個人再生とは?裁判所に申し立てて借金を減額する方法

MENU

個人再生をすると、メリットがたくさんと現在注目がされているのをご存知でしょうか。今回は、個人再生のすすめや個人再生をする時の注意点などにスポットをあてて解説をしたいと思います。

 

個人再生は借金整理です

裁判所を通し個人再生の手続きを行うことで、借金整理をすることができるのをご存知でしょうか。個人再生は、借金整理でもありますしこの個人再生の借金の減額では大きく分けて2種類あるのが大きな特徴です。

 

個人再生の借金の減額は2種類の設定があるのですが、100万円か借金総額の5分の1のどちらかのみになっています。今回は、個人再生の借金の減額についても分かりやすく解説したいと思います。

 

個人再生の借金の減額ですが、大きく分けて2種類です。たとえば、500万円以内の借金であれば100万円に減額がされるようになるというのが大きな特徴です。そして、500万円以上の借金がある場合は5分の1に減額されるようになります。

 

これが個人再生の借金減額の基本設定です。

 

借金総額は、利息の引き直し計算で減額出来るものに関しては、減額してから算出するのでこの基本設定をしっかりと知っておくことが大事です。

 

また、個人再生は借金事由にとらわれないのが大きな特徴で、自己破産の場合は免責不許可事由という条項に引っかかってしまうと免責が下りないので借金を精算できないのです。個人再生なら、その借金事由を問われることがないので個人再生がおすすめです。

 

返済額と同額の資産の所有が認められるというのも個人再生の大きな特徴です。自己破産は、1個あたりで20万円以上の資産の所持が認められないのですが、個人再生だと借金総額の5分の1か100万円までの資産が所有できるようになっています。

 

個人再生で借金整理をすると、このような特徴や魅力があります。それぞれの特徴を知って効果的に個人再生で借金整理をしてみてはいかがでしょうか。

 

個人再生は収入があればだれでも出来る

個人再生は借金整理で、収入があれば誰でも出来るようになっているのが大きな特徴です。個人再生は、様々な特徴や魅力があるのでどのような特徴や魅力があるのかを知ることも大切です。

 

個人再生の特徴は、安定した収入があれば誰でも出来るというものが挙げられます。これは、収入がある人なら個人再生ができるのでとても便利です。収入がない人は、個人再生ができないですし自己破産をすることになります。

 

個人再生は、4つの基本を知っておくことも大事です。

 

まず、個人再生には出来る人とできない人がいる、という点です。個人再生は、毎月ほぼおなじ金額を完済するまでに基本3年から5年がかかるようになってしまうのです。

 

返済・支払っていくのに安定した収入が必要といえます。給与はもちろんのこと、事業所得があれば個人再生をすることができるようになっています。

 

安定収入があれば、パートやアルバイトでも定年退職をしている人でも個人再生を債務整理の手段ですることができるようになるのです。不安定な収入で収入が安定していないという人は、個人再生をするために転職をするのも効果的です。

 

転職をして安定した収入があれば、個人再生ができるのでとても便利といえます。

 

ロータス法律事務所なら、こうした借金問題を丁寧親切に相談に乗ってくれます。こうした多重債務問題・過払い金請求なら、ロータス法律事務所に相談してみてはいかがでしょうか。

 

個人再生をする前に

とても便利な個人再生ですが、注意点もあることをご存知でしょうか。個人再生は、メリットもあればデメリットもあるのでどのようなものかを知って効果的に使うことが大事です。

 

まず、個人再生をする時には住宅ローンが残っていないかどうかを確認する必要があります。住宅ローンが残っている場合は、住宅ローン特別条項を利用することで住宅を残すことができるようになるのですが、住宅資産価値の方がローンよりも多いと住宅ローンが残っていない場合だと処分対象になるということです。

 

この点も個人再生をする場合は注意が必要と言えるのではないでしょうか。

 

個人再生は、申し立てが通るまで家計簿の提出をすることが義務付けられているのが大きな特徴です。これは、再生計画に則って生活をしていけるかどうかを確認するテストでもあるので、無駄遣いをしないように規則正しい生活をすることが肝心です。

 

個人再生は、必ずしも良い点ばかりではなくデメリットもあります。このデメリットについてもしっかりと把握をしておくことが大事です。個人再生を行う場合には個人再生のスケジュールと費用をチェックしましょう。

 

ロータス法律事務所は、個人再生や返済スケジュールについても知ることができるようになっているのが大きな特徴です。多重債務問題や過払い金請求と何かなやんでいることがあればロータス法律事務所に相談をしてみることをお勧めいたします。

 

ロータス法律事務所は、丁寧親切なスタッフが親身になって相談に乗ってくれるのが大きな特徴であり魅力です。ぜひロータス法律事務所を活用してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

個人再生のハードシップ免責とは?ハードシップ免責を利用する方法
失敗例から学ぶ個人再生の失敗!棄却・廃止・不認可・取消
返済途中に個人再生をすると自動車は没収されるって本当!?
車を手放さずに個人再生をするには複雑な手順がある!?
借金が住宅ローンだけでも個人再生はできる?住宅ローン特則付きの個人再生はできるのか?
個人再生の住宅ローン特則でマイホームを残す債務整理の方法
個人再生の住宅ローン特則の返済方法〜家を手放さずに債務を圧縮〜
個人再生を弁護士に委任する場合いくら費用が掛かる?
個人再生を専門家に依頼すると費用はいくらになる?
個人再生にかかる費用を一括で払えない人は分割で払えるの?
裁判所の申立てに必要な書類一覧 〜個人再生の必要書類〜
個人再生のスケジュールと手続きの流れ〜申立てから再生計画の認可決定まで〜
個人再生をすると「官報」という国の広告紙に個人情報が掲載されてしまう!?
個人再生手続きの流れ〜弁護士へ依頼する方法と地方裁判所に申し立てする方法〜
個人再生開始後の弁済禁止と弁済許可申立てガイド
小規模個人再生の対象者とは?再生計画案が否決される事ってあるの?
個人再生の申立書と陳述書の書き方 を徹底解説!