個人再生手続きの流れ〜弁護士へ依頼する方法と地方裁判所に申し立てする方法〜

MENU

個人再生をする時は流れを把握して手続きをすることが重要で、地方裁判所に申し立てをするため多くの費用がかかります。弁護士に依頼する時は無料相談をして債務調査を行い、個人再生が適していると判断されると行うため流れを把握することが大事です。

 

手続きをしてから結果が出るまで時間がかかるため、事前に相談してから依頼する必要があります。

 

個人再生の手続きの流れ

個人再生をする時は借金が増えて返済金額が多くて困っている時にすることが多く、地方裁判所に申し立てをするために多くの費用がかかります。個人再生は小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があり、裁判所が個人再生委員を選出するか否かで決定までにかかる日数が違うことが事実です。

 

自分で手続きをする時は弁護士や司法書士にかかる費用をなくせるために便利だと考えがちですが、提出する書類をすべて揃えて裁判所からの呼び出しに応じることや個人再生委員を選任するため報酬を支払うことが求められます。

 

このため弁護士や司法書士に借金問題を抱えていることを相談し、個人再生が適していることをアドバイスされて納得をしてから手続きを進めることになります。

 

借金は個人再生以外の債務整理で解決する方が良いことも多く、それぞれのメリットやデメリットを確かめてから決める方法が望ましいです。相談は無料でできることが多く、納得をするまで話を聞けるため時間がないために焦らないように最適な方法を探す必要があります。

 

弁護士や司法書士は債務者から依頼されると債務調査を行い、受任通知や取引履歴の開示、引き直し計算、過払い金返還請求をします。この際に債権者に受任通知を送付するため貸金業者は債務者への借金の取り立てができなく、この時点で借金の返済は一定期間ストップします。

 

受任通知書は債務者の代理人として選任された弁護士や司法書士のことや、取り立て行為停止、取引履歴の開示請求、住宅資金貸付債権について記載されていることが特徴です。

 

これらの取引データをもとに利息制限法に基づいて引き直し計算を行い債務金額を確定し、過払い金があることが分かれば返還請求をします。

 

弁護士や司法書士は債権調査の他に債務者の収入、家計、資産を確認しないといけないため、確定申告書、源泉徴収票、通帳、車検証、不動産登記簿、保険証書があれば準備することが大事です。

 

個人再生の申し立ては小規模個人再生または給与所得者等再生のいずれかを選んで申立書を作成し、裁判所に提出をします。申し立てが受理されると個人再生委員が選出されますが、裁判所によって違うために事前に無料相談をする際に確認する方法が望ましいです。

 

選出される場合は人件費を支払うため高額になり、弁護士や司法書士が代理人として個人再生を依頼してされないようにすることができます。ただし、東京地方裁判所はどのような状況であっても選出されるため割高になり、最終手段として自分自身で手続きをすることを考えがちですが手間や時間がかかるものです。

 

司法書士は弁護士と違って法廷に立てないため個人再生委員が選任され、弁護士よりも支払う費用が割高になるため事前に確認してから依頼する必要があります。

 

個人再生の申し立てにかかる費用は手数料の印紙代、郵券代、官報公告費用、個人再生委員の報酬がありますが、弁護士に依頼すると個人再生委員の報酬が不要のため出費を減らせます。個人再生委員は申し立てたその日のうちに選任されて連絡が来るため、次回に面接する日の調整をします。

 

債権者と債務者の双方を中立的な立場で取り持つのが個人再生委員の役割です。

 

流れを確かめて指示にしたがって手続きをすることが大事です。個人再生委員の職務は債務者の財産、収入、帳簿、書類の調査や適正な再生計画案の作成の勧告を行い、不適切な場合は決定の変更や取消を行うことができます。

 

また、一部の地裁では返済能力があることを履行テストをするため、1回目の支払いは申し立ててすぐに開始されることがあるために注意が必要です。個人再生委員の報酬はここで支払われた金額の一部から捻出され、残りは返金となります。

 

個人再生は複数の会社から借金をして金額が増えすぎて困っている時に役立ちますが、弁護士または司法書士と裁判所にかかる費用が高いため状況に応じて判断する必要があります。

 

メリットは借金を大幅に減額をすることで返済を行いやすくなり、住宅ローンの返済中でもマイホームを残したままできることです。また申し立てをすると借金の請求をストップできて精神的な負担が和らぎ、再生計画に基づいて金銭計画を立てることができます。

 

個人再生は他の債務整理と比べると複雑な手続きが多くてすべきかどうか迷いますが、事前に弁護士事務所などに無料相談をしてから計画を立てると最適な方法を診断してもらえて効果的です。

 

まずは弁護士に依頼

裁判所は審査の結果や個人再生委員の意見を聞いて要件を満たしていると判断すれば個人再生の手続が開始され、強制執行を仮差押え、仮処分などを中止することができます。

 

個人再生の情報は官報の裁判記録欄に3回公告され、内容は債務者本人が個人再生手続きを開始したため債権者は届け出るようにとのことです。

 

この情報で債権者側から提出された書類の内容を確かめて債務金額を確定し債権認否一覧表を作成し、書面について意義があれば債権者側が一般異議申述期間内に裁判所に通知します。

