裁判所の申立てに必要な書類一覧 〜個人再生の必要書類〜

MENU

債務整理の方法にはいくつかのものがありますが、その中で個人再生の方法は自宅を手放さなく手も良い債務整理の方法であるというメリットがあります。また、職種に制限を受けないというメリットもあり多くの人が債務整理の方法として用いています。

 

しかしながら、個人再生は裁判所が管轄する債務整理の方法ですので、審査が非常に厳格な部分がありますので、提出書類が一つ欠けていても、承認が受けられないというようなことも起きてしまいます。このサイトでは、個人再生の申立てに必要な書類やその手続きの方法を紹介してきます。

 

個人再生の際に必要な書類の一覧

個人再生の手続きの際に必要になってくる提出書類は以下のようになっています。実に多くの書類の準備が申立てを行う際には必要です。

 

1:再生手続き開始申立書
この書類は個人再生を行うことを裁判所に申立てする意思を提示するものです。

 

2:陳述書
なぜ、個人再生を希望するようになったのかその経緯を説明するためのものです。

 

3:収入一覧及び主要財産一覧
自分の現在の収入はや財産などについての詳細についての情報です(東京地裁に申立てをするときのみ必要です)

 

4:債権者一覧表
借入金額のすべてに関する情報です。借り入れを行っている金融会社の名前、連絡先、借り入れ額などを記載する必要があります。

 

5:財産目録
自分が保有している財産に関する情報を記載したものです。預金、不動産などすべての情報の記載が必要になります。

 

6:家計収支表
最近2か月の間の家計の情報を記載した情報です。配偶者がいる方はその方の情報も記載する必要がでてきます。

 

7:委任状
弁護士の方に個人再生の代行手続きをお願いする場合には委任状が必要になってきます。

 

8:戸籍謄本
最近3か月以内に取得したものが必要になります。個人再生を行うことを希望する方のものが必要です。

 

9:住民票
最近3か月以内に取得したものが必要になります。個人再生を行うことを希望する方のものが必要です。

 

10:源泉徴収票
収入を証明するために提出が必要になります。過去2年分の提出が求められることになります。

 

11:給与明細書
同様に収入を証明するために提出が必要になります。過去2か月分の提出が求められることになります。(家族の方のものも提出が必要です)

 

12:確定申告書
自営業の方の場合には、個人再生の申し立てに当たって提出が必要になります。過去2年分の提出が求められることになります。

 

13:課税証明書
給与所得以外の収入がある場合には提出が必要になります。

 

14:預貯金通帳のコピー
最新の情報となるように提出前に記帳を行ってからコピーを取ることが必要です。

 

15:保険証書
保険などへの加入状況を証明するために必要です。

 

16:解約返戻金額証明書
解約金などのはらい戻しがあるかどうかを確認するために必要です。

 

17:退職金金額証明書
将来的な退職金の有無について確認するための書類です。お勤めの会社に請求すれば発行をしてもらえるようになります。(同じ会社に5年以上お勤めの方が該当します)

 

18:退職金規定に基づく計算書
退職金金額証明書を発行してもらえない場合にその代わりに提出する書類です。

 

19:不動産登記簿謄本
不動産の有無や抵当権なについての情報の提出が必要です。

 

20:固定資産評価額証明書
不動産を所有している場合にはその価値(固定資産評価額)を証明するための書類になります。

 

21:不動産の査定書
不動産を売買する場合も価値を証明するための書類です。

 

22:賃貸借契約書
借家に住んでいる場合にはそれに関する契約書の提出も必要です。

 

23:車検証
車を所有している場合には提出が必要になります。

 

24:自動車の査定書
車を所有している場合には、現状での車の評価額の提出も求められるようになります。

 

25:住宅ローンの契約書
住宅ローンを組んでいる場合にはそれに関する情報も提出しなくてはなりません。

 

26:差押決定正本
自分の家や給与についてすでに差し押さえを受けているような場合にはそれについての情報の提出が必要になります。

 

27:可処分所得額計算シート
可処分所得の額を算出した書類の提出が必要になります。

 

28:清算価値算出シート
清算価値の額を算出した書類の提出が必要になります。

 

これらの書類は基本的に1つかけてしまっても裁判所で受け付けてもらえないことになりますので注意が必要です。

 

また、申立てを行う方の状況によっても必要書類が若干変わってくることもありますので、裁判所への確認が問い合わせが必要な場合もあります。

 

素人では不備なく全部そろえるのは難しい

個人再生の手続きの際に必要になってくる提出書類は以下のようになっています。実に多くの書類の準備が申立てを行う際には必要です。

 

1:再生手続き開始申立書
この書類は個人再生を行うことを裁判所に申立てする意思を提示するものです。

 

2:陳述書
なぜ、個人再生を希望するようになったのかその経緯を説明するためのものです。

 

3:収入一覧及び主要財産一覧
自分の現在の収入はや財産などについての詳細についての情報です(東京地裁に申立てをするときのみ必要です)

 

4:債権者一覧表
借入金額のすべてに関する情報です。借り入れを行っている金融会社の名前、連絡先、借り入れ額などを記載する必要があります。

 

