個人再生の住宅ローン特則の返済方法〜家を手放さずに債務を圧縮〜

MENU

個人再生をする際に住宅ローンの返済中でもマイホームを残すことができ、返済期間を延長することができます。

 

この際には契約内容を変更して月々の返済金額を減らして期間を延ばすことが可能ですが、延滞をすると保証会社が代位弁済をするため注意が必要です。

 

この際には代位弁済をして6ヶ月を経過するまでは再生手続開始を申し立てれば、住宅ローン特則を利用できて対処できます。

 

住宅ローン返済中でもマイホームを保有できる

個人再生をする時は、申し立てについての基準と、住宅ローンについての条件のどちらも満たしている場合、返済中でもマイホームを保有することが認められています。

 

これは民事再生法に書かれている住宅資金貸付債権に関する特則であり、住宅資金特別条項または住宅ローン特則と呼ばれている制度のことです。

 

個人再生の流れは依頼して受任し地方裁判所に申し立て、再生手続決定をしてから債権額を決めて再生計画案の作成をします。そのあと書面決議や意見聴取をして再生計画認可をしてから返済任務になるため流れを把握することが大事です。

 

再生計画案は住宅資金特別条項を設けるため、条件を確かめて返済を行う必要があります。住宅ローン特則の利用条件は債務者の住宅で住宅資金貸付債権であり、ローン会社以外の抵当権が設定されていないことや代位弁済されて半年が経過していないことです。

 

個人再生を行う時は本人が所有する建物で居住スペースが床面積の半分以上や建物が2つ以上あれば1つに限ることが条件になり、満たしていないとできないために他の方法を考える必要があります。

 

住宅ローンを延滞しすでに保証会社が金融機関に代位弁済をしてしまっている場合は、半年を経過すると住宅ローン特則が利用できなくなり注意が必要です。

 

住宅物件を担保として用いる時は多くのお金を借りるために役立ちますが、特則を使えないため仕組みを確かめて計画を立てる必要があります。

 

個人再生をする時は様々な規則があるため仕組みを確かめ、抵当権や根抵当権が設定されていると住宅ローン特則が利用できないため弁護士に相談して決める方法が望ましいです。

 

住宅ローン特則は、個人再生の「小規模個人再生」か「給与所得者等再生」

住宅ローン特則は個人再生の小規模個人再生か給与所得者等再生のいずれかを選び、そこに別枠で付ける形式になります。個人再生をする時は今までの住宅ローンの内容を付けることができますが、返済方式や金利を変えることができないため注意が必要です。

 

住宅ローン特則の返済方式は

  • そのまま型
  • 期限の利益回復型
  • 期限延長型
  • 元本猶予期間併用型
  • 同意型

と5つの種類があり、それぞれの違いを把握して返済方法を決めると今後の生活を改善するきっかけになります。

 

住宅ローンは車のローンと違ってマイホームを残せるため、収入の状況や家庭環境に応じて最適な方法を決めると金銭計画を立てることができて便利です。

 

個人再生は再生計画案に従って計算された最低弁済額を3年で返済することができれば、残りの債務についても免除してくれるため便利ですが、弁護士費用がかかるため事前に相談して計算をしてから考える必要があります。

 

個人再生をする時はまず小規模個人再生ですることを考えて弁護士に相談して再生計画案を出してもらい、収入が多い場合など給与所得者等再生のほうが良ければそちらを選ぶ方式があります。

 

ただし、前者の場合は再生債権者の頭数の半数以上または再生債権額の過半数の反対や異義があると再生計画が認可されないため注意が必要です。

 

後者の場合は債権者の反対や異議があってもそれに左右されずに認可を受けることができ、それぞれの違いを把握して最適な方法を決めると今後の生活につながります。

 

住宅ローン返済中に個人再生をする時は別枠で特則を付けることができ、再生計画を立てる方法が望ましいです。

 

実際に多く利用されているのが「そのまま型」

個人再生は基本的に最低弁済額を超える返済総額を3年で完済する方式で、住宅ローン特則では住宅ローンの金額は減額されないために返済額が高くなり過ぎないように注意する必要があります。

