クレジットカードの未払いはいつまで可能?裁判にならないためには

MENU

クレジットカードの未払いはいつまで可能?裁判にならないためには

クレジットカードの返済を忘れていてもすぐに支払いを済ませば大きな問題にはなりませんが、未払いの状態をいつまでも放置していると大変なことになってしまいます。いつまでも未払いが続くと最終的に裁判ということにもなりますし、いろいろと面倒なことになってしまうでしょう。

 

そこで、ここではクレジットカードの未払いはいつまで可能なのか、裁判にならないためにはどうすればいいのかといったことについて詳しくご説明したいと思います。

 

クレジットカードを未払いしてしまった時の対処ステップ

今では誰もが財布の中に一枚はクレジットカードを入れているような時代です。ビジュアルの良いクレジットカード、キャラクターデザインを施したカードなどもありますし、ひと昔前に比べてクレジットカードを発行してくれるカード会社も増えました。

 

クレジットカードを一枚持っておけばショッピングも便利ですし、日常生活をより快適で便利なものにしてくれることは間違いありません。ただ、クレジットカードを使うということは一時的にカード会社に代金を立て替えて貰っていることになりますから、当然決められた期日には利用分を返済しなくてはならないのです。

 

しかし、人によってはカードの使い過ぎで期日までに支払えない、未払いになってしまうというケースもあります。

 

このような時にまずどうすればいいのかということですが、とりあえずはクレジットカード会社に連絡して相談しましょう。

 

期日を過ぎていても短期間内に支払えるのであれば相談にも乗ってくれるでしょうし、そのまま放置しておくよりはマシです。支払わなければいけないお金を支払っていないのですから、これは社会人としても当然のマナーではないでしょうか。

 

短期間内に支払することが可能という場合はまずクレジットカード会社に連絡を入れて相談してみましょう。

 

絶対に支払えない、支払えるはずがないという状況だと話は違ってきます。このような場合だとクレジットカード会社に連絡を入れてもどうしようもありませんし、このようなケースだと借金問題のエキスパートに相談するのがベストです。

 

では、借金問題のエキスパートとはいったいどのような人たちなのかということですが、法律の専門家である弁護士なら安心して相談できます。借金問題を専門とする弁護士もたくさんいますし、このジャンルを専門とする弁護士だと相談も無料でできるようになっています。

 

弁護士に相談するメリットはいろいろありますが、弁護士に依頼しているあいだは借金を返済する必要がなくなりますし、身内や職場の人に知られることなく自らの借金問題を解決することができます。

 

借金の悩みというのはなかなか相談できる相手がいませんし、弁護士に相談と言っても敷居が高いイメージがありますよね。

 

しかし、先ほどもお話したように借金問題を専門とする弁護士だと無料相談を受け付けていますし、相談するだけでも随分気持ちは楽になります。借金を抱えている方は精神的な余裕もなくなっていることが多いですし、法律のプロに話を聴いてもらうだけでも頭がすっきりしますよ。

 

クレジットカードで作った借金をどうあがいても返済できない、という場合は借金問題に強い弁護士に相談するというのが先決ですから覚えておきましょう。

 

弁護士に相談することをおすすめします!

クレジットカード利用分が未払いになるとどうなってしまうのかという疑問を抱いている方もおられるでしょうが、基本的には四つのステップがあります。

 

  1. 支払いの督促
  2. 信用情報機関への登録
  3. カード会社からの一括請求
  4. 強制執行

となります。

 

つまり、クレジットカード利用分を未払いのまま放置してしまうとまずはクレジットカードを利用することができなくなりますし、信用情報機関に個人情報が登録されることでブラックリスト入りとなります。ブラックリストに入ると当然今後借金などできなくなりますし、ローンも組むことができません。

 

また、カード会社から利用分を全額一括で返済せよと請求されてしまい、最終的には差し押さえなどの強制執行が待っています。

 

ここではクレジットカード利用分未払いにおける対処法をご紹介しますが、その前に支払いを滞納したことで私生活にどのような影響があるかについても知っておきましょう。まず、カードを滞納していると自分の家族に知られてしまうことが多いです。

 