5:財産目録
自分が保有している財産に関する情報を記載したものです。預金、不動産などすべての情報の記載が必要になります。

 

6:家計収支表
最近2か月の間の家計の情報を記載した情報です。配偶者がいる方はその方の情報も記載する必要がでてきます。

 

7:委任状
弁護士の方に個人再生の代行手続きをお願いする場合には委任状が必要になってきます。

 

8:戸籍謄本
最近3か月以内に取得したものが必要になります。個人再生を行うことを希望する方のものが必要です。

 

9:住民票
最近3か月以内に取得したものが必要になります。個人再生を行うことを希望する方のものが必要です。

 

10:源泉徴収票
収入を証明するために提出が必要になります。過去2年分の提出が求められることになります。

 

11:給与明細書
同様に収入を証明するために提出が必要になります。過去2か月分の提出が求められることになります。(家族の方のものも提出が必要です)

 

12:確定申告書
自営業の方の場合には、個人再生の申し立てに当たって提出が必要になります。過去2年分の提出が求められることになります。

 

13:課税証明書
給与所得以外の収入がある場合には提出が必要になります。

 

14:預貯金通帳のコピー
最新の情報となるように提出前に記帳を行ってからコピーを取ることが必要です。

 

15:保険証書
保険などへの加入状況を証明するために必要です。

 

16:解約返戻金額証明書
解約金などのはらい戻しがあるかどうかを確認するために必要です。

 

17:退職金金額証明書
将来的な退職金の有無について確認するための書類です。お勤めの会社に請求すれば発行をしてもらえるようになります。(同じ会社に5年以上お勤めの方が該当します)

 

18:退職金規定に基づく計算書
退職金金額証明書を発行してもらえない場合にその代わりに提出する書類です。

 

19:不動産登記簿謄本
不動産の有無や抵当権なについての情報の提出が必要です。

 

20:固定資産評価額証明書
不動産を所有している場合にはその価値(固定資産評価額)を証明するための書類になります。

 

21:不動産の査定書
不動産を売買する場合も価値を証明するための書類です。

 

22:賃貸借契約書
借家に住んでいる場合にはそれに関する契約書の提出も必要です。

 

23:車検証
車を所有している場合には提出が必要になります。

 

24:自動車の査定書
車を所有している場合には、現状での車の評価額の提出も求められるようになります。

 

25:住宅ローンの契約書
住宅ローンを組んでいる場合にはそれに関する情報も提出しなくてはなりません。

 

26:差押決定正本
自分の家や給与についてすでに差し押さえを受けているような場合にはそれについての情報の提出が必要になります。

 

27:可処分所得額計算シート
可処分所得の額を算出した書類の提出が必要になります。

 

28:清算価値算出シート
清算価値の額を算出した書類の提出が必要になります。

 

これらの書類は基本的に1つかけてしまっても裁判所で受け付けてもらえないことになりますので注意が必要です。

 

また、申立てを行う方の状況によっても必要書類が若干変わってくることもありますので、裁判所への確認が必要になります。

 

多少高額でも弁護士に依頼するのが良い

いくつかある債務整理の方法で個人再生は比較的高額な借金の整理のために行われるものです。個人再生の申請が受理されれば大幅な返済額の減額が期待できるようになります。

 

一方で、個人再生の手続きは裁判所とのやり取りですので、申請受理に当たっては当然のことながらかなりの厳密さが求められるものです。

 

借金の返済で苦慮している状態で、弁護士さんへの費用を考えるのが確かにつらい部分もありますが、弁護士さんに仕事を依頼して個人再生の手続きが完了すれば、借金の返済額が減ることになりますので、トータルで見たら弁護士さんへの費用はそれほど高いものではないと考えられます。

 

関連ページ

個人再生のハードシップ免責とは?ハードシップ免責を利用する方法
失敗例から学ぶ個人再生の失敗!棄却・廃止・不認可・取消
返済途中に個人再生をすると自動車は没収されるって本当!?
車を手放さずに個人再生をするには複雑な手順がある!?
借金が住宅ローンだけでも個人再生はできる?住宅ローン特則付きの個人再生はできるのか?
個人再生の住宅ローン特則でマイホームを残す債務整理の方法
個人再生の住宅ローン特則の返済方法〜家を手放さずに債務を圧縮〜
個人再生を弁護士に委任する場合いくら費用が掛かる?
個人再生を専門家に依頼すると費用はいくらになる?
個人再生にかかる費用を一括で払えない人は分割で払えるの?
個人再生のスケジュールと手続きの流れ〜申立てから再生計画の認可決定まで〜
個人再生とは?裁判所に申し立てて借金を減額する方法
個人再生をすると「官報」という国の広告紙に個人情報が掲載されてしまう!?
個人再生手続きの流れ〜弁護士へ依頼する方法と地方裁判所に申し立てする方法〜
個人再生開始後の弁済禁止と弁済許可申立てガイド
小規模個人再生の対象者とは?再生計画案が否決される事ってあるの?
個人再生の申立書と陳述書の書き方 を徹底解説!