個人再生の住宅ローン特則でマイホームを残す債務整理の方法

MENU

個人再生をする時は住宅ローンの残高があってもマイホームを残せますが、条件があるため事前に確認する必要があります。

 

借金を減らす時は様々な債務整理の方法がありますが、弁護士と相談して最適な方法を決めることが大事です。

 

生活再建をする時は住み慣れたマイホームに住みながら考え、条件を確かめて最適な方法を決めると今後の生活に役立ちます。

 

住宅ローンの残っている自宅に住みながら個人再生するには?

住宅ローンの残っている自宅に住みながら個人再生をする時は弁護士や司法書士などの専門家に任せ、弁護士あてに返済をする流れになります。

 

自己破産の申請をする場合には住宅を手放さなくてはなりませんが、この際にはマイホームを残すことができ、弁護士と相談して今後の金銭計画を立てる方法が望ましいです。

 

個人再生は小規模個人再生と給与所得者再生があり、住宅ローンの残っている自宅に住みながら債務を大幅に減らす時はどちらかを選ぶことになります。

 

利用する時は誰でも希望すればできるわけではなく、条件を満たしているか確かめることが重要です。

 

小規模個人再生の利用条件は負債総額が5000万円以下で破産する可能性があり継続して収入を得る見込みがあることで、給与所得者等再生の場合は収入を給料で得て変動幅が安定し自己破産やハードシップの免責から7年経過することが求められます。

 

住宅ローンは利用する金額が高いため借金を減らすために個人再生を考えることが多く、失敗をしないようにするためには流れを把握することが大事です。上記でも述べたように個人再生は自己破産と違いマイホームを残すことができ、複数の業者に借金をしている時は取り立てをストップできるため安心できます。

 

また、自分以外の家族がローンを組む際に悪影響が出ないこともメリットのひとつでしょう。

 

債務整理後は弁護士や司法書士などの専門家に対応を任せて、月々の返済は弁護士宛に行うため相談して金銭計画を立てると便利です。

 

弁護士に依頼する時はそれなりの費用がかかるため無料相談をしてから考え、今後の生活を安心して暮らせるようにすると安心できます。

 

マイホームを購入する時は住宅ローンを利用する傾向がありますが、今後の収入の状況などを踏まえて債務整理をして改善することを考えがちです。個人再生を考えている時は小規模個人再生と給与所得者等再生があり、別枠で住宅資金特別条項を付ける形になります。

 

このため、これらの条件を満たす必要があり、債務を大幅に圧縮して今後の生活を安心して暮らせるようにしたいものです。住宅ローンが残っている状態で自宅に住みながら個人再生をしたい時はメリットやデメリットを確かめ、今後の人生を改善するきっかけにしたいものです。

 

自己破産はただ単に借金をなくせることがメリットですが、多くのデメリットがあります。

 

個人再生は裁判所の手続きが必要なため費用がかかることや新たに借金ができないため、今後の生活に支障が出ないことを確かめて決断をすることが大事です。

 

借金は生活に支障をきたすためになるべく減らしたいもので、債務整理をする際には弁護士に相談してから決めるとアドバイスをしてもらえるため最適な方法を決めるきっかけになります。

 

個人再生をする時は裁判の記録が残り官報に記載されるため、闇金からの勧誘などもあり対策をすることが大事です。

 

住宅資金特別条項または住宅ローン特則の制度

個人再生をする時は住宅ローン特則や住宅資金特別条項と呼ばれており、住宅ローンだけ減額対象になる債権に含めなくて特別に対処してもらうことが可能です。

 

基本的に個人再生をすると所有している財産が没収されてしまうというのが原則となりますが、住み慣れた場所で生活を再建するために、マイホームを没収されないまま今後の計画を立てることができます。

 

マイホームは自動車と違ってなくてはならないものであり、取り上げられると収入が確保できないために今後の生活が狂いやすく、お金を返してもらえない可能性もあるでしょう。

 

自己破産の場合は、ローンが残っていると自宅が売却処分されて残債務に充てられ、ローンの金額を下回ると免責を受けて免除されることになりますが、回収できないうえに他の債権者への配当がなくなります。

 

個人再生をする時は自己破産をした時より債権者に多く配当される決まりがあり、清算価値保障の原則と呼ばれる規則があるため住宅ローンを除くことに異論がないためマイホームを残せます。

 

この制度は住宅ローン会社やそれ以外の債権者にとってマイナスにならないような影響になり、家を失わずに今後の生活を見直すためのきっかけをつかめます。住宅ローンは利用金額が多いため返済金額を減らせるように最適な方法を考え、今後の生活につながるようにしたいものです。

 

住宅資金特別条項は住宅ローンが他の債権と区別されて対応される制度ですが、条件が厳しく設定されているため事前に確認することが求められます。条件は債務者の住宅であり住宅資金貸付債権であり、住宅ローン以外の抵当権が存在しないことや代位弁済がされて6ヶ月以上経過していないことが条件です。

 

建物が2つ以上あれば債務者が主として居住する物件に限られ、普段住んでいない住宅は利用できないため注意が必要です。

 

