あきらめないで!ヤミ金のトラブルは公的機関に相談!

MENU

あきらめないで!ヤミ金のトラブルは公的機関に相談!

一時期ヤミ金と呼ばれる違法金融の話題がメディアでも頻繁に取り上げられました。違法な利息で貸付を行い、苛烈な取り立てで自殺したような方もいますし、大きな社会問題にまで発展しましたよね。今でこそヤミ金融業者は少なくなりましたが、それでも地下に潜って細々と営業している闇金は未だにいます。

 

もし今現在闇金の被害に遭われている方がいれば、トラブルを解決するためにもあきらめずに公的な機関に相談してみましょう。

 

悪質な取り立てに合ったときはまずここへ相談しよう

お金を借りると考えた場合まず思い浮かぶのは銀行ではないでしょうか。もっとも安全かつ低金利で融資を受けることができますし、最近では銀行系カードローンも充実しています。

 

ただ、過去にブラックリスト入りしたことがある方や金融事故を起こした方、多重債務で銀行はもちろん消費者金融からも借りられないという方が最終的に行きつく金融業者が闇金です。特に多重債務の方だと借金を返すために借金をするという悪循環に陥っているケースが多く、消費者金融に返済するためにヤミ金で借りるということをしている方もいます

 

ヤミ金は正式な許可を得ずに営業している違法な業者ですし、法外な金利と違法性の高い取り立てが特徴的です。

 

このような業者でお金を借りてしまうと大変なことになってしまいますし、いつまで経っても借金が返し終わらないということにもなりかねません。

 

脅迫まがいのことを言われたり、暴力を振るわれる可能性もあります。ヤミ金に追い詰められてしまうと精神的に参ってしまいますし、どこにも相談できないと一人で悩んでしまう方もいますが、決して諦める必要はありません。

 

こうしたトラブルは公的機関に相談できますし、代表的なところだと国民生活センター、消費生活センターなどが挙げられます。

 

運営元が国なのか自治体なのかだけの違いですが、これらのセンターに相談することもできます。悪徳業者への対応の相談にも無料で乗っていますし、さまざまなアドバイスをしています。公的な機関ですから当然無料で利用できますし、後から料金を請求されるようなことは一切ありません。

 

ただ、親身になって相談に乗ってくれる職員がいるところもあればやる気のない職員が担当するようなこともありますし、担当者次第という部分もあります。しかし、それでも相談して得ることはあるでしょうし、良い対策が見つかる可能性もありますからまずは相談してみましょう。

 

法テラスに相談するという手もあります。

 

日本司法支援センターが正式な名称となり、民間の組織と思われがちですが実際には独立行政法人です。あらゆる法律に関する問題を取り扱っていますし、相談窓口を紹介してくれたりしますからこちらへの相談も検討してみると良いでしょう。

 

闇金に法律を盾に脅されている、というようなケースだと法テラスがベストかもしれませんね。条件をクリアすれば弁護士に30分の相談が無料で3回できるのもポイント。まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

 

闇金トラブルは一人で抱え込んでいても解決の糸口は見つかりません。相手は海千山千の悪ばかりですし、弱者から容赦なくお金をむしり取ろうとします。彼らのやっていることは完全に違法ですから、こちらが泣き寝入りするような必要は一切ありません。

 

ほんの少し勇気を出してみましょう。ここでご紹介したように、ヤミ金トラブルの解決の糸口が見つかる公的な機関もいくつかありますし、すべて無料で利用できます。相談するだけでも胸のつっかえが取れるでしょうし、闇金問題もスムーズに解決するかもしれません。

 

一人で抱え込んでしまうのではなく、まずは勇気を出して相談してみましょう。

 

ヤミ金対策法で規制する

金融庁と聞くと少々ハードルが高いと感じてしまうかもしれませんが、闇金問題を解決するための糸口を探ることができるかもしれません。金融機関や貸金業者とのあいだに生じたトラブルは金融庁も相談に乗ってくれますし、そこからヤミ金とのトラブルが収束に向かう可能性は十分あります。