 

住宅ローンは期限の利益喪失や遅延損害金が発生してしまうため、個人再生手続きの申し込みを裁判所が受理した場合にも返済が許可されます。

 

そのまま型は1年目から3年目までは住宅ローンと合わせて個人再生で圧縮された弁済額を支払うため金額が高くなり過ぎるため、事前に弁護士と相談して計算をしてから決める方法が望ましいです。

 

個人再生は裁判所を通すため多くの費用がかかるため、回収できる金額を確かめて決断する必要があります。

 

多重債務をして借金が大きく増えると今後の生活に不安になりやすく、個人再生をする道を選びますが住宅ローンをそのままの方法で返済すると金銭計画を立てやすく便利です。

 

そのまま型は住宅ローン以外の返済金額を減らす方法として便利ですが、最初の3年間は通常の住宅ローンに個人再生で圧縮された弁済額を支払うため仕組みを正しく理解する必要があります。

 

手続きをする時は弁護士費用や裁判所にかかる費用がかかるため、再生計画案を確かめて今後の生活を改善できるかどうか確かめて判断することが重要です。

 

住宅ローン特則はあくまでも個人再生の対象として含めないことであり、ローン自体の金額は減額されないため他社の借金の状況を確かめて判断する必要があります。

 

債務整理は借金をなるべく減らせる方法を決めることが重要で、信頼できる弁護士事務所を選ぶことが大事です。

 

期限の利益が喪失してしまった場合は、「期限利益回復型」

住宅ローンの返済が3ヶ月以上になった場合は、期限利益回復型で住宅ローンの返済が可能になるため今後の生活を改善するきっかけにすると役に立ちます。

 

住宅ローンの返済を延滞することは期限の利益喪失により一括して支払うように請求されるため、分割払いで返済されることが認められなくなるため注意が必要です。

 

この場合は個人再生で圧縮された弁済額と個人再生前の延滞分を住宅ローンと合わせて返済することが求められ、一年目から三年目までの返済金額の総額が増えます。

 

個人再生をする時は事前に弁護士と内容を確認し、返済金額を減らして今後の生活を改善するきっかけになるようにすると効果的です。

 

住宅ローンの滞納をした時は3ヶ月以上になって個人再生の手続きをする時は注意が必要で、状況を確かめて仕組みを把握して返済金額が増え過ぎないようにする必要があります。

 

期限の利益回復型を選ぶ時は3年間で延滞分を支払うことが求められ、弁護士や裁判所に支払う費用もかかるため慎重に決める必要があります。

 

住宅ローンは滞納する期間が長くなると物件を失う可能性もあり、個人再生などの債務整理をして収支を改善することが大事です。最適な方法を決める時は弁護士に無料相談をすると最適な対処方法を診断してもらい、住宅ローン以外の借金が増えて困っている場合に考えると役に立ちます。

 

個人再生をする時に期限の利益回復型にすると再生計画で認可決定した弁済期間の3年の間に滞納分の金額を支払うことでなかったことにできます。個人再生をする時に住宅ローンの滞納があれば最適な方法を決め、借金を減らして改善できるようにすると効果的です。

 

住宅ローンのリスケジュールが可能な「期限延長型」

住宅ローンの返済途中で個人再生をして期限延長型を選ぶメリットは月々の返済金額を少なくすることができ、最長で10年まで延ばせるために金銭計画を立てやすいです。

 

延長することは元金と利息の関係で本来の住宅ローンの払込総額より多く支払うことになるため、事前に計算をしてから決断する必要があります。

 

この場合は債務者の年齢が満70歳に達すると利用できないため、最適な時期を選んで収入の状況を確かめて最適な方法を選ぶことが重要です。

 

リスケジュールは収入が間に合わなくて滞納をする可能性があることを防ぐために考え、期間を延ばすと利息が増え過ぎるなどデメリットがあります。期限延長をする時はただ単に月々の返済金額を減らせて便利ですが、期間が長くなることや余分な利息が増えるため慎重に判断することが重要です。

 

