名村法律事務所で債務整理手続きを体験してきました!

MENU

名村法律事務所の口コミと評判は?

現代、人知れず多くの方が「借金問題」に悩んでいるかと思います。やむ終えない理由でお金を借り、計画的に返済している方も多いかと思いますが、なかには無計画にお金を借りてしまう人もたくさん居るでしょう。その場合、返済できなくなると他の金融業者からお金を借りることを繰り返し、結果的に金利などで借金が膨れ上がってしまっている人も少なくありません。

 

そんな多重債務状態に陥ってしまった方や、返していくのが難しくなった方はやはり専門家に相談することが重要です。特に債務整理を得意とする弁護士に相談することで、具体的な返済計画を立てられたり、様々な事務的作業を代行してくれたりします。そこで、今回はライターが多重債務者として名村法律事務所へ行き、借金完済までのアプローチを相談&シミュレーションしてきましたので、借金問題にお困りの方は是非参考にしてみてください。

 

名村法律事務所

 

名村法律事務所の公式サイトはコチラ

 

 

 

今回ご協力いただくのは「名村法律事務所」です。
名村法律事務所は幅広い借金問題を解決してきた債務整理のエキスパートが集う法律事務所です。
年金をもらっているお年寄りの方から学生ローンで悩む若い方まで幅広い世代が利用しています。

 

1.電話で無料相談

まずは電話で無料相談してみましょう。
対応してくれた方へ借金を借りている会社名や借入額、返済状況などを伝えることで、簡単な説明を受け、来所する日程を調整してくれます。

 

 

名村法律事務所

 

名村法律事務所の公式サイトはコチラ

 

2.事務員との受付・弁護士との面談

今回は事務の竹田さんに対応していただきました。
まずは案内された面談室にて、以下の2つの書類を記入します。

 

  1. 「法律相談申込書」に家族構成や職業、収入支出など個人のプロフィールを記入する。
  2. 「借入先一覧」に借入している金融業者や借入額、返済状況を記入します。

 

その後、記入内容をもとに事務員さんが受付をして、その後弁護士さんとの面談へ進みます。

 

 

 

▼想定した人物シチュエーション
今回は次のような人物設定を行い、シミュレーションを行いました。

年齢 20代
家族 一人暮らし
職業 会社員
毎月の収入 22万円
借金 3社で計150万円
毎月の返済額 6〜7万円(月によって異なる)
特徴 学生時代から借り始めた借金の返済に困っている

 

名村法律事務所

 

名村法律事務所の公式サイトはコチラ

 

3.債務整理の種類

債務整理は大きく分けて、以下の3種類に分類されます。

 

  1. 任意整理
  2. 自己破産
  3. 民事再生

 

借入した人の返済能力や収入状況、負債の状況、相談者の意向などを総合的に考慮し、
どの手続きが最適なのかを弁護士さんが判断します。

 

 

 

今回は「@任意整理」を希望したという前提で借金を返すためにどうしたらいいのか?について話を進めていただきました。

 

任意整理の条件

任意整理ができる条件は「@返済能力」と「A返済を継続していく意思があること」の2つです。

 

4.任意整理にかかる費用

では、実際に想定したシチュエーションで任意整理を行う場合にどれぐらいの費用が必要なのでしょうか?
こちらについても具体的に算出していただきました。

 

<名村法律事務所で任意整理にかかる費用(いずれも別途消費税がかかります)>

着手金(1社あたり) 2万円
報酬金(1社あたり)

2万円

 

これに1社あたりの諸費用 5000円が発生
減額報酬 10%
過払報酬 20%(訴訟の場合25%)
送金代行手数料(1社あたり) 1000円

(費用は分割も可能です)

 

つまり、今回想定したケースの場合、

1社当たりに…2万円(着手金)+2万円(報酬金)+手数料(5000円)=4万5000円
3社からお金を借りている場合…4万5000円×3社=13万5000円

がかかることになります。

 

高いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、150万円を3社から金利18%で借りていた場合、金利だけでも150万円×0.18=27万円が発生しているということを考えると半額に抑えることができます。支払う金額も明確でわかりやすく示されているので安心できます。

 

