審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!

MENU

審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!

クレジットカードなどを新たに作成する際、どこで提供されているカードかによって、カードを作成できるかどうかは変わってきます。たとえば様々な会社が提供している、ゴールドカードやブラックカードといった特殊なカードは、一定の収入やカードの利用回数、債務の有無といった情報をチェックする審査に通る必要があります。

 

当然審査に通らない可能性もあるので、自分が信頼できる人物であると開示するために、CICをはじめとする情報機関を通して、情報の公開を行ってください。

 

信用情報開示の手続き方法(各機関別)

クレジットカードなどを新たに作成する際、どこで提供されているカードかによって、カードを作成できるかどうかは変わってきます。

 

たとえば様々な会社が提供している、ゴールドカードやブラックカードといった特殊なカードは、一定の収入やカードの利用回数、債務の有無といった情報をチェックする審査に通る必要が在ります。

 

当然審査に通らない可能性もあるので、自分が信頼できる人物であると開示するために、CICをはじめとする情報機関を通して、情報の公開を行ってください。

 

信用情報開示の手続き方法(各機関別)

 

クレジットカードなどの審査に通るかどうかは、カード会社などが考える、支払い能力を満たしているかどうかにかかっています。審査がゆるいといわれているカードなら、アルバイトなどの非正規雇用でもカードを作成できますが、支払い限度額が高かったり、年会費が必要な上のクラスのカードを作成する場合は、現時点での収入や仕事の内容など、様々な情報を元に審査を行うことになるでしょう。

 

カードの審査に合格するかどうかは、ガード会社側の審査基準もそうですが、カードを受け取る側であるこちらの過去の情報が重要となってきます。

 

たとえば過去にローンの返済を長期にわたって滞らせたり、同居している家族に多重債務者がいたりと、支払い能力の有無が疑われる情報が確認されれば、カードの審査には受からないでしょう。黙っていればばれないと思う方もいるかもしれませんが、特に過去に債務を負った方の情報については、様々な情報機関などを介して共有されているので、すぐに確認されてしまうでしょう。

 

カードを所有するために、信用情報を開示し、審査に使ってもらう際には、専門の情報機関に情報開示を依頼する必要があります。情報機関は複数あり、加入している会社によって、情報開示の手続きに違いがあるので、加入したいカードを提供している会社に、どういう手続きが必要か確認してもらいましょう。

 

(株)CIC

CICは、主にクレジットカード会社が加入しており、多くの方が利用することになるでしょう。

 

  • 手続きの手順

インターネットの場合

  1. 公式サイトにて手続き前の確認事項を確認。
  2. クレジット契約で使った電話番号から連絡し、受付番号を取得。
  3. PCで受付番号を入力し、PDF形式で出力される開示情報をDL。

※DLした情報は印刷も可能。

 

株式会社日本信用情報機構(JICC)

 

JICCは信販会社や消費者金融会社、銀行系・メーカー系会社などが加入しています。

 

  • 手続きの手順

スマートフォンの場合

  1. 公式サイトにアクセスし、JICC書類送付アプリをDL。
  2. アプリを起動し、開始申込ボタンを押し、利用規約に同意したのちメールを送信。
  3. メールの返信に記載されているURLにアクセスし、申し込み内容を入力。
  4. JICC書類送付アプリから必要書類を撮影後、画像データを送付。
  5. 決済情報を確認し、最終確認を行ったら、数日後簡易書留にて開示書を送付。

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

KSCは銀行、信用金庫、農協などの金融機関が加盟しています。

 

  • 手続きの手順

郵送の場合

  1. 公式サイトにて登録情報開示申込書をDL。
  2. 登録情報開示申込書、手数料1,000円分の定額子為替証書、本人確認資料(免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)いずれか2種類を、それぞれコピーで用意。
  3. 必要書類を封筒にまとめ、公式サイトに記載されている住所に送付。
  4. 不備がなければ長くても10日以内に本人開示書類が送られる。

 

手続きの方法は、利用する機関によってはいくつか種類があるので、公式サイトなどで、どういった方法があるのか、事前にチェックしておくのをオススメします。

 

法律事務所に委託してして開示情報を手に入れることができる!

新たにクレジットカードなどが必要な際、情報機関からの情報開示が求められることがありますが、実際に自分で用意しようと思うと、いちいち面倒な手順を踏まなければならず、複数のカードを所有していて、それぞれ別の機関に加入していた場合は、複数の手続きをすべて自分で行わなければなりません。

 

必要なことではあるのですが、少々面倒なことには違いないので、スムーズに手続きを済ませたい方は法律事務所に委託して、開示情報を手に入れてもらいましょう。

 

CICをはじめ、債務情報に関連する情報機関の情報は、法律事務所経由で取得できます。このことを知っている人は意外と少なく、面倒な手続きを何度も行った方も少なくないので、手早く債務情報を確認してもらいたいときは、法律事務所のサポートを積極的に活用しましょう。法律事務所への委託自体の手続きも、それほど面倒なことではありません。もともと法律の専門家なので、手続きを委託してもらいたいと相談すれば、すぐに対応してくれるでしょう。

 

面倒な手続きを任せられるというだけでも大きなメリットはありますが、法律事務所に情報開示を依頼した場合、情報が正しく記載されているか確認してもらえたり、記載内容について詳しく確認してもらえるというメリットがあります。基本的には問題はありませんが、記載されている情報に間違いがあったり、機関ごとに記載されている内容が違うときには、情報の訂正などの手続きを合わせて依頼できます。

 

また情報開示された書類を見ても、どういう内容が記載されているか知っておらず、読み方が分からないなどの事態も回避できます。

 

法律事務所に情報開示を依頼する際は、手数料が必要となります。料金設定は法律事務所ごとに異なるので、正確な額は提示できませんが、費用をかける分、分かる情報は正確で、今後の手続きをスムーズに進める上で大いに役立ちます。

 

余計な時間を使いたくない方は、債務トラブルなどに強い法律事務所に相談すれば、スムーズに手続きを済ませられるでしょう。

 

プロのアドバイスを受けることをおすすめします

新たに多額のローンを組んだり、クレジットカードを発行するためには、債務トラブルを抱えているなどの情報が確認できないことを証明する必要があります。そのためにクレジットカードや信販会社などが加入している、CICなどの情報機関が必要となるわけですが、情報開示を求められる際、法律事務所に手続きを委託することが出来ます。

 

手続きの方法は知っているから、わざわざお金を払ってまで委託してもらう必要はないという方もいるかもしれませんが、法律事務所に委託するメリットは、何も作業の手間を減らせるだけではありません。

 

法律事務所に情報開示を委託してもらうと、その内容を詳しく把握し、アドバイスを受けられるというメリットがあります。過去のローンの履歴などを元に、評価に問題がある状況にないのか、プロの目から判断してもらうことが出来ますし、もし仮に何か問題があったとき、そのままアドバイスを受けることも可能です

 

。債務に関するトラブルは、個人の知識不足によって起きるケースも多いので、債務関係のトラブルについて、自分よりも良く知っているプロに任せれば、ローンなどの審査に通らない理由もはっきりし、対策も見つかるでしょう。

 

審査に通らないという方の多くは、何らかの債務トラブルを抱えているか、過去に大きなトラブルを起こし、その情報が残っているからと考えられます。中にはすでに返済が完了しているにも関わらず、情報の更新が終わっておらず、問題があると判断されている方もいるので、自分ではどうにも出来ない問題が起きたときのためにも、専門家にアドバイスを受ける機会を設けるのをオススメします。

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!