減額した分を延長することは元本が減らないため利息が増えやすく、リボ払いと同じような方式になることを認識する必要があります。個人再生をする時は弁護士や裁判所などに依頼するため多くの費用がかかり、事前に計算をして他の方法と比較してから決める方法が望ましいです。

 

住宅ローンの他に複数のローンやキャッシングをして借金が増えた場合は選択肢が多いですが、ただ単に期間を長くすると一回あたりの返済金額は少ないものの総額が増えることを認識して事前に計算をしてから最適な方法を選ぶことが求められます。

 

収入の状況は期間が長くなると急に変わる可能性も高く、安易に期間を引き延ばそうとすると後悔をする羽目になるためじっくり考えて決めることが大事です。

 

住宅ローンの巻き戻しをする

銀行の住宅ローンを延滞すると保証会社が代位弁済を行うため、債権者が保証会社になり分割払いの権利もなくなてしまうため住宅資金貸付債権でなくなります。

 

このため、住宅ローン特則を利用できない状態になり、別の方法を探して何とかすることが大事です。

 

この場合は個人再生を申し立てて認可が決定して確定すると保証会社が代位弁済をしてもなかったことにできるため、再生計画をして借金を返すことができ保険の巻き戻しとも呼ばれています。

 

しかし、保証会社が代位弁済をしてから半年を経過する前に再生手続開始の申立てをすることが求められ、住宅ローン特則を利用して今後の金銭計画を立てると便利です。住宅を残したまま債務整理をする時は弁護士に相談すると最適な方法を診断してもらえ、今後の生活を改善するきっかけにすると役に立ちます。

 

住宅ローンをする際に多くの会社からローンやキャッシングをすると債務整理を考えがちで、滞納をして期間が経過すると早めに個人再生の手続きをうると何とかできます。

 

住宅ローンの巻き戻しは手遅れにならないようにすることが求められ、借金を大きく減らせるよう弁護士や裁判所などに手続きをするための費用を確かめて段取りを決めることが大事です。銀行の住宅ローンの返済方法は人それぞれですが、収入の状況が追いつかなくて滞納をすることもあります。

 

家を手放さずに債務整理をする時は自己破産をすると没収されるため、個人再生をして再生計画を立てる方法が望ましいです。

 

巻き戻しをする時は個人再生の申し立てをするため、多くの費用がかかることを認識して弁護士と相談してから決める必要があります。

 

住宅ローンの返済中に個人再生をする時は住宅ローン特則が使えれば家を手放せずに返済でき、弁護士と相談して最適な方法を決めることが大事です。

 

個人再生をする時は様々な方法がありそれぞれの条件が定められ、返済金額を減らして今後の生活を改善すると効果を出せます。住宅ローン以外に借金が増えた時は生活を改善できるよう計画を立て、メリットやデメリットを確かめて最適な方法を決めると便利です。

 

関連ページ

個人再生のハードシップ免責とは?ハードシップ免責を利用する方法
失敗例から学ぶ個人再生の失敗!棄却・廃止・不認可・取消
返済途中に個人再生をすると自動車は没収されるって本当!?
車を手放さずに個人再生をするには複雑な手順がある!?
借金が住宅ローンだけでも個人再生はできる?住宅ローン特則付きの個人再生はできるのか?
個人再生の住宅ローン特則でマイホームを残す債務整理の方法
個人再生を弁護士に委任する場合いくら費用が掛かる?
個人再生を専門家に依頼すると費用はいくらになる?
個人再生にかかる費用を一括で払えない人は分割で払えるの?
裁判所の申立てに必要な書類一覧 〜個人再生の必要書類〜
個人再生のスケジュールと手続きの流れ〜申立てから再生計画の認可決定まで〜
個人再生とは?裁判所に申し立てて借金を減額する方法
個人再生をすると「官報」という国の広告紙に個人情報が掲載されてしまう!?
個人再生手続きの流れ〜弁護士へ依頼する方法と地方裁判所に申し立てする方法〜
個人再生開始後の弁済禁止と弁済許可申立てガイド
小規模個人再生の対象者とは?再生計画案が否決される事ってあるの?
個人再生の申立書と陳述書の書き方 を徹底解説!