また、勤務先でカードが必要なときなどに使えないとなると滞納していると察知されてしまうでしょう。また、引っ越しするときや海外旅行へ行くときにも少なからず影響が出てしまいますし、クレジットカード会社はもちろん裁判所からも督促が届きます。督促が届くと精神的に余裕もなくなってしまいますし、毎日お金のことを考えるようになってしまいます。

 

では、未払いになってしまったときはどうすればいいのかということですが、まずはクレジットカード会社に相談することです。

 

金利や支払い期間などについて相談すればもしかすると対応してくれるかもしれません。

 

カード会社としてもいきなり踏み倒されるよりはマシですからいくらか譲歩してくれる可能性はあるでしょう。次に、債務整理をして返済額を減らしてもらう対処法もあります。債務整理は債権者と話し合うことで借金額を減らしてもらったり、返済期間を変えてもらう方法です。

 

借金の総額を少なくできますし、利息や手数料などもカットできます。

 

基本的にはカード会社と相談するか債務整理するかのどちらかになります。クレジットカード会社によっては良心的に応じてくれるところもあるでしょうが、向こうも商売ですからそう簡単には応じないかもしれません。

 

あの手この手で支払うように説得してくるかもしれませんし、話が永遠に平行線になってしまうことも考えられます。もっとも現実的な方法はやはり債務整理ですから、未払いがどうしようもないというケースだと任意整理などの債務整理を視野に入れるべきでしょう。債務整理できれば今後の支払いも随分楽になりますし精神的な余裕もできるはずです。

 

クレジットカードを未払いのままにすると起こりうること

クレジットカードを未払いのままにしてしまうとどうなるのかは気になるところでしょう。滞納しているステップによって何が起きるかが変わってきますが、まずはカード会社から電話がかかってきます。

 

1日や2日程度遅れたところでいきなり電話がかかってくることはありませんが、1~2週間、もしくはそれ以上滞納しているとカード会社から電話がかかってきます。当然ですが支払いをしていませんからカードが利用できなくなっていますし、電話だけでなく督促状が自宅に届くようにもなります。この段階では支払いさえすれば大して大きな問題にはなりません。

 

この段階を過ぎると次は信用情報機関に個人情報が登録されてしまいます。

 

信用情報機関に延滞しているという旨の情報が登録されてしまい、俗にいうブラックリストに載ったという状態になります。このような情報が登録されてしまうとどうなってしまうのかということですが、まず今後借金がしにくくなりますし、ローンなども組みにくくなるでしょう。

 

信用情報機関の情報は銀行や貸金業者が閲覧できますし、共有されていますからどこの銀行やカード会社、貸金業者でも貸してくれなくなります。また、延滞で個人情報が登録されてしまうとその後に待っているのはカードの強制解約です。当然、解約ですから今後はそのカードをまったく使えなくなります。

 

次にやってくるのは一括請求です。一般的にはここまできてしまうとかなりヤバいと言われていますから注意してください。普通はこの段階になるまでに支払いをしますし、これ以降はかなりのレッドゾーンです。クレジットカード会社からも鬼のように督促がきますし、精神的にも参ってしまうでしょう。

 

督促状にはいつまでに支払うようにと記載されていますが、その期間内に支払うことができないと最終段階に向かってしまいます。一括請求されて決められた期間内に支払うことができればいいのですが、それができなかったら強制執行の段階に入ってしまいます。

 

強制執行となるともはや相手はクレジットカード会社ではありません。

 

この段階では裁判所が介入してきますから督促にも法的な力が備わっています。つまり、この段階での督促を無視してしまうと法的な措置を取られてしまいますし、財産を差し押さえられてしまうこともあるということです。

 

勤め人だと手始めに給与が差し押さえられてしまいますし、次は預金、家も差し押さえの対象となってしまいます。もちろん、これは一般的なステップですから実際にはこの段階通りにいくとは限りません。ただ、このようなことが実際に起きるということは覚えておきましょう。できることなら最終段階にまでくる前に何とかするべきですね。

 

信用情報と他のクレジットカードへの影響

信用情報への影響が気になるという方もおられるでしょうし、いったいどれくらい未払いが続けばブラックリスト入りしたりカードが強制解約になるのかと疑問に感じている方もおられるでしょう。

