クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法

MENU

クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法

クレジットカードがあると、現金を持ち歩かずにお買い物が出来たり、ポイントなど活用してよりお得に生活出来たりと、大変便利な生活を送れます。

 

計画的に無理なく使えるなら、これほど便利なものはありませんが、便利なあまりついつい使いすぎてしまい、料金の支払いが出来なくなる方は後を絶ちません。もし返済に関する悩み事があるなら、最寄の法律事務所などに返済相談を行ないましょう。

 

クレジットカードの支払いができない!

クレジットカードは、一ヶ月の間に行なった支払いを、後でまとめて支払う形で使用します。当然支払日になれば、一ヶ月間使った代金がまとめて振り込むことになりますが、ついついお買い物をしすぎてしまうと、手元にある現金だけでは、一月分の支払いができない場合があるかもしれません。

 

もちろんそうならないように、一月のお買い物の総額はきちんと把握するべきなのですが、一括払いが難しいときは、分割払いを使用するという手があります。

 

分割払いを使用すると、翌月以降も返済を続ける代わりに、一ヶ月分の総額を分割していきます。これなら手元の現金が不足していても、翌月の収入も利用しつつ、余裕を持って返済を続けられます。

 

分割払いなら余裕を持って返済ができそうですが、ここで油断してはいけません。

分割払いには一括払い以上の金利が設定されており、全額を返済しきるころには、一括払いのときよりも支払い総額は増えてしまいます。

 

さらにクレジットカードの多くは、リボ払いを利用できます。リボ払いは、毎月の返済額を一定にすることで、より無理なく返済できる支払い方法なのですが、リボ払いでは、原本の支払いより金利の支払いが優先されます。

 

原本が減らないと当然借金は減りません。

 

毎月の支払額が低ければ低いほど、原本は減りにくくなっていき、返済が完了するまでの時間がどんどん延びていきます。

 

クレジットカードの支払いができないという方は、大抵が無理な返済プランの元でお金を借りたり、支払い方法の選択を誤り、いつまでも減らない債務に振り回されています。

 

もし返済が遅れてしまうと、いわゆるブラックリストに該当する人物として認識され、ローンを組めなくなります。信用をキープするためにも、専門家に返済方法を教えてもらいましょう。

今月はもう払えない!そんな時は

クレジットカードの支払いができないときは、返済方法を変更してもらいましょう。

 

たとえば一回払いで契約したものの、ついつい買いすぎて返済ができなくなってしまったら、分割払いやリボ払いに変更して、問題なく返済を続けられます。

 

もちろん手数料は加算されるので、返済総額で見れば負担は増大しますが、支払いが遅れて延滞金が加算されるよりははるかに負担は小さいです。

 

返済方法の変更については、クレジットカードのサービスとして認められていることが多いので、公式サイトなどでもやり方が公開されています。

 

テレホンサービスなどでも申し込みできるので、支払いが無理そうだと感じたら早めに相談しましょう。

 

返済方法を変更するもう一つの方法として、おまとめローンを利用する手があります。おまとめローンは、複数のローンを一つのローンとして一元化したローンです。

 

たとえば複数のローンを組んでいる場合、ローンごとに異なる設定がされている金利のせいで、返済時の負担が増大している可能性があります。

 

そんなときにおまとめローンを契約すると、まず現在借りているローンの総額を支払います。その後はおまとめローンとして借りたローンの総額を、分割払いなどで徐々に返済していけば、金利も一元化され、余裕を持って返済しやすくなります。

 

おまとめローンを使う際の注意点としては、おまとめローンの金利の負担が、現在借りているローンの金利の負担よりも重くなる可能性があります。小額のローンが複数ある場合は、金利も低く、おまとめローンの恩恵をほとんど受けられません。

 

兎にも角にもまずはカード会社に連絡して相談する

本当なら余裕を持ってローンを返済できたはずなのに、急な出費が出て返済が難しくなったとします。このとき慌てて何とかしようとしても、ちゃんとした知識がないと思わぬ失敗をすることがあるので、不備なく問題を解決できるよう、まずはカード会社に連絡して相談しましょう。

 

カード会社は借金取りのようなものと誤解する方もいますが、ちゃんと相談すればきちんと対応してくれます。カード会社に連絡して、支払いが難しそうなことを相談すれば、まず支払い方法の変更を勧められます。

 

