借金に苦しむ親に仕送りをする生活…結局自分の借金を債務整理することに…

MENU

借金返済に悩まされている人の中には、家族のために自ら借金を作ってしまい、債務整理を依頼した方もいます。自分の親が借金で苦しんでいるのを救うために自分が借金をして親に仕送りをすることで、最終的には自分自身が膨大な借金を作ってしまった人もいるのです。

 

借金はお金だけでなく信頼も失ってしまいます。返済に悩まされる毎日に加え、周囲からの不信を持たれてしまいます。プロミス、アコム、アイフル、レイクと沢山の借り入れを行い、200万円もの借り入れを行ったため19年以上の借入期間を持ち、毎月6万円の返済をしている方の例を見てみましょう。

 

親に仕送りをするために借金

私は親が多額の借金を抱えてしまい生活できなくなってしまったのがきっかけで自身が借金をかかえます。借金の借り入れの限度を超えてしまった親はこれ以上お金を借りられないため、子である私を頼ります。

 

しかし、仕事を始めたばかりの人にとって収入は自分の生活する分だけで精一杯なものです。親に仕送りをして助けたいと思っても自分の給料ではどうしようもありません。

 

そのため、私は自分が借金をして仕送りをすることにしました。サラリーマンや主婦といった個人の消費者を対象とした、賃金業者が融資をするいわゆる「サラ金」は仕事をはじめたばかりの私でも借り入れがしやすいため、私はサラ金を利用しました。

 

しかし、サラ金はお金が借りられる何事にも代えられない大変便利なサービスではありますが高金利の小口金融です。借金はすぐに膨大に膨れ上がります。

 

私は親を助けるために仕送りをしながらも、作った借金返済をする生活を長年続けていきました。

 

ある時、親も無事仕事が見つかって自身で生活ができるようになったため、仕送りを無事止めることができましたが、止められた時にはもう既に遅く、膨大な借金ができてしまいました。

 

その後も私は長年借金返済をし続けていたのですが、返済しても返済しても借金が全く減らない状態が20年続きました。この20年は頭の片隅には常に借金のことを考えてしまっている本当につらい20年間でした。

 

複数の金融機関からの借金で月々の返済額は…

私はプロミス、アコム、アイフル、レイクの4つの借り入れ業者から50万円ずつの計200万円の借り入れを行います。働き始めたばかりの少ない給料から自分の生活費の分を残しながらの返済で毎月滞納せずに返済するのはかなり大変でした。

 

毎月6万円はかなりの出費です。

 

滞納しないためにはかなり生活費を抑える必要があります。今月はなんとか返済することができたとしても来月返済できるのだろうかという不安ももたらします。来月返済するには返済分のお金をどうやって作ろうか考えなければなりません。

 

また、返済に苦しんでいることは社内の周囲の人にも知れ渡ってしまい、借金のせいで信頼ももたれていなかったように感じます。借金のせいで厳しい生活を送るだけでなく、人間関係でも困る生活になってしまいました。

 

 

借金はプライベートも上手くいかなくなります。もうこのような苦しい生活から逃げ出したいと感じ、私は弁護士のところへ伺い、ついに債務整理を依頼しました。


 

とうとう債務整理を依頼

債務整理をした結果、返済しても一向に減る気配のない私の膨大な借金はなんと、すでに完済している状態を超えて200万円以上の過払い金が発生していました。その後依頼した弁護士が裁判でほぼ全額を取り戻して報酬を差し引いた分のお金が無事戻ってきました。その金額は150万円以上のお金です。

 

借金に苦しんでいた親も、現在は借金もなく仕事をみつけて私が仕送りをすることもなく生活ができており、私自身も苦しんでいた借金がなくなったので、戻ってきた過払い金は家電の買い替えや引っ越しや何かあった時のために貯金をしました。

 

同時に毎月の返済金であった6万円が毎月手元に残るようになったため、貯金も崩す必要のなく自分の給料だけで前回の苦しい返済生活の時よりも債務整理を依頼したことで断然に余裕のある生活が帰ってきました。

 

悩んでいるなら早めに相談!

借金をしていた当時の私は職場で同僚や周りに信頼を持たれず関係を深めてもらえなかったのですが、借金を抱えてしまった原因を職場の飲み会で簡単に事情を説明したら、それまで毎月6万円も滞納無くよく払い続けていたねと感心されました。

 

借金を持っている人と関わるとお金を貸してとお願いされるのではないかと心配になる人が一般的に多いようです。

 

そのため職場の同僚らは少し距離を置いていたようです。現在の私は借金もなく、余裕ある生活を送れていることを周囲に話したため、仕事のみならずプライベートでも今では関係をもてるようになり、自信もつけました。

 

借金の返済に頭を抱える毎日が今では嘘のように生活がガラリと変化し、楽しい生活を送っております。もっとはやく弁護士に債務整理の相談をすればよかったとも思うほどです。

 

債務整理の弁護士に依頼をせずに返済をずっとしていた未来の自分を想像すると本当に債務相談をしてよかったと心から思います。