競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで

MENU

競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで

借金の返済やカードの支払いに対して遅延が生じてしまい相手からの督促に対して、きちんと対応しないでいると、最悪の場合に強制執行を起こされてしまって、自宅などが競売にかけられてしまうことになります。

 

競売にかけられてしまうことになります。競売によって他の人が自宅などの買い入れを行った時にはその対価が借金やカードの支払いとして払われることになります。ところで競売によって落札された家などはどのタイミングで落札者に渡さなければならない(立ち退きする)ものなのでしょうか?

 

このサイトでは競売後のプロセス(流れ)について解説をしていきます。

 

不動産の引渡命令

競売によって他人の自宅が自分の所有物になった場合には当然、今住んでいる人には立ち退いてもらう必要が出てきます。といっても、強制的に立ち退かせるようなことをすることは認められていませんので、仮に不法占拠という形になっても法的なプロセスが必要になります。

 

まずは立ち退きの申請を裁判所に行うことになります。

 

それに対して、現在家に住んでいる人たちからの申し立てがない場合には3-4日で手続きは完了して、それに基づいた、立ち退きの命令が送られることになります。

 

一般的には1-2週間の猶予を見ることになっていますが、1-2週間経過しても家から立ち退かない場合には今度は強制執行を行う手続きに切り替わることになりますがその場合には執行官呼ばれる人にその業務を代行してもらうことになります。

 

執行官はあらかじめ強制執行を行うことを通告してから強制執行を行ってきますので、強制執行の場合には家からの立ち退きを強制されることになってしまいます。

 

一般的に家などの明け渡しの要求をする場合には裁判などの手続きを行って勝訴しなくてはならないのですが、競売の場合には、強制的に明け渡すことを要求することができますので、一般の場合に比べればスムーズに手続きを進めていくことが可能になります。

 

競売によって手に入れることができた家の立ち退きの場合に強制的な立ち退きを行うことができるのは6か月いないと決められていますので、その期限のことは頭に入れておくといいでしょう。

 

家の立ち退きの手続きは最短の場合には3-4日で手続きが完了するものですが、現在住んでいる人を追い出すような真似は誰もがしたくないので躊躇してしまうことも起こってしまいます。しかしながら、強制執行の期限は6か月となっていますので、それほど躊躇しない方がいいともいえます。

 

このような場合には弁護士さんに明け渡しの手続きをお願いしてしまうのが賢い方法になってきます。

 

自分は直接当事者に関わることなくすべてを法律プロが代行してくれますので、精神的なストレスを感じることもなくなります。

 

借金などの返済をしなかったのは本人の責任の部分もありますが、それぞれ事情を抱えているような可能性も考えられますので、あまり困っている人を追い詰めるようなことを行って行くのはどんな方であっても気が進まないことでしょう。

 

どのようにしたら、相手に対して配慮のある形で立ち退きのプロセスを行って行くことができるかについては、多くの実績をこれまで持っている弁護士さんに仕事をお願いするのが最良の方法になります。

 

強制執行の方法について詳しい弁護士さんはインターネット上で検索をすれば比較的簡単に探し出すことも可能になっています。交渉や折衝事があまり得意でないというような場合も弁護士さんに相談して助けてもらうのは良い方法になってくるでしょう。

 

引渡命令が確定してからの流れ

裁判所への明け渡しの申請が認められると裁判所から引き渡し命令が出されることになります。現在住んでいる人は、これに対して不服の申し立てを行うことが可能です。仮に不服の申し立てを行わない場合には1週間後に自動的に引き渡し命令が確定されることになってしまいます。

 

不服の申し立ては正当な理由がある場合には、裁判所の方で受理されて、必要に応じて裁判で係争することになります。

 

しかしながら、いたずらに時間稼ぎのために不服の申し立てを行ってしまう場合には、確実に却下されてしまいますので、やめたほうがいいでしょう。

 

