結婚前の借金整理はどうすれば良い?デメリットの少ない「任意整理」がおすすめ!

MENU

結婚を間近に控えている場合に、借金を抱えている場合には、結婚後にパートナーの方に経済的な負担をかけえないためにも返済を結婚前にしておきたいものです。

 

しかしながら、巨額の借金を抱えている場合には、簡単に返済をすることができなくなってしまうことも考えられます。そのような場合には債務整理の方法を考えてみるといいでしょう。

 

債務整理の方法についてわからないような場合には弁護士さんに相談してみるのがお勧めです。一般的にはデメリットの少ない任意整理の方法で借金整理をするのが良いでしょう。

 

結婚する前に任意整理をしたら相手にばれる?

任意整理を行ったということは結婚予定の相手にわかってしまうものなのでしょうか?

任意整理を行ったとしても、戸籍などには記載されてしまうことはありませんので、結婚してもそのことが相手に知られてしまうことはないものです。

 

もちろん任意整理を行ったとしてもそれは法的に認められているプロセスですので、法的に結婚が認められなくなってしまうようなこともありません。

 

任意整理を行った場合には借金の返済額が減額になりますので、結婚後にパートナーに与える経済的な負担も小さくなりますので、非常にお勧めの方法になります。

 

任意整理などの債務整理の方法は法律で認められた手続きですので、それを行うことによって社会的なデメリットを受けてしまうようなことはありません。むしろ、借金の返済にトラブルがあるのにも関わらずそれをそのまま放置してしまうことの方が危険なことです。

 

場合によっては強制執行などの手続きを取られてしまって、結婚後に住むはずだった家に住めなくなってしまう可能性も出てきてしまいます。

 

借りたお金はきちんと返すことを実行していかなくてはなりません。また、返済額の負担が大きくなってしまった場合には弁護士さんに相談して任意整理などの方法を行うといいでしょう。

 

結婚後にローンを組む予定がないなら債務整理するのが◎

任意整理などの債務整理の方法を行うといわゆるブラックリストのその情報が掲載されてしまうことになります。ブラックリストに掲載されてしまうとカードを新たに作ったりすることやローンを組むことができなくなってしまいます。

 

例えば結婚後にすぐに家をローンで購入したいと思っているような場合に任意整理の方法を行ってしまうと、ブラックリストに入っている間はローンを組むことができなくなってしまいます。

 

家を結婚後すぐに購入しようと思っていない場合には特に問題にはなりませんが、家の購入を考えているような場合には、しばらくの間はローンを組むことができなくなってしまいます。

 

といっても、ブラックリストに永久にその情報が記載されているわけではありませんので、それが解消されればローンを組むことも可能になります。

 

ブラックリストに載っている間は基本的にカードなどを使うことができなくなってしまいますので、現金での買い物がメインになってしまいます。
結婚後はパートナーの人にお金の管理をお願いして、無理のない生活を送っていくようにするといいでしょう。

 

 

任意整理の方法をとらなければもちろん過ぎにローンを組むことも可能になりますが、ローンと合わせて多くの金額を支払うことになりますので、かなりの経済的な負担を余儀なくされてしまいます。

 

ブラックリストに載っている期間はローンを組むのを我慢して、晴れてその期間が終了したら、家の購入をするということも良い方法になります

 

借金を返済しているときの精神的なストレスは、机上の計算では想像できないような大きなものであるものですので、ストレスの問題についてもあらかじめ予想しておくことも必要になります。家の購入のタイミングについては夫婦間でよく相談してみるといいでしょう。

 

また、無理なローンを組んでしまって返済ができないようなことになってしまうと、マイホームを手放すようなことにもなってしまいます。そのような最悪な状態は避けなくてはなりません。

 

借金の返済の問題についての疑問点は、弁護士さんに相談をしてみるといいでしょう。

 

一番適切な方法をアドバイスしてくれる可能性が高くなります。また、借金の相談を行う弁護士さんは、その案件に対してこれまで多くの実績を持っている方というのが理想的ですので、そのような弁護士さんを、インターネットなどを介して探してみるといいでしょう。

 

弁護士さんへの相談は、初回は無料で対応してもらえることも多くなっています。

 

借金整理をする場合は早期に弁護士に相談!

結婚をするにあたって今抱えている借金の清算を考えている場合には、早期の対応がお勧めです。一番お勧めの対応法はなんといっても弁護士さんに相談をすることです。

 

弁護士さんに相談をすると、支払いの請求などがやってくるようなこともなくなりますので、かなり気持ちが楽になるものです。

 

もちろん、弁護士さんに相談することによって借金が完全になくなるわけではありません。あくまでも負担の少ない形で借金の返済を行って行くことを考えていくことが重要なポイントになります。

 

また、過払い金などがある場合には同様に借金の返済の負担を減らすことができます。

 

結婚前に借金のことを婚約者に打ち明けるほうがいいのかそれとも内緒にしておいて、結婚前にすべての借金を清算するのがいいのか、判断に迷う部分がありますが、いずれにせよ借金の返済を先延ばしにしておくのが決していいことではありません。

 

延滞金などが発生しているような場合には、それが膨大になってしまうことも考えられますので、迅速に対応をしなくてはなりません。

 

借金の返済については時効の制度もありますが、それに頼るのも決していい方法ではありません。時効の成立は時間だけを待っていれば成立するものではありません。

 

場合によっては時効が成立しなうようなことも考えられます。そうなってしまうと、非常に莫大な返済を迫られることになってしまいます。かなり悲惨な状況になってしまいます。

 

場合によっては自己破産の手段を取る必要も出てきてしまいます。自己破産の手続きを取るようなことになってしまうと、自宅や車なども手放さなくなってしまいますので、楽しい新婚生活を送ることは現実的に不可能になってしまいます。

 

借金の問題についての対処に困ってしまっているような時には、迷わず弁護士さんに相談してみることがお勧めです。法律的な観点からのアドバイスに加えて、お金に対する考え方の部分まで懇切丁寧に対応をしてくれるようになります。

 

結婚することによってパートナーに対しての責任もでてきますので、お金に対しての考え方を弁護士さんからのアドバイスによって修正出来れば大きなメリットになってくるでしょう。

 

借りたお金は返済するのが基本であるのは言うまでもありません。また、借金の返済について大きなメリットを持った方法を提案してくれるようになる事も期待できます。弁護士さんは新たな結婚の門出をスタートさせる上でも非常に重要な存在になってくるでしょう。