アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?

MENU

アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?

大きなお買い物をした際、カードローンなどを使った経験があるという方は大勢います。大抵の方はきちんと返済期間を守り、全額問題なく完済できているのですが、中にはついつい返済を忘れてしまい、しばらく放置してしまったという方もいます。

 

そういう方に送られるのがアイアール債権回収などの、債権回収会社からの請求です。請求が来たらもちろん無視するわけにはいかないので、請求どおりに返済しなければなりませんが、もし返済ができないときは、どういった対処法を取るべきなのでしょうか。

 

「アイアール債権回収」を知ろう!

アイアール債権回収といわれても、そもそもアイアール債権回収を知らないという方も多いでしょう。少なくとも借金などをする機械が無いという方は目にしないでしょうし、借金をきちんと期日どおりに支払う人も、お世話になることは無いでしょう。

 

つまり、アイアール債権回収は、支払いが済んでいない方に向けて、債務の支払いを請求するための会社です。

 

債務者が利用する金融会社は多数ありますが、債権回収まで対応するとなると、法律に詳しい専門家を雇う必要があり、利用者が多ければ多いほど対応にかかる時間も増えてきます。

 

そのため債権回収会社が、契約した企業の債権回収を変わりに行うことにより、効率よく確実に債務を回収できる環境づくりをサポートしています。

 

アイアール債権回収では主に消費者金融の債権回収を請け負っているので、カードローンなどを利用している方の中には、アイアール債権回収の名前に見覚えがあるかもしれません。

 

債権回収というと、借金取りが直接家や職場などに現れる光景を思い浮かべるかもしれませんが、最近ではそうした行為に出ることは難しくなっているので、債権の請求は文書や電話連絡などで行われることがほとんどです。

 

最初のうちは文書で支払いが遅れている旨が報告されるだけで、この時点で返済が行われれば、特に問題が起きることもないでしょう。

 

問題が起きることはないとは言いましたが、短期にしても長期にしても、借金の返済を忘れたという事実は挽回しようが有りません。

 

損失を補填するために返済額が増加することもありますし、他のローン会社にも長期の滞納を行っていたという情報が伝わるので、他の金融会社などを使用する際に、契約を断られる可能性が高くなります。情報が管理される期間は、長いところだと10年以上あるので、これから先ローンを組む予定があるという方は、特に注意が必要です。

 

アイアール債権回収からは、支払いが遅れた債務に関する催促の手紙や電話などが送られてきますが、あくまで回収についての作業を行うのが業務内容となっているので、実際にローンなどを利用している方が直接話をしたりすることはほとんど無いでしょう。

 

むしろ利用者がアイアールの名前を見たことがあるということは、その時点で債務の返済を滞らせているということになるので、そうならないようにプランどおりに返済を済ませられるよう、ローンなどを利用する前に考えておいてください。

 

アイアール債権回収から通知書が届いたらまずする事

借金の返済が遅れてしまったり、何かトラブルが起きて、入金ができていないときは、アイアール債権回収から文書が届けられます。

 

内容はもちろん決められている返済額の支払いが完了していないことを知らせるものですが、通知書が届いてからは、すぐに返済に応じるようにしましょう。

 

返済が遅れたときの返済方法は、すでに利用している金融会社などから説明を受けているかもしれませんが、その方法がわからないのであれば、通知などに書かれている連絡先に連絡してみましょう。

 

アイアール債権回収からの通知書を何度も受け取っている場合は、追加の支払いについても明記されているでしょう。金融会社など、お金を貸している会社では、返済が遅れた場合は遅延損害金の支払いを要求するようにしています。

 

返済が遅れれば遅れるほど支払額は増大するので、毎月ぎりぎりの状態で返済を続けているという方なら、いよいよ返済することが難しくなってくるはずです。こうした状況は多重債務を引き起こすきっかけにもなりうるので、基本的にはこうした自体に発展させることなく、計画的に返済を行いたいところです。

 

アイアール債権回収など、回収会社からの連絡が来たものの、現状では借金を返済できない状況にあるという方は、法律事務所などに相談することも視野に入れましょう。個人の債務トラブルの多くは、一人で問題を解決しようとするあまりに、挽回が難しい状況に置かれていったことで発生しています。

 

基本的に債務トラブルは自分ひとりで解決しようとしてもできないことが大半です。取り返しが付かない事態を防ぐためにも、専門家に相談して、問題の早期解決を目指しましょう。

 

今のところ返済できない借金についての対処法は、法律事務所ではよく取り上げられる問題なので、状況に応じて解決の仕方も異なります。

 

手元に多くの財産が有る場合は、それを売却するという手もありますが、それも難しいときは、個人再生などの手続きを行って、謝金の総額を減額したり、返済期間の延長や支払額の減額といった、債務整理による問題解決を目指します。

 

早いうちから相談しておけば、財産を全て手放すといった事態に陥ることはありませんし、債務トラブルを防ぐための方法なども、専門家から直接聞くことができるでしょう。

 

そのままにしては絶対にダメ!まずは相談!

アイアール債権回収からの通知が何度も届いている方は、長期にわたって返済が滞っているということになりますが、ただ通知されるだけなら別に問題ないと思う方が想像以上に多いといいます。もちろん無視したところで状況は改善されるはずはありませんし、それどころかもっと状況が悪くなる可能性もあります。

 

特に大きな問題に発展するのが、裁判所から訴状が届くケースで、ここまで状況が悪化してしまうと、いよいよ持って法律のプロのサポートが必要になるでしょう。

 

アイアール債権回収が行うのは、債務の支払いについての通知だけではありません、長期にわたり返済が滞るなど、問題行動が目立ったときには、より確実に債務を返済してもらうために、返済を求めて訴訟を起こします。

 

裁判所からの訴状は、まさにそのことを知らせるためのもので、これが送られたときには裁判所で口頭弁論による話し合いなどを行う必要があります。

 

裁判所から送られる訴状は、今までの通知を無視してきた後だと、似たようなものだと無視してしまう方もいるそうですが、ここで訴状を無視してしまうと、アイアール債権回収が提示した条件を認め、支払いに応じると返答するのと同じことになってしまいます。

 

そのため無視してからしばらく経って、財産の差し押さえなどが始まっても、何の反論もできなくなるので、返済のめどが立っていない場合でも、無視だけは絶対にしないで下さい。

 

無視するなといわれても、たまった債務を支払うだけの余裕は無いという方もいるでしょうが、そういうときこそ専門の法律事務所に相談してみましょう。債務トラブルを専門に扱う法律事務所なら、現在の債務の状況を元に、余裕を持って返済が行えるように債務整理を行うなどの方法で、現状を打破できるかもしれません。

 

また、支払いに応じることができない場合は、口頭弁論で反論するなど、法律の知識をフルに生かして、即座に財産を失うなどの事態を避けられるよう対応します。初回の相談は無料で行える事務所も多いので、経済的に余裕が無くても問題ありません。

 

裁判所がからんでくるとなると、法律に関する知識はより深いものが要求されるので、個人で状況を改善するのは非常に困難でしょう。

 

理想の解決法は、裁判所からの訴状が届くところまで状況を悪化させないようにすることですが、現時点でどうしようも無い状況に陥ったときは、自分ひとりで悩まず、専門家に助けてもらいましょう。

 

もしかしたら時効の可能性もある?消滅時効援用とは

基本的には借金は返済しなければならないものです。無理せず返済できるよう使い続ければ、返済で困ることはほとんど無いでしょうが、実際には多重債務を抱えるなど、個人ではどうすることもできないほど借金が重なっている方は大勢おり、アイマール債権回収のような回収業者が回収業務を代行しています。

 

返済しようが無い債務の支払い要求が何回も来ていて、どうすることもできないというときは、どうにかして支払額を減らす方法を考えてみましょう。

 

もし長期にわたって支払っている借金があり、しばらく返済が滞っている場合は、消滅時効援用と呼ばれる制度により、その借金が時効を迎えているかもしれません。金融会社などが提供しているローン商品などは、5年間で時効を迎える仕組みとなっています。

 

そのため5年間を過ぎれば、事実上支払い義務は消滅するので、そのまま借金を無かったことにすることが可能です。

 

大抵の場合は、そうなる前に支払いを終えるか、裁判を起こされたりといった方法で、債務を回収しようと動きますが、もし5年以上支払いが止まっている借金があるのであれば、支払い義務が消滅しているかどうか確認してみましょう。

 

消滅時効援用が適用される条件は、5年以上返済などの取引を行っていない借金があるかという点が特に重要ですが、それと同時に求められるのが、時効の中断が起こっていないということです。

 

借金の時効は一定の行動により中断される仕組みになっており、一度中断されると、時効期間の効力が失われ、改めて5年間時効になるまで待ち続けなければなりません。

 

中断の条件は複数あり、債権者が裁判所への請求の訴訟や裁判所への差し押さえ請求を行ったり、債務者が借金があること承諾するといった条件を満たすと、再び時効時期間を待たなければなりません。

 

消滅時効援用が適用される条件を満たしているから、借金は踏み倒しても大丈夫と思われる方もいるでしょうが、そう簡単に借金は消滅しません。消滅時効援用を適用するためには、時効を成立させるための手続きが必要となるので、借金を減らすためにも、手続きを行ってくれる法律事務所を探しましょう。

 

消滅時効援用に関連する手続きは、非常に複雑なので、正確な情報を把握してくれている人がいないと、個人レベルではどうすることもできないものという認識で動いたほうがよいでしょう。

 

時効によって借金が無くなると聞くと、非常に魅力的に聞こえるかもしれませんが、実際には時効が成立するまでには非常に長い時間がかかり、費用も決してただではありません。

 

それを埋められるだけの利益が無い限りは、時効を必要以上に待つよりも、問題なく借金を全額返済でいるように、地道に仕事を続けて、無理なく全額返済できるプランを考えましょう。

 

時効かどうかをチェックするには

長年支払うことなく放置してしまっていた借金の支払いですが、5年以上誰にも触れられることなく残っていた借金なら、時効かどうか判断して、場合によっては一切返済しないまま、借金を無かったことにできることも有ります。もちろん誰もが簡単にできる方法は無く、法律事務所などに調査や手続きなどを依頼して、時効が成立しているか確認してもらうようにしましょう。

 

長い間放置して支払っていない借金がある場合は、時効が成立するかどうかチェックすることからはじめましょう。

 

時効の成立を確かめるのは、基本的には法律事務所の仕事です。債務関係のトラブルに強い弁護士なら、すぐにでも調査を開始し、時効が成立するかどうかチェックしてくれます。調査だけならそれほど時間はかからないので、場合によっては即日で終わることもあるでしょう。

 

もちろん誰もが時効が成立するわけではありませんが、現在手元に残っている借金がどういう状態なのか、正確に把握することは非常に大切です。

 

詳しい情報が集まれば、自然とその後どうするべきかどうかがはっきりする分、明確な目標の元で行動できるようになり、借金を返済するにしても、事項に向けて話し合いを進めるにしても、積極的に行動できるようになった分、解決にも近づいていけるでしょう。

 

具体的に借金の時効を確認するには、どういった方法があるのでしょうか。

 

まずどれだけ借金をしたかという情報ですが、こちらは自分から情報を開示するまでも無く、利用していた金融会社などから情報を容易に集められます。

 

複数の金融会社などを利用している場合も、カードなどを発行したり、ローンを組んだりしたりと、会社に応じて色々な取引をしているかと思いますが、それらの情報は全て共有されているので、黙っていればばれないということも有りません。

 

逆に言えばこちらが把握していない借金が見つかるかもしれないので、法律事務所を利用する際は、そうした情報についても調査してもらいましょう。

 

アイアール債権回収をはじめとする債権会社は、毎日のように多くの金融会社を利用している方に、債務処理に関する情報を紹介しています。そこに書かれている情報は、これから先の生活にも大きくかかわるものなのは間違いありません。

 

特に複数のローンを組んでいるなど、現在自分の周りのお金の動きを正確に把握していないという方は、通知書を元に情報を集めることで、さらに正確に自分が置かれた状況を把握できるようになり、さらには支払う必要が無い古い借金が見つかることもあるかもしれません。

 

アイアール債権回収からの通知が来たものの、いったい何について書かれているかわからず、途方にくれているという方は、法律事務所などに対処法を教えてもらいながら、自分はどうすればよいか考えてみてください。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!