一括払いを分割払いやリボ払いに変更すれば、大抵は問題を解決できるでしょう。

 

もし収入がある予定だけど、支払日までは間に合わないときは、支払日の変更が出来るか確認してください。利用しているカード会社によっては、支払日を変更して、あらかじめ指定されている支払日に変更できます。

 

注意点としては、変更するまでには数週間の期間が必要という点と、一度変更した後は、しばらく変更できない点が挙げられます。継続してカードを使用する場合、支払日を変更したことを忘れないようにしましょう。

 

そのほか、クレジットカードについてトラブルがあったり、何か確認したいことがあれば、まずカード会社に相談しましょう。

 

ほんの些細なトラブルなら、わざわざ法律事務所などに相談しなくても、カード会社に任せるだけで解決できます。言ってしまえば利用客への相談もサービスの一つなので、困ったことがあれば気兼ねなく相談してください。

 

債務整理を検討する

クレジットカードの返済ができなくなり、カード会社に相談してもどうにもならなくなったときは、債務整理を検討しましょう。債務整理は、現在の債務を見直して、無理なく返済できるようにする手続きです。

 

債務整理にはいくつか種類があり、それぞれで返済の仕方や、その後の生活の変化に差があるので、法律事務所に返済相談を行なって、どの方法を選ぶべきか判断してもらいましょう。

 

法律事務所で返済相談をした場合、まず検討されるのが任意整理による解決です。

 

返済を無理なく行なえるだけの安定した収入があり、財産などを手元に残したいのであれば、まず任意整理が選ばれるでしょう。任意整理が出来れば、将来利息をカットしたり、月々の返済額を減額したりと、何かしらの方法で現状よりも負担が軽減されるはずです。

 

特定調停は、任意整理と同じように、利息の減額や返済額の変更などで、返済時の負担を軽減します。

 

任意整理との違いは、

  • 原則として本人が手続きや話し合いを行う、
  • 過払い金の取戻しが出来ない、
  • 返済が出来ない場合、財産の差し押さえなどの手段がとられる

などがあります。これだけ見るとデメリットしかありませんが、特定調停は費用が安く、1社あたり500円で申し込みできます。

 

個人再生は、返済額が大きすぎて、任意整理などでの解決が難しいときに行なわれます。個人再生を行なうと、これから先支払う返済額を大幅に減額し、現在の収入で安定して支払える返済期間を設定できます。

 

大幅な減額を狙えるのは非常に大きなメリットですが、デメリットとして、いわゆるブラックリスト入りしたり、住所氏名が官報という国の機関誌に掲載されてしまいます。

 

少なくとも数年間はローンを組めなくなりますし、それ以降も、官報で簡単に債務トラブルを起こしたことを調べられるでしょう。また返済のための安定した収入が必要という点も気をつけましょう。

 

自己破産は言ってみれば最後の手段です。返済額が莫大で、返済のための収入がないなど、他の方法が利用できないときに行ないます。自己破産をすれば、背活に最低限必要な財産以外はすべて差し押さえられますが、現在手元にある債務をなかったことにして、返済を終わらせられます。

 

その後は就職して働けば、人並みの生活は送れますが、自己破産したときに使ったローンは、今後二度と使えないものと考えてください。

 

クレジットカードで購入した商品の現金化

債務整理など、法律事務所に返済相談が必要なほど借金を重ねてはいないものの、少しだけ月の支払額が足りなくなることはあるかもしれません。そんなときは手元の品を現金化して、返済額を捻出しましょう。最近は中古ショップなどが数多く営業していますし、個人で利用できるオークションサイトも充実しています。

 

ブランド品や流行のアイテムは、オークションサイトでも高値で取引されるので、クレジットカードで過去に購入した商品の中で、もういらないものがあるなら、これを機にまとめて売却してしまいましょう。

 

支払い途中の商品の所有権はカード会社にある

クレジットカードで購入した商品を売却して、返済額を捻出するという方は大勢いますが、ここで気をつけておきたいのが、クレジットカードで購入して、まだ返済が完了していない商品については、所有権がカード会社側にあるということです。

 

もし返済が完了していない状態で商品を売却すると、法律上詐欺罪や横領罪として処理されます。とはいえ確認することは難しく、実際に逮捕された方もいないのですが、最近はSNSで個人情報が流出されるケースも多く、油断して商品を売却したことを証明する書き込みを行なえば、逮捕される可能性は決してゼロではありません。