よほどの理由がない場合には引き渡し命令が確定することになりますので、それに向けて、現在住んでいる家からの移り先を早急に探していくことが必要になってきます。下手な時間稼ぎは全く意味がありません。現実的に自分の新しい住居を探していくことが急務になってきます。

 

引き渡し命令が確定した場合には、立ち退きを強制させるための強制執行の手続きをすることも可能になります。さすがに、明け渡しまでの期間を考えて2週間程度は猶予期間を置くことが一般的ですが、立ち退きを渋るような場合には、強制執行の手続きが有効なおのになります。

 

通常の場合とは異なり、競売物件の場合には立ち退きに対しての強制力がありますので、正当な手続きを行ってしまえば、現在住んでいる人を速やかに立ち退かせることが可能になります。ここで、勘違いしてはいけないのは、強制執行をするのは、執行官であるということです。

 

現在住んでいる人にたいして、脅迫じみた形で立ち退きを要求するようなことをしてしまうと、法的に罰せられてしまう可能性もでてきますので、注意が必要です。

 

引き渡し命令が確定したら、紳士的な対応で、立ち退きを要求するようにしましょう。どのような形で紳士的に立ち退きを要求していくかについては弁護士さんに相談してみるといいでしょう。

 

強制執行の申し立てを行うことになった場合には、送達証明書、執行文付与、申し立て書、予納金が必要になります。実際にどのような形式の書式が必要であるかについては自分で調べてもいいですし、担当の弁護士さんに相談してすべてを代行してもらってもいいでしょう。予納金の一部は強制執行が完了した後に返金される場合もあります。

 

強制執行が行われるようになってしまう原因は自分の借り入れなどに対して正当な対応をしてこなかったためであるといえます。

 

競売の手続き後にそれを元に戻すことはほとんど不可能と考えて間違いありませんので、競売などの手続きになってしまう前に、弁護士さんに相談をして債務整理などの手続きをおこない、返済の負担を減らして、更には自分の不動産などの財産を守っていくようにしなくてはなりません。

 

借りたお金はきちんと返すようにしなくてはなりません。それを怠ってないがしろにしてしまうと、最終的には強制執行によっていろいろなものを失うことになってしまうことになるので、十分な注意が必要です。

 

建物明渡の強制執行にかかる費用はどれぐらい?

強制執行を行う場合にはそれなりの費用については申し立てを行う人が払う必要がでてきます。現在の家の中にあって、その人の持っている財産を家から運び出す必要がある場合にはその費用は申し立てを行う人が負担するのが原則となっています。

 

法律的には現在住んでいる人にその費用を請求することも可能ですが、借金の返済ができなくて困っている人ですので、請求は現実的ではないと考えておいていいでしょう。

 

すなわち強制執行を行う際には、引っ越し代の負担を自分ですることをイメージしておかなくてはなりません。

 

例えばワンルームサイズのマンションでしたら、数十万円の費用で済みますが、大きな邸宅などが競売にかけられているような場合には、かなり大きな負担を強いられることになります。

 

強制執行は裁判所の執行官が担当しますが、その後の家具などの運び出しなどは民間業者の担当ですので、その分の費用が案外と馬鹿にならないものであるのです。

 

もちろん強制執行を行う日にちに向けて現在家に住んでいる人が家の中のものを全て片付けておいてくれれば、申し立てをした側の費用負担は大きく減少しますが、逆に夜逃げのような形で出て行ってしまう場合にはかなりの費用を申し立てを行った人が行う必要がでてきます。

 

家の中の清掃が行き届いていないような場合にはクリーニングの費用も考えなくて我なりませんし、粗大ごみのようなものがたくさん家の中に残されているような場合にはそれを処分する費用も負担しなくてはなりません。

 

これまで家に住んでいた人にとっては思い出深い品物がたくさんあることになるので、申し立てを行った側からすると、処分するのもかなり気が引けてしまうことも多くなります。このような形での家の明け渡しは申し立てを行った側にも大きな出費がともないますので、避けたいものです。

 

家の明け渡しは本当に必要なことだったのでしょうか?

 

もっと早い段階で借金の返済について、法律の専門家のアドバイスを受けながら、まじめに返済していくプランを考えておけば、こんな悲惨なことにはならなかったのかもしれません。自宅を手放して夜逃げ同然になってしまうというような悲惨な環境になってしまう前に、債務整理の方法を選択していくことが、必要だったと言えます。

 

債務整理の手続きについて、どのようにしていけばいいのかわからない場合には、弁護士さんに相談してみるといいでしょう。

 

多くの弁護士さんが最初は無料で債務整理についての相談に乗ってくれますので安心して相談できます。

 

競売にかけられるような状態で債務整理を考えても手遅れになってしまいます。お金の返済で困っている場合には、速やかに弁護士さんに相談してしかるべき対処を取っていくことがお勧めの方法になります。

 

強制執行は確かに法律的に行うことができる正当なプロセスですが、できればこのようなことは行いたくないものであるともいえますので。

 

強制執行の申し立て後は1か月以内に引っ越しが必要

家などの明け渡しを実行するための強制執行の手続き(流れ)は以下のようになっています。一般に強制執行が予告されてからそれが行われるまでの期間は90日ほどと考えておいていいでしょう。

 

一般的には強制的な形にはならないように裁判所は手続きを行ってきます。まずは強制的に家から追い出すようなことをせずに、明け渡しの催告が行われます。これは家財などを強制的に家から出してしまうことをする前に、自主的に現在の居住者が引っ越しを行うことを誘導しようとするものです。

 

多くの場合、新しく住む場所が決まり次第、強制的な執行を受けることは避けて、家からの退去が行われるようになります。

 

それでも、いたずらに家にとどまってしまう場合には、裁判所の執行官による強制的な立ち退き手段が講じられるようになります。強制的な立ち退きを行う際に必要になってくる民間委託の費用は申し立てを行っている方の負担になります。

 

費用を安く済ませるために自分で民間委託の業者を選ぶことも可能になっています。それが難しいような場合には、裁判所の方で委託業者を紹介してくれることも可能です。

 

もちろんどのような形であっても、民間業者への費用負担は申し立てを行った人の負担となります。申し立てを行った人から、現在家に住んでいる人に対して費用負担を請求することも可能ですが、現在家に住んでいる人の場合は借金が払えなくてそのような状態になってしまっているので、請求をしてもなしのつぶてになってしまうことが多いものです。

 

現実的には申し立てを行った人が民間業者への費用負担を全て負うことになってしまいます。

 

強制執行の際に家から運び出された家具などは1か月をめどに倉庫などに保管されることになります。この間に、現在家に住んでいる人からの引き取りの手続きが行われないでいると処分されてしまうことになります。

 

また、強制執行後は元の住居人はその家に入ることができなくなってしまいます。鍵も交換されてしまいますので、現実的には家に入れなくなりますが、不法に家に入ってしまうと警察のお世話になってしまう可能性も出てきますので注意が必要になります。

 

競売の場合には、まさに言い値で買われてしまいますので、競売にかかる前に仮に家を手放すことを考えるのであれば、任意売却の方がより有利な条件で家を手放すことが可能になります。競売に比べてより多くの対価を任意売却の方が得られ用になります。

 

競売になってしまうと、あとは粛々と自分にとってそれほど良くない条件で手続きが進んでしまうことになりますので、競売の情報が裁判所から通達されてしまったら、それに先駆けて弁護士さんに相談をしてしかるべき対処を取っておくことがお勧めです。

 

弁護士さんに相談する場合には、競売関連の案件をこれまで多く担当して来てそれについての実績を多く持っている弁護士さんに相談するのが一番お勧めです。合理的かつ賢い対処を行って行くためのサポートをしてくれる頼もしい存在になってくれることが期待できるからです。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!