銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?

MENU

銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?

何らかの事情により、銀行の預金口座を差し押さえられてしまった場合に、今後いつまで入金が反映されないのかと不安になる方もいると思います。ここでは、預金口座の差し押さえについて、またどういった方が対象となるのか、入金までの期間などについて詳しくご紹介します。

 

強制執行による預金口座の差押え

借り入れ金の返済を滞納し続けるということになってしまうと、裁判所で一定の手続きを行うことで、給料差し押さえという方法が採れるようになります。

 

給料差し押さえとは、借金などの返済を滞納している債務者に対して、債権者が裁判所に申し立てることで、債務者が勤めている勤務先から債権回収を行う法的な手段です。

 

この手続きは裁判所を通して行われますので、強制力があって、法的にも認められているのです。 借金やローンなどを滞納し続けていると、このような給料差し押さえという方法が採られたりします。

 

差し押さえは債権者が債務者から強制的に取立手を行う制度で、この制度は強制執行とよばれたりします。税金や社会保険料、借金やローンなどの債務は、通常は法律や契約に基づいて返済されるようになります。

 

しかし、支払いをしない債務者もおり、債権者が取立てを行っても応じないという債務者に対して、債権者は裁判を起こし、裁判の結果、債務者に~円の支払いが行われるべきだという判決が出た時は債務者は従うことになるのです。

 

しかし、裁判で出された判決に従わず、無視する債務者がおり、そのような債務者に対しては、強制的な取立てが可能な制度が差し押さえなのです。

 

そのような場合には、債務者の給与振込口座となっている預金口座を強制執行によって差押えることができます。銀行預金は差し押さえの対象なのです。差し押さえを受けた分の預金は、銀行からそのまま債権者に支払われます。そのため取り戻せません。

 

預金の場合には、給与と違い、差し押さえ禁止部分はなく、差し押さえの金額が30万円なら、全額を差し押さえできます。

 

普通預金の差し押さえの場合、債権差押通知が届いた場合は、その口座にある残高から銀行は請求額に当たる部分を引き落とし、しばらくは差押口という口座で管理します。このような預金口座の差し押さえがなされたからと言って、口座が凍結されたわけではないので、今後の入金については行うことができます。

 

一旦差し押さえ額が引き落とされた後は、通常の入金と同様に、差し押さえ後にその口座に入金をすることはできます。

 

また、差し押さえの債権額が例えば50万円で、その時、口座に30万円しかなかった場合、その30万円は引き落とされます。その後、20万円が給料としてその口座に振り込まれた場合でも、その20万円が続けて引き落とされるということはないといわれているのです。

 

このように、差し押さえは債権者が債務者から強制的に取立手を行う制度で、預金の差し押さえは、銀行に債権差押通知が届いた時に、その口座から行は請求額に当たる部分について落としが行われます。

 

預金口座の差押えは口座にある預金のみが対象

差し押さえは、借金などの返済が滞納されている状況の債務者に対し、債権者が裁判所に申し立てを行って、裁判所が認めた場合、債務者の預金口座から強制執行を行ったり債務者の勤務先から債権回収を行うという法的な手段のことをいいます。

 

この手続きは裁判所による決定が根拠となっており、強制力をもちます。

 

法的にも認められた手続き制度で。 借金やローンなどの返済を滞納し続ける債務者に対して、債権者が差押さえという方法によって債権回収を行うという制度です。

 

基本的に、借金のような一般債権の場合には、差し押さえが行われるタイミングは裁判の判決後といわれています。債権者は債務者が返済を滞っている場合に、債務者に支払いを求める裁判を起こします、

 

そして、その後、債務者宛てに裁判所から呼出し状が届きます。そして、裁判に出席することが伝えられます。裁判では債務者と債権者のどちらもの言い分を聞いて判決が出されます。

 

その判決には効力がありますので、債務者は期日までに支払いを終える義務が生じます。

 

もし判決の通りに支払われなければ、債権者は裁判所に差押え申立てを行うことになるのです。そして、債務者の財産調査によって、債権者が債務者のどの財産を差押えるのかが決められます。

 

債務者の預金口座からの差し押さえが行われることになったら、裁判所からの差押え命令により、銀行は債権差押通知書に基づいて債務者の銀行口座にある残高から請求額に相当する部分を引き落とします。

 

このような預金口座の差し押さえについては、債務者の口座にある預金のみが対象とされています。

 

その時点で債務者の預金口座に預けられていた口座残高が対象となり、差し押さえ後にその口座に入金された残高は対象となりません。また、今後の入金についても行うことができます。

 

預金口座の差し押さえが行われた場合、ローンなどを支払っていた場合には残高不足になって困ったことになる場合もあります。基本的には滞納初期、電話や手紙などで督促があるようになるはずですので、きちんと債権者に連絡することが大切です。

 

今すぐの支払いは難しい場合は債権者にその理由を説明し、どうすればいいかを相談しておくことが大切といわれています。支払期日を延ばしてもらったり、分割払いにしてもらったりすることなど相談に乗ってもらえる場合もあります。

 

このように、預金の差し押さえが行われる場合、預金口座の差し押さえは口座にある預金のみが対象となるといわれています。

 

差押対象にはならない入金とは?

ローンなどの借り入れ金がある場合、毎月の返済はとても重要です。しかし、様々な理由で毎月の返済が滞ってしまった場合、債権者が裁判所で強制執行の手続きを行い、預金口座が差し押さえられてしまう場合もあります。

 

そのような場合、どのように預金口座の強制執行が行われるのでしょうか。

 

そこで、その点についてご紹介したいと思います。

 

借り入れ金があるなどの、一般債権の場合、差し押さえのタイミングは裁判の判決後になります。債権者は債務者が返済を滞っている場合、債務者に支払いを求める裁判を起こし、裁判所にて債務者と債権者の言い分を聞いて判決が出されます。

 

そして、債務者は期日までに支払いを終えなければならなくなります。しかし、判決の通りに支払いを完了できなければ、債権者は裁判所に差押え申立てを行い、どの財産を差押えるのかが決められ差し押さえ命令が出されます。

 

債務者の預金口座の差し押さえが行われることになったら、裁判所からの差押え命令によって、銀行は債権差押通知書を受け取ると、債務者の銀行口座にある残高から請求額部分の引き落としを行い、一定期間経過後に債権者に渡します。

 

例えば、債権差押通知書の額が100万円で、債務者の口座に150万円の残高がある場合、100万円は債権者に渡りますので、債務者の銀行口座残高は50万円となります。

 

しかし、債務者の銀行口座残高が90万円だった場合、債権差押通知書の額が100万円なら、そのままその口座残高90万円が引き落とされます。

 

基本的に、債務者の口座が凍結されたというわけではありませんので、今後の入金はでき、差押命令の送達日後の入金は差押対象にはなりませんので、その数日後に30万円の入金が債務者の口座残高に合った時でも、その入金の金額については差し押さえ対象にはならないといわれています。

 

債務者は強制執行を回避するためにも、支払いは難しい場合は債権者にその理由を説明して、事前に相談しておくことが大切といえ、債権者が前触れなく差し押さえを実行することはありませんので、督促などがあった時には無視せずにきちんと対応するということが重要になるといえます。

 

ローンなどの借り入れ金がある債務者にとって、毎月の返済はとても重要なのです。

 

このように、様々な理由で債務者の毎月の返済が滞ってしまった場合は、債権者が裁判所で強制執行の手続きを行い、認められた後に債務者の銀行口座の差し押さえを行う場合、差押命令の送達日後の入金は差押対象にはならないといわれています。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!