 

ただ、勘違いしないでほしいのは金融庁が直接仲介や調停といった動きを見せることはないということです。

 

直接的に何か行動を起こしてくれるわけではありませんが、貸金業者や金融機関を総ているのが金融庁ですから、適切なアドバイスを貰える可能性は十分あるでしょう。

 

特に、法務局長登録を行っている業者とのあいだで起きたトラブルなら電話相談も可能です。ヤミ金業者がそもそも法務局長登録をしているのか、という疑問を抱いた方もおられるでしょうが、実際います。

 

登録済であることをアピールしてプロモーションしている業者もいますし、闇金であるという実態を隠して営業している業者も少なくありません。

 

もし、法務局長登録をしている貸金業者が闇金だった場合などは電話相談で対応してもらえますし、具体的な対策についても教えてもらえるのではないでしょうか。

 

金融庁が調査して、その貸金業者が違法なことをしていると確認できたら行政処分の申し立てができますし、登録抹消などの処分が下ることもあります。また、完全無登録の闇金に対しては闇金融対策法で規制できますし、厳格な罰則が適用されます。

 

ヤミ金融対策法などという法律があったことに驚いてしまった方もおられるでしょうが、実際に存在する法律です。2004年に施行された法律で、無登録で違法な営業をしている業者や違法な取り立てをしている貸金業者に対して厳しい罰則を設けています。

 

どのような罰則が用意されているかということですが、例えば高金利違反だと10年以下の懲役、または三千万円以下の罰金となっています。無登録営業でも同様に10年以下の懲役と三千万円以下の罰金となっていますし、これはかなり厳しい罰則と考えて差し支えないでしょう。

 

ヤミ金業者が一時期に比べてかなり少なくなったのはこの闇金融対策法のお陰だとも言われています。しかし、ここまで厳しい罰則を設けているにも関わらず地下で違法な営業を行う闇金融は未だに存在しますし、巧妙に闇金であることを隠しながら営業しているところもあります。

 

闇金業者だと知らずに借金してしまい、鬼のような取り立てに遭っているという方もいるかもしれませんが、闇金であることを隠している業者だとなかなか判断するのは難しいです。そこで、金融庁が提供している登録貸金業者情報検索サービスの利用をおススメします。

 

自分がお金を借りようとしている業者がもしかすると闇金なのではないか、という疑問を抱いているのなら利用しない手はありません。電話番号や店名などの情報を入力して検索すると本当に登録している業者かどうかが分かります。

 

優良業者だと思って利用したら実は闇金だった、となると笑えない話ですし、後々さまざまなトラブルに巻き込まれてしまいます。事前に登録業者かどうかを調べておくだけでも自分の身を守ることができますよ。

 

法律の専門家に相談しても良い

闇金の被害に遭っている方は今でもいますし、法外な利息を延々と支払わされているような人も中にはいます。どこにも救いの手を求めることができず路頭に迷っている方もいるでしょうが、そのような方は先ほどご紹介した公的な機関や金融庁にまずは相談することをおススメします。

 

いずれにしても闇金の被害に遭ってそのまま泣き寝入りするのはいけませんし、毅然とした態度と勇気で立ち向かう必要があります。また、現在違法な取り立てなどに悩んでいるという方は法律の専門家に相談するという手もあります。

 

借金問題に強い弁護士は日本中にたくさんいますし、中には借金問題を専門に扱うような弁護士もいます。法律のプロでもある弁護士は法律を駆使して問題に立ち向かってくれるでしょうし、借金問題を弁護士に相談して解決できたという方も少なくありません。

 