 

ブラックリストというものは実際には存在していませんが、信用情報機関に個人情報が登録されてしまうことを一般的にブラックリストに載る、と表現しています。

 

では、いったいどれくらいの未払いで信用情報機関に登録されてしまうのかですが、だいたい2~3ヶ月滞納が続いてしまうとブラックリスト入りとなってしまいます。支払い期日に引き落としができず、すぐにブラックリスト入りしてしまうと大騒ぎする方がいますが1日や2日遅れたくらいでそんなことは起きません。

 

ブラックリスト入りしてしまうとどんな影響があるのかですが、まず借金ができなくなってしまいます。よそでお金を借りて延滞しているような人へ新たにお金を貸すようなところはありませんよね。

 

信用情報機関に登録されている情報というのは共有できるようになっていますし、ほかのカード会社や銀行、消費者金融などの業者も閲覧できるようになっています。

 

消費者金融でもキャッシングはできないでしょうし、ローンを組むことさえ難しくなってしまうでしょう。ブラックリストに情報が記載されている限り新たに借金することはできませんし、当然住宅ローンを組むようなことも不可能です。

 

また、人によってはクレジットカードを数枚持っているという方もいるはずです。このような場合、未払いにしているカード以外はそのまま使えるのではないかと思ってしまいがちですが、世の中そう甘くはありません。

 

未払いが続いているカードが利用できなくなるのは当然のことですが、実はそれ以外のクレジットカードも使えなくなってしまいます。

 

クレジットカード会社はカード申し込み時に審査を行いますが、カードを発行したあとにも与信調査を実施しています。これを途上与信と呼びますが、この段階でブラックリスト入りしていることが分かってしまうとカードが利用停止になってしまうのです。

 

クレジットカード会社としては少しでも焦げ付きのリスクを避けたいですから、定期、不定期に途上与信を実施しています。ブラックリスト入りしているような人がいれば当然今後のリスクを避けるためにもカード利用停止にしますよね。

 

カード会社が途上与信でブラックリスト入りしているのを確認してしまえばその時点でそのクレジットカードは使えなくなるということです。カード会社としても自分の会社の利益を守らなくてはいけませんから、こうした途上与信は当たり前のように行っています。

 

生活に支障をきたすことも

クレジットカードを未払いにしていることが私生活に影響を及ぼすこともあります。まず、家族や勤務先に未払いが知られてしまうというリスクがあることは覚えておきましょう。と言っても、クレジットカード会社から直接自分の両親や兄弟などに電話がかかってくるわけではありません。

 

では、どうして家族にバレてしまうのかということですが、カード会社からの督促状は通常自宅に届きますし、当然郵便で届くということは家族の目に触れる機会もあるということです。毎日ポストに張り付いているわけにもいかないでしょうし、両親や兄弟が郵便物を確認していて督促状を発見し、何だこれはとなるケースが多いのです。

 

また、カードの未払いが続くと引っ越しで不都合を被ることもあります。賃貸住宅で暮らしている方だと不動産会社に物件を探してもらい、その後気に入ったら契約という流れになります。しかし、最近では家を借りるときに保証人ではなく保証会社を利用してほしいという大家が多いですし、保証会社は信用情報もチェックしています。

 

そのため、保証会社を利用できずに新居が決まらないということもあります。

 

一般的な入居審査で落ちてしまうのでは、という疑問や不安を抱いている方もおられるでしょうが、基本的に入居審査とブラックリストは関係ありません。クレジットカードの未払いがあるとしても入居審査でそれがバレてしまうということはまずないのです。

 

単純にクレジットカードが使えないとさまざまなシーンで不便です。

 

例えば、現代人に必須のアイテム携帯電話やスマホですが、クレジットカードからの支払いにしているケースもあると思います。また、家賃や公共料金の引き落としをクレジットカードにしているという方もおられるでしょうが、カード利用停止になっているとそれもできなくなってしまうのです。

 

支払方法をいろいろと変更しなくてはなりませんし、面倒な思いをすることになるでしょう。当たり前ですが日頃からカードで買い物などをしていた方だとそれができなくなるため不便ですし、その都度現金で支払いをしなくてはならなくなります。

 

クレジットカード会社や裁判所から届いた督促状をそのまま無視して放置し続ける方もいるようですが、これはお勧めできません。未払いの初期段階でカード会社から送られてくる督促状を無視してもいきなり差し押さえとはなりませんが、裁判所からの支払督促申立書などの書類を放置しておくと差し押さえができるようになってしまいます。

 

裁判所が絡んでくると法的な措置を取れるようになりますから、給与や自宅などがあっさり差し押さえられてしまうことになります。

 

クレジットカードの支払いが遅れらどうすれば良い?