 

また、合法とはいえないが、違法ともいえないグレーゾーンの取引という意見もあり、商品の売却などの手続きをサポートする業者も存在します。

 

支払い途中の商品の所有権については、カード会社が契約書などに記載しています。書いてあることが多くて、読むのが大変ですが、契約書は時間をかけてしっかり目を通し、後からトラブルを起こさないよう気をつけてください。

 

グレーゾーンだから大丈夫ではと思う方ももちろんいるでしょうが、グレーゾーンだからこそ、下手に利用するとトラブルに巻き込まれる可能性が高いことは忘れないようにしましょう。

 

現金化業者の中には悪徳業者がある

クレジットカードで商品を購入し、返済する前に商品を売って現金を手に入れる一連の流れを、俗にショッピング枠の現金化などと呼んでいます。

 

現金化を行なう方の多くは、クレジットカードのキャッシング枠などの返済に追われ、すぐにでも現金を用意したい方といわれており、商品の買取額でキャッシング枠の返済を済ませ、ショッピング枠の返済については、後日もらえる収入で行ないます。

 

さらにこうした一連の手続きは、現金化業者を介しても行なえます。

 

自分で買い取り先を探すなどの手間も省けることから、多くの方が利用してますが、中には業者を利用したせいでトラブルに遭った方もいるようです。

 

現金化業者の中には、ごく稀に悪徳業者が紛れ込んでおり、そのせいで現金化に失敗して、債務が増えてしまった方が大勢います。

 

現金化業者を利用する場合、大抵が商品価格の8割以下で買い取ることが多いのですが、それを狙って高値で買い取ると誘いだし、買取を行なったら現金を支払わずに逃亡するといった手口が報告されています。

 

最近はネット経由でのみ取引を行なう業者が増えているので、こうした単純な手口でも騙される方が大勢います。

 

悪徳業者による被害も心配ですが、そもそもカードの現金化が必要になる状況に陥っていることが一番の問題です。

 

キャッシング枠の限度額いっぱいまでお金を借りようとする時点で、状況としては最悪の一歩手前と考えていいでしょう。キャッシング枠を使う際は、基本的に返済できる範囲までに抑え、それが無理なら、最初からキャッシング枠は設定しないようにしてください。

 

現金化する時は要注意!

クレジットカードのキャッシング枠が使えなくなり、ショッピング枠の現金化でキャッシング枠の支払いを行なう方は、すでに個人の能力では返済が出来ない方がほとんどです。よく返済できない債務の支払いについては、自己破産すれば消滅できるといいますが、実際のところ現金化を行なってからの自己破産はうまくいくのでしょうか。

 

まず知っておきたいのが、自己破産を申し込める条件についてです。

 

自己破産を行なうには、多額の借金があり、それを支払うだけの財産や収入がないという状況に置かれていないといけません。

 

さらに借金を作った理由についても重要で、ギャンブルやショッピングといった浪費による債務は、自己破産による処理が認められておらず、面責不許可事由に該当することとなります。

 

浪費による自己破産が認められないのであれば、現金化はどういう判断がされるのでしょうか。

 

ショッピング枠を利用した現金化は、法律的には認められていないカードの使い方です。そのため現金化が確認された時点で、自己破産は行なえないものとして処理されます。

 

自己破産を行なう段階で、どういう目的でローンを利用したか説明する機会があるでしょうが、その際現金化をしたことを言えば、まず自己破産は出来ないでしょう。

 

現金化を行なっていたかを判断するのは難しく、カードの利用者が現金化はしていないと言ってしまえば、自己破産は認められることもあります。ただし、現金化が目的と判断されやすい、新幹線の乗車券などの商品の購入があった場合は、自己破産が認められない可能性が高くなります。

 

結論としては現金化しやすい商品を使った現金化を避け、現金化したことを口にしなければ、現金化後に自己破産できる可能性は十分にあるということです。

 

よく自己破産すればいくら借金しても大丈夫という方がいますが、自己破産はそれほど万能の解決策というわけではありません。少なくとも手元の財産はほとんど失いますし、自己破産した情報は、様々な金融機関や金融会社に広まり、ローンを組めなくなります。

 

生活で不便を感じるのは間違いないので、まずは自己破産するようなローンの使い方をしないことを心がけましょう。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!