スロットから債務整理に至ることもある!債務整理するまでの体験談

MENU

債務整理は、自己破産や任意整理など、返済が難しい債務を返済できるように減額してもらったり、財産を手放す代わりに債務を消滅させたりと、弁護士や裁判所のサポートの元、生活を保障してもらうための手続きです。

 

こう聞くと大仰な手続きにも思えますが、個人レベルでも債務整理に至ることもあり、スロットがきっかけで債務整理することになったケースも報告されています。

 

債務整理を依頼するまでの体験談を元に、債務トラブルの防止と、解決するまでの道のりを学びましょう。

 

スロットのめり込んで借金を作ってしまった

 

友達づきあいの一環で、スロットに挑戦したところ、偶然にも何万円ものプラスが生まれ、それからはずっとスロットをし続けていました。

 

たまに勝つこともありましたが、基本的には負け続きで、負けたぶんを取り戻そうとするために何度もスロットに足を運びました。

 

最初のうちは無理のない範囲で遊んでいたのですが、負けを取り戻そうとするまで続けるせいで、生活費を削ってでもスロットをするようになり、最後には日々の生活もままならない状況に陥りました。

 

いけない状況とは思いつつも、次第に物事の基準がスロットに置き換わり、最終的には家賃や光熱費の支払いにも困窮するまでに至るほど、経済的に追い詰められました。


 

こうした些細なきっかけでギャンブルにはまり、ついには借金を重ねたという体験談は非常に多く、現在も多くの方が債務整理の準備を進めています。

 

初回で大勝し、それからやめられなくなったという方もいれば、最近の筐体に多いギミックを見るために足を運ぶようになった方の体験談も見られるなど、色々なきっかけでギャンブルにはまり、債務整理に至るまで追い詰められる人がいます。

 

毎月各金融機関から50万円の借金。毎月8万円の返済。

 

スロットを始めたばかりのころは、ここまではまるとは思っておらず、それこそ借金するまでスロットを続けるとは夢にも思っていませんでした。

 

それに借金自体も怖いものという認識があり、手を出さないようにしようと思ってはいたのですが、生活に困窮するようになると、一度だけなら大丈夫だろうと思うようになりました。

 

一度借りてしまうと、後は流れるように債務を積み重ねていき、最終的には様々な金融機関からお金を借り、返済総額は50万円、月々の返済額は8万円にも上りました。

 

そこまでの額になると、生活費を切り詰める程度では返済も続けられず、相変わらずスロットにもはまったままで、借金の返済の前に新たに借金をするなど、非常に追い詰められていました。


 

借金をする人の多くは、最初に抵抗感を感じる人が多いといいます。しかし、一度借りてしまうと、非常に手軽に多額の現金が手に入ることに安心し、ついつい債務を重ねるというケースが報告されています。

 

特にカードローンは、キャッシュカードなどの感覚で使えることから、金銭感覚が狂いやすいといわれており、多重債務を負った方の体験談の中には、自分のお金だと思い込み、破産に至るまで使い込んでしまったというケースも報告されています。

 

債務整理までに至る経緯は人それぞれ異なるので、もちろんカードローンを使った全員が、同様の状況に陥るとは限りませんが、自分が同じようにならないという補償もまったく無いのが正直なところです。

 

債務整理により借金額が減額

 

複数のカードローンを借り、いよいよ持ってどうすることも出来なくなったころ、債務整理について始めて知り、藁にも縋る思いで相談を持ちかけました。

 

現状のままでの返済が不可能ということで、債務整理が提案されましたが、私の場合は働いていて収入が確保できていたことから、任意整理での解決を提案してもらえました。

 

任意整理の準備を進める間は、ギャンブル依存症などについても説明してもらい、本格的に検査を受けて対策を考えるなど、借金以外の悩みについても解決策を提案してもらえたのが印象的でした。

 

任意整理の手続きが完了すると、今までの借金が大幅に減額されているのに加え、返済額も減額されていたため、生活スタイルを一切崩すことなく、少しずつですが債務を返済することが出来るようになりました。


 

債務整理は債務の額や現状を考慮したうえで、適切と思われる解決策を選びます。

 

他にも個人再生や自己破産といった方法がありますが、適用される条件が厳しかったり、複雑な手続きが必要だったりと、個人では困難なものばかりなので、基本は法律事務所に相談することになります。

 

ギャンブル依存症が原因の債務トラブルも最近は増えており、問題解決のための治療を薦めるなど、法律事務所でも原因を根本から無くすためのサポートに力を入れています。

 

債務整理により借金の原因を絶ち元の生活へ

 

債務整理が完了してからは、もともとあった借金は5分の1ほどにまで減り、それから返済を続けて数年で完済に成功しました。

 

ギャンブル依存については、カウンセリングなどの治療を受けつつ、徐々にスロットに行く回数を減らしながら、ほどほどに遊ぶ感覚を身に着けていきました。

 

今でもごくたまにスロットをしにはいきますが、生活が困窮するまで遊ぶことはせず、準備したお金だけは使わないように心がけています。


 

借金の怖いところは、月々の金銭的な負担はもちろんですが、精神的な余裕を奪うことにあります。常に返済に追われる状況では余裕は生まれず、逃避のためにスロットなどに足を運ぶなど、悪循環を起こしやすいです。

 

債務整理を行なえば心の負担が大きく改善され、落ち着いて借金を作った原因への対処も出来るようになるでしょう。体験談から得た知識を活かし、トラブル防止に努めましょう。