 

債務者届出を提出するかどうかは債権者にゆだねられています。強制ではないためしなくても問題がないことが特徴です。

 

ただし、債権者一覧表の内容や金額に記載があれば、それは「みなし届出」という扱いになります。債権者からの届け出がなかったとしても、債務者が心配する必要はありません。

 

債務額が確定すると再生計画案を作成して裁判所から設定される所定の期日までに提出し、債権者に向けて異議申し立てが行われます。書面決議は小規模個人再生の場合は同意する場合は回答せず、しない場合は異議を唱える消極的同意の方法をとっていることが特徴です。

 

給与所得者等再生の場合は書面決議が取られることがないですが、不認可事由に該当する場合は裁判所に意見を述べることができます。給与所得者等再生は、小規模個人再生に比べると返済額が高くなりやすい傾向があります。債権者からの同意を得られなくとも個人再生は廃止されません。

 

そのため、反対の可能性が高いのであれば給与所得者等再生を選択するのがよいでしょう。

 

官報公告2回目は書面決議または意見聴取で記載されます。小規模個人再生の場合は書面決議の回答期間です。そして、給与所得者等再生に掲載されるのは、意見聴取につく書類の提出期限などです。

 

個人再生計画は個人再生委員が選任されると25週間程度でそうでないと15週間程度になり、認可するかしないか決定されます。官報公告の3回目に掲載されるのは、再生計画の認可および廃止にまつわる決定事項です。日時や理由などが明記されます。

 

再生計画が認可された時は計画に沿って借金を返済し、通常3年間で特別な場合は5年間に分けて支払っていくことになりますが、遅延があると再生計画は取り消されるために注意が必要です。

 

個人再生は圧縮された債務を3年間で返済することが取り決められ、残りの債務を免除してもらえるため金額が多いと便利ですが、様々な条件を満たさないといけないことや手続きが複雑で決定するまで時間を要するため注意が必要です。

 

借金を減らす方法は債務整理をすると便利ですが、中でも個人再生は総額を圧縮できる代わりに裁判所に申し立てをすることや決定するまで時間がかかるため事前に無料相談を受けてから決める必要があります。

 

住宅ローンがある場合は圧縮された金額と同時に支払わないといけないため月々の返済金額が高くなるため、今後の収入の状況と照らし合わせて決めることが大事です。

 

個人再生は返済が完了しても5年間はローンやキャッシングなどができないため、給料の収入の状況などを踏まえてから決めることが求められます。

 

個人再生は他の債務整理と比べると借金を大きく減らせるため効果的ですが、メリットだけでなくデメリットもあるため事前に無料相談をして詳しいことを聞くことが大事です。

 

また官報に載るために闇金から勧誘などもあり借りないように注意が必要で、車などの高価なものを購入するためにお金を借りられないことを認識する必要があります。

 

個人再生にかかる費用は内容を比較してから決めないと予想以上に高くなることが多く、事前に無料相談をしてから判断する方法が望ましいです。住宅ローンがある時はマイホームを残したままできますが、車のローンが残っていると没収されるため安易にできないことを認識することが求められます。

 

初めてする時は地方裁判所で申し立てをするため流れを把握し、弁護士や司法書士に依頼するかどうか状況に応じて判断することが大事です。

 

個人再生の手続きは地方裁判所で行い個人再生委員が選任されると報酬が発生して高くなるため、弁護士や司法書士に依頼して最適な方法を決めることが大事です。弁護士は司法書士よりも裁判所で有利に交渉を進めやすく、かかる費用や内容を確かめて決めると安心できます。

 

借金を減らす時は最適な方法を選ぶことを心がけ、無料相談をするとアドバイスをしてもらえて便利です。

 

要件を満たしていると判断すれば再生手続開始を決定

 

関連ページ

個人再生のハードシップ免責とは?ハードシップ免責を利用する方法
失敗例から学ぶ個人再生の失敗!棄却・廃止・不認可・取消
返済途中に個人再生をすると自動車は没収されるって本当!?
車を手放さずに個人再生をするには複雑な手順がある!?
借金が住宅ローンだけでも個人再生はできる?住宅ローン特則付きの個人再生はできるのか?
個人再生の住宅ローン特則でマイホームを残す債務整理の方法
個人再生の住宅ローン特則の返済方法〜家を手放さずに債務を圧縮〜
個人再生を弁護士に委任する場合いくら費用が掛かる?
個人再生を専門家に依頼すると費用はいくらになる?
個人再生にかかる費用を一括で払えない人は分割で払えるの?
裁判所の申立てに必要な書類一覧 〜個人再生の必要書類〜
個人再生のスケジュールと手続きの流れ〜申立てから再生計画の認可決定まで〜
個人再生とは?裁判所に申し立てて借金を減額する方法
個人再生をすると「官報」という国の広告紙に個人情報が掲載されてしまう!?
個人再生開始後の弁済禁止と弁済許可申立てガイド
小規模個人再生の対象者とは?再生計画案が否決される事ってあるの?
個人再生の申立書と陳述書の書き方 を徹底解説!