マイホームを手放したくない!住宅ローンを債務整理の対象から外すには?

MENU
  • マイホームを手放したくない!
  • 住宅ローンを債務整理の対象から外すには?

と知りたい人が多いことを知れるタメになる情報です。

 

今回は、住宅ローンの担当権の仕組みや住宅ローンが残っている時に債務整理をするとどうなるのかや依頼した時点から借金の督促が消えるのかどうかにもスポットをあてて解説をしたいと思います。

 

初心者だとわからないような情報が多いですし、分かりやすく解説しています。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

住宅ローンの仕組み

住宅ローンの抵当権の仕組みについて、知らない人も多いのでご紹介します。住宅ローンの抵当権の仕組みですが、マイホームを購入した際には銀行から借り入れをして分割で支払いをする、という人が多いのではないでしょうか。

 

住宅ローンは、銀行にとっても高額な融資を長期にわたって行うものなので様々なリスクがあるのが大きな特徴です。

 

建物や土地を担保として押さえてお金を貸すこともあるので、とてもタメになる情報です。銀行は、住宅ローンの契約時に土地や建物に担当権を設定するのが大きな特徴で、ローンの返済がされなかった時に担保として競売にかけて債権を優先的にして回収出来る権利です。

 

担当権は、住宅ローンを完済するまで住人でも勝手に売買することができないもので、住宅ローンがあるという人はしっておきたい知識です。

 

ロータス法律事務所は、多重債務問題や過払い金請求と言った借金問題に強いので何か悩みがあれば悩まずに相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

お客様目線にこだわっているので親身になって相談に乗ってくれるスタッフの対応は、丁寧親切です。ここまで丁寧親切、また親身になって聞いてくれたりアドバイスをしてくれる法律事務所はないと言っても過言ではありません。

 

他にはない魅力満載のサービスづくりは、お客様満足度にもつながっているといえます。お客さんの声をしっかりと取り入れたサービスは、ロータス法律事務所ならではです。

 

他にも様々な法律事務所があるのでロータス法律事務所と比較してどちらが自分にあっているのかを確認してみるのも良いかもしれません。

 

住宅ローンの返済中に債務整理をすると…

住宅ローンが残っている時に任意整理をするとどうなるのかご存知でしょうか。そもそも任意整理とは、借金をしている本人、または代理人が貸金業者と相談し、毎月の支払いを無理のない範囲に分割して返済を楽にすることを言います。

 

これは、債務整理後には専門家の弁護士か司法書士に対応をしてもらうことができます。月々の返済も弁護士宛に行うので、任意整理がどのようなものなのかわからない、という人はこの点に着目をしてみてください。

 

住宅ローンで借金減額は、これまでの利息を減額することができるようになるのでしっかりと覚えておきたいところです。これからの利息をしっかりとカット、3年から5年で完済することができるようになるのです。

 

住宅ローンの返済ができないと担当権を実行します。

 

住宅ローンを任意整理の対象にした場合、債権者となる銀行は、建物や土地を差し押さえて競売にかけるのが大きな特徴です。

 

個人再生で債務を圧縮するのか、また自己破産の免責許可で債務の免除を受けるかというものがあります。任意整理で住宅ローンを対象にすることもできますが住宅ローンは対象に含まないのでこの点は覚えておきたいです。

 

また、債権者の多くが住宅ローンの返済中に任意整理をする理由は、マイホームを手元に残すというものがあります。

 

借金に困った際、自己破産するという手もありますが、その場合には持ち家も手放さなくてはなりません。任意整理であれば、住宅ローンを整理の対象からはずし、他の債務を減額して返済計画案を立てることができるようになっています。

 

債務整理後に住宅ローンを組むのは難しい?

債務整理後に住宅ローンを組むことはできるの?と気になっている人も多いのではないでしょうか。提携する個人信用情報機関のKSCと情報相互交流をしているJICCとCICがあります。

 

任意整理を行うと個人信用情報機関に記録が残るので記録があると住宅ローンをしにくくなりますが、できないということではないです。

 

ただし、任意整理であっても信用情報に傷がついてしまうことにはなります。整理後は、金融に関する審査は通りにくくなることもあるでしょう。とは言え、債務整理によってブラックリストに載ってしまったとしても、5〜7年も経てば事故情報情報は消えます。

 

その後、ローンの組み立てやクレジットカードの申請は通るようになるため、「債務整理をしたら一生審査が通らない」ということはありません。住宅ローンも同様です。

 

個人信用情報機関の記録を照会して、カードローンやクレジットカードの新規契約をすると、銀行や消費者金融、そして信販会社は申請者の個人信用情報機関の記録を照会します。

 

国内の個人信用情報機関は大きく分けて3種類ありますが、業態によっては加盟している機関も異なってくるので注意です。どのような機関があって、どのような働きをしているのかしっかりと知識を身に着けておきたいところです。

 

