奨学金の思わぬ落とし穴に注意!生活費の借金を債務整理するには?

MENU

現在奨学金の返済の滞納者の数がここ10年で増加しており、それに伴い日本学生支援機構が行った強制執行や訴訟件数も増加しています。また日本学生支援機構が訴訟を起こした際にニュースとして話題となったり、テレビの特集として取り上げられるようになりました。

 

このように、日本学生支援機構の奨学金の返済に関する問題は大きな社会問題となっています。

 

この問題の原因としては景気悪化による就職の難航給与の低さなど様々な問題が関係しています。日本学生支援機構ではこのように事態を踏まえて救済措置を行っていますが、それでも上記のような状態に陥る人が後を絶ちません。

 

また奨学金の返済が家計を圧迫し、複数の消費者金融から借金をする人も多いです。

 

社会人になり奨学金返済が苦しくなる

ここである方のケースを紹介します。ここではその方をAさんと呼ぶことにします。Aさんは裕福な家庭ではなかったので、せめて大卒という学歴を持っていれば将来困ることはないだろうと考え、奨学金を借りて大学に進学しました。大学卒業後は奨学金の返済が始まりました。

 

奨学金の返済期間は長期に亘ります。しかしAさんの就職活動は難航し、希望していた企業には入社することができませんでした。

 

しかし大学卒業時までに借り入れた奨学金は約400万円にも上るために、月々の奨学金の返済がAさんの収入だけではどうにもならず、家計を圧迫したために、Aさんは複数の消費者金融から借金をするようになりました。

 

ボーナスの時期までというつもりで消費者ローンに借入をやり始めたのが最初のきっかけでした。しかし期待していたボーナスも当初予定していた金額は貰えず、生活費は不足し続け複数の消費者金融から借金を重ねる結果になりました。

 

奨学金の返済という落とし穴によってAさんの生活は厳しい状況となってしまったのです。

 

生活費に重ね、奨学金がのしかかる

奨学金という莫大な金額の借入の返金に加え、生活費の借金返済という二重の借金がAさんの生活を圧迫していました。Aさんは何とか生活をすることはできましたが、借金返済に追われるために、日々の生活を楽しむ余裕など全くありませんでした。

 

Aさんは何の為に大学に入り、何の為に生きているのかさえ分からない状態となるほど追い詰められていました。

 

 

どんなに困っても返済期日は待ってくれませんので、時には返済をするために借金をするという状態にまで陥っていたのです。


 

そのような中で、自分の同世代の人が合コンや、友人とグルメやショッピングで楽しんでいる光景が目に入り、その光景をAさんはとても羨ましく、日々借金の返済に追われる自分がとても惨めであるように感じていました。

 

Aさんは精神的にも経済的にも追い詰められた状態での生活を強いられることになったのです。

 

債務整理により借金を減額

結局Aさんは借金まみれでどうにもならなくなってしまい、精神的にも経済的にもかなり追い詰められた状態になってから初めて弁護士に相談に行ってみる事にしました。

 

本当は誰かに助けてもらいたかったのですが、自身が選択して引き寄せた借金です。借りたものもまともに返すことができず、話し合うことなんて不可能だと感じ、現に話をするまでかなりの時間が経過していました。

 

Aさんの場合は任意整理で借金が減額された事に加え、過払い金も発生しているとのことで、おおよそ60万円ほどの過払い金が返還される結果となりました。

 

その結果、あれだけ懸念していた借金問題が見事に解決されたことによって、Aさんは何とか生活を立て直す事に成功しました。

 

借金地獄は抜け出せる!

「こんな解決手段があるんだったら、より一層早く相談すればよかったです。「過払い金」などのワードは耳にした事があったとしても、実際はどのようなものかを把握せず、まさか自分に関係があるとは思ってもいませんでした。

 

弁護士の先生方はこうした問題を数多く解決してこられたエキスパートなので、様々な事例に対処する解決力を持っています。

 

勇気をもって相談する事で最善の解決策が示されました。苦しんで悩むだけではいつまでも解決出来ない問題ですので、勇気を出して相談する事を借金問題で悩みを抱えている全ての人に強くおすすめします!」

 

とAさんは語ります。

 

これはあくまでも一例ですが、Aさんのように奨学金の返済が原因で日々の生活が苦しい方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そのような方であれば、まずは弁護士と相談してみることをおすすめします。Aさんのように長い間思いつめる必要はありません。弁護士と相談が借金問題の解決の第一歩となるはずです。

 

債務整理には法律に関する知識や消費者金融業者との交渉が要求されます。またAさんは債務整理の手続きとして任意整理を利用しましたが、債務整理の手続きには複数の方法があり、どの方法が最も良いかは人それぞれ異なります。

 

場合によっては任意整理が出来ない事もあります。

 

自分はどうすればいいのかを知る上でも弁護士との相談は非常に効果的ではないでしょうか。借金問題を解決することによってAさんのように自分の生活状況が大きく変わるはずです。まずは弁護士と相談を行い、借金問題の解決の第一歩を踏み出してみませんか?