任意整理後にカーリースの審査は通るの?

MENU

カーローンとカーリースの違いについてご存知でしょうか。それぞれに一長一短があり、どちらがご自身にとって適しているのかを考慮しての選択が肝心となります。

 

また、任意整理をした後に審査が通るかどうかについても頭に入れておくべき点です。カーローンであってもカーリースであっても事前に考慮しておかないといけない点は少なくありません。

 

その上でどういった対応をすべきかも考えないといけない点であり、あまり仕組みについて理解していない方も多いです。最大の焦点となるのは任意整理をした後に審査が通るかどうかであり、ご自身が該当する状況にあるのなら当然ながら知らないといけません。

 

カーリースとカーローンの違いって?

カーリースとカーローンの決定的な違いとしては、支払いを全て済ませた後に所有権が残るかどうかです。

 

カーローンの特徴としては、まず支払総額が高くなる点があります。

 

また、支払いを全て済ませた後に所有権が残り、車を売却しての乗り換えも可能です。そして、ローン中の乗り換えが不可能で別途自動車税や車検代が必要になります。

 

カーリースの特徴は、支払い総額が低く、新しい車でリース契約が可能です。

 

リース中の乗り換えはできず、全ての支払いを済ませた後の所有権はリース会社になります。そして支払い総額の中には税金や保険料も含まされるのが特徴です。

 

一概にどちらが良いという訳ではなく、それぞれの特徴を加味した上で適している方を選択するのが望ましいといえます。

 

やはり大きなポイントになってくるのが、全ての支払いを済ませた後の所有権です。車のリースは3年や5年といった契約期間を定めた上で、残存価値を差し引いて残りのお金を分割で支払っていくものです。

 

購入費用や整備点検費用、あるいは税金や自賠責保険料といった経費と利息をリース会社に支払って車を借りられる仕組みとなります。

 

とにかく良い車に乗りたいと考えるのならカーリースを選択するのが良いでしょう。

 

リース会社の宣伝文句となっているのがこの部分で、最終的に手元には残らないものの、求めている車を選択できます。

 

カーリースとカーローンの違いを把握し、一長一短があるのを絶対に理解しないといけません。ご自身にとってどういった選択をすべきはその時だけではなく、後の生活のことまで頭に入れての対応が必要になります。

 

リース期間満了後は車は手元に残らない

リース期間満了後に車が手元に残るのがカーローンで、カーリースは手元に残らないという決定的な違いがあります。

 

リース期間が満了した後に乗り換える車が決まっているのなら、カーリースを選択した方が良いでしょう。

 

リース期間が満了して手元に車を残しておきたいカーローンの選択が望ましいです。一長一短あるのがカーローンやカーリースであり、それぞれの特徴は絶対に加味した上での選択をしないといけません。

 

カーリースを選択したとしても、残存価格はあります。その残存価格を追加で支払って車を買い取る手もあるものの、カーローンと比べるとどうしても総額の支払いは高くなる可能性が高まるでしょう。

 

カーリースを選択した場合の選択肢は決して少なくありません。新しい車をリース契約し、乗り換えるという手があります。リース契約を延長する手もあれば、買い取りも可能です。

 

もちろん、多くの方が選択するリース期間満了後にリース会社に返却する手もあります。とりあえずカーリースを選択した後に、生活状況に合わせて様々な選択をしていくという手もない訳ではありません。

 

理想となるのは先々の生活状況を踏まえての選択です。

 

どの選択をしても決して間違いではありません。ただ、後に後悔しない選択をすべきであるのが基本であり、車の走行距離や中途解約といった制限がカーリースにつく点も忘れてはいけないです。

 

ブラックリストに登録していると審査は通らない

これからカーリースをしようと考える方が注意しないといけないのは、カーリースの特徴を加味することだけではありません。ブラックリスト入りしていると審査が通らないという点も頭に入れておくべきで、借金問題を抱えている方は特に要注意です。

 

カーリースとローンは別物と考える方もいるものの、個人の信用情報を確認する点に変わりはありません。これはリース契約が原則と仲介役ができないのが大きな理由となります。

 

審査の段階で支払い能力に問題がないか、信用情報に問題がないかといった点を確認されるのを頭に入れておかないといけません。

 

リース会社も金融業者と同様に、信用情報機関に加盟しています。信用情報機関にブラックリスト入りしているのなら、審査が通ることはないと考えて問題ありません。もちろん、金融事故の履歴がないのなら全く気にする必要はないです。

 

これは個人名義でも法人名義であってもこれは変わりありません。

 

法人名義なら無理でも、個人名義なら金融事故歴が知られていないのではと考える方もいるものの、この考えは通用しないです。個人信用情報機関では、個人の支払いの延滞や任意整理といった情報をしっかり登録しています。

 

個人信用情報機関はどの金融機関であっても照会できるようになっている機関です。金融機関での融資やローンそしてリースを受けられなくなるだけの理由に繋がるのがブラックリスト入りとなります。

 

そもそもリースは実質的にローンとそう変わりはなく、ブラックリスト入りしたのなら傷のある5年間は難しいと言わざるを得ないです。任意整理の登録機関中にカーリースは難しいのが事実で、覚えておいた方が良いでしょう。

 

カーリースを考える方は、任意整理に伴う大きなリスクがあることを注目しないといけません。

 

信用情報機関に加盟しているリース会社

信用情報機関に加盟しているリース会社の代表を挙げると、三菱オートリースはJICCや株式会社CICに加盟しており、日本カーソリューションズやオリコも同様です。

 

日立キャピタルオートリースやマツダオートリースはJICCには非加盟であるものの、CICに加盟しています。信用情報を照会するのはリース会社にとって当然であるのはいうまでもありません。お客様からの支払いが滞ってしまうのは会社にとって大きな損失に繋がります。

 

もちろん、生活状況が変わったなどの理由で支払いが滞ってしまう可能性は誰しもにあるものの、事前にその可能性を模索するために審査するのは当たり前です。信用情報はリース契約ができるかどうかの境目であり、審査されているものと認識して問題ありません。

 

JICCと株式会社CICの両方に加盟している場合もあれば、どちらかにだけ登録している場合もあります。いずれにしても、個人の金融事故や任意整理をしているかといった点は審査しているのが事実です。

 

これらの点に該当するのならリース契約を主に考えるのは危険であるものの、個人保証があるのならまた話は変わっていきます。支払いが滞ってしまった場合に、個人保証してくれる方に支払いの催促がいくという流れになります。

 

この方法は現実的とは言い難い方法であるものの、どうしてもリース契約をしたいと考えるのなら頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

リース会社としては多くの方にリース契約をしてもらいたいと考えるものの、あくまでも支払いに問題がないかを考えるものです。この根っこの部分はリース会社も金融業者も変わりません。

 

任意整理をすることによってのリスクは5年間ブラックリスト入りしてしまう点が最たる部分といっても過言ではありません。車が生活にするにあたって必ず必要であるのなら、特に注意しないといけないといえます。