借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう

MENU

借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう

多くの債務を重ねた方は、それだけ毎月の返済の負担が大きくなり、日常生活を送ることすら困難になります。借金の返済のせいで家賃を払いきれず、住んでいたアパートやマンションを追い出され、住むところがなくなったという方もいます。

 

しかし、公的支援制度のことを知っておこうとするだけで、住むところがないという状況は未然に防ぐことが出来るはずです。知識があればそれだけ生活は安定するので、現在借金があるという方は、自分のために役立つ情報を知っておこうという考えを持つようにしましょう。

 

「住む場所に困った」ときの公的な支援制度

公的支援制度とは、家賃や学費、そのほかの生活費の支払いなど、社会的な生活を送るために必要な費用を確保できなくなったときに利用できる様々な経済的支援のことです

 

借金の返済など、生活費とは別の経済的負担が大きくなったときに、家を追い出されたり、子供が学校に通えなくなるなど、今の生活が崩壊する事態に陥ったときには、こうした制度を利用することで、現状をある程度維持することが可能です。

 

公的支援制度にはいくつか種類がありますが、住むところがなくなりそうな方や、すでに住むところがないという方のための支援が、住居確保給付金です。

 

賃貸の家賃の支払いに必要な金額を、自治体から支給してもらえるので、収入がないという方でも、最低限住まいは確保できます。

 

条件として、働く能力や意欲がないにも関わらず、離職して無収入の状態になっているなど、住居を維持できない状況に陥っている方が対象となっているので、該当しているなら利用しましょう。

 

現在就職しておらず、住居確保給付金を利用したいという方は、同時に就職支援も受けられます。地方自治体とハローワークが、求人情報を紹介してくれるので、早めに再就職して、借金も家賃もまとめて払えるようにしましょう。

 

もちろん自主的に他の方法で求人情報を探しても問題ありません。アルバイトはしているものの、借金の返済の負担も考えると、とても家賃の支払いに回せないという方も、相談窓口に相談すれば、給付金を受取れるかもしれません。

 

情報を集める前に自分には縁がないとあきらめるよりも、自分が置かれた状況で、受けられる支援が本当にないか、知っておこうとする意志を持ち続けるようにしてください。

 

借金の返済に追われるようになると、ほかの事に使うお金に余裕がなくなります。交際費など、生活に直接関係ない費用なら、ある程度削っても問題ないでしょうか。

 

家賃など人から借りているものの支払いについては、返済が厳しい状況でもそのままの状態が多いです。

 

もしどうしても同じ家で暮らしたいのであれば、公的支援制度も積極的に利用して、少しでも今までどおりの生活を送れるよう努めましょう。

 

知っておきたい4つの「公的支援制度」

借金の返済を優先すると、家を追い出されたり、生活費を確保できなかったりと、非常に大きなトラブルに見舞われ、どうすることも出来なくなってしまうことがあります。

 

無理なく借金を返済できるようにするのが一番ではありますが、離職していて生活費が確保できないなど、解決したくてもどうにも出来ないケースも珍しくはありません。

 

少しでも生活を楽にしたいときは公的支援制度を利用しましょう。

 

公的支援制度には4つの種類があるとされており、状況に応じてそれぞれを利用することで、暮らしをより楽に出来ます。

 

4つの公的支援制度のうち、住居確保給付金はすでに説明していますが、それ以外の支援も、今までどおりの生活を送りたいという人にはかかせません。たとえば求職者支援制度は、失業保険を需給できない方が対象となっています。

 

失業保険などの後ろ盾がない状態では、借金の返済どころか、一日の生活すらままなりません。とはいえ就職したくても出来ないという方も多いので、就職訓練を受講することで、生活費や受講料を受取れます。

 

子供の学校教育についての負担は、国の教育ローンを利用して補填できます。ローンである以上、いずれは返済する必要がありますが、子供が生活苦を理由に退学するなど、満足な教育を受けられない状況を避けられます。

