渡する時は様々な問題があるため流れを確かめ、違反をすると今後の人生に支障をきたすため仕組みを把握する必要があります。車は生活をするために必要不可欠なため安易に手放したくないものですが、ローンの途中で債務整理をする時は様々なリスクを伴うため注意が必要です。

 

親族に車を買い取ってもらうことは現実問題では難しく、自動車ローンが残っている状態で個人再生を考えている時はまずは弁護士に相談して流れを決める必要があります。

 

「弁済協定」を結んでそのまま自分で支払い続けることも可能

生活やビジネスなどをする際に車が必要な時は手放したくないもので、個人再生をしても車を没収されないようにする方法を探したいものです。

 

このような場合は裁判所の許可をもらい信販会社と弁済協定を結ぶと自動車ローンだけは「生活のために必要な支出」として対象から外して自分で返済することを認めてくれるケースがあります。

 

弁済協定は信販会社からするとお金を返してくれるために問題はないですが、裁判所の許可を得ることが難しいことが現状です。裁判所の許可を得るためには「事業のため必要」という正当な理由がなければ認めてもらえないことが多く、ただ単にプライベートなどでは通らないことが多いです。

 

個人再生は借金を減らすために有効な手段ですが、「債権者平等の原則」があるため自動車ローンだけ除外する場合は裁判所の許可がないとできないため手続きを済ませる必要があります。

 

自動車を手元に残して個人再生を行う時は裁判所の許可をもらい、残債を共益債権として扱ってもらうことが大事です。

 

自動車が職業柄必要な時は没収されると支障をきたすため、されないように裁判所の許可をもらい弁済協定の締結をすることが求められます。また、他の債権者との合意が必要で、様々なハードルがあることを認識して今後の人生につながるように流れを決めることが重要です

 

裁判所に上申書を記入する時は車を没収されないようにしたい理由を説明することが求められ、ビジネスを目的として考えないと認可されない傾向があります。

 

自動車ローンの返済途中に車の没収をされると困る時は流れを確かめ、ビジネスなどに支障をきたすことがないようにしたいものです。個人再生を行う時は返済が完了すると問題はないですが、ローンの残債があれば車を引き上げられることが契約で取り決められています。

 

しかし、家庭の事情などで車を持てるものの様々な制限があり、今後の人生につながるように段取りを決めることが大事です。

関連ページ

個人再生のハードシップ免責とは?ハードシップ免責を利用する方法
失敗例から学ぶ個人再生の失敗!棄却・廃止・不認可・取消
車を手放さずに個人再生をするには複雑な手順がある!?
借金が住宅ローンだけでも個人再生はできる?住宅ローン特則付きの個人再生はできるのか?
個人再生の住宅ローン特則でマイホームを残す債務整理の方法
個人再生の住宅ローン特則の返済方法〜家を手放さずに債務を圧縮〜
個人再生を弁護士に委任する場合いくら費用が掛かる?
個人再生を専門家に依頼すると費用はいくらになる?
個人再生にかかる費用を一括で払えない人は分割で払えるの?
裁判所の申立てに必要な書類一覧 〜個人再生の必要書類〜
個人再生のスケジュールと手続きの流れ〜申立てから再生計画の認可決定まで〜
個人再生とは?裁判所に申し立てて借金を減額する方法
個人再生をすると「官報」という国の広告紙に個人情報が掲載されてしまう!?
個人再生手続きの流れ〜弁護士へ依頼する方法と地方裁判所に申し立てする方法〜
個人再生開始後の弁済禁止と弁済許可申立てガイド
小規模個人再生の対象者とは?再生計画案が否決される事ってあるの?
個人再生の申立書と陳述書の書き方 を徹底解説!