クレジットカードの支払い遅れが長引いてしまうといろいろな問題が起きてしまいます。

 

1週間くらいの遅延なら特にこれといった問題にはなりませんし、支払いさえすればカードの一時利用停止も解除されるでしょう。しかし、2~3ヶ月も延滞するとなると信用情報機関に登録されてしまいますし、私生活にも大きな影響を及ぼしてしまうことになります。

 

では、クレジットカードの支払いが遅れてしまったときにはどうすればいいのかということですが、結局のところは支払うか債務整理するしかないというのが正直なところです。ただ、支払えるお金があるのならわざわざ延滞などしていないでしょうから、基本的には債務整理の方向で動くことになるのではないでしょうか。

 

また、クレジットカード利用分の支払いが遅れている場合は遅延損害金についても注意しなくてはなりません。

遅延損害金というのは読んで字のごとくで、支払いが遅れていることに対する賠償金です。

 

通常の利息よりも高く設定されていることが多いですし、支払いまでの期間が長引けば長引くだけこの遅延損害金は高くなってしまうのです。結果的にどんどん借金が膨らんでいるのと同じですから、遅延損害金の存在を忘れてはいけません。

 

14%程度の通常利息を設定しているようなカード会社の場合でも遅延損害金になると20%を超えることはザラにあります。

 

遅延損害金は必ず支払いしなくてはならない性質のものですが、遅延損害金を支払わなくて済む方法もあります。これが先ほど少しお話に出てきた債務整理で、債務を整理する手続きをとることで遅延損害金の支払いをしなくても良くなります。

 

あまりにも延滞が長引いているケースだと遅延損害金もそれなりの額になっていることが多いですし、これをカットできるのであれば債務整理を検討するべきですよね。ただ、債務整理と一口に言ってもいろいろな種類がありますし、それぞれのやり方も特徴も違います。

 

クレジットカードでの借金を債務整理する方法だと任意整理がもっともスタンダードですし、遅延損害金をある程度カットしてもらうことができます。

 

自己破産という手もあります。自己破産はもっともよく知られた債務整理の方法で、破産すればすべての借金を失くすことができます。借金をすべてチャラにして人生をやり直したい、という方や支払額があまりにも大きい場合などは自己破産という選択肢も加えておきましょう。

 

任意整理の場合だと遅延損害金を完全にカットということはできませんでしたが、自己破産なら遅延損害金を支払う必要はなくなります。いずれにせよ、債務整理をしないでいると遅延損害金は絶対に支払わないといけませんが、債務整理を実行することによって免れることも可能です。覚えておきましょう。

 

滞納で差し押さえや裁判を起こされる前に弁護士に相談!

クレジットカードの利用分を滞納し続けているとまずはクレジットカード会社から督促が届き、最後には裁判所からの督促状が届くようになります。クレジットカード会社から送られてくる督促状に大した効力はありませんが、裁判所から送られてくる督促状はまったく別物です。

 

こちらは裁判所が発行しているものですから法的な効力がありますし、財産を差し押さえることができるのです。あらゆるものが差し押さえの対象となってしまいますし、職場の給料はもちろん不動産、自分名義の預金や車などありとあらゆるものが差し押さえの対象となります。また、もっと怖いのは差し押さえによって職場に借金滞納がバレてしまうことです。

 

給料が差し押さえとなれば当然それは職場の知るところとなります。裁判所から勤務先に通知がありますから、クレジットカードで作った借金を滞納して差し押さえられる段階まできていることが職場に知られてしまうのです。

 

