ブラックリストに載る期間はどれぐらい?債務整理するとブラックリストに載ってしまう!

MENU

ブラックリストに載っているから銀行からお金を借りることができない、

 

といった話を耳にしたことがある方もおられるでしょうが、ブラックリストがいったいどのようなものでどんな機関が管理しているのかご存じという方は少ないでしょう。
そこで、ここではブラックリストの真実や載る期間などについてお話したいと思います。

 

ブラックリストというリストは実際にはありません

銀行や消費者金融などお金を貸してくれるところはたくさんありますが、どこでお金を借りるにしても審査は必要となります。

 

ビジネスでお金を貸している以上利息と元本をしっかり返済してもらわなくてはなりませんし、きちんと返済してくれる人かどうかを見極めるためにも審査は絶対に必要です。

 

このお金を借りるときの審査ですが、過去に債務整理したからブラックリストに載っている、だから審査に通らないという話をよく聞きますよね。

 

そもそも、このブラックリストとはどのようなものかという疑問を抱いている方はたくさんいると思いますが、厳密にはブラックリストと呼ばれるものは存在しません。

 

ブラックリストと聞くといかにもおどろおどろしい情報がたくさん記入された恐ろしいファイルのようなものを想像してしまいますが、実際にはそんなリストは存在していないのです。

 

意外とこの事実を知らない方は多いですし、実際にそのようなリストが存在していると信じてやまない方もたくさんいます。

 

では、よく話に聞くブラックリストとはいったいどのようなものなのかというと、これは個人信用情報機関に登録されている情報のことを指しています。

 

信用情報機関というのは金融機関や貸金業者が審査を行うときに情報を照会するための機関で、複数の組織が存在しています。

 

この情報機関には債務整理や過去の金融事故といった情報が登録されていますし、金融機関や貸金業者が審査を行うときの大きな判断材料となるのです。

 

ブラックリストと呼ばれるリストが実際に存在しないということに驚いてしまった方も多いと思いますが、ブラックリストそのものは存在しなくても似たようなものはあります。

 

ただ呼び名が違うだけで、債務整理や金融事故などの情報は記録されていますから覚えておきましょう。

 

ただ、信用情報機関に登録されているのは何も悪い情報ばかりではありませんし、優良な顧客であることを証明できる情報もいろいろと登録されています。

 

3つの個人信用情報機関

個人信用情報機関とは先ほども少しお話したように金融機関や貸金業者が審査を実施するときに情報を照会している機関です。金融機関や貸金業者からすると貸したお金は利息をつけて返してほしいですし、そのためには顧客の信用度を調査する必要があります。

 

信用情報機関にはその信用度を測るいろいろな情報が登録されていますから、それを参考に融資を実行可能かどうかを見極めているのです。ただ、この信用情報機関は一つではなくいくつかあります。

 

日本国内に存在している信用情報機関はKSCとCIC、JICCの三つとなります。

 

これらの信用情報機関はクリンと呼ばれる交流ネットワークを介して一部の信用情報を共有していますが、全部の情報が共有されているというわけではありません。

 

実際に一つずつご紹介していきますが、まずCICはクレジットカード会社や信販会社、一部の消費者金融などが加盟している情報機関です。リース会社や保険会社、携帯電話会社が加入していることもあります。

 

JICCは日本信用情報機構と呼ばれる組織でさまざまな貸金業者が加盟しています。消費者金融や信販会社、保証会社、リース会社などが加盟していることが多く、規模の大きな組織でもあります。

 

KSCは全国銀行個人信用情報センターと呼ばれる組織で、銀行をはじめ信用金庫、信用保証協会などが加盟しています。奨学金で知られる日本学生支援機構もこのKSCに加盟しており、奨学金の返済を三ヶ月以上延滞するとここにその情報が登録されてしまいます。

 

このように、一口に信用情報機関と言ってもいくつかの組織があることが理解できたでしょうか。

 

これらの組織がお互いに情報を共有、交換することで過剰な貸し付けを回避したり、悪質な顧客への融資を防ぐことができます。

 

債務整理や延滞などの金融事故を起こしてしまうとこれらの信用情報機関にその情報が登録されてしまいますし、結果的に審査に通りにくくなるということです。

 

マイナスな影響を及ぼす情報

ブラック情報、とよく聞くもののどのような情報がブラック情報なのでしょうか。

 

ブラックリストが存在しないという衝撃の事実については既にお話した通りですが、ブラックリストはなくても信用情報機関にはさまざまなブラック情報が登録されています。

 

登録される情報というのは統一されていないためそれぞれの機関によってやや違いがありますが、主に氏名や住所、生年月日といった情報や、債務整理、延滞などの情報も登録されています。

 

延滞・遅延はもっともスタンダードなブラック情報の一つです。

返済期日から一日でも遅れてしまうと遅延には違いないのですが、信用情報機関に登録される延滞・遅延の情報は60日以上、または三ヶ月以上を指すケースが大半です。

 