機関と一口に言ってもその種類は様々にありますし、どの機関も同じというわけではないので注意です。債務整理後、5年と経たないうちに住宅ローンを組む必要が出てくることもあるでしょう。

 

その場合には、整理の手続きを行った金融機関や、同じグループを利用するのは避けることをおすすめします。そのほうが、審査が通りやすいためです。それぞれの機関の特徴をしっかりと知っておくと効果的に機関を活用することができるようになるのです。

 

情報機関に残る記録

銀行は住宅ローンを組む時に3つの株式会社日本信用情報機構と株式会社シー・アイ・シー、全国銀行個人信用情報センターのうちどれか1つを閲覧するというものではなく、信販会社系が多く加盟しているCICと、消費者金融系が加盟しているJICC、そして銀行や銀行と同視されている金融機関が加盟されているKSCのすべてチェックすることができるようになるのです。

 

任意整理をすると個人信用情報機関に記録されるというのが大きな特徴です。

 

任意整理をすると、JICCに債務整理をしたことが記録されます。この情報機関に記録される情報ですが、いつ消えるのか気になります。

 

債務整理の記録が残っている場合は、銀行や信用金庫は融資をしにくくなります。その点は融資ができなくなるのでデメリットですがこの事故情報はそのうち消えます。

 

 

一定期間を過ぎると記録が消えるようになっているので心配はいりません。

 

この事故情報の保有期間ですが、情報機関によっても異なってくるのが大きな特徴でこれくらいで消えるというものではないので注意です。

 

JICCは、債権者が受任通任を受け取った時には債務整理と記載されているのが大きな特徴です。
登録期間は発生日から5年を超えない期間です。

CICは、任意整理をしたということは記録されないのですが返済が滞る場合は遅延情報が記録されるのが大きな特徴です。
遅延した債務が任意整理の対象なら、契約期間中と完済から5年は遅延をしたということが記録されるようになります。

KSCは、全銀協で任意整理としての記録は残らなくなっています。
代位弁済されたら記録が5年のこるようになりますし、また銀行カードローンは任意整理すると保証会社が代位弁済を代わりに行ってくれます。

 

情報機関によっては任意整理の記録がされたりされなかったりです。メリットだけではなくデメリットもあるのでしっかりとどのような情報機関があるのか確認をするのが効果的です。

 

再度申し込みを行うとき機関を空けたほうが良い

情報機関によっては、記録がされたりされなかったりですが間を空けた方が良いと言われているようです。情報機関には照会の記録も残るのが大きな特徴で、金融機関が審査した記録も残るようになっています。

 

複数の金融機関で仮審査がされたのに借り入れをしていない場合は審査に通らなかったと記録が残るようになります。マイナス情報になってしまうので、この点には注意をする必要があると言えるのではないでしょうか。

 

3社以上の審査を受ける場合には注意をすることが大事です。

照会から6ヶ月程度は記録が残るというのが特徴で、再度申し込みを行う時には6ヶ月以上は空けてから試すようにすることが効果的です。

 

任意整理の他に借金を減額してマイホームを残す方法には個人再生の住宅資金特別条項があるのが大きな特徴です。これは、各々にあった方法でマイホームを手元に残す提案ができるというものでロータス法律事務所や弁護士、司法書士に相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

多重債務問題や過払い金請求をどこに相談したら良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

債務整理や借金問題を解決するなら、ロータス法律事務所がぴったりです。ロータス法律事務所は、何よりも無料相談がバリエーション豊富です。電話相談をしたり、メール相談もできるようになっていますし、フリーダイヤルもできるようになっています。

 

様々な相談の仕方があるので忙しい時には電話相談をしたりメールのほうが相談しやすいという場合はメールでゆっくり相談をすることが出来るようになっています。

 

24時間相談に対応しているロータス法律事務所は、いつでも悩みがあれば素早く解消してくれるというのが大きな魅力です。

 

ココまで柔軟に対応をしてくれる法律事務所はそれほど多くないですし、ロータス法律事務所だからこそ出来たことでしょう。

 

お客様目線に配慮した良心的なサービスが展開されています。ロータス法律事務所は、長い歴史とノウハウや実績もある法律事務所なのでプロフェッショナルです。

 

独特のサービスづくりも魅力のロータス法律事務所は、多重債務問題や過払い金請求と言った借金問題に強いので親身になって相談に乗ってくれるのが大きな特徴です。

 

こうしたお客様目線を追求している法律事務所というのは、高い人気のロータス法律事務所だけと言えるのではないでしょうか。様々な借金問題にも強いので、弁護士費用が気になるという人もまずは気軽に相談をしてみることをお勧めいたします。

 

厳しい言葉をもらうこともありますが、これは借金をしないようにする効果的な言葉です。

 

とても心に響く良い言葉をもらうことができるので、ロータス法律事務所は借金問題で悩んでいる人なら利用して観る価値アリです。