債務整理後にカードローンやクレジットカードは作れるの?

MENU

債務整理をすることで、信用情報にはあなたの事故登録が登録され、ローンを組むことは出来ず、クレジットカードも審査を通過できません。債務整理をすれば、それまで持っていたクレジットカードやローンも解約されてしまいます。

 

さらに債務整理から長かった5年が経ち、もう大丈夫だろうと考えてクレジットカードやローンの申込みをしても、審査に落ちてしまうことがあります。

 

これはなぜなのでしょうか?これを債務整理の種類別に説明していきます。

 

信用情報登録期間が過ぎても審査に落ちるケース

まずは、任意整理を行い、それから5年が経ってクレジットカードの審査を申し込んでも通らなかったという場合についてです。

 

いったい、いつになればクレジットカードを作れるようになるのでしょうか

 

基本的には、任意整理は債権者との和解が成立したタイミングで信用譲歩へそのことが登録されますので、この和解成立から5年が経てばその情報は消えます。

 

ですが、任意整理をして、さらに残った債務の返済を確認してから登録することがあるようで、常に和解から5年で情報が消えるとはいえません。

 

例えば任意整理後の返済にx年かかったとすると、このような債権者だった場合は5+x(年)もの間はクレジットカードやローンの審査を通れないということになります。

 

任意整理の返済期間が3年までですから、最長8年経てばブラックリストから抜け出してクレジットカードを作ったり、ローンを組んだり出来るようになります。

 

次に、個人再生を行ってから5年経ったけれど、クレジットカードやローンの審査に通らない場合について説明します。

 

個人再生では、3年間かかる返済が完了してから信用情報に登録されることになります。その登録期間は会社によって異なり、CICとJICCでは5年間、JBAでは10年間となっています。

 

ですから、個人整理の手続きを行ってから8年、もしくは13年経たなければクレジットカードを持ったりローンを組んだりすることは出来ないということです。

 

また前述の通りブラックリストから外れるのに13年もかかってしまうのはJBAのみのため、銀行系の金融機関やクレジットカードを避け、関係のない金融機関を利用すればクレジットカードなら8年で作ることが出来る可能性はあります。

 

ただし信用情報を管理する会社同士は互いに連携し、情報を共有していますから、金融機関が関係なくても、その情報機関が情報共有を受けていれば、審査に落ちてしまうことになります。

 

もちろん、個人再生から13年が経ってしまえば、確実に過去の個人再生が理由で審査に落ちることはなくなり、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることが出来ます。

 

最後に、自己破産を申請し、手続きをしてから5年が経ったけれど、クレジットカードやローン、キャッシングの審査に落ちてしまうという場合について説明します。

 

自己破産の場合は、免責が降りたタイミングで信用情報に自己破産をした情報が登録されることになります。その期間は個人再生を行った場合と同じく、CICとJICCでは5年間、JBAでは10年間です。なので、

 

免責が下りてから5年間、または10年間はクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることは出来ません。

 

また、10年間もかかるのはJBAではのみですから、JBAと関係している銀行系の金融機関やクレジットカードを避けて審査を行えば、審査に通ってカードを持てる可能性はあります。

 

ですが信用情報機関同士でも信用情報を共有している場合が多いため、その金融機関が情報共有を受けていれば審査に落ちてしまうこともあります。

 

もちろんJBAでも自己破産の免責が下りてから10年間が経過すればブラックリストからは情報が削除され、クレジットカードを作ったり、キャッシングをしたり、カードローンを組めるようになります。

 

クレジットヒストリーを作るためには

実は、信用情報登録期間が過ぎてからクレジットカードやローンの審査をしても、過去の債務整理が理由で審査に落ちる場合があります。

 

このような場合に真っ先に確認しなければいけないのが、債務整理の対象だった金融機関に審査を申し込んではいないかということです。

 

そのような場合は、情報機関の情報は消えていてもその金融機関の企業内リストに過去の債務整理の記録が残っており、ブラックリストに登録されしまっている状態なのです。

 

ですから、一度債務整理の対象にしてしまった金融機関では絶対に審査に通ることは出来ません。

 

では、債務整理の対象ではなかった金融業者で審査を申込んだのに、過去の債務整理が理由で通れなかったときには、どのような理由が考えられるのでしょうか。

 

その一つは、信用情報がきれいサッパリ無いために、過去に債務整理を行ったからこんなに情報が無いのではないか、と疑われたことです。

 

債務整理期間中には過去のクレジットカードやローンなどの情報が全てなくなっているので、信用情報が全くない状態となってしまっているのです。この状態のことを、クレジットヒストリーがない状態だといいます。

 

クレジットヒストリーを作るためには、ローンやクレジットカードを実際に利用して利用実績を作っていくしかありません。

 

そのような場合、携帯電話の機種代金の分割払いなどもローンとして扱われますから、クレジットヒストリーを作るのに適しています。

 

債務整理を行った後に一般の方と同じようにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりするためには、携帯料金などで少しずつ信用を得て、それから審査に通りやすいクレジットカードを作って利用することで信用を得るというような、長く地道な努力を行わなければいけないのです。

 

債務整理後5年経過したら確認を!

任意整理、個人再生、自己破産のいずれを行った場合でも、クレジットカードを作ったりローンを組んだりするためには最低でも5年が経過する必要があります。

 

これらの手続きを行ってから5年が経ったなら、自分の信用情報がどうなっているかをしっかり確認してください。そうすれば、今後どうすれば以前のようにクレジットカードやローンを作れるようになるのか、その対応策がわかります。