1〜2日程度返済が遅れたとしてもその情報が登録されるようなことはありません。

 

また、代位弁済や保証履行といった情報もブラックとして信用情報機関に登録されます。

 

強制解約もポピュラーなブラック情報です。

 

強制解約というのは主にクレジットカード契約で多く、重大な規約違反などが確認されたときに実行されます。クレジットカードの強制解約というのはよほどのことですし、こうした情報もしっかりと登録されてしまうのです。

 

クレジットカードを利用した現金化などは利用規約に違反していますし、カード会社の知るところとなったときには強制解約の処分を受けることも多いです。ほかにも、不正利用で強制解約となるケースもあります。

 

最後にご紹介するのが債務整理です。

任意整理や特定調停、自己破産といった債務整理の情報は信用情報機関にしっかりと登録されます。

 

債務を整理しているような人に融資を行うのは自殺行為ですし、金融機関や貸金業者としては絶対にお金を貸したくない相手です。

 

債務整理をするとそのブラック情報が登録され、今後審査を受けるときに影響します。このように、一口にブラック情報と言ってもいろいろな情報があることを知っておいてください。

 

情報機関に記録される情報とは?

情報機関に記録される情報はブラック情報ばかり、と思ってしまう方もおられるでしょうが、実際にはブラック情報だけが記録されるわけではありません。どうしてもそう考えてしまいがちですが、実際にはブラック情報以外にも優良な顧客であることを証明できる情報も記録されています。

 

ここでは、信用情報機関に登録されるブラック情報以外の情報についてお話したいと思います。

 

先ほども少し触れましたが、基本的な個人情報は信用情報機関に登録されています。基本的な個人情報がどのような情報を指すのかピンと来ないという方もおられるでしょうが、氏名や生年月日、住所、勤務先などが挙げられます。

 

これらの情報は融資の申し込みをするときに記入するものですし、信用情報機関にもしっかりと登録されます。氏名や生年月日で虚偽の記入をしていたとしても身分証などでバレてしまいます。

 

ブラック情報が多いと思われがちな信用情報機関への登録情報ですが、実はお金を借りようとしている方にプラスとなる情報も登録されています。

 

その一つが完済の情報です。

 

クレジットカードや消費者金融でのキャッシングなどをして完済した場合にはその情報が登録されますし、銀行カードローンなど融資を受けたお金を完済したときにはその情報が登録されるのです。

 

お金を借りてきちんと完済するというのは当たり前のことですが、金融機関や貸金業者からすると優良な顧客ということになります。

 

利用状況も記録されています。

 

つまり、今現在他社からいくら借りていてどれくらい返済しているかという情報です。

 

キャッシングやカードローンの申し込みをするときに他社からの借入額を記入することがあると思いますが、ここで虚偽の記入をしたとしても信用情報機関に情報を照会するとあっさりバレてしまいます。

 

利用状況の情報も登録されていますし、審査にクリアしたいからと他社からの借入額を少なく記入していたとしても照会すればすぐに知るところとなってしまいます。

 

債務整理した場合の情報の保有期間は意外と長い

  • 借金がどうしても返済できない、
  • 月々の返済がきつすぎて生活できない、

というケースだと債務整理を検討することになります。

 

もちろん、そのような状況に陥っても何としてでも自力で返済するんだと頑張る方もいますが、どうしても返済が難しいというケースだと債務整理をすることになるでしょう。

 

債務整理と言ってもいくつかの種類があり、任意整理や特定調停、個人再生、自己破産などがあります。よく耳にするのは任意整理と自己破産ではないでしょうか。

 

これらの債務整理は弁護士など法律の専門家に依頼することが普通ですが、その気になれば自分でもできてしまいます。

 

債務整理をするとその情報が信用情報機関に登録されてしまいます。

 

金融機関や貸金業者は信用情報機関に照会し、債務整理や金融事故がないかをチェックしますし、債務整理をしていることが分かるとほとんどの場合お金を貸してくれません。

 

債務整理するような人だと信用度が低いですし、そもそも本当に経済力があるのかも疑問視されてしまいます。銀行や消費者金融など、基本的にどこでも債務整理していると融資を受けることは難しいでしょう。

 

この債務整理の情報が信用情報機関に登録されてからどれぐらいのあいだ保有されてしまうのかということですが、任意整理の場合だとCICでは情報が記録されず、JICCだと5年ものあいだ記録されます。

 

KSCも同じく記録されませんからJICCのみが登録していることになります。民事再生はCICでは記録されず、JICCが5年、KSCが10年記録されます。

 

最後に自己破産ですが、CICとJICCがそれぞれ5年、KSCが10年間情報を保有しています。

 

債務整理の情報がどれだけの期間保有されてしまうのかについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。意外にも任意整理はJICCしか記録していませんでしたね。

 

基本的に5年、もしくは10年の期間ブラック情報が登録されてしまいますからその期間は借金することが難しくなります。