5.任意整理のメリット

ここまで、具体的な任意整理のやり方や金額についてご紹介してきましたが、そもそも任意整理のメリットとは何でしょうか?
まず真っ先に挙げられるのは、将来利息を払わなくて良くなる事です。
返済期間が延びることで支払う金利が膨れ上がり、実際に借りた「元金」以外の利息分を返済することに追われてしまう人も少なくありません。
この場合、利息分を返しているだけで借金(元金)が減りません。
任意整理をすることで、利息額が増えるのをストップさせることができるので、支払に専念することができます。
そして、金融業者などからの連絡をストップできる点を利点として挙げられます。
借りたものは返したくても裁判所を通して返済はしたくない、裁判所へ出廷はしたくないという方が大半なことを考えると任意整理することで、事務的な処理や、訴訟になった場合、裁判所とのやり取りも代行してくれる任意整理はとても有効だと言えるでしょう。
実際に借金が原因で裁判になった場合、債務者は多くの書類を記入し、裁判所へ出廷し、借金問題で裁判を起こされたことは公になってしまいます。
任意整理をすると、「法律相談申込書」「借入先一覧」の2つと「契約書」に記入し、あとは返済していくのみ。面倒なことは法律事務所が代行してくれます。
そのため、将来利息を一刻も早くストップしたい人や元金を計画的にしっかり返していきたい人、少しでも簡単に誰にも知られずに返済したい人などに向いていると言えるでしょう。

 

6.任意整理することで具体的にどうなるのか?

では、今回のケースでどのように契約を交わしていくのか?
毎月支払う金額や回数、完済までの道のりについてお話を伺っていきました。
今回のケースでは1社あたり50万円を3社から計150万円を借りているというシチュエーションで、月6〜7万円を返済しているというケースを想定して進めていきましたが、実際に任意整理することで月に返済していく額を算出してもらったところ…
支払額は月に4万円くらい。40回ほど(3年ちょっと)支払うことで各金融業者と和解できるだろうという目安を立てて頂きました。
月6〜7万円を返済していたことを考えると半額近くに抑えられるので、継続して支払う見通しが立つと思います。
その後、各金融業者と具体的な金額について交渉をしていただき、正確な支払額を掲示してもらう流れとなります。
実際にはほとんどありませんが、万が一、相手側から訴訟を起こされた場合、裁判所からの通知を事務所に送ることで、裁判所への出廷や手続きも代行してもらえるそうです。

 

7.名村法律事務所と契約後の流れ

具体的な金額や回数がわかったところで、契約書に記入することで契約成立です。
契約が完了したら一旦債務に関する支払をストップし、弁護士が債務者に関する受任通知を発送。
取り立ての中止要請と取引履歴の開示請求を行います。

 

 

その後、毎月4万円を弁護士の口座に振込み支払能力のテストを行ったうえで、和解案の提示と和解交渉を開始します。
そして、債権者と交渉がまとまり次第、一旦ストップしていた債権者に対する支払いを再開します。
この間に家計を見直し、返済計画を立て、継続的に返済できる環境を作っていきましょう。

 

 

 

もし、仮に仕事ができなくなった等の理由で返済ができなくなった場合はどうすればいいのか?それについても話を伺いました。
名村法律事務所の場合、仕事が理由でやむをえず返済をストップさせたいときは、できるだけ考慮し、各業者へ相談してくれるということです。
しかし、仮に返済を一旦ストップできたとしても、当然、債務者は一刻も早く仕事が再会できるように全力を尽くすことが求められるようです。
以上が、名村法律事務所における、債務整理手続きの流れです。
追加で発生した料金に関しては、支払回数を伸ばすという形で対応してもらえますので、無理なく継続的に返済できそうな法律事務所であると感じました。
借金問題は一人で悩んでいてもなかなか解決できるものではなく、金利による将来利息を考えると、一刻も早く相談する方が快方へ向かうでしょう。
返済のめどが立たずにお困りの方は、まずは一度無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

 

名村法律事務所

 

名村法律事務所の公式サイトはコチラ

 

駅から事務所までの道順

最寄駅から名村法律事務所へのアクセスをご案内します。

 

@JR錦糸町駅 南口スタートです。

 

A駅から左手へ向かい、LIVIN錦糸町店まで渡ります

 

B道沿いに歩いて行き、左へ曲がります。

 

Cまっすぐ歩き、ローソンがある交差点を渡ります。

 

Dローソンの脇を進み、『花壇街』というお店から左へ曲がります。

 

Eそのまま進み、「ENDO’S GYM」がある第一東永ビルが目的地です。

 

Fビル内にあるエレベーターで6Fへ上がると到着です。

 

名村法律事務所

 

名村法律事務所の公式サイトはコチラ