債務整理スケジュールを徹底解明!債務整理にかかる期間はどのくらい?

MENU

債務整理は、個人の債務を整理する手続を示しています。そこで、債務整理についてどんな種類があって、どんな方法で行われるのか、スケジュールや期間などについて徹底解明してみたいと思います。債務整理にはどのくらいかかるのでしょうか?

 

債務整理にかかる期間は、平均すると3〜6カ月

債務整理にかかる期間は基本的に平均3〜6カ月といわれています。

 

債務整理は借り入れ金の額を減らすことを目的として行われます。債務整理には任意整理と特定調停、個人再生と自己破産があります。

 

任意整理は私的整理といわれていて、裁判所を介さずに行う債務整理です。

 

司法書士や弁護士などに依頼すると債権者と交渉してもらえ、借金を減額してもらうことができ、3〜5年くらいのスケジュール期間をかけて分割で返済できるようになります。ただ、任意整理を行うと、5年くらいは信用情報に事故記録が残りますので新たな借り入れができなくなります。

 

特定調停は、債務返済ができなくなりそうな債務者が簡易裁判所に申し立てを行って、調停委員のいるところで債権者と話し合い、借金減額や返済方法などについての和解を成り立たせることです。

 

特定調停は、5年間くらい信用情報に記録が残りますので新規借り入れはできなくなります。返済期間は特定調停の結果で決められることになります。

 

また、個人再生は自宅を手放すことなく借金の金額を最大10分の1に圧縮してもらえる手続です。

 

借り入れ総額が住宅ローンを除き、5000万円以下で継続的な収入がある収入の安定している人を対象に行われます。個人再生は自己記録が信用情報に5〜10年くらい残ります。そして、官報にも個人情報が掲載されることになります。

 

自己破産は自宅を手放さなければならなくなる債務整理といえます。

 

給与収入も少なく、借り入れ金の返済が困難な場合、地方裁判所に申立てを行って破産者と認定されれば、借金が0円となり全額免除されます。

 

自己破産を行った場合、10年くらいは信用情報に記載され、官報にも個人情報が掲載されます。そして、20万円以上の財産については債権者に分配されるようになります。

 

債務整理には任意整理と特定調停、個人再生と自己破産があって、債権者に返済する任意整理と特定調停、個人再生についてはそれぞれ話し合いの結果によって返済期間などが決められていきます。

 

自宅を手放さずに返済を進めたい場合、自己破産より個人再生を希望する人が多くなります。安定した収入があれば、自宅を手放さずに住宅ローン以外の返済を行うことができます。

 

これらの債務整理は手続きに平均3〜6カ月の期間がかかるといわれています。

 

弁護士費用の支払いが先の場合

債務整理の手続きにかかるスケジュール期間は平均3〜6カ月といわれています。さらに返済に3〜5年くらいのスケジュール期間がかかるため、かなりの長期間かかるといえます。

 

これらの債務整理には多くの法的な手続きが必要となり、債権者の同意を得たり、業者と交渉をすることも必要となります。早期解決を望む場合には、自力で行うよりも専門家に任せる方がスムーズに運ぶといえます。

 

債務整理は、様々な債権者からたくさんの借り入れを行ってしまって、重い金利によって返済が苦しくなった債務者が債務を整理して経済的な更生を図ることを目的としている、いわゆる多重債務者の保護ということが重視されている制度です。

 

債務整理には任意整理や特定調停、個人再生や自己破産などがあり、弁護士に依頼する場合はそれぞれ費用がかかってきます。そこで、弁護士費用について徹底解明してみたいと思います。

 

債務整理を弁護士に依頼するためには弁護士費用はどのくらいかかるか気になりますよね。

 

これについては、一言でいうと、債務整理の弁護士費用に基準はないといわれています。

 

そのため、弁護士に債務整理等を依頼する場合、その人の債務状況や返済状況、収入や生活状況などによって債務整理の難易度は変わります。

 

そして、任意整理なのか個人再生なのかなどの債務整理の種類により報酬額は変わってきます。そのため弁護士は、依頼主と協議して報酬額が自由に決められるのです。

 

弁護士の債務整理の報酬相場はなのですが、日弁連によって債務整理事件処理の規律を定める規定が定められていて、この規定に沿うようになっています。具体的な債務整理の手続きに入るために最初に弁護士に支払う代金は着手金と呼ばれます。

 

弁護士費用の支払いが最初にある場合には、債務整理の手続きは長引く場合があるといわれています。

 

法律事務所の中には着手金が分割払いで、支払い終るまでは着手しないという方針の事務所もあって、着手金の分割払いに時間がかかるとそれだけ債務整理の手続きに着手してもらうのに時間がかかるのです。

 

最近は弁護士費用は後払いが可能なところもあります。

その場合、先に債権者宛てに受任通知を送ってもらって、支払いの督促がとまったところで弁護士費用を支払うというスタイルの事務所もあります。

 

しばらくすると債務整理の手続きで債権者への支払いが始まりますので、その間に弁護士費用を支払っておくようにしておくことでスムーズに債務整理の手続きを進めていくという方法もあるといわれています。

 

任意整理の手続き期間中できる事

債務整理の手続きは、最初に弁護士に依頼した後は、それまで矢継ぎ早に行われていた債権者からの督促がピタリとやみます

 

そうなるとゆっくりと考えることができたり、精神的にも落ち着いて過ごすことができるようになったりして、心にも余裕を持つことができるようになったという債務者の人もいます。

 

そんな時、債務整理の手続き期間中はどのくらいの間どのようにして過ごしたらいいのでしょうか?

 

そこで債務整理の手続き期間中の過ごし方について徹底解明してみたいと思います。

 

債務整理は最初に 弁護士や司法書士に依頼した後は、特に自身では何もすることがないといえます。これは弁護士などの専門家に依頼した時の大きなメリットといえます。

 

出頭も面談も必要なく、落ち着いて過ごすことができるといえますが、逆に何もすることがなくなったからこそ、今どうなっているのかということが気になるという人もいるのではないでしょうか。これからのスケジュールなどもまだよくわからず、気になって落ち着かないという場合もあるといえます。

 

しかし、そんな債務整理の手続き中は、ひたすら待つしかないのです。

 

各債権者からの背級の連絡がストップした後は、弁護士などから和解が成立したという連絡があるまでは、何の音沙汰もないという場合は珍しくないといえ、手続きは進んでいるのかといった思いになったり、和解はどれくらいで成立するのだろうと思ってみたり、弁護士に忘れられているのではないかと不安になってみたりなど、様々な思いをもつようになる場合もあるといえます。

 

しかし、弁護士などの専門家に依頼をし、弁護士から依頼に着手するということを確認され、お願いをした時点で、債務整理の手続きにはちゃんととりくんでもらっているといえますので、連絡があるまで待つということが大切なのです。

 

債務整理の手続きが今どのくらい進んでいるのかという点については、担当してもらっている弁護士さんなどに聞かなければわからないのです。

 

もし不安になってしまったり、いまどのような状況になっているのかを知りたいという場合には、担当の弁護士さんに連絡すると確認することができます。

 

弁護士事務所に連絡して、聞いてみるということがなかなかできないという人も多くいるといわれており、連絡するのを変に遠慮してしまう人も多ともいわれたりしていますので、そんな場合にはきちんと連絡をして確認してみるともやもやしていた気持ちもすっきりとするといえます。

 

心配な場合は遠慮せずに聞きましょう!