それだけで職場を解雇されるということはまずないでしょうが、それでも会社内での信頼が地に落ちるのは目に見えていますね。仕事がデキる人でもお金にだらしがない人というレッテルを貼られてしまいますし、上司からも目をつけられてしまうかもしれません。

 

お金にだらしない社員を出世させてくれるような職場はまずありませんし、今後その会社で浮き上がれることはないでしょう。このような恐怖もあることを覚えておいてください。

 

滞納して差し押さえや裁判となるといろいろと面倒ですし、私生活、社会生活にもさまざまな影響を及ぼしてしまいます。差し押さえになると給料日もまったく楽しくありませんし、人生そのものが楽しくなくなるかもしれません。

 

差し押さえを止めるには債務整理しかありませんが、できるだけ早く決断することです。迷っていると給料の一ヶ月分くらいは差し押さえられてしまう可能性がありますから、できるだけ早く債務整理の決断をするようにしましょう。債務整理を行うには弁護士に相談することになりますから、まずは弁護士に相談することから始めてください。

 

弁護士は法律のプロフェッショナルであると同時に借金問題解決のエキスパートでもあります。

 

特定の案件を専門で扱う弁護士も多いですが、借金問題を専門に扱う弁護士もたくさんいます。借金問題に強い弁護士なら安心ですし、最初から最後まで任せることができるでしょう。

 

クレジットカードの利用分を支払いせずに滞納し続けているとどのようなことが起きるかは先ほどもご紹介した通りです。給料や不動産の差し押さえに始まり職場での信頼失墜、プライベートの不充実などいろいろな問題が発生します。

 

このようなことになってしまう前に、できるだけ早く法律と借金問題のプロである弁護士に相談してください。相談するだけでも気持ちが楽になりますし、何かに怯えるような日々を送ることもなくなります。

 

借金問題を専門に扱う弁護士だと無料相談を受け付けていることがほとんどですから、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。弁護士、法律事務所と聞くとハードルが高い、敷居が高すぎると感じる方も多いようですが、そこまで構える必要はありません。

 

弁護士は日頃からいろいろな方と対応しているためコミュニケーションスキルも高いですし、しっかりと対応してくれます。最近ではメールで無料相談を受け付けているような弁護士事務所もたくさんありますし、24時間365日の対応をしているようなところもあります。

 

どこの法律事務所に相談すればいいのか分からない、という方はできるだけ実績のあるところを選ぶようにしてください。

 

借金問題の解決、相談実績が豊富な弁護士に相談しておけばまず間違いはないでしょう。大変なことになる前に相談してくださいね。

 

関連ページ

ブラックリストに載る期間はどれぐらい?債務整理するとブラックリストに載ってしまう!
債務整理のデメリットはたった1つ?任意整理を勧める4つのメリット
車のローンが返済中の時に債務整理をするとどうなるの?
マイホームを手放したくない!住宅ローンを債務整理の対象から外すには?
債務整理をすると、住宅ローンを組むことはできなくなるって本当?
債務整理費用は借金だらけでも支払える?弁護士費用の支払い方について
債務整理スケジュールを徹底解明!債務整理にかかる期間はどのくらい?
債務整理期間の短い借金の任意整理はどんな流れ?
債務整理後にカードローンやクレジットカードは作れるの?
スロットから債務整理に至ることもある!債務整理するまでの体験談
借金の時効成立には10年かかる!債務整理で解決できるかも?
借金時効のデメリットって何?債務整理で借金は減らせるものなの?
奨学金の思わぬ落とし穴に注意!生活費の借金を債務整理するには?
借金に苦しむ親に仕送りをする生活…結局自分の借金を債務整理することに…
債務整理を整理屋や紹介屋に頼んではいけない!危険な手口にご用心!
あきらめないで!ヤミ金のトラブルは公的機関に相談!
ブラックリストから記録が消えるまでの期間を解説!
貸金業規制法について【みなし弁済の廃止と改正貸金業法】
罠にかかりやすいリボ払いで借金地獄に!リボ払いから脱出するには!?
闇興信所での借金はどうやってわかる?jiccに登録している金融機関とは?
闇金からの取り立ては完済するまで続く?逃れる方法はあるの?
嫁の借金が知らないところで膨れ上がっていたとしたらどうする!?