債務整理は弁護士の得意とするところですし、あらゆる借金問題に立ち向かってきた頼りになる弁護士もいるでしょうからそのような法律のエキスパートに助けを求めるというのは良い手だと思います。ただ、弁護士は基本的にクレジットカードやサラ金での借金問題に対応しているケースが多く、闇金だと対応できないという法律事務所もあります。

 

闇金業者はそもそも登録をしていない業者ですし、任意整理をすると伝えても強硬にごねるようなところもあります。多くの闇金は自分たちの行為を違法だと認識していますからわざわざ弁護士と揉めるようなことはしませんが、中にはそのような業者がいるのも事実です。

 

そのため、法律事務所によってはヤミ金業者のことで相談に行ったとしても対応してくれないことも考えられます。ただ、ヤミ金問題に強い法律事務所や弁護士がいるのも事実ですから、ヤミ金問題を解決したいのならそのような弁護士に相談するべきでしょう。

 

闇金の撲滅に力を入れているような弁護士もいますし、これまでに大勢の闇金被害者を救済してきたような弁護士もいます。そのような実績とノウハウのある弁護士なら安心して相談できるでしょう。

 

インターネットでリサーチしてもすぐに見つけられると思いますし、闇金で本当に困っている方はこのような弁護士を見つけて相談に乗ってもらうことです。

 

できるだけヤミ金問題に精通し、ノウハウや実績が豊富な弁護士を見つけて相談してください。ノウハウも実績もない弁護士だと問題を解決することは難しいかもしれません。

 

司法書士に相談してもいいのかと思った方もおられるでしょうが、司法書士は法律が関わる手続き書類の制作をするスペシャリストです。法律に精通しているという部分では弁護士と同じですが、本来書類制作が主な仕事ですから闇金問題の解決を願って相談するのはあまりおススメできません。

 

直接闇金と対峙したことがあるような司法書士は恐らく少ないと思いますし、相談に乗ってくれるだけで具体的に何かをしてくれるわけではないというケースが多いのも事実です。

 

闇金問題を解決するのに法律の専門家に相談するのなら司法書士ではなく弁護士のほうがおススメですし、具体的な解決策も提示してくれる可能性が高いです。

 

しつこいようですが闇金問題に強い弁護士、法律事務所を見つけて相談するというのが重要なポイントですから覚えておいてください。

 

関連ページ

ブラックリストに載る期間はどれぐらい?債務整理するとブラックリストに載ってしまう!
債務整理のデメリットはたった1つ?任意整理を勧める4つのメリット
車のローンが返済中の時に債務整理をするとどうなるの?
マイホームを手放したくない!住宅ローンを債務整理の対象から外すには?
債務整理をすると、住宅ローンを組むことはできなくなるって本当?
債務整理費用は借金だらけでも支払える?弁護士費用の支払い方について
債務整理スケジュールを徹底解明!債務整理にかかる期間はどのくらい?
債務整理期間の短い借金の任意整理はどんな流れ?
債務整理後にカードローンやクレジットカードは作れるの?
スロットから債務整理に至ることもある!債務整理するまでの体験談
借金の時効成立には10年かかる!債務整理で解決できるかも?
借金時効のデメリットって何?債務整理で借金は減らせるものなの?
奨学金の思わぬ落とし穴に注意!生活費の借金を債務整理するには?
借金に苦しむ親に仕送りをする生活…結局自分の借金を債務整理することに…
債務整理を整理屋や紹介屋に頼んではいけない!危険な手口にご用心!
クレジットカードの未払いはいつまで可能?裁判にならないためには
ブラックリストから記録が消えるまでの期間を解説!
貸金業規制法について【みなし弁済の廃止と改正貸金業法】
罠にかかりやすいリボ払いで借金地獄に!リボ払いから脱出するには!?
闇興信所での借金はどうやってわかる?jiccに登録している金融機関とは?
闇金からの取り立ては完済するまで続く?逃れる方法はあるの?
嫁の借金が知らないところで膨れ上がっていたとしたらどうする!?