このため、別荘や不動産投資用の物件は適用されないと判断されます。また、居住用のスペースが建物面積の半分以上に相当しないといけないため、店舗や事務所と併用している際には事前に確認することが大事です。

 

ペアローンを組んでいる時は2世帯住宅などを対象にすると債務者家族のほうが面積が広くないといけないなど様々な条件があります。

 

個人再生をする時は住宅ローン特則の制度を使えば安心して金銭計画を立てやすく、生活再建をするために役立てることや借金を減らすために活用すると便利です。

 

個人再生は自己破産と違って家を失わずに今後の生活を改善するきっかけをつかめ、借金を減らして安心して住みやすくなるように考えると効果があります。

 

住宅ローンの返済が残っている状態で債務整理をする時は自己破産より個人再生をするとマイホームを手放すことがなく、安心して借金を返せるために便利です。

 

住宅資金特別条項の利用条件

住宅資金特別条項は住宅ローンの債権者が他の債権と区別されて対応される特別な制度ですが、条件が厳しく設定されているため返済中であれば必ずしも利用できるわけではありません。

 

  • 条件の内容は債務者の住宅であることで、居住用のスペースが床面積の半分以上であり債務者が所有して2つ以上あれば主として居住するものに限られます。
  •  

  • その次に住宅資金貸付債権であり、住宅の建築や購入のための貸付にかかる分割払いの再生債権で保証債務にかかる債権を被担保債権とする抵当権であることが必要です。

 

その他にも住宅に住宅ローン以外の抵当権が存在しないことや代位弁済がされて半年以上が経過していないことが求められます。

 

債務者の住宅であることの定義は個人が所有する建物で、自己の居住用であり床面積の半分以上に相当し建物が2つ以上あれば主として暮らす物件に限られるため注意が必要です。

 

これは民事再生法によって定められているため、事前に内容を確かめて手続きをすると今後の生活に活かせます。普段住んでいない物件は適用されないため注意が必要で、別荘や家賃収入のためのマンションなどは対象外になるため注意が必要です。

 

住宅物件を事務所や店舗を共用して使っている場合でも面積が半分を超えると適用されないため、物件を建てる際に確かめて可能であるか確かめることが求められます。

 

住宅資金特別条項が利用できる債権は住宅資金貸付債権でなければならないため、該当するかどうか確かめることが大事です。この場合は住宅の建設や購入費用の貸付にかかる分割払いの再生債権であり、これの保証債務に係る債権を被担保債権とする抵当権であることが求められます。

 

住宅資金貸付債権は住宅資金の担保として抵当権が設定されないといけませんが、住宅ローンは設定されているため心配が少ないことが事実です。

 

利用する時は住宅ローン以外の抵当権が設定されていないことが条件になり、他に設定しているとできないために事前に確認することが求められます。

 

住宅ローンは返済を滞納すると保証会社が代位弁済をするため、6ヶ月を経過すると住宅資金特別条項は利用できなくなるため注意が必要です。逆に6ヶ月以内であれば特例措置として代位弁済前の状態に巻き戻せます。

 

住宅資金特別条項は住宅ローン自体は減額されていないため、高すぎて家計を圧迫している状態であれば不向きなことが特徴です。また、返済期間を10年延長する方法もあるため、迷いがあれば弁護士や司法書士に相談して最適な方法を診断してもらうと役に立ちます。

 

住宅ローンは期間が長くなるため借金を減らすと便利ですが、住宅資金特別条項を利用する際には条件を満たす必要があり注意が必要です。

 

個人再生をする時は住宅ローンの返済途中で行うとマイホームを残したままでき、流れを確かめて今後の生活を改善するきっかけをつかむと効果があります。

 

マイホームは購入すると多くのお金がかかるため借金を減らすために債務整理をすることを考えがちですが、弁護士や司法書士と相談して今後の生活につながるよう最適な方法を決めることが重要です。

 

関連ページ

個人再生のハードシップ免責とは?ハードシップ免責を利用する方法
失敗例から学ぶ個人再生の失敗!棄却・廃止・不認可・取消
返済途中に個人再生をすると自動車は没収されるって本当!?
車を手放さずに個人再生をするには複雑な手順がある!?
借金が住宅ローンだけでも個人再生はできる?住宅ローン特則付きの個人再生はできるのか?
個人再生の住宅ローン特則の返済方法〜家を手放さずに債務を圧縮〜
個人再生を弁護士に委任する場合いくら費用が掛かる?
個人再生を専門家に依頼すると費用はいくらになる?
個人再生にかかる費用を一括で払えない人は分割で払えるの?
裁判所の申立てに必要な書類一覧 〜個人再生の必要書類〜
個人再生のスケジュールと手続きの流れ〜申立てから再生計画の認可決定まで〜
個人再生とは?裁判所に申し立てて借金を減額する方法
個人再生をすると「官報」という国の広告紙に個人情報が掲載されてしまう!?
個人再生手続きの流れ〜弁護士へ依頼する方法と地方裁判所に申し立てする方法〜
個人再生開始後の弁済禁止と弁済許可申立てガイド
小規模個人再生の対象者とは?再生計画案が否決される事ってあるの?
個人再生の申立書と陳述書の書き方 を徹底解説!