岡田法律事務所の口コミ評判

MENU

借り入れ件数が多くなければ任意整理ができない?

弁護士に相談をすると30分5,000円に消費税。これは一般的な相談料です。
各自治体でも無料相談を開催しており、月に一度程度無料で弁護士や司法書士などの専門家が相談を受け付けています。30分ほどの短い時間ではありますが、無料で相談できるとあってどこの自治体でも多くの方が相談をしています。

 

足を運んだことがある方であればご存知かもしれません。自治体が行う法律無料相談は、相談者が集中し、なかなか相談をすることができないものです。また、弁護士協会、司法書士協会でも日時限定で無料相談を行っていることもあります。

 

いずれも大きなリスクとして「選択権がない」ことはあまり知られていません。

 

無料相談を受けると、そのまま依頼をするかやめるか、その2択です。弁護士や司法書士を選ぶことはできません。

 

岡田法律事務所

 

岡田法律事務所の公式サイトはコチラ

 

無料相談はメールで行える岡田法律事務所

現在、借金問題に不安を抱えているのであれば無料相談を複数の法律専門家に問い合わせて比較する方法があります。

 

岡田法律事務所は初回相談が無料です。全国対応しており、土日も相談に対応しています。匿名でも利用できる無料メール相談を利用してみましょう。「聞くだけはタダ」です、借金問題解決のためにまずは相談です。

 

メール相談を選択します。
メールで相談はこちら

 

匿名でも申し込みができます。借入総額、借り入れ件数は、今後の相談の大きくかかわってくる大事なポイントです。プルダウンの中には選択肢が少なくなっていますが、「ご相談内容」の欄に詳しい状況を書きましょう。

 

無料相談お申込みフォーム

 

無料相談への解答はメールもしくは電話で連絡があります。初回相談は無料、この時に十分な相談ができるように用意しておきましょう。

 

債務問題はどのように解決する?

土日祝日も対応している岡田法律事務所、借金問題はどのようにして解決されるのでしょうか?

 

債権状況の確認

無料相談後、岡田法律事務所に依頼をするとなれば、債務状況を確認したのち受任手続きを行います。
受任手続きとは、正式に依頼者の代理人となったということです。

 

受任通知

各債権者へ岡田法律事務所が代理人になったことを通知する「受任通知」を発送します。
ここで取り立てが止まります。

 

引き直し

過払い金を引き直し計算し、現在の借金残高から債権額を計算、確定します。

 

和解案提示

各債権者へ和解案の提示です。
過払い金があればその請求をします。
任意整理、個人再生、特定調停などによる借金の減額の場合には交渉を行います。

 

和解書の取り交わし

債権者との交渉が成立したら和解所の取り交わしを行い、過払い金返還額もしくは借金残債の支払額を決定します。

 

支払い開始

借金残債の支払いを開始します。

 

料金を明確にしてくれる安心

現在、借金問題で困窮している状態にありながら、これ以上の不明な出費は避けなくてはなりません。岡田法律事務所は事前に料金を明確にしています。例えば任意整理手続きはこのようになっています。

 

着手金 \20,000 (別途消費税)
報酬金 \20,000 (別途消費税)
減額報酬 10%(別途消費税)
過払報酬 20%(訴訟の場合25%)(別途消費税)
その他諸費用 \5,000(別途消費税)

 

はっきりとした料金、安心ができる大事な要素です。

 

岡田法律事務所

 

岡田法律事務所の公式サイトはコチラ