自分でする任意整理は得?それとも損?

MENU

任意整理を自分ですることができるか?

「手数料がもったいないので自分で任意整理をしたい」
そう考えたことはありませんか?確かに任意整理の手数料は安いものではありません。1社だけでなく数社分依頼するとなるとそれなりの額になりますよね。

 

この記事では「任意整理を自分ですることができるか?」について考えてみましょう。

 

任意整理の流れ

一般的な任意整理の流れは以下のとおりです。

 

  1. 借金の総額を確認する
  2. 貸金業者と減額交渉を行う
  3. 交渉が成立したら、和解書を取り交わして再契約をする
  4. 再契約に基づいて返済開始

 

自分でも「やれなくはない」

自己破産や個人再生は専門的な書類を裁判所へ提出する必要があるため、専門家への依頼が必須です。依頼せず自分でやるのも無理ではありませんが、非常な困難を伴いますし、裁判所に「専門家へ依頼しては?」と言われたりもします。

 

一方、任意整理は法律的な書類の作成は最後に取り交わす和解書以外にありません。その和解書もたいていの場合貸金業者が作ってくれますので、「書類の作成」という観点からすると、自己破産や個人再生と比べ「自分でやりやすい」手続きであると言えます。

 

返済が滞ったときに貸金業者から来る手紙に、「返済にお困りの方はご相談ください」と書いてあるのを見たことはありませんか?その言葉に従って貸金業者へ連絡を入れ、月々の返済額を減らしてもらうような話をした場合、それも広い意味での「任意整理」です。

 

自分で任意整理をする場合のメリット

1.任意整理手数料がかからない

当たり前ですが、専門家へ依頼をしないのであれば、その分の手数料は必要ありません。

 

2.専門家への連絡の手間は不要

こちらも当たり前ですが、弁護士などの事務所を探して予約し、相談へ出向き、依頼の手続きを取って…という手間を省くことができます。

 

自分で任意整理をするデメリット

1.良い条件での和解が難しい

弁護士などの専門家が和解交渉をした場合、貸金業者は比較的簡単に「将来利息なしでいいですよ」「定額の分割でもいいですよ」と柔軟な対応をしてくれます。
しかし「本人」が相手だと貸金業者は強気です。「大幅に減らしてもらうぞ!」と思って連絡をしても、交渉に慣れた担当者に丸め込まれてしまい、「毎月の支払額をやや減らす」という程度の和解しかできないことが多いのです。

 

2.不利な条件での和解に気付けない

「良い条件での和解が難しい」どころか、気がつかずに不利な和解をしてしまう可能性もあります。
たとえば、正しく計算をすれば過払い金が発生するようなケースでも、貸金業者は自分から「過払い金が発生しているのでその分あなたにお金を返します」とは言いません。こちらが正しい知識を持って計算・交渉を行わなければ、気がつかないうちに不利な和解をしてしまうことになります。

 

3.さまざまな事務手続が面倒

任意整理をしていく上では、電話でのやりとりだけではなく、和解書への記入・押印、返送など、こまごまとした事務作業をする必要があります。
相手が1社のみだった場合はそこまででもありませんが、数社まとめて任意整理をするとなると、一体どこと交渉したのか、さっき話したのはどこの会社の担当者だったのか、和解書はいつ送ってくるのか、支払開始は今月なのか来月なのか…など、混乱してしまうことも多いでしょう。

 

「専門家への依頼」をおすすめする理由

任意整理を自分で行うと、確かに手数料は発生しませんが、総合的に考えるとやはり専門家へ依頼することを強くおすすめします。その理由は以下のとおりです。

 

1.有利な条件で和解することができる

専門家は適切な計算方法で借金額を再計算しますので、正しい借金額をきちんと算出することができます。
それに加えて「将来利息なし」を基本として交渉を行い、貸金業者もそれを受け入れてくれることが多く、自分で交渉をするときよりもはるかに有利な条件で和解をすることができます。
自分で交渉した場合と減額の幅が段違いですので、手数料の支払を考えても、明らかにメリットが大きいのです。

 

2.依頼後、しばらくの間は借金を支払う必要がなくなる

 

専門家へ依頼したあと、和解が成立するまでの間は、依頼した分についての借金の支払は不要になります。依頼後に支払ってしまうと借金の額が確定せず、交渉に影響があるためです。支払を止めている間、貸金業者に払わなくて良くなった分を任意整理手数料として積み立てる、というのが無駄がなくて良いかもしれません。詳しくは依頼先に確認してみましょう。

 

3.依頼後は放っておくだけ

一度専門家へ依頼したら、相手との交渉や和解書の取り交わしなどの面倒な事務手続きは全て専門家が行いますので、依頼後は放っておくだけで良いのです。ただし、確認事項があって連絡が来たりすることはありますので、連絡はいつでもつくようにしておきましょう。

 

まずは相談してみよう

  • どれくらい減額ができるのか
  • 過払い金があるのかないのか
  • 自分の収入の範囲内で返していけるかどうか

 

など、わからない点が多い状態だと「専門家への依頼」はハードルが高いですよね。そんな場合は「まずは相談」という形で、自分の借金の状況を確認してみることをおすすめします。
多くの人が勘違いしているのですが、相談=依頼しなくてはならない、ということは決してありません。最近ではメールなどで相談を受け付けているところも多くあります。「まずはちょっと相談」というイメージで、連絡をしてみてくださいね。あなたが想像しているよりも気軽に話ができるはずですよ。