任意整理の方法|少しでも返済していきたいと考えている方

MENU

少しでも返済していきたいと考えている方

借金問題を解決するために行う債務整理。その一つに、任意整理というものがあります。

 

文字通り、任意で借金を整理することで、裁判所などの公的機関を通すことなく、債務者と債権者の間で利息を含めた毎月の返済方法を話し合うことです。

 

今の返済額では支払いできないが、これから先なんとか少しでも返済していきたいと考えている方にとっては、最適な債務整理の方法といえるでしょう。

 

任意整理の方法

任意整理は、通常は弁護士や司法書士などの、法律の専門家に依頼することになります。債務者本人でも交渉はできますが、専門的な知識を必要とし、債権者との駆け引きも重要になってきます。

 

自分で交渉した場合と、専門家が相手の場合でへ、その結果は大きく異なってくるでしょう。

 

弁護士や司法書士に依頼したとしても、結果が同じとは限りません。経験の浅い弁護士や司法書士に対しては、貸金業者も強い態度で交渉に挑んでくるためです。

 

任意整理を依頼する場合には、できるだけ経験豊富な専門家を選択することも重要になってきます。

 

利息の支払いを減免する

任意整理の方法も様々ありますが、一番多いものが「以後の利息の支払いを減免する」というものです。返済を借りた元金だけにすることにより、返済金額自体を大幅に減らすこともできます。

 

当然、借入金額が大きくなるほど減免額も大きくなりますが、貸金業者側も「最低限貸したお金が戻ってくれば」ということで妥協することが多くなっています。

 

ここで任意整理のメリットとデメリットを整理してみましょう!
自分の状況を考慮して、話し合いのなかで最適な整理方法を探し出すようにしましょう。

 

任意整理のメリット
  • 裁判所と通さずに弁護士や司法書士が貸金業者(銀行や消費者金融など)と交渉を行うため、利用者の負担が少なく、周囲に知られる可能性も少ない
  • 弁護士や司法書士に任意整理を依頼することで、すぐに貸金業者からの督促が停止する
  • 重い利息負担をカットすることができる
  • 自己破産や個人再生のように官報に掲載されないので、第三者に知られることがない
  • 自己破産の場合の職業制限や資格制限がない
  • 自己破産や個人再生の場合には全ての債権者(銀行や消費者金融など)を対象にしなければいけないが、任意整理の場合は特定の債権者(保証付きなど)のみを除いて、一定の債権者との交渉が可能
  • 過払い金が発生している場合には、受け取ることができ、その分借金も減額される

 

任意整理のデメリット
  • 5年程度は個人信用情報機関にブラックリストとして掲載される。その間は新規の借り入れ、クレジットカードの利用ができない。
  • 裁判所を通す自己破産や個人再生とは違い、借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるわけではない。あくまでも双方の話し合いで減額することになり、和解が成立しない可能性もある

 

まれに、強硬な態度の貸金業者も存在するので注意が必要です。ただし、この場合でも、間に弁護士や司法書士が入っているのであまり心配する必要はなく、最適な次善策を講じてくれます。

 

任意整理を依頼する場合には、できるだけ経験豊富な専門家を選択することが重要です。