 

利用目的も学校納付金だけでなく、受験にかかる費用や、子供が一人暮らしするときに必要な費用、教科書代や修学旅行代など、教育に関する幅広い目的に対応しています。貸付利率も年2.65%と低く、個人で借金をするよりもはるかに返済負担は少ないです。

 

世帯の年間収入や子供の人数により、借りられる金額は変動するので、相談窓口などで確認しておきましょう。

 

緊急小口資金貸付は、緊急時の時のみ利用できる貸付制度です。

 

本当に緊急時のときにしか使えませんが、借金の返済でぎりぎりの生活を送っている場合、緊急時のトラブルで返済計画が波状することも珍しくありません。そういう事態も、この制度を利用すれば回避できるでしょう。

 

利用できるタイミングは、緊急かつ一時的に生計維持が困難な時とされており、たとえば病気やけがで働けなくなったり、給与の紛失や火災による財産の消失など、予想できない状況で、生活が困難になれば、無利子で現状を回避できるだけの小口の資金を借り入れできます。

 

公的支援制度をうまく活用すれば、借金の返済に追われていても、最低限の生活は維持できるはずです。

 

制度について知っておこうと行動するだけでも、気持ちに余裕が生まれますし、何より何か起きても状況を悪化させる心配はありません。

 

情報を知らないと、金融会社のローンを利用するなど、状況をかえって悪くする対策を採る恐れもあるので、何かあったときは一人で悩まず、役所や法律事務所などに相談しましょう。

 

住居確保給付金の支給条件と支給金額

住むところがないときや、住むところがなくなりそうな時は、住居確保給付金が使えます。

 

借金の返済で生活費が逼迫し、ホームレスにならざるを得ないような状況でも、とりあえずは急場がしのげるので、急いで仕事を探すなど、その後の生活のための準備を進めましょう。

 

住居確保給付金を受給するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。基本的には経済的に困窮していることが条件となっており、収入が一切ない状態や、住民税などの税金の支払いが行なえない状態を、一つの基準としてみています。

 

当然こうした状況だと、住居を失いかねないので、相談窓口で相談した後、現在の住まいで暮らせるだけの家賃相当額を受取れます。

 

住居確保給付金の支給条件については、賃貸住宅で暮らしている方のみが対象となっています。

 

手元にマイホームがある場合、ローンの支払いが難しくても住居確保給付金は受取れません。この場合は、債務整理などを利用して、財産を残しつつ借金を返済できる状況を作るなどの対策が必要となるでしょう。

 

もし家を失うことになっても、アパートなどの住居を確保すれば、給付金を利用することで、無理なく生活の基盤を新たに用意できるはずです。受給される期間は3ヶ月に設定されているので、その間に再就職先を見つけて、借金の返済と普段の生活が問題なく両立できる環境づくりを目指しましょう。

 

もし間に合わない場合、最大9ヶ月までは延長も可能です。

 

給付金額がいくらになるかは、世帯数などによって変わります。

 

たとえば単身者なら約5万3千円、3~5人世帯は6万9千円ほどといった具合に、世帯数ごとに金額が増えていきます。

 

給付を受けている間は、月2回以上のハローワークでの職業相談や、週1回以上の求人への応募など、集中して就職活動を行う必要があるので、今後の生活のためにも、なるべく早く就職先を見つけましょう。

 

借金が返済できないばかりに、住むところがない状況に追いやられるなど、人生何が起こるかわかりません。だからこそ、国が用意しているセーフティネットについて知っておこうという姿勢を持つことは非常に大切です。

 

住居確保給付金をはじめとする、公的支援制度を活用すれば、苦しい状況こそ続くかもしれませんが、それでも返済のチャンスは生まれます。少しでも生活に余裕を持たせるためにも、現状で利用できそうな支援がないか探してみたり、役所などの相談窓口